ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
真田丸  NHK大河ドラマ  真田幸村  信繁  堺雅人  大泉洋  長澤まさみ  草刈正雄  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【真田丸】第31回 「終焉(えん)」 感想

   ↑  2016/08/08 (月)  カテゴリー: 2016年大河「真田丸」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 真田丸 NHK大河ドラマ 真田幸村 信繁 堺雅人 大泉洋 長澤まさみ 草刈正雄 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5213.html

2016/08/08 | Comment (16) | Trackback (13) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


おはようございます。

>関ヶ原で豊臣の火を吹き消してくれます。

秀秋が蝋燭の火を吹き消すということは、
やはりそういうことを意味しているのでしょうねぇ…。
なかなか憎い脚本です♪

>出浦さまこそ、実は死んでないのでは…と思っている。

前回の予告の段階ですぐにwikiを調べてしまいました。


次回は三成と家康の対立がさらに大きくなるようで…
楽しみです!

BROOK |  2016/08/08 (月) 06:18 No.49722


淀殿が病室入口で怯んだ理由

くうさんにはきっとお分かりいただけると思うんですが
病室に入ろうとした瞬間病室特有の匂いが彼女を襲ったはずです
加齢臭、体臭、汚物臭…
怖がるお母さんを守ろうとする秀頼くんは優しい子ですね
鈴を元の場所に戻さなかったので病人はベッドから転げましたが

この家康はほんとに生き延びることしか望んでないんですね
でも生き延びるためには天下人になるしかないですね
彼がいれば、三成に反感を持つ者が彼のもとによってきてしまう
この世に存在すること自体が謀反な生き物になってしまったし

那美 |  2016/08/08 (月) 08:57 [ 編集 ] No.49723


出浦さん再登場アリに一票

こんにちは。
小早川秀秋のロウソク吹き消しに、思わず「吹き消しちゃダメよ、手で仰ぐとか振るとかするのよ、そーゆー時は」と突っ込みそうになった私。
仏壇じゃなかったんでしたね。 (^_^;)
それにしてもつくづく間の悪い男だわ、小早川秀昭。

ケフコタカハシ |  2016/08/08 (月) 15:24 [ 編集 ] No.49724


初登場の時のつやつやしたお顔を考えると、潤いがなくて粉っぽく白くなっている肌や
開いたままの口などリアルに感じ、小日向さんすごいと思いました。

公文書偽造、遺言書き換えは残されている文書を見るとまさに
ほんとうにこういう展開があったのでは思えてきますよね。
「…眠い」「眠くない!」に笑いつつもそうまでする三成の気持ちを思うとせつないです。
でも今後眠っちゃいけないのに眠気でつらいときにこの会話が頭のなかで再生されると思います。
 
忍びなのにあの「ポンッ!」て音はまずいのでは~と思うけど家康は気付いてなかったから
前に聞いたことある信幸がやっぱり鍵なのかしら。
前回聞いた場面が第3回の佐助のあの場面ですか。
それじゃ、亡くなってないのでしょうか。今回泣きましたが~。

来週しれっと交じっていて「亡くなってなかったんかーい(いやうれしいけど)」になるか
信幸の手前、亡くなったことにしてしばらく身を隠すか、どっちでしょうね。

ゆう |  2016/08/08 (月) 17:37 [ 編集 ] No.49725


管理人様

いつもあまり深く考えず、感性のままに視聴を楽しんでいるのですが、今回は珍しく、いろいろな意味で疑問符がいくつか。

出浦様は史実どおりに復活しますね。管理人様の読み、さすがです。NHK公式HPに新たに載った、中の人のインタビューで「死にそうな目にあった」とありますし、「今後、信之に仕えるのに、気持ちの整理がつかない」とも。

信長公の甲冑で暗示したようですが、あの子供の幻影?幽霊?が浅井家の万福丸であることも、小日向さんのインタビューで明かされています。
ネットに縁遠いご年配層には???であっても、ネットでいろいろ楽しめるようにしているのも本作スタッフの意図なのでしょう。

家康が仇敵:真田の次男坊を相手に、あんな愚痴をこぼすのは、いくら何でもありえないだろう、とか、
前回の放送ですが、「殿下はもう立てない」と何度も劇中で言わせておきながら、出会いの再現シーンでは立っている、とか、
腑に落ちない部分もあります。

でも、それでも、味わい深い作品であることは確かです。

「秀頼のこと、頼む」しか言えないとみせかけておいたうえで、「佐吉を支えてやってくれ。寂しい男でな」にはヤラれました!
その直前に、ファンサービスを兼ねて2度目の水垢離をみせているのですから、堪りません!

