ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラ  べっぴんさん  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

NHK朝ドラ【べっぴんさん】 第144回 感想

   ↑  2017/03/24 (金)  カテゴリー: NHK朝ドラ「べっぴんさん」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラ べっぴんさん 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

久々に、ちょっと泣けたわぁ……。

「別嬪」を作ってきた人たちの〆のエピソードとして、とても温かで幸福感溢れるエピソードだった。

(ちゃんと「別嬪」を作ってきた話だったらどんなにか……とはここでは言わない。そうだ。やってた事にしよう!!ここまでの事は忘れるんだ)


社長室に突然外部の人が入ってるキアリスのセキュリティは不安だが…訪ねてきた母子は、すみれたちと対面。

お母さんは、かつて、ウィンドウにディスプレイしたあのワンピースを貰った美幸ちゃんだった。


星野真里さん。
殺したり呪ったりする役も素晴らしいけれども、若いお母さんの雰囲気、さすがだね。
優しさと懐かしさを体現する演技だったな。
 beppin144


両親を幼い頃に亡くして、おじいちゃんと2人、さみしい毎日でした。

ガラスの向こうにこのワンピースが飾られてるのを見かけて…
見る度に心が躍るような気になれて。
それが私のものになったんです。どれだけ嬉しかったか…。

うれしいだけやない。
さみしい女の子だった私にたくさんの自信をくれました。
私にとっては魔法のワンピースです。

皆さんのおかげで私は人の優しさを知りました。
私も人に優しくしようと思いました。

本当に、ありがとうございました。



娘の小雪の入学式にも着させてやりたいから、皆さんの手でサイズ直ししてほしいという願い。

引退して、時間を持て余す すみれたちに降ってきた「思い出回収」のお仕事である。

ものつくりする人たちにとって、夢のように幸せな時間だね。
 beppin144-1


子供の頃、母に作ってもらったワンピースで大好きなのが1枚あって。
赤いセーラーカラーのワンピース。

着たまま転んで汚してしまって大泣きしたなぁとか…
そんな事を懐かしく思い出した。

思い出の別嬪は記憶を子供時代に連れていく。


「勇気」「愛情」「信頼」「希望」。
キアリスのクローバーに込められた思い…。
こういう事なんや。
お母さんたちがしてきた事は。


そうや。自慢のお母さんやろ?


うん。ほんまやな。



「お母さんがしてきた事」はこういう風に伝わればいいんや。
長い長い反抗期は本当に要らなかっt………

ま、まぁいいや。笑.gif
そこも忘れないと綺麗な最終回を迎える覚悟ができない…。


それにしても、このワンピースを作ったあの時代の すみれと今の上品おばさんな すみれの差ね。

20歳の芳根京子さんがこの差を大袈裟じゃなく醸し出せていると思うと。
本当に素晴らしい女優だなぁ、と思うわ。
末恐ろしい。

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5502.html

2017/03/24 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |