ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
真田丸  NHK大河ドラマ  真田幸村  信繁  堺雅人  大泉洋  長澤まさみ  草刈正雄  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【真田丸】第23回 「攻略」 感想

   ↑  2016/06/13 (月)  カテゴリー: 2016年大河「真田丸」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 真田丸 NHK大河ドラマ 真田幸村 信繁 堺雅人 大泉洋 長澤まさみ 草刈正雄 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5095.html

2016/06/13 | Comment (7) | Trackback (16) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


おはようございます。

どうしても「のぼうの城」が頭の中をよぎりつつ…^^
三成が堤を築いて云々言っている時も、あぁ…となっていました(苦笑)

そして、最後にまさかの茂誠の再登場!
一体どこで何をしているのか、気になっていましたが…
窮地の信繁を救ってくれ、あの後どうなるのか、次回が楽しみです♪

BROOK |  2016/06/13 (月) 06:14 No.49468


>北条に居た?義兄上…。
スタンド能力で空間削って現れたか(笑。

久方ぶりの御屋形様。徳川と並んでいるカットは壮観であり
真田と酒を飲みかわす場面は感慨深いものがあります。
凌ぎを削った者同士が今では秀吉に頭を下げて家を守った者同士。
そりゃ、北条も助けたくなるけど当人は
見下すのが好きな奴ほど見下されるのは嫌な典型。

>蔑んでいた真田の次男坊に頭を下げちゃうセレブ坊っちゃん。
源次郎も真田が滅ぶと思った時には大慌てだったし
この気持ちを呆れる気にはなりませんね。
家康にも過去の遺恨と一方でシンパジーも生じてきた。
最終的に豊臣に殉じ、徳川と決裂する源次郎ですが
遺恨だけではないとい事もこの時期から見せている感じ。

折り返しが近づいてきましたが信繁、信幸、家康の三人が
かなり成長を感じさせてきました。

巨炎 |  2016/06/13 (月) 14:41 [ 編集 ] No.49469


今回も面白かったですねぇー
余談ですが、毎回TLで丸島先生が解説してくれるので、それも大変勉強になりますね! 単なる主人公あげエピかと思いきや(たとえそうでも、私は丸の書き方だとOKなのですが)、あり得るかもしれない話にしてるってことで、歴史に対する真摯な姿勢に感動(T_T)

>戦を知らず頭だけでブツブツ言う井の中上司に辟易とした顔の面々。

これ、4人のそれぞれのリアクションが積み重ねたキャラ作りに合っててすごく良かった! 脚本&俳優とも。
と共に、このシーンで、豊臣の中では優秀な人材として書かれてきた三成が、外の優秀で実績ある人々の前ではかなり滑稽な人になっていて(BGMも容赦なく滑稽(笑))、豊臣政権の危うさを端的に語っているなーと思いました。これじゃあ老舗の北条は従えないですよね、、、。今後の問題の根っこもよく表している気がします。

早く兄上とまつの再会が見たい〜
(すっかり北条に同情的になってしまった今、北条滅亡は見たくない、、、、(笑)

かこ |  2016/06/13 (月) 15:22 [ 編集 ] No.49470


信繁が命をうけたのは前回を踏まえて弁が立つところを見込んでというのがいいですよね。
ただの主人公あげではなく江雪斎ー本多正信の信頼を得てというところに説得力があります。

それからお兄ちゃんの信幸。
先週に続いて当主としての決断をみせたところがよかったです!

三成が実践を積んでいないことが露呈し、おなかをこわすところではやくも関ヶ原への不安が。
それにしてもあの秀吉のけったいな陣羽織が実在するというのもすごいですね。
そしてこんなに北条、なんとか助かる道はないものかと祈るような気持ちで観る大河ははじめてです。

ゆう |  2016/06/13 (月) 17:49 [ 編集 ] No.49473


もののふ?

こんにちは。
私は憔悴した武士の姿(落ち武者の幽霊ギリギリな風情)が好きなんですけど、今回の石田三成の乱れ髪にはちょっと幻滅しました。
デスクワークで憔悴する武士って、あんまり美しくないなぁと思ったんです。
つくづく石田三成ってインドア派なんですね。

ケフコタカハシ |  2016/06/13 (月) 21:42 [ 編集 ] No.49478


いいところで

来週への引きになりました。
まさか義兄上が、こんなとこにいるとは!
よくある作品なら主人公がやたら出張るとへきえきしますが、真田丸はキャラの造形や脚本の妙がすごいので、信繁が城内潜入しても全然ふしぎに思えないから良いです。
しかも、戦国法廷劇で舌戦をかわした江雪斎や正信に信じられての人選という熱い展開に、むしろ満足。
来週の氏政を説得するシーンや、その結果に注目です。

ふるゆき |  2016/06/14 (火) 19:37 [ 編集 ] No.49481


まとめレスですいません

レスが一週回ってしまいまして、申し訳ありません!!

>BROOKさん
石田堤、まだ見に行ってないんです~。「のぼう」からもう随分経ちましたよね^^;
義兄上の登場には驚きました(笑)

>巨炎さん
>凌ぎを削った者同士が今では秀吉に頭を下げて家を守った者同士。

いわゆる歴史深く代々続いた名家を守る者同士の絆を感じましたわ。
敵だけれども旧知の仲ってやつですもんね。

>折り返しが近づいてきましたが信繁、信幸、家康の三人が
かなり成長を感じさせてきました。

人間的な成長もあり、同時に少しずつ歯車がずれていく感じもよく出ていますね。

>かこさん
>余談ですが、毎回TLで丸島先生が解説してくれるので、それも大変勉強になりますね!

うん。とても勉強になるし、申し訳ないけど記事に解説入れる時に引用させていただいたりして私も記事作るのが楽になりました(笑)←

>と共に、このシーンで、豊臣の中では優秀な人材として書かれてきた三成が、外の優秀で実績ある人々の前ではかなり滑稽な人になっていて(BGMも容赦なく滑稽(笑))、豊臣政権の危うさを端的に語っているなーと思いました。

実戦経験のない口だけ上司ってやつですよね。
でも、一応偉そうに見せている自信満々の三成がちょっとカワイイ❤

>ゆうさん
>ただの主人公あげではなく江雪斎ー本多正信の信頼を得てというところに説得力があります。

ですね。あの裁定が生かされたエピでしたよ。無理がないです。

>それにしてもあの秀吉のけったいな陣羽織が実在するというのもすごいですね。

あの正信の乳くびが付いた鎧もね(笑)

>そしてこんなに北条、なんとか助かる道はないものかと祈るような気持ちで観る大河ははじめてです。

ですよねぇ。
後北条氏が大河でこんなにピックアップされたのって初かも。
いや、必ず出て来るけれども「滅ばないでぇ」と思いながら見たのは初です。
寂しいですね。

>ケフコタカハシさん
>デスクワークで憔悴する武士って、あんまり美しくないなぁと思ったんです。
つくづく石田三成ってインドア派なんですね。

あーー解ります!!いわゆる頭でっかちな感じ(笑)
繊細だし頭脳派だし決して悪くはないんだけれども、想定外なことに出会うと焦りまくって失敗するタイプ(笑)

>ふるゆきさん
>よくある作品なら主人公がやたら出張るとへきえきしますが、真田丸はキャラの造形や脚本の妙がすごいので、信繁が城内潜入しても全然ふしぎに思えないから良いです。

このまま信繁の説得で無血開城しちゃうのかよと思った人もいたようですが、さすがに三谷さんはそこまではやらず、程よく活躍させてくれるので信頼できます^^

くう |  2016/06/20 (月) 22:01 [ 編集 ] No.49511

コメントを投稿する 記事: 【真田丸】第23回 「攻略」 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「真田丸」第23回

説き伏せよ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201606120001/ 真田丸 完全版 第壱集【Blu-ray】 [ 堺雅人 ]価格:10727円(税込、送料無料)

日々“是”精進! ver.F 2016/06/13

大河ドラマ「真田丸」 #23 攻略

北条攻めが始まりそうです。 史上最大の作戦。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2016/06/13

真田丸「攻略」

ほぼ、戦国オールスターで、秀吉(小日向文世)は20万を超える兵を集め、小田原を包囲 さすが三谷脚本。今度は赤ちゃん連れでなく、連れションで天下国家を論じてる場面が2度も出てきて可笑しかったのでした。 途中からは、秀吉、余裕で茶々(竹内結子)を呼び寄せ、踊り見物に興じてます。一方、北条氏政 (高嶋政伸)は、危機感のあまり、「いつ、攻めてこられるか…」と風呂にも入れず、お香を焚きしめ...

のほほん便り 2016/06/13

真田丸 第二十三回「攻略」

第二十二回「裁定」はこちら。前回の視聴率は16.6%。やっぱり、黒い回はそんなものなのであろう。でも今回は小田原攻め。大河ドラマで何度も何度も描かれ、「軍師官兵衛」のオープニングも確かこれ。きわめつけは「独眼竜政宗」の勝新太郎(秀吉)と渡辺謙(伊達政宗)...