徘徊人 |  2016/08/08 (月) 18:00 No.49727


Re:BROOKさん

>秀秋が蝋燭の火を吹き消すということは、
やはりそういうことを意味しているのでしょうねぇ…。

ですよねぇ…
ここで、えっ、やっちまった!っていうのと同じ顔を関ヶ原でまたするんでしょうね。
家康の大砲に驚いて^^;

出浦さまのこの後は何となく知っていたので、ここで死ぬはずないからと先週の予告を疑っていたのですが、本当に死んでしまって^^;

この先どうするんだろうと逆に楽しみです

くう |  2016/08/09 (火) 04:35 [ 編集 ] No.49734


Re:那美さん

>怖がるお母さんを守ろうとする秀頼くんは優しい子ですね

優しいし、明るい子ですな。
悪霊など寄って来なそうな。
けれども彼が鳴らした鈴が、叔父の万福丸を呼ぶのですね。

>この家康はほんとに生き延びることしか望んでないんですね
でも生き延びるためには天下人になるしかないですね

私には、天下を取る気がないような顔は幾分かポーズのように見えますが、どうでしょう。

くう |  2016/08/09 (火) 04:41 [ 編集 ] No.49735


Re:ケフコタカハシさん

>出浦さん再登場アリに一票

ですよね~!

>それにしてもつくづく間の悪い男だわ、小早川秀昭。

間が悪くて気が弱いままで関ヶ原に突入するんでしょうね。
何だか、とっても…浅利くんが合ってて(笑)

くう |  2016/08/09 (火) 04:44 [ 編集 ] No.49736


Re:ゆうさん

>公文書偽造、遺言書き換えは残されている文書を見るとまさに
ほんとうにこういう展開があったのでは思えてきますよね。

あったかも知れませんねぇ…
昔も今もボケた年寄りを騙して自分の有利に持って行こうとする人間は後を絶ちません。

もっとも、この三成には私欲はまるでないように見えますよね。だから気の毒。
 
>忍びなのにあの「ポンッ!」て音はまずいのでは~と思うけど家康は気付いてなかったから
前に聞いたことある信幸がやっぱり鍵なのかしら。

演出として大き目の音にしてありましたが、きっと実際は誰にも聞こえない程度の微かな音だったのですよね。それに気づいた兄上、すごい人です。

>前回聞いた場面が第3回の佐助のあの場面ですか。
それじゃ、亡くなってないのでしょうか。今回泣きましたが~。

たぶん…
亡くなっていないと思います~…
私は亡くなってないだろーーっと思いながら見ていたので涙も出ませんでした^^;
どういう再登場になるのかが見もの。

くう |  2016/08/09 (火) 04:50 [ 編集 ] No.49737


Re:徘徊人さん

>「死にそうな目にあった」とありますし、「今後、信之に仕えるのに、気持ちの整理がつかない」とも。

まだ読みに行っていないのですが…あ、仕えるんだ、やっぱり。ですよね^^;そうじゃないと史実改変しすぎになってしまう。

>信長公の甲冑で暗示したようですが、あの子供の幻影?幽霊?が浅井家の万福丸であることも、小日向さんのインタビューで明かされています。

あれは信長の命でやったことで、自分の意志ではなかった。
けれども、万福丸に関するトラウマが秀吉の残虐性を育てて行ったと…そんな感じですかね~…と勝手に解釈。

>家康が仇敵:真田の次男坊を相手に、あんな愚痴をこぼすのは、いくら何でもありえないだろう、

私はあれは狸芝居だと思っているんです。
人情がある人なのは確かですが、天下は狙っているだろうと。

>「秀頼のこと、頼む」しか言えないとみせかけておいたうえで、「佐吉を支えてやってくれ。寂しい男でな」にはヤラれました!

佐吉は大切な存在なんですよね。
たった一人の水ごりに佐吉の気持ちも表れていました。
秀吉を失って純粋にショックを受けたのは北政所と佐吉だけなのかも。

くう |  2016/08/09 (火) 05:15 [ 編集 ] No.49738


やはり第六天魔王の呪い…

家康としては、むしろ善意の励ましでもってきた信長の鎧。
まるで信長が「俺が取るはずだった天下をタダではやらぬ」
と豊臣と徳川を争わせようとしているように見えます。

徳川政権創生期にまで信長の血筋は争乱の種になりますが
江は名前だけで終わるのか、登場するのか。

巨炎 |  2016/08/09 (火) 19:22 [ 編集 ] No.49739


Re:巨炎さん

>家康としては、むしろ善意の励ましでもってきた信長の鎧。

善意なのかしら…
遺言状を書きなおさせる目的のために喜びそうな物を適当に運び入れてみたって感じでしたが思わぬ呪いを背負ってましたね(爆)

>徳川政権創生期にまで信長の血筋は争乱の種になりますが
江は名前だけで終わるのか、登場するのか。

今のところ千姫すらキャスティングされてない感じですよね。
見たいなぁ。真田丸のお江。

くう |  2016/08/09 (火) 21:12 [ 編集 ] No.49740


私も見たいです

真田丸での江、ぜひ私も見たいです。
景勝や、とくに兼続が天〇人とは比較にならない良い人物像になったように、秀忠夫人もリライトしてほしい。

今回は辛終焉ではあったけど、ついに関ヶ原の伏線がそろった感じ。
来週は島左近や細川忠興モデルようだし、なにより哀愁ある去り方をした江雪斎が復活するようで、とても楽しみです。

ふるゆき |  2016/08/09 (火) 22:22 [ 編集 ] No.49741


Re:ふるゆきさん

>真田丸での江、ぜひ私も見たいです。

江がどうなるかは解りませんが千姫はキャスティングされてもいいはずですよねぇ…
あと、江はともかく初は重要ポジだと思うのですが、出さないのかなぁ、

>来週は島左近や細川忠興モデルようだし、なにより哀愁ある去り方をした江雪斎が復活するようで、とても楽しみです。

私もです!
前田もやっと出て来るのかなぁ

くう |  2016/08/10 (水) 00:22 [ 編集 ] No.49746


出浦さまはナレ無いから生きてますよねー
とはいえ忍びとして戦うことはできない身体になってしまったということでしょうか?佐助が意志を継いでいくのでしょうが藤井隆さんでは寺島さんの殺陣と差が出てしまいそうですね^_^汗

私は真田丸の家康は本当に随分情け深いようにみえます。西軍主人公でこんな描き方は斬新。秀吉に遺書を無理やり書かせたのも前の遺書が家康に不利すぎるからと言い訳?していたように天下取りに積極的では無い、、、のはやはり見せかけなのでしょうか?笑
しかし自分の安全を優先順位の一番に掲げてましたが暗殺未遂によって治部や豊臣と争うことを自己正当化できるようになってしまいましたね。次回からの家康が怖い。

それにしても真田丸が始まったばかりの頃は誰も彼も自己利益追求型の策略家であったのに、今やみんないい奴ばかりに感じてきました。やっぱり乱世が終わったんですかね

sabo |  2016/08/11 (木) 17:19 No.49755


Re:saboさん

レスが一週回って申し訳ありません!

出浦さま、やはりナレなしは生存の証しでしたね(爆)
みんな、よく覚えておこうーーー!!!
史実の人は長生きするので、有馬の湯で回復されることでしょう。

>私は真田丸の家康は本当に随分情け深いようにみえます。

情が深くて臆病だけど、開き直るととことん残酷で図々しい狸。ですね。
内野さんの演技が素晴らしい^^

くう |  2016/08/15 (月) 14:32 [ 編集 ] No.49764

コメントを投稿する 記事: 【真田丸】第31回 「終焉(えん)」 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「真田丸」第31回

家康を、殺せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201608070000/ 真田丸 完全版 第弐集【Blu-ray】 [ 堺雅人 ]価格:10727円(税込、送料無料) (2016/7/24時点)

日々“是”精進! ver.F 2016/08/08

真田丸 第三十一回「終焉」

第三十回「黄昏」はこちら。前回の視聴率は14.5%と過去最低。そのかわりにいつもの時間帯の都知事選の開票速報は20.0%。やっぱり娯楽なんだね都知事選(笑)。ちょっと驚くような候補者が何人もいたし、考えてみれば自分の主張を全国にかまそうと思えば、国会議員や地方議員よりも都知事に立候補する方がよほど効果的。おまけに守旧派とみなされるあの人やあの人が、まるで応援団のように当選したあの人に悪口をか...

事務職員へのこの1冊 2016/08/08

NHK大河ドラマ「真田丸」第31回「終焉」

突然の紙おむつ疑惑?いえほら、先週放映の、信幸様とおこう様のお子様の仙千代様のカット!なななんと!紙おむつが写っていたと超話題で!再放送でどうなる事かと思いきや、残らずカット~~~!こりゃあミスショットが確定だと、これまた大きな話題になってしまったようで~~~。 んでもそこはほら、素浪人様の腕に腕時計の型の日焼けしてない部分とか、お女郎様の肩にBCGの痕だとか、そういうのは大目に見てやって...

真田のよもやま話 2016/08/08

真田丸 第31回「終焉」~栄華を極めた男の人生の締めくくりとしては、いかにも淋しいものであった

 終焉を迎える秀吉(小日向文世)。  繰り返す言葉は「秀頼のこと頼む」  ただ、これだけしか言わない。  遺言状は本多正信(近藤正臣)や石田三成(山本耕史)に言われるがままに書いてしまう。 「哀れ」である。 「諸行無常」である。  そんな秀吉だが、一瞬、正気...

平成エンタメ研究所 2016/08/08

日の本に花咲く秀頼、枯れて果てる秀吉・・・この世に罪などひとつもない(長澤まさみ)

豊臣秀吉が伏見城で逝去した時、朝鮮半島の蔚山城や順天城では加藤清正や小西行長が明・朝鮮連合軍と激戦を繰り広げていた。 織田・徳川連合軍と武田信玄の戦いの再来である。 信玄は陣中で没し武田軍は戦闘の継続が不可能になる。 すべては主君のための戦だからである。 主君からの報奨のあてがなくなれば・・・戦う意

キッドのブログinココログ 2016/08/08

真田丸「終焉」

本当に、小日向文世・秀吉、抜群に上手かったし、何とも言えぬ味がありましたね。 ひょうきんで陽気な面や残酷な部分と、二面性も素晴らしかったし、老残にも、どこかユーモアがあって、「ああ、あれだけの天下人もやはり…」と、しみじみなってしまったのでした。それに、最期は迫力! 遺言状をめぐり、思惑が巡るさまや、守り神と称して、不気味な贈り物の件といい、強引に書き換えさせる家康(内野聖陽)の...

のほほん便り 2016/08/08

大河ドラマ「真田丸」第31回感想

「秀頼のこと頼む」「秀頼のこと頼む」そればかり口にするヨボヨボ秀吉がなかなかしぶとくて、まさか来週まで生き延びるんじゃないかと思いましたよ。 呼び鈴をおもちゃのようにもてあそぶ秀吉 そこまで認知症が進んだのね〜 と、思ったら「佐吉を支えてやってくれ、寂しい男でな」と真顔でゲンジローに言ったり。 まさにマダラボケってやつですな。 だからといって、無理やり遺言状書かせた...

鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ 2016/08/08

真田丸 第31回

『終焉』「秀吉最期終焉家康暗殺」内容死期が迫る秀吉(小日向文世)遺言として、五人の老衆、五人の奉行が決められる。三成(山本耕史)は、秀吉の決めた老衆を、五人の奉行で抑えようとしていた。特に、家康(内野聖陽)の動きに注視する三成。しかし納得いかぬ家康が動いたことで、三成も。。。。そんな対立に、心を痛める寧(鈴木京香)そして信繁(堺雅人)そのうえ、秀吉が心配する秀頼に、茶々(竹内結子)が、会わせ...

レベル999のgoo部屋 2016/08/08

大河ドラマ「真田丸」 #31 終焉

一日遅れの真田丸。 そして、秀吉の死・・・。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2016/08/08

真田丸 第31回「終焉」

大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第31回「終焉」 あらすじ・・・・・・・

みはいる・BのB 2016/08/08

大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い31秀吉死す!秀吉の遺言を巡り三成と家康の攻防が始まった

大河ドラマ「真田丸」第31話は秀吉の死期が近づいたことで三成、家康との秀吉死後に向けたやりとりが行われていた。秀吉には既に政治する状況になく、全ては三成らが取り仕切っ ...

オールマイティにコメンテート 2016/08/08

大河ドラマ 感想 真田丸 第31回「終焉」

蝋燭の灯――。終焉を迎えようとしている秀吉様の生命の象徴として使われてました。灯を絶やさないように命じられていた信繁の前で、小早川秀秋くんが吹き消してみせるなど、コメディー方面にも使われていました。まぁ、秀秋くんにやらせたのは、後々の暗示もあってのことでしょうけど、ここは素直に笑わせていただきました。

架空と現実の雑記帳 2016/08/08

真田丸 第31話「終焉」

公式サイト 秀吉(小日向文世)の死期が近づく。遺言状をめぐり対立する三成(山本耕

昼寝の時間 2016/08/10