ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
精霊の守り人  綾瀬はるか  東出昌大  木村文乃  林遣都  松田悟志  吉川晃司  高島礼子  藤原竜也  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【精霊の守り人】第4回 「決戦のとき」season1最終回 ツイッターまとめ感想

   ↑  2016/04/10 (日)  カテゴリー: 大河ファンタジー「精霊の守り人」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 精霊の守り人 綾瀬はるか 東出昌大 木村文乃 林遣都 松田悟志 吉川晃司 高島礼子 藤原竜也 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5013.html

2016/04/10 | Comment (2) | Trackback (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


来年のことはわからない

> 正直、ほぼ入り込めないまま最終回になった(爆)

番宣でオープニング曲を何度か聴いたこともあって少しなじんできました。
国の名、民の名がなかなか覚えられず、その都度思考が停止してしまいます。
来年はさらに別の国が出てくるようで敷居は高くなるでしょう。

熱帯魚 |  2016/04/10 (日) 16:02 [ 編集 ] No.49072


Re:熱帯魚さん

>番宣でオープニング曲を何度か聴いたこともあって少しなじんできました。

オープニング曲に関してはいい曲だと思っているので来年になったらもっと聞くと気持ちが上がるