ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
真田丸  NHK大河ドラマ  真田幸村  信繁  堺雅人  大泉洋  長澤まさみ  草刈正雄  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【真田丸】第14回 「大坂」 感想

   ↑  2016/04/11 (月)  カテゴリー: 2016年大河「真田丸」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 真田丸 NHK大河ドラマ 真田幸村 信繁 堺雅人 大泉洋 長澤まさみ 草刈正雄 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5014.html

2016/04/11 | Comment (6) | Trackback (15) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


おはようございます。

>いやん、かわいいよ、竹内さんの茶々、かわいいよ

ホント竹内さん演じる茶々が可愛くって…♪
もうそれしか印象に残らない回となりました。


そして、あの終わり方…
唐突に信繁と秀吉の対面となり、隠れて終わりって…
もう何が何だか?

大坂編はさらに楽しめそうな予感。。

BROOK |  2016/04/11 (月) 06:02 No.49073


そういえば官兵衛・・・

洋ちゃんはすぐに思い出したけど、こっちは忘れてました。

副長の石田三成、いいですね。
切れ者故に他の豊臣家臣と軋轢が生じるという微妙な立ち位置の人。
「官兵衛」ではホント、扱いが酷かったなぁ…。

先日、書いた松方版「家康」では石川数正は千葉真一が演じていて
家康の最初の奥さんに横恋慕していたのが出奔の遠因とか、何じゃそりゃ(笑。
で、三成は顔&アクション全盛期の真田広之。

>父上の人でなしめ……
こういう所、疎い部分がある人なのでしょうか。
前回も作戦概要を語っている時から追い詰められた敗残兵の行動が
考慮されてなくてヤバくないか?と思ってたら伏線だった。
「JIN」のドラマ版で端折られた大村益次郎は
原作で、この辺りの事をちゃんと語っていた訳で…。
単に時代の違いもあるかもしれませんが。

巨炎 |  2016/04/11 (月) 09:00 [ 編集 ] No.49075


前回の発言を次回さっそく覆す方々
家康「わしだけ逃げた事が知られたら・・・。その方が怖いわ」→「家来になった覚えはない」
父上「大名なんかいらん」→「大名になりたいのう」
きり「すえちゃんは私が育てる」→作兵衛に任せて自分は大坂へ
上二名は狸なおっさんだからわかるけどきりちゃんまでwもしやこの娘も狸?
しかしいいとこで終わったねえ。続きがめっちゃ気になるやんかー!

しげ |  2016/04/11 (月) 10:32 No.49076


大坂編、顔見せ回なのに既にやられちゃいました〜〜 期待以上に楽しめそう!!
特に三成と清正の関係性を持ってきたところにぐっときちゃったんですよねー 面白くなること間違いなし!そこをじっくりやるんですね!わーいわーい!!
石川と信繁の対面はちょっとあざとかったですけど、他が良かったんで許しちゃう

>将来的に源次郎が選ぶ道への示唆。
ほんとそうでした!
信繁が大坂に入る時→三十郎は連れて行かない、兄は上田にいる、自分とは違う道を選べという上杉、徳川にいる叔父。

色んな意味で、単なる顔見せ回と侮れない話でしたねー
副長はかっこいいし、ほんとますます楽しみです!

かこ |  2016/04/11 (月) 11:21 [ 編集 ] No.49077


三谷幸喜さんの朝日新聞のコラム、くうさんならいつもチェックされてるとは思いますが、今日のコラム、真田丸の感想を読んでの三谷幸喜さん自身が、小ネタ論とかを分析しておられて、爆笑もんでした。そして、私、きっと三谷幸喜さん、くうさんの此処も、読んで下さってるに違いないな〜って…思います!読んだら、ますます、執筆にパワーを得られるし、万が一読んでおられなかったら、是非、読むようお勧めしたいけど…ファンレターでも書くか…くうさんの見取り八段必読物ですよって…いやいや…チョット面倒だから、それはしない……。おいおい、しないんかい!…ひとりボケツッコミ……。ナイツの漫才が大好きな、南高卒でした。失敬!

南高卒 |  2016/04/15 (金) 19:13 No.49104


まとめレスですいません

おまけに次の回直前レスですいません~!

>BROOKさん
>ホント竹内さん演じる茶々が可愛くって…♪
もうそれしか印象に残らない回となりました。

豊臣パートはやっぱりキャラが強烈でしたねーー!
先が楽しみすぎます!

>巨炎さん
>副長の石田三成、いいですね。

クセモノ感が漂ってましたな。
一見クールで中は熱い。副長と繋がる部分がありますね^^

>前回も作戦概要を語っている時から追い詰められた敗残兵の行動が 考慮されてなくてヤバくないか?と思ってたら伏線だった。

三谷さんは解って書いていると思えるので安心感があります。

>しげさん
>きり「すえちゃんは私が育てる」→作兵衛に任せて自分は大坂へ

きりちゃんの場合はもっとストレートに子育てが思ったよりも難しくて手に負えなかったって所が大きいと思うの(笑)
ま、彼女もまだ子どもですからーー(笑)

>かこさん
>特に三成と清正の関係性を持ってきたところにぐっときちゃったんですよねー 面白くなること間違いなし!そこをじっくりやるんですね!わーいわーい!!

三成と初対面したそれぞれの感想が違うってところが面白いよね!
直江どのとは気が合いそうだった。
殿萌えに共通点があるのかも~。

>鍵付きコメさん
ご指摘ありがとうございました!
すぐにレス出来なかったのですが、とりあえず修正しました。
もーー気づいてなかったので大変っっ助かりました!ありがとうございます!

>南高卒さん
>三谷幸喜さんの朝日新聞のコラム

朝日新聞、読んでないですーー!
図書館で見てきますね。

>きっと三谷幸喜さん、くうさんの此処も、読んで下さってるに違いないな〜って…思います!

