ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラ  とと姉ちゃん  高畑充希  相楽樹  杉咲花  木村多江  西島秀俊  田山涼成  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第36回 感想

   ↑  2016/05/15 (日)  カテゴリー: NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラ とと姉ちゃん 高畑充希 相楽樹 杉咲花 木村多江 西島秀俊 田山涼成 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5058.html

2016/05/15 | Comment (2) | Trackback (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


少女時代が終わったのは君子さんだった気がする

母への反発が原動力だった君子さんが
美子に目を向けていなかった事を反省して
常子と今後をちゃんと語る…と。
隈井さんの援助だと思っていた時から少しずつ返済しようと
していたし「親」として自分の出来る範囲の事は自分でして
頼るべき所は頼る(無論、頭は下げようね)、
この辺りの境界は実際の経験の中で見極めていくしかない。
「母」であり「娘」でもあった君子なのだった。

滝子さんは「家長」であり「母」でありから近くにいると
自分の思い通りに動かしたくなるし構いたくなるのでしょうね。

今週はいよいよ、あの男が帰ってくる。
朝ドラの寅さんとして、もっと活躍してくれ~。
「花アン」のおとうとは似て非なるでしょうか。

巨炎 |  2016/05/16 (月) 09:02 [ 編集 ] No.49327


Re:巨炎さん

>少女時代が終わったのは君子さんだった気がする

確かに、一番成長してほしいのは彼女でもありますし^^;

>今週はいよいよ、あの男が帰ってくる。
朝ドラの寅さんとして、もっと活躍してくれ~。

おじさんポジションですから花アンのおとうよりは梅子の陽造の方が近い気がします~。

私は身内がそんな人であるよりも無関係なトンチキの方が気になるので清に頑張っていただきたいです。
(ただし出番は特に増えなくても可w)

くう |  2016/05/16 (月) 13:12 [ 編集 ] No.49332

コメントを投稿する 記事: NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第36回 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

とと姉ちゃん (第36回・5/14) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第6週『常子、竹蔵の思いを知る』『第36回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 川に飛び込み、溺れる美子(根岸姫奈)を間一髪で助けた常子(高畑充希)。居場所がなかったと告白する美子に、常子たちは謝る。ふとしたことから百人一首をすることになり、常子はかつて父・竹...

ディレクターの目線blog@FC2 2016/05/15

最終回?>『とと姉ちゃん』第36話

以前、知人に聞いた知人の知人の話茶の湯か何かの師匠の息子と結婚したためお上品な家柄に必死で合わせ様としてやはり何にでも「お」を付けていたんだそうな遂には「ご飯」にまで「...

もう…何がなんだか日記 2016/05/15

最終回?>『とと姉ちゃん』第36話

以前、知人に聞いた知人の知人の話 茶の湯か何かの師匠の息子と結婚したため お上品な家柄に必死で合わせ様として やはり何にでも「お」を付けていたんだそうな 遂には「ご飯」にまで「お」を付けて 「おご飯」 と言っていたそうな …気の毒だけれども笑ってしまった(^^;) それに比べたら 「おたまご」なんて 笑う程のことでもない つーか 普通に使ってい...

何がなんだか…ひじゅに館 2016/05/15

とと姉ちゃん第6週 & トットてれび第3話(5.9-14)

・とと姉ちゃん第6週 常子(高畑充希)たちの学費を負担していたのが 祖母滝子(大地真央)だと発覚し、 更に険悪になる母君子@木村多江と滝子、 だが父の遺した手紙と溺れた妹への対応が関係を修復させたと。 もう飲まないと誓った酒を見つめただけで、 きっと酒を飲んで、秘密を暴露するんだなと想像させる 片岡鶴太郎さんの存在感がよかった。 しかし、この作品、へっぽこな男ばかりだな(苦笑) ・トット...

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) 2016/05/16