ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラ  とと姉ちゃん  高畑充希  相楽樹  杉咲花  木村多江  西島秀俊  田山涼成  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第32回 感想

   ↑  2016/05/10 (火)  カテゴリー: NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラ とと姉ちゃん 高畑充希 相楽樹 杉咲花 木村多江 西島秀俊 田山涼成 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5053.html

2016/05/10 | Comment (2) | Trackback (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


避けては通れない道な訳ですが

>親の代が思っているよりも、子ども世代はちゃんと考えてやっている
前回の我が子視点の話ですが結局、目下の者が自分の思う通りに
動かない考えていない事態に直面して、それを
どう受け止めるかの積み重ねなのだと思います。

隈井さんが滝子さんは娘が飛び出してから丸くなったと言ってましたし
娘にとって亡夫との絆はそれだけ大事だという事を少しずつ受け入れ結果的に
常子達からみて剛柔の魅力を兼ね備えたお婆様になっていってるのかも。
しかし君子の方は竹蔵との関係を神聖視するあまり
その価値基準から少しでも外れたら否定しているのが現状。

常子を跡取りにと考えても、まず母親である君子に、次いで
本人に意思確認を行った筋の通った行動をとる滝子に対して
戸主に据えただけで娘を立てているつもりで
将来を話し合いもせず逆に立ててもらっている事に気づかない君子。
↑経済力の有無という一点を除けば誰かに似ているような…。

巨炎 |  2016/05/10 (火) 23:12 [ 編集 ] No.49308


Re:巨炎さん

>隈井さんが滝子さんは娘が飛び出してから丸くなったと言ってましたし
娘にとって亡夫との絆はそれだけ大事だという事を少しずつ受け入れ結果的に
常子達からみて剛柔の魅力を兼ね備えたお婆様になっていってるのかも。

どうもねーーー週予告から考えるとそういう事でもないのかも~^^;

たぶん、そんなに深読みしてあげる必要のないドラマって気もします。
サブタイトルの通り、ととは生きている内に手を尽くしていた…という事なように思います。
なのに君子はそれを理解していない。

>本人に意思確認を行った筋の通った行動をとる滝子に対して
戸主に据えただけで娘を立てているつもりで
将来を話し合いもせず逆に立ててもらっている事に気づかない君子。

あまり深く考えない性質の人のようですね。
おっとりしていそうで短気で短慮。

くう |  2016/05/11 (水) 00:26 [ 編集 ] No.49310

コメントを投稿する 記事: NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第32回 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

とと姉ちゃん (第32回・5/10) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第6週『常子、竹蔵の思いを知る』『第32回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 学費を援助していたのは隈井(片岡鶴太郎)ではなく、祖母・滝子(大地真央)だった。常子(高畑充希)は、次女の鞠子(相楽樹)と同級生の綾(阿部純子)に相談し、母・君子(木村多江)の気持...

ディレクターの目線blog@FC2 2016/05/11

押すなよ!>『とと姉ちゃん』第32話

先週の新発見を巡るドタバタと同じパターンで始まった月曜日良いのか、これで?本当に良いのか、西田!?…ひじゅにですが何か?「私がはべらせているみたい」by常子学校の様子...

もう…何がなんだか日記 2016/05/11

押すなよ!>『とと姉ちゃん』第32話

先週の新発見を巡るドタバタと 同じパターンで始まった月曜日 良いのか、これで? 本当に良いのか、西田!? …ひじゅにですが何か? 「私がはべらせているみたい」by常子 学校の様子が全然出てこないよな… と思っていたら 今日は早速、綾さん登場! 「お母様の気持ちを考えたら、お伝えしない方がいいと思う」 「学費の事をお伝えするの...

何がなんだか…ひじゅに館 2016/05/11

とと姉ちゃん 第32回

内容偶然、祖母・滝子(大地真央)と隈井(片岡鶴太郎)の話を聞き、学費を援助しているのが隈井では無く、滝子だと知る常子(高畑充希)そのことを、鞠子(相楽樹)や綾(阿部純子)に相談。母・君子(木村多江)には、黙っておくことに。だが同時に、伝えることが、仲直...

レベル999のgoo部屋 2016/05/11