それは困ります(笑)緊張して書けなくなっちゃう(笑)

くう |  2016/04/17 (日) 17:58 [ 編集 ] No.49111

コメントを投稿する 記事: 【真田丸】第14回 「大坂」 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「真田丸」第14回

信繁、大坂へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604100001/ 歴史秘話ヒストリア 徹底解明!これが“真田丸"だ ~地中に残された幻の城~ [ 渡邊あゆみ ]価格:3,078円(税込、送料込)

日々“是”精進! ver.F 2016/04/11

大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い14昌幸は秀吉からの上洛の要請を断るも信繁が景勝の上洛に同行した事で信繁が代理を務める形となった

大河ドラマ「真田丸」第14話は昌幸は家康との第1次上田合戦を制していた中家康が秀吉に服従し、景勝もまた秀吉に服従していた。そんな中で昌幸は北条と対峙していることを理由 ...

オールマイティにコメンテート 2016/04/11

真田丸 第十四回「大坂」

第十三回「決戦」はこちら。前回の視聴率は18%超えとはいかなくて17.5%にとどまった。朝ドラの「あさが来た」最終回は27.0%まで駆け上り、ネットではヒロインが死んだのかどうかという「タイタニック」のときと同じような騒ぎになっているとか。番組改編期ということ...

事務職員へのこの1冊 2016/04/11

真田丸「大坂」

徳川軍に勝利したものの、妻・梅(黒木華)を無くして、心中、失意の信繁(堺雅人)なれど、昌幸(草刈正雄)も命もあり、信頼を築きあげた、上杉景勝(遠藤憲一)と大坂に様子見に行くことになります。 なんと、梅の忘れ形見の世話に手こづり、お手上げ状態の、きりちゃん(長澤まさみ)も一緒に 笑いどころとしては、「なんで、私の役でない」と、ぼやく信幸(大泉洋)、愚痴りに膝枕してもらった相手が母君...

のほほん便り 2016/04/11

真田丸 第14回「大坂」〜秀吉登場! 秀吉は昌幸、景勝に続く三番目の父親になるのか?

 信繁(堺雅人)は石川数正(伊藤正之)に言う。 「先が読めないのは皆同じです。  だから必死に生きているんです。  人を騙したり裏切ることもあるでしょう。  でも、それは善とか悪で計れるものではないと私は思うのです。  石川様、とりあえず先に進みましょう」 ...

平成エンタメ研究所 2016/04/11

NHK大河ドラマ「真田丸」第14回「大坂」

大盛り上がりでちょいとほろ苦かった青春編が終わり、今日からいよいよ大坂編が始まります。いよいよ関白登場!これはこれで盛り上がりそう~~♪

真田のよもやま話 2016/04/11

私の罪を若さだと云う人もいれば私の魅力を若さだと云う人もいるのね(長澤まさみ)

物語の中で人が感じる世界のカタチはそれぞれである。 たとえば・・・世界というものが・・・人を矯正するというイメージを抱く人がいる。 その遠因を徳川幕府による長い平和体制によるものだと推察する人もいるだろう。 きりという登場人物のキャラクターはそういう考え方へのアンチテーゼとして捉えることができる。

キッドのブログinココログ 2016/04/11

真田丸 第14回「大阪」とか その他ちょこ...

まずは またしてもブログでもプロフでもお返事、本日は書く時間の余裕がなくてですねm(__)m、今少しそのままにしてしまうのをお許し下さいませ。昨日はブログをお休みしたのですが ...

みやさとの感想文と(時々)感想絵 2016/04/11

真田丸 第14回「大坂」

大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第14回「大坂」 あらすじ・・・・・・

みはいる・BのB 2016/04/11

真田丸 第14回

「大坂」 内容徳川軍に勝利した真田家であったが、その戦いの中、信繁(堺雅人)は、妻・梅を亡くしてしまう。 思わぬ大敗に怒り心頭の家康(内野聖陽)新たな手を打ち始めるさなか、家康に衝撃的なしらせが入る。重臣の石川数正(伊藤正之)が出奔。敵対する羽柴秀吉(...

レベル999のgoo部屋 2016/04/11

大河ドラマ 感想 真田丸 第14回「大坂」

上杉家の人質になっている信繁(堺雅人)が景勝と一緒に大坂に行くと知った”大名でもない”昌幸父さん(草刈正雄)は、秀吉を知る絶好の機会と大喜び。おまけに、人に好かれる才能を持つ信繁を褒めちぎり。

架空と現実の雑記帳 2016/04/11

大河ドラマ「真田丸」 #14 大坂

家康を撃退しものの、天下は秀吉のものになろうとしています。 歴史の表舞台に登場する人々がたくさん出てきます。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2016/04/11

真田丸 第14話「大坂」

公式サイト 物語の新たな舞台は大坂。天下をほぼ手中にした羽柴秀吉(小日向文世)が

昼寝の時間 2016/04/12

大河ドラマ「真田丸」第14回感想

「わたくし存じません、猿に会うたことがないのです」えーと・・・そういえば私も動物園や高崎山のなら見たことあるけど、野生の猿って見たことないかも。 「分かっている、いつまでも立ち止まっていてはいけないことぐらい」 てっきり先週で出番は終ったと思ってたので、冒頭から景勝・兼続コンビの登場が嬉しい。 「武士として生きる上に大事なことを妻から教わりました」と言うゲンジロー。 ...

鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ 2016/04/12

【真田丸】第14回(4/10)感想と視聴率「大坂」

「大坂」 第14回の関東の視聴率は、前回の17.5%より下がって、17.1%でし

ショコラの日記帳・別館 2016/04/12