ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
真田丸  NHK大河ドラマ  真田幸村  信繁  堺雅人  大泉洋  長澤まさみ  草刈正雄  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【真田丸】第24回 「滅亡」 感想

   ↑  2016/06/20 (月)  カテゴリー: 2016年大河「真田丸」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 真田丸 NHK大河ドラマ 真田幸村 信繁 堺雅人 大泉洋 長澤まさみ 草刈正雄 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5103.html

2016/06/20 | Comment (8) | Trackback (13) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


おはようございます。

>きっと、この人、臨終近い秀吉の枕元に化けて出るわ…。

氏政の“恨めしい”発言…
ホント怖かったです(汗)
あの顔で言われたら、トラウマもの!?
たしかに大河ドラマの十八番である幽霊演出があるかもしれません♪


今回はまさか伊達がずんだ餅を作ることになろうとは…
冷めた表情の昌幸が印象的でした。
あれでは賭けようとは思いませんよね。

BROOK |  2016/06/20 (月) 05:39 No.49505


最後まで…

魅せました。たんなる悲劇とかじゃなく、歴史の舞台から身を引いていく者への哀惜の念、これこそが単に年表をこなすだけみたいな脚本だった作品では味わえなかったものです。

家康と景勝、そして昌幸が勢ぞろいして説得する場面も、その後に皆が去りゆくシーンも泣けました。とりわけ、主従でなくたったひとり庭に下り、深く一礼していった江雪斎の姿が目に焼き付いて、なんともいえない余韻を残しましたよ。
次回からは豊臣政権の動揺がはじまるみたい。また、どんな想像を超えた展開になるのか楽しみです。

ふるゆき |  2016/06/20 (月) 20:29 [ 編集 ] No.49507


そのハシ!

こんにちは。
そ、・・・そうか、そのハシだったのね、聚楽第の橋。
てっきり聚楽第の端かと。
すみっこの方にコッソリ晒されたなんて変だと思ったんです。

ケフコタカハシ |  2016/06/20 (月) 21:26 [ 編集 ] No.49509


Re:BROOKさん

>たしかに大河ドラマの十八番である幽霊演出があるかもしれません♪

三谷さんの脚本だからベタじゃなくてそれも面白いんでしょうね。楽しみ❤

>今回はまさか伊達がずんだ餅を作ることになろうとは…
冷めた表情の昌幸が印象的でした。
あれでは賭けようとは思いませんよね。

わざとそうした雰囲気でしたよね。
伊達家は今は面倒には巻き込まれたくないといった感じでした。

くう |  2016/06/20 (月) 22:15 [ 編集 ] No.49512


Re:ふるゆきさん

>たんなる悲劇とかじゃなく、歴史の舞台から身を引いていく者への哀惜の念、これこそが単に年表をこなすだけみたいな脚本だった作品では味わえなかったものです。

そうですね。
今まで見た大河は年表的にあれこれ描くけれども1つの家の没落にこんなに思いを馳せられるものはありませんでしたね。

昨年のは、一生懸命ヒロイン主体に描いていたけれども、いかんせんドラマ自体がトンチキすぎたし…。

こんな大河は本当に久々ですよ。
だから各家主従それぞれに愛着を持てるんですよね。

くう |  2016/06/20 (月) 22:20 [ 編集 ] No.49513


Re:ケフコタカハシさん

>こんにちは。
そ、・・・そうか、そのハシだったのね、聚楽第の橋。
てっきり聚楽第の端かと。

ああ!「橋」です(笑)
セリフだけで映像が無かったですもんね。

くう |  2016/06/20 (月) 22:24 [ 編集 ] No.49514


いつも楽しみにしています。
家康の陣地跡の近くで仕事しています。ずっと前からあることは知っていたのですが、今回のドラマで三話も「北条」を取り上げてくれたので、やっと腑に落ちました。
家康さんはこのあたりにいたのかと、内野家康さんの顔を思い浮かべてニヤニヤ。昨日も陣地跡にいったのですが、勿論だ~れもおりません(笑)。
今回は男性の出演者だけでしたか?
東国で争っていた武将たちも西から大きな勢力が迫ってきたら、なんだか同志のような気持になりますよね。三谷脚本はすごいな~。伊達様の餅つきには失笑しましたけど・・・。思わずズンダズンダ・・って歌いそうになった。
所々に笑いも入れてくれて、脇キャラで特にお気に入りは兼次様と小山田さんかな~。
田舎者扱いだった真田パパも三成様に一目置かれ・・・歴史では知っていても毎回楽しみな「真田丸」でございます。

桔梗 |  2016/06/21 (火) 12:03 No.49520


Re:桔梗さん

ありがとうございいます^^

>家康さんはこのあたりにいたのかと、内野家康さんの顔を思い浮かべてニヤニヤ。昨日も陣地跡にいったのですが、勿論だ~れもおりません(笑)

あーー解ります。もうイメージが付いちゃいますよね。
私にとって長い間、お寧さんは佐久間良子さんで秀吉は西田さんか竹中さんでした。
今後はもう京香さんと小日向さんですわ。
家康はうっちーです(笑)

>今回は男性の出演者だけでしたか?

