ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラ  とと姉ちゃん  高畑充希  相楽樹  杉咲花  木村多江  西島秀俊  田山涼成  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第69回 感想

   ↑  2016/06/22 (水)  カテゴリー: NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラ とと姉ちゃん 高畑充希 相楽樹 杉咲花 木村多江 西島秀俊 田山涼成 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5106.html

2016/06/22 | Comment (8) | Trackback (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


>それももう終わったかも知れない
わたしも今日のを見てこらあかん思いました。
描き終わったばかりの水彩画の扱い、新刊雑誌の持ち方にも一言いいたいです。
このドラマを作っている人たちは絵や本を作りだす人たちに敬意を持ってないんだなあ。
あと、病名をはっきり示しておきながら「寝ているより動いていたほうがいい」と
寝込んでいるのがまるで気力がなくてなまけているような言い方はあかんです。

それにしても驚いたのは「新世界」が月刊誌だったこと。
入社して教わりながら発送準備していたのが二月号。
今日新しく出来たのが十月号だそうです。
いつのまにかユーモア特集は常子の企画ってことになってます。
五反田が企画が実現するってどんな気持ち?的なこと言ってましたが
その期間すっとばされているのでこちらはなんの感慨もありません。
このご時世にユーモア特集で社長捕まるって状況証拠だけほしかったみたいですねー。

ゆう |  2016/06/22 (水) 23:55 [ 編集 ] No.49528


質問だけど、水彩画の扱いのどこがおかしんですか?
素人なんで教えてください
ネット玄人なら教えてくれなくていいです

花森安治について書かれた本を何冊か読んだけれど
才能があり、頭が切れるけれど、子供みたいな
人でもあったらしい。
あそこで、「じゃあ 俺も書かない さよなら」じゃあ
ただの一般人になっちゃうよ
実際になんで気に入らないのかわからないのに仕事をしないで
大橋さんに一喝されたこともあったらしいから

あと、大橋さんは、細かい気づかいもできるけれど
うまく物事を進める押しの強さもあったらしい
そこがうまく描けていると思う
どの本にも、大橋さんのことを好意的に書いていたけれど
たぶん、「うざい、ヒロインぶっている」と
内心思っている人もいるだろうなあと思うくらい
朝ドラヒロインみたいな性格や行動をする人だったみたい

水彩画をもらった後に、靴のかかとが取れてはだしになる
場面は、別のシチュエーションの大橋さんの実話で
それを入れたんだろう。

でも大橋さんや花森さんについて書かれたエピソードが
嘘だととかいうならどうしようもないけれどね
まさかそうは言わないだろ? どうだよ

お名前忘れてますよ |  2016/06/23 (木) 08:31 No.49529


「俺も書かない」
じゃなくて
「俺も書かないほうに賭ける」
だった

お名前忘れてますよ |  2016/06/23 (木) 08:33 No.49530


仕事って、負ける、勝つみたいな感じでとらえるもの
なのかな
才能がある人でも足りないことがあったりして
それを支えてくれる人を求めていたり
志に共感して先が見えない道に身を投じたり
そういうドラマみたいなことがあったり
そんな時には、勝った、負けたなんてないだろうなあ
そういう仕事場にあこがれる
つまらないなあ、勝った、負けただけじゃ
そんなのだけで、つらい仕事なんでできないよ
まあきれいごとだ毛じゃないと思うけれど

お名前忘れてますよ |  2016/06/23 (木) 08:45 No.49531


Re:ゆうさん

>描き終わったばかりの水彩画の扱い、新刊雑誌の持ち方にも一言いいたいです。

描きあがったものをすぐに封筒に入れていたのには私も驚きました。
速乾性の絵具って当時はないはずですしねーー^^;

>このドラマを作っている人たちは絵や本を作りだす人たちに敬意を持ってないんだなあ。

「花アン」を思い出しますね~。

>それにしても驚いたのは「新世界」が月刊誌だったこと。
入社して教わりながら発送準備していたのが二月号。
今日新しく出来たのが十月号だそうです。

入社8ヶ月経っているということですね~。
まだ1週間くらいかと思っていました^^;

くう |  2016/06/23 (木) 11:53 [ 編集 ] No.49532


お名前知らずさん

コメントありがとうございます。

まずは、ここは個人ブログのコメント欄であってYahoo!みん感やSNSや2ちゃんねるではないので、一記事にこんなに何度も連投される事に戸惑いを感じております。
続く場合は削除させていただきますのでご了承ください。

>質問だけど、水彩画の扱いのどこがおかしんですか?

私の記事にそのような事を書いた記憶がありませんが。
描いたものを即封筒に入れていたのには驚きました。
そういうことでは。

>でも大橋さんや花森さんについて書かれたエピソードが
嘘だととかいうならどうしようもないけれどね

史実かそうでないかに関しては、もうこのドラマは関係ないと個人的には思っています。

そういうエピソードをちょくちょく入れ込みつつ大筋は全く史実と異なる設定な事に関してはおかしいと思われませんか。

>まさかそうは言わないだろ? どうだよ

あなたが初対面の人間にそういう言葉使いをする人なのだということがよく解りました。

>仕事って、負ける、勝つみたいな感じでとらえるもの
なのかな

そうですね。おかしいと思います。
賭けに勝ったら負けたらどうのと言い出したのは視聴者では無くてヒロインですが。

くう |  2016/06/23 (木) 12:04 [ 編集 ] No.49533


花山が「じゃあ俺も描かない方に賭けるぞ。」と言った場合、花山も常子も、賭けに勝ちます。常子が「賭け」に勝ったら、花山は、スケッチを描く約束だから、描かなくてはいけません。花山が勝った時の、戻りは何も触れていません。差しの勝負で、相手に勝つ負けるではなく、あくまで「1時間以内に、スケッチを描くかどうか」ということに賭けたのですから。

通りすがり |  2016/06/25 (土) 10:59 No.49538


Re:通りすがりさん

だから、常子、さすがーー頭いいーー!
…と視聴者の多くが思えないのは、この花山の性格が今ひとつよく解らない所にいきなり「賭け」など持ってきたところにあるのではないかと私は思います。

「あいこの場合は描くとは言っていない」「勝手に決めたルールには乗れない」この性格ならいくらでもそんな風に言い出しそうな気がします。

くう |  2016/06/26 (日) 01:21 [ 編集 ] No.49542

コメントを投稿する 記事: NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第69回 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

銭形平次>『とと姉ちゃん』第69話

う~ん…花山さん登場シーンから「賭け」が始まるところから絵を描いてもらうところまで基本的には好みの展開ではあるのだがやっぱ何だか既視感…加えて常子のキャラが今迄...

もう…何がなんだか日記 2016/06/22

銭形平次>『とと姉ちゃん』第69話

う~ん… 花山さん登場シーンから 「賭け」が始まるところから 絵を描いてもらうところまで 基本的には 好みの展開ではあるのだが やっぱ何だか既視感… 加えて 常子のキャラが今迄以上にウザく感じる これは 脚本のせいなのか演出のせいなのか演技のせいなのか 分からんけども あ、相乗効果ってヤツか>ぉ …ひじゅにですが何か? 「憲...

何がなんだか…ひじゅに館 2016/06/22

とと姉ちゃん 第69回

内容花山伊佐次(唐沢寿明)に会いに行った常子(高畑充希)だったが。「帰れ、邪魔するな」と一蹴。食い下がり、説明しようとする常子に、再び「帰れ」と激怒。ついに、常子が帰ろうとしたところ、今度は「原稿を持ち帰るのが編集者」だと。困惑する常子に、“書く気分では無い...

レベル999のgoo部屋 2016/06/23

とと姉ちゃん (第69回・6/22) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第12週『常子、花山伊佐次と出会う』『第69回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 帰れと常子(高畑充希)を一喝する花山(唐沢寿明)。その態度に憤慨し、常子が立ち去ろうとすると、今度はどんな手を使っても原稿や挿絵をもらうのが有能な編集者だと説教される。戸惑う常...

ディレクターの目線blog@FC2 2016/06/23