ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
おんな城主直虎  柴咲コウ  杉本哲太  財前直見  前田吟  小林薫  三浦春馬  高橋一生  柳楽優弥  貫地谷しほり  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【おんな城主 直虎】第12回「おんな城主直虎」 感想

   ↑  2017/03/27 (月)  カテゴリー: 2017年大河「おんな城主 直虎」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : おんな城主直虎 柴咲コウ 杉本哲太 財前直見 前田吟 小林薫 三浦春馬 高橋一生 柳楽優弥 貫地谷しほり 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

永禄5年(1562年)、井伊直親は掛川城手前の道中で朝比奈泰朝の手の者に襲撃され、討ち死にした。享年27。

このドラマでは、討たれる覚悟で井伊谷を出た事になっている。
ゆえに、直親の最期はアバンで終了。


戻って来たのか。
直親……。


必死に水垢離する次郎法師の元に直親の魂が戻ってくるシーンは切なかったり…。
  naotora12


妻子よりもこっちに戻って来ちゃうんだもんな…と思うと複雑だったり。


南渓和尚と傑山たちが直親の遺骸を発見して絶望の呻き声をあげるシーンは地獄のようだと思ったり。

首が付いてる……と思ったり。

そんな回であった。


水垢離でヒロインが寝込むのは、ちょっとなぁ。
出家した身なのだし、これから女地頭になるのだからシッカリしていただきたい怒.gif、と個人的には思うのだが、おとわと亀の切ない恋物語に萌えていた方々にとっては泣き所ですよね、はい。すいません。


みな!全て!何もかも!
そなたのせいではないか!


と泣きわめき、大事な虎松が殺されるかもしれないというのに離さないでくれと泣きわめく、相変わらずな しのぴークオリティ。
 naotora12-1


先週、武家の妻らしくなりましたね、とか書いた気がするけれども気のせいだったかも知れない…。怒.gif


新野左馬助が虎松の命乞いに氏真の元へ行ってくれたものの、持って帰ってきた返事は「松平元康の首を取る事」。

そうして、初めて直平じじと次郎が交わした杯は別れの盃となり、永禄6年(1563年)9月。じじさまは帰らぬ人となったのだった。
 naotora12-2


一緒に中野直由と新野左馬助も戦死し、井伊の男たちは誰もいなくなった…


えっ…。
飛ばして書いてるわけじゃないっすよ。
そういう話だったよね。汗.gif


実際、直平じじなんて死因に諸説あるのだし、もう少し描いてもいいんじゃないの…と思うわけだが、主人公が居ない場所で起きたこと以外はスルーがこの大河の原則である。


さて。
「今川に捕えられていた」とシャーシャーと言い切る政次は、すっかりブラックな顔つきになって井伊谷へ戻ってくる。


裏切…裏切るつもりで裏切ったのか。
それとも裏切らざるをえなかったのか!
どちらじゃ!鶴!


恨むなら直親を恨め。
ヘタを打ったのはあいつだ。

何度も同じ事を繰り返し、井伊は終わるべくして終わったのだ。

 naotora12-3


確かに…
みんな脳筋でしたから……。


けれども鶴はたぶん「乗っ取る」つもりで井伊を手中にしようとしたわけではなくて。

脳筋にはもう任せておけないから自ら おとわを守りたくて井伊に戻って来たんだよね。

どう、誹られようと。嫌われようと。
今川にへつらい、井伊が潰されないように気を使い、機会を窺って敵を討つ。


だから、連れてきた3人だって。


こちらは「井伊はただいま心細かろう」と太守様がお付け下さいました目付けの方々にございます。

近藤康用と申す。
鈴木重時と申します。
菅沼忠久と申します。

皆様、それぞれ近隣のご領主ゆえ井伊に詰める事はございませぬが、何かの時には助け合うようにと太守様のお心遣いにございます。



井伊谷三人衆、キタぁ……。
(K3RKDNSP…北三陸を今度こそ何とかすっぺも一人来たぁ…)
 naotora12-4


ってか、こりゃ「II8KDNSP」(井伊谷を今度こそ何とかすっぺ)だね…。

井伊谷三人衆って小野政次が連れてきたとは思わなかった。
もっと前から井伊と関わっていたはずだが、まぁいいや。(←シャレじゃない)


この3人を鶴が連れてきたってのは、すごい事じゃないか。

それって自らの………。


ともあれ。

亀にこの身を捧げる。
亀の魂を宿し、亀となって生きていく。


自分しか、もう井伊谷を継ぐ者はいないと覚悟し、「女子でこそあれ次郎法師」は上座に付く。


我が、井伊直虎である。

これより井伊は我が治めるところとなる。

 naotora12-5


コウちゃんの眼力と凛々しい表情が光ります。

それを見つめる政次の不敵な瞳。
 naotora12-6


しかし…。

あんなに今川の顔色を窺い、お許しを貰わないと還俗できないできないと言っていたのにサラッと還俗しちゃうのな。汗2.gif

というのはツッコミどころよね。

こう出たという事は小野&今川に対しての宣戦布告のように見えるが、反旗を翻す体力は当然こっちにはないワケだし。

正直、この時、直虎女地頭就任に対して今川の物言いが入らなかった理由が私にはずっと解らなかった。(この後にソレは起こるわけだが、とりあえずこの時点での話)

その辺をドラマなりの解釈で描いてくれると思っていたので、モヤモヤしている。今(笑)


井伊直虎は女地頭になりました。

現時点で目付が4人もいるほど今川から目を付けられているのに、還俗させない約束で助けてもらっていたのに(このドラマがそういう設定にしたんだよね笑.gif)、どうして次郎法師はサッサと還俗できたのですか。

蒸し返すけど、直平じじの死に様もこのドラマなりの歴史解釈で見せていただきたかった。

そういう点で、あまり丁寧だと思えない。怒.gif

むしろ、政次がどんどん井伊から離れてダークサイドに落ちていく様は丁寧だ。

こっちがヒロインってことでいいのかな…。

しかし、このスピードでは政次もサッサといなくなりそうですが。汗.gif

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5506.html

2017/03/27 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |