ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
真田丸  NHK大河ドラマ  真田幸村  信繁  堺雅人  大泉洋  長澤まさみ  草刈正雄  内野聖陽  竹内結子  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【真田丸】第21回 「戦端」 感想

   ↑  2016/05/30 (月)  カテゴリー: 2016年大河「真田丸」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 真田丸 NHK大河ドラマ 真田幸村 信繁 堺雅人 大泉洋 長澤まさみ 草刈正雄 内野聖陽 竹内結子 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5078.html

2016/05/30 | Comment (12) | Trackback (14) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


おはようございます。

>来週は真田家代理人として古美門研介が活躍します…

たしかに~♪
古美門だったら、上手くやり込めるはず!?


次回は三谷さんらしい会話劇となりそうなので、
どんな台詞の応酬になるのか、今から非常に楽しみです^^

BROOK |  2016/05/30 (月) 05:54 No.49400


今までの感想

 真田丸は真田太平記と見比べて見ているのですが 最近の大河ドラマでは良作だと思います。真田昌幸 信之 家康がどんな感じで描かれるのか見ていて興味がつきません。家康の意外な一面が見れて良かったと思います。ある意味大名は腹黒で賢くないと生き残れませんので… 次回はリーガルハイ古美門が見れるのですごく楽しみです。 

サチ |  2016/05/30 (月) 18:01 [ 編集 ] No.49401


リーガルハイの行方は

戦国なのに法廷劇になってきました。さすが三谷脚本。

>おっさんになればなるほど増えてくる無駄な意地の数。

ホントそうですね。男性も女性も、成長や経験とともにしがらみもたまってくるもの。
譲れない同士がぶつかり、議論から合戦へと動くなら、小田原攻めの前哨戦として、次回も見ものでしょう。

家康と正信のやりとりがカッコ良かったので満足。
できるだけのことはしたので、豊臣軍の一角として小田原に徳川勢が進攻してくるのも時間の問題ですね。
それにしても、この情勢下に徳川四天王の筆頭、武勇並ぶものなしの本多忠勝が超高速!上田往復にかまける親バカでいいのか…?

ふるゆき |  2016/05/30 (月) 19:52 [ 編集 ] No.49402


祟り?

今回、赤子を巡って織田や浅井の血筋がどうとかいってますが…。

偶然ですが「武田信玄」の再放送で信玄が諏訪姫を側室にした時期と
本作で秀吉が茶々を側室にした時期がかぶってしまいました。
武田家滅亡の幕開け、勝頼視点の「悲哀」が強調されていましたが
「武田信玄」や「風林火山」からの流れで見ると諏訪大明神の祟りに見えてくる。

茶々の子供達の父が誰であれ織田家の血筋。彼女は運命の予言的な事も言うし
第六天魔王の祟りから逃れられない所まで信繁はどっぷり嵌ってきたような。

巨炎 |  2016/05/30 (月) 22:33 [ 編集 ] No.49404


今回もおもしろかったーです。
子どものために戦のない世を、そのためにも早く天下統一をというのがよかったな。
めんどくさいおっさんたちの意地もわかったし、
子どもたちは子どもたちでちゃんと考えているのもわかった。
それぞれの立ち位置、考え方がわかるわかるでした。
お舅さんが「こないだ来て、帰ったばかりではないか」に笑ってしまいました。
ともだちのとこもそうで金曜の午後から来て月曜の朝10時ごろ帰るのだそうです。
お義父さまとお義母さまが。毎週毎週。ほんに「帰ったばかりではないか」の世界です。
しかもそのお舅さんがあの最強のご仁ときたら!

ゆう |  2016/05/30 (月) 23:13 [ 編集 ] No.49405


いつも3話分ほど、気合いをいれてまとめてみてます。自分も、清洲会議思い出しました(笑)!!

教科書では、秀吉は家康に滅ぼされた程度にしか書いてないけど、ドラマで見ると様々な人間模様、紆余曲折、諸行無常が手に取るようにわかり、それが三谷さんの脚本だとさらに分かりやすく、楽しく!描かれていて!!こんなに面白い戦国時代のドラマ見たことないなと。

あの場でなんか食べてるパパ最高(笑)それだけで、その人がわかるという(笑)

ぺい |  2016/06/04 (土) 13:07 No.49419


Re:BROOKさん

>次回は三谷さんらしい会話劇となりそうなので、
どんな台詞の応酬になるのか、今から非常に楽しみです^^

そーーお得意ですよね!
役者さんも素晴らしく演出も一流。
何の不安もなく待機します❤

くう |  2016/06/05 (日) 14:24 [ 編集 ] No.49428


Re:サチさん

>最近の大河ドラマでは良作だと思います。真田昌幸 信之 家康がどんな感じで描かれるのか見ていて興味がつきません。家康の意外な一面が見れて良かったと思います。

それぞれのキャラクターが表と裏までしっかり性格付けされているのでブレがないんですよね。

これ、もし史実ベースじゃなくてもドラマとして名作だと思います^^
次も楽しみですね!

くう |  2016/06/05 (日) 14:27 [ 編集 ] No.49429


Re:ふるゆきさん

>譲れない同士がぶつかり、議論から合戦へと動くなら、小田原攻めの前哨戦として、次回も見ものでしょう。

面倒なおっさんたちの名代も恐らく疲れるもの…
その辺が現れるとより面白くなるでしょうね^^

>それにしても、この情勢下に徳川四天王の筆頭、武勇並ぶものなしの本多忠勝が超高速!上田往復にかまける親バカでいいのか…?

平八郎は頭脳戦からは置いて行かれた存在であることをより意識した脚本だと思われます。

くう |  2016/06/05 (日) 14:31 [ 編集 ] No.49430


Re:巨炎さん

>「武田信玄」や「風林火山」からの流れで見ると諏訪大明神の祟りに見えてくる。

はい。
勘助に対抗する諏訪頼重の祟りです(笑)

>第六天魔王の祟りから逃れられない所まで信繁はどっぷり嵌ってきたような。

第六天魔王が光秀を打擲していた鬼畜な思い出が蘇るでしょうね…

くう |  2016/06/05 (日) 14:37 [ 編集 ] No.49431


Re:ゆうさん

>それぞれの立ち位置、考え方がわかるわかるでした。

そうですね~。
親としては子どもを頼りたくも頼りなくも思われ、子としては老いた親に翻弄される…あるあるですね。

>お舅さんが「こないだ来て、帰ったばかりではないか」に笑ってしまいました。

私もです(笑)
そんなお友達がいらっしゃるんですね。
私だったら気がおかしくなりそう(爆)

くう |  2016/06/05 (日) 14:40 [ 編集 ] No.49432


Re:ぺいさん

>教科書では、秀吉は家康に滅ぼされた程度にしか書いてないけど、ドラマで見ると様々な人間模様、紆余曲折、諸行無常が手に取るようにわかり、それが三谷さんの脚本だとさらに分かりやすく、楽しく!描かれていて!!こんなに面白い戦国時代のドラマ見たことないなと。

大河ドラマの役割と言うのは一般に言われている史実通りでなくとも歴史に興味を抱かせるだけで充分だと思うので、この大河で歴史を好きになる人たちは本当に幸せだと思いますね^^

>あの場でなんか食べてるパパ最高(笑)それだけで、その人がわかるという(笑)

「関白太政大臣」全然有り難がってないですよね(爆)

くう |  2016/06/05 (日) 14:44 [ 編集 ] No.49433

コメントを投稿する 記事: 【真田丸】第21回 「戦端」 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「真田丸」第21回

談判… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201605290000/ 真田丸(後編)価格:1188円(税込、送料無料)

日々“是”精進! ver.F 2016/05/30

上野国は関東の宝庫だ・・・そこに沼田城がそびえたつ・・・あたかも宝剣のように・・・(長澤まさみ)

関東制覇を狙う・・・北条家、上杉家、そして武田家・・・。 上野国沼田城は・・・各勢力の衝突する・・・地理的特性を供えている。 ただそれだけのことで・・・戦国の世が終息しようという・・・この時になっても・・・紛争の火種なのである。 武田家の系譜を継承する真田家が・・・主家の滅んだ後・・・そこに旗を立て

キッドのブログinココログ 2016/05/30

真田丸 第二十一回「戦端」

第二十回「前兆」はこちら。 前回の視聴率は18.7%と急伸。はてこれは……要するに前週は「笑点」の週だったのであり、いつもBSで見ている層が総合に流れたことが影響したのかもしれない。なにしろ歌丸引退、(城好きの)春風亭昇太司会抜擢の笑点第二部(...