事務職員へのこの1冊 2016/06/13

NHK大河ドラマ「真田丸」第23回「攻略」

板部岡江雪斎様の魂の説得にも関わらず、豊臣秀吉様にいっこう靡かず、とうとう意地を突っ張りとおす北条氏政様。突っ張っても突っ張っても攻めてくる相手とも知らず、互いの器の大きさを見誤った感がございまして、とうとう来ました小田原攻め!この後の成り行きの分かっている身としては、やめときゃいいのに・・って~!

真田のよもやま話 2016/06/13

真田丸 第23回「攻略」〜大殿は名家・北条を滅ぼされるおつもりか!

 北条氏政(高嶋政伸)。  高いプライドと甘い現状認識が滅びに結びついてしまったようだ。 ・名家・北条へのこだわり ・貴族趣味〜蹴鞠、薄化粧、香 ・巨大な小田原城 ・予想を上まわる21万の大軍 ・伊達さえ来れば…… ・誇り高き死  他人の忠告に耳を傾けないのも災い...

平成エンタメ研究所 2016/06/13

大河ドラマ「真田丸」第23回感想

「まことに追いつめられた時には、しがらみのない者の言葉にこそ心を動かす」そのしがらみのない者に使命されたゲンジロー、まさかの大大大抜擢です。 この江雪斎と堂々と渡り合った 21万もの兵力で小田原城を取り囲み、いざ「のぼうの城ターン」前編の始まりはじまり〜。 大軍勢の陣立ての軍議の段から、相も変わらず大人の腹の探り合いです。 徳川の与力となったはずの昌幸パパは、上杉勢と...

鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ 2016/06/13

真田丸 第23回「攻略」

大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第23回「攻略」 あらすじ・・・・・・・

みはいる・BのB 2016/06/13

初陣の夜にも落城の朝にも惜しむ命などない覚悟(堺雅人)

久しぶりの高梨内記の娘・きり(長澤まさみ)の未登場回である。 虚構性の高い真田十勇士的発想では真田幸村(信繫)には猿飛佐助と霧隠才蔵がつきものであり・・・佐助が忍者として登場している以上・・・きりはくのいちなのであろう。 ドジッ娘に見えるが・・・これはもちろん擬態である。 高梨内記は真田信綱の正室・

キッドのブログinココログ 2016/06/13

真田丸 第23回

『攻略』「攻略北条忍」内容ついに、秀吉(小日向文世)は北条攻めを決断する。全国から総勢21万の兵が集められた。三成(山本耕史)が、陣立てを決定。昌幸(草刈正雄)は、家康(内野聖陽)の与力であったが、上杉軍とともに、上野を攻めることに。 やがて、秀吉の本...

レベル999のgoo部屋 2016/06/13

大河ドラマ 感想 真田丸 第23回 「攻略」

小田原攻めで有名な連れション・エピソード。まさか、2回も出てくるとは思わなかった。しかも家康さん、メインの秀吉様との前に信繁といたしていたため、絞りだすのに大変だったようで…。

架空と現実の雑記帳 2016/06/13

真田丸 第23話「攻略」

北条氏政(高嶋政伸)の沼田城明け渡し要求を断固拒否する真田。北条を上洛させたい秀吉(小日向文世)を判事役に秀吉(小日向文世)は20万を超える兵を集め小田原を包囲するが、関...

昼寝の時間@R 2016/06/14

【真田丸】第23回感想と視聴率好調「攻略」

「攻略」 第23回の関東の視聴率は、前回の16.6%より上がって、18.9%でし

ショコラの日記帳・別館 2016/06/14

真田丸 第23回「攻略」 今回もホントに簡...

書きたい事は沢山あった23話だったのに(^^;;)本日も時間がものすごくないので、簡単感想をば。まずは。やっぱり伊達政宗さん登場ですかね(^^)どなたが演じられるのかなぁと思っていまし...

みやさとの感想文と(時々)感想絵 2016/06/17

大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い23小田原攻めに三成は当初の計算が狂い忍城で苦戦し信繁はまさかの氏政説得役に駆り出される事になった

大河ドラマ「真田丸」第23話は秀吉が北条攻めを決めた事で采配を三成に任せた。この状況では誰が振るっても勝ち戦になる事は間違いない状況だったが長引けば兵糧問題も出てくる ...

オールマイティにコメンテート 2016/06/19

『真田丸』、女性陣が活躍しないとまだ見られる!(21~23回)

皆さんこんばんは。今回は大人気大河ドラマ『真田丸』第21~23回について。第21回は「戦端」。北条家を上洛するように説得。第22回「裁定」真田信繁(堺雅人)と板部岡江雪斎(山西惇)が豊臣秀吉(小日向文世)の前で討論。第23回「攻略」小田原攻めと忍城攻め。

Coffee, Cigarettes & Music 2016/07/01