お茶々がパッと映った気もしますが予告かも…。

>所々に笑いも入れてくれて、脇キャラで特にお気に入りは兼次様と小山田さんかな~。

自分は信尹叔父上と直江どのにめっさ惹かれています❤
脇にもファンをいっぱい作る大河ですね^^

くう |  2016/06/22 (水) 00:18 [ 編集 ] No.49524

コメントを投稿する 記事: 【真田丸】第24回 「滅亡」 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「真田丸」第24回

北条滅亡… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201606190001/ NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック 2 [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:3240円(税込、送料無料)

日々“是”精進! ver.F 2016/06/20

大河ドラマ「真田丸」 #24 滅亡

ついに北条家が滅亡・・・。 秀吉の天下統一が目の前です。 そして、伊達政宗の動きがまだまだ気になります。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2016/06/20

真田丸 第二十四回「滅亡」

第二十三回「攻略」はこちら。前回の視聴率は18.9%。華やかな回だったからなあ。さあ今回は北条がいかに滅んでいくかを、世代の違いによって描く。旧世代である北条氏政は死を覚悟していて、それを家康、上杉景勝、真田パパは翻意させようと必死(でもパパは上杉のように髻=もとどりを切る覚悟はない)。しかし氏政は例によって汁かけ飯を最後の晩餐にして冥土に向かう。籠城するうちに、外の世界が見えなくなるのは...

事務職員へのこの1冊 2016/06/20

真田丸「滅亡」

ラストの、ほんのわずかを除いて、とても男達の濃厚な回でしたね。 信繁(堺雅人)は北条氏政(高嶋政伸)の説得に。 いきなりのピンチ!でしたが、義兄・小山田茂誠(高木渉)に助けてもらい、何とか難を逃れます。 しかし、間が悪くて、姉の生存というグッド・ニュースをききそびれて、「なんじゃなんじゃ」とジレジレする茂誠がユーモラスで可愛かったです。 そして、ふと見た武器の材料につ...

のほほん便り 2016/06/20

真田丸 第24回「滅亡」~家康、景勝、昌幸、正宗……戦国オールスターズのさまざまな思い

 戦国オールスターズ!  家康(内野聖陽)、上杉景勝(遠藤憲一)、真田昌幸(草刈正雄)がそろい踏み!  この3人が北条氏政(高嶋政伸)の説得に当たる。 「氏政殿にはぜひとも生き延びていただきたい。それが互いにしのぎを削ってきた、われら3人の総意でござる」  ...

平成エンタメ研究所 2016/06/20

NHK大河ドラマ「真田丸」第24回「滅亡」

先週からの流れで滅亡ったらもう、当たり前だのクラッカーで!小田原北条氏の滅亡ですよおお!関東近郊をそぞろ歩きしたらもう、あっちにも北条、こっちでも北条、ってまあ、やっぱり関東の覇者であったことは疑いもなく、もう少~し先を見といてくれたらなああ、って~~。

真田のよもやま話 2016/06/20

今はただ切腹して果てることこそ無上の喜び、その首を晒すが汝の誉れなり(堺雅人)

元亀二年(1571年)に父・北条氏康が没し、氏政が北条家を継いでおよそ三十年である。 天正十八年(1590年)七月・・・豊臣秀吉の小田原征伐に敗北し・・・氏政は切腹して果てた。 氏政の母・瑞渓院と継室の鳳翔院は六月十二日に共に死去していて自害したとの説もある。 八王子城主だった弟の氏照は小田原城に篭

キッドのブログinココログ 2016/06/20

大河ドラマ「真田丸」第24回感想

「もしワシが20年早く生まれていれば」伊達政宗のこの言葉、同い年のゲンジローも心の中に隠している思いなのでしょうか。 黙って伊達政宗を見つめるゲンジローの胸中やいかに? 北条氏政を説得する大事なお役目をあわやのところで失敗するかと思われたゲンジロー、思わぬ人に助けられます。 いいことかな?気になるな〜 ようやく氏政の元まで辿り着いたゲンジローでしたが、...

鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ 2016/06/20

真田丸 第24回

『逃亡』「伊達北条滅亡」内容小田原城が豊臣軍に包囲される中、本多正信(近藤正臣)板部岡江雪斎(山西惇)に頼まれ、信繁(堺雅人)は、北条氏政(高嶋政伸)の説得へと向かうが、北条の兵に取り囲まれてしまい、絶体絶命の危機に。だが、その城内で信繁は、義兄・小山田...

レベル999のgoo部屋 2016/06/20

大河ドラマ 感想 真田丸 第24回 「滅亡」

小田原城内でのドタバタのさなかに小山田茂誠(高木渉)と再会した信繁(堺雅人)。あれからどうしていたのか話そうとする茂誠に、「話長くなるの?」的な信繁の顔を見ていたら、沼田城裁判劇で説明が長いと叱られた片桐且元を思い出してしまった(笑)。

架空と現実の雑記帳 2016/06/20

真田丸 第24回「滅亡」 相変わらず簡単で...

昨日は「99.9」と「ゆとりですがなにか」が最終回だったんですよね、まだ録画が見れてませんが(^0^;) とりあえず昨日唯一リアルタイムで見れた真田丸感想、いつも通り簡単なのですが...

みやさとの感想文と(時々)感想絵 2016/06/22

真田丸 第24話「滅亡」

公式サイト 信繁(堺雅人)は沼田裁定で競り合った本多正信(近藤正臣)、板部岡江雪

昼寝の時間 2016/06/23

【真田丸】第24回感想と視聴率「滅亡」

「滅亡」 <6/26(日)追記> 第24回の北海道の視聴率は、前回の15.9%よ

ショコラの日記帳・別館 2016/06/26