事務職員へのこの1冊 2016/05/30

真田丸「戦端」

冒頭、待望の嫡男誕生の嬉しさのあまり、赤子をあやしながら天下国家の物騒な話をする秀吉(小日向文世)を筆頭とする、おっさん達の姿がユーモラスでした。 ついに「あ~、こりゃイカン」とギブして、女子会に赤子がタッチ。そこで誰それに似てる談義が、戦国の犠牲になった武将達で、その会話もある意味、ブラック。 出産したばかりの茶々(竹内結子)が、出産経験の無い2人の前で「そういうものでごさいま...

のほほん便り 2016/05/30

NHK大河ドラマ「真田丸」第21回「戦端」

 秀吉様ご待望のお子様ご懐妊ですが、それは滅亡へのカウントダウンの始まりでもあったと、禍福はあざなえるアザトース!原初の混沌!暗愚の神!究極の混沌の中心!・・それはまた別の物語でしたか?こりゃ失敬!にしてもしかし、今作的には、茶々様こそが原初の混沌なんでしょうねええ~。にゃるらとてっぷツガーっ!

真田のよもやま話 2016/05/30

真田丸 第21回「戦端」〜これが新しい時代のいくさなのです。そして愛すべき登場人物たち

 今回は関東の覇者・北条である。  大大名のプライドがあって、なかなか秀吉(小日向文世)に膝を屈しない。  中央から離れているので、世の中の流れなど、十分な情報が伝わらないというのもあるだろう。  そんな北条氏政(高嶋政伸)に家康(内野聖陽)は説く。 ・...

平成エンタメ研究所 2016/05/30

真田丸 第21回

『戦端』「天下一統最終課題沼田城vs北条戦端」 内容天皇の聚楽第行幸。茶々(竹内結子)が男子を出産。順風満帆の秀吉(小日向文世)は、ついに北条攻めを決断する。突然のことに、戸惑う三成(山本耕史)であったが、信繁(堺雅人)から、千利休(桂文枝)と会ってい...

レベル999のgoo部屋 2016/05/30

大河ドラマ「真田丸」第21回感想

「北条には滅んでもらった方がどれだけ助かるか。心底救ってやりたくなった」ここに来て再びホラー担当北条氏政の登場です。 子守りも馬廻り衆のお仕事? 相変わらず上洛をして来ない北条に、秀吉は強気に出ようとします。 「一刻もはやく天下統一したい。おすてのためにも」とは言いますが、それは利休の「北条つぶしなはれ」の言葉があってのことでした。 できたら浅井様に似てほしい...

鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ 2016/05/30

大河ドラマ 感想 真田丸 第21回「戦端」

北条氏政(高嶋政伸)の上洛をめぐって、真田が守る沼田城が再び駆け引きの材料にされました。上洛する代わりに沼田を北条に返せと。あまりの勝手な要求に昌幸父さん(草刈正雄)が怒るのも無理ないです。北条との戦も辞さない剣幕でした。――と、ここまではカッコよかったんですけどね(笑)。

架空と現実の雑記帳 2016/05/30

大河ドラマ「真田丸」 #21 戦端

秀吉の天下統一過程で残るは北条。 秀吉の狂気も増してきます。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2016/05/31

真田丸 第21話「戦端」

公式サイト 待望の嫡男誕生で勢いに乗る秀吉(小日向文世)は、北条氏政(高嶋政伸)

昼寝の時間 2016/05/31

真田丸 第21回「戦端」 もうホントに簡単...

今日は2つほど簡単感想ですが書かせてくださいませ。まずは真田丸。何だろうね、皆秀吉さんに従いたくない(^0^)家康さんはもちろん、北条氏政さんも。この描写、何か好きだな(^^) 秀...

みやさとの感想文と(時々)感想絵 2016/06/01

大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い21秀吉は氏政に臣従を求めるも沼田を引き渡し条件にしたことで昌幸は譲らず3者間による話し合いに持ち込まれる事になった

大河ドラマ「真田丸」第21話はタイオブの嫡男が誕生した秀吉は残る相手である北条氏政に上洛を迫る。家康もここは形だけでも頭を下げて臣従した方が良いと促すも氏政は聞こうと ...

オールマイティにコメンテート 2016/06/02

【真田丸】第21回感想と視聴率「戦端」

「戦端」 第21回の関東の視聴率は、前回の18.7%より下がって、16.8%↓

ショコラの日記帳・別館 2016/06/04