ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラ  とと姉ちゃん  高畑充希  相楽樹  杉咲花  木村多江  西島秀俊  田山涼成  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第8回 感想

   ↑  2016/04/12 (火)  カテゴリー: NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラ とと姉ちゃん 高畑充希 相楽樹 杉咲花 木村多江 西島秀俊 田山涼成 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5016.html

2016/04/12 | Comment (6) | Trackback (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


このドラマはいまのところサブタイトルが「常子、~する」というものだから、
ナレも常子が心情を語るにすればよかったかもと思います。
ちりとてちん方式?で「美子のつらさもおもいやれず、調子に乗った私はなんてアホだったのでしょう」というように。
 
玉置三兄弟は同じ学年なのに上二人がすでに働いている。
小橋家は働き手が亡くなって収入減なのに上二人が女学校行っている。
しかも4年も遺族援助もらってるんだって!(と大人たちが噂してたりして)
一番下の子がそれをそのまま小学校に持ち込んでいるから憎たらしいわー。
 
とと(男)と同じようなつもりで常子(女)が社会進出しようとしたときの
世間の声(三兄弟)、所詮、女という男たちの本音、働く女はデリケシがない、という描写なんですかね。

ゆう |  2016/04/12 (火) 20:16 [ 編集 ] No.49081


うん。常子がステップアップする話だよ。
火事のシーンなんて、自分の在り方を思いっきり考えさせられる事件だよね。
ど真ん中で、超邪魔に立ちすくんでたけど^^;。
家族の為だけでなく、世間的にもととになるなんて、
常子の決心はグローバルだったんだね。
頑張りすぎて、こんな時ととだったら・・・・って考えすぎて、
自分を見失わなければいいけど。

鞠子が時々、田中圭くんに見えます。


紫花浜匙 |  2016/04/12 (火) 20:37 [ 編集 ] No.49082


Re:ゆうさん

>ちりとてちん方式?で「美子のつらさもおもいやれず、調子に乗った私はなんてアホだったのでしょう」というように。

あーーなるほど。
思えば「ちりとて」って未来の自分から目線だったから、B子がウジウジしているのも何となくスルーできる構成だったんですよね。上手いですよね~。

>玉置三兄弟は同じ学年なのに上二人がすでに働いている。

この当時はそういう家も多かったでしょうね。
前作ではやたらと「女子の高等教育」と言ってましたが、家業を継ぐなら高等教育は必要ないというのは男子も同じだったのですよね。改めて前作はお金持ち目線。
 
そして、このドラマでもやはり男と並びたい女はdisられるのでした。朝ドラの宿命ですね。

くう |  2016/04/13 (水) 00:38 [ 編集 ] No.49084


Re:紫花浜匙 さん

>火事のシーンなんて、自分の在り方を思いっきり考えさせられる事件だよね。

女の身では力仕事は同じように出来ない。
では、何が男のようにできるのか…って話だよね。
でもさーー常子は ととの代りになりたいんじゃなくて男になりたいのかなっていう風に見える^^;

>頑張りすぎて、こんな時ととだったら・・・・って考えすぎて、
自分を見失わなければいいけど。

常子が今のところやっている事が、ととだったらやってない事のようにしか見えないのよね^^;
これが目指す ととだとしたら、ととの設定はニシジじゃダメだったよなって気がする…
今の常子がやっている事は、向井理叔父さんがやりそう(笑)

>鞠子が時々、田中圭くんに見えます。

おおーー明日注目してみます❤
綺麗な子よね。

くう |  2016/04/13 (水) 00:44 [ 編集 ] No.49085


>ととは稼ぐことで家庭に尽くし、
>かかは家に気を配る事で家庭に尽くす、
この辺りニシジンととがかかの領分まで背負って出来が
良すぎた事やイエ制度からくるギャップがあるのでしょうか。
現状はかかがととの領分まで背負っているのだから
常子はかかの負担を減らす方向となるのが我々の感覚。

第1週のとと姉宣言はママゴトの延長みたいなもので
この時は美子が一緒にはしゃいで鞠子は乗れずでした。
イエ制度から母や(世間が見えるようになってきた)鞠子は常子を立てようと
するけど常子自身は自分がどうあるべきか定まっていない状態。
入り婿予定の婚約者でもつけて戸主としての体裁を整えた方が良い気が
しますが、それはととの遺志に反するのか。

こういう時は周囲が自分を立ててくれるのが当たり前で年少者の不満にも
無頓着なお山の大将(裸の王様とも言う)な性格だったら気楽なのですが(笑。

巨炎 |  2016/04/13 (水) 09:48 [ 編集 ] No.49086


Re:巨炎さん

>現状はかかがととの領分まで背負っているのだから 常子はかかの負担を減らす方向となるのが我々の感覚。

そうですよね!
かかは生活費も稼がなくてはならなくなったし、火事もやらなくてはならないし本来ならかかの負担が増えたんですよね。

けれども、たぶんこの かかは子育ての「心」の部分を旦那に任せていた。そこを常子が負うって事なんでしょうね。

>入り婿予定の婚約者でもつけて戸主としての体裁を整えた方が良い気が しますが、それはととの遺志に反するのか。

自力で乗り越えたいんでしょうね。
モデルの人は生涯未婚だし…^^;

くう |  2016/04/14 (木) 00:04 [ 編集 ] No.49092

コメントを投稿する 記事: NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第8回 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

とと姉ちゃん (第8回・4/12) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第2週『常子、妹のために走る』『第8回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 美子(根岸姫奈)の教室にたどりついた常子(高畑充希)はそこで一人ぼっちの美子を見てしまう。一計を案じた常子は、ともだちに美子の魅力を伝えようと一芝居うつが、見事に失敗。逆に美子の信頼を...

ディレクターの目線blog@FC2 2016/04/12

とと姉ちゃん 第8回

内容妹・美子(根岸姫奈)に弁当を届けた常子(高畑充希)は、美子が独りぼっちなのを知る。何とかしてやろうと一計を案じるが、大失敗。 敬称略 常子「ととだったら。。。」 って、言ってるけど、どう見ても繋がってないので、 それを具現化、行動しているとは、...

レベル999のgoo部屋 2016/04/12

桃尻>『とと姉ちゃん』8話

子供時代と打って変わって 典型的な朝ドラ・ヒロインになってきた常子 そしたら今日は早速(?) 挫折の連続! ワザと変な方向に持ち上げておいて 容赦なく突き落とす …という算段? これで「とと」の部分が強化され キャラも“成長”していくのか? あくまでも「姉ちゃん」の部分が肥大し 暴走を続けるのか? …ひじゅにですが何か? 「ととだっ...

何がなんだか…ひじゅに館 2016/04/13

桃尻>『とと姉ちゃん』8話

子供時代と打って変わって典型的な朝ドラ・ヒロインになってきた常子そしたら今日は早速(?)挫折の連続!ワザと変な方向に持ち上げておいて容赦なく突き落とす…という算段?...

もう…何がなんだか日記 2016/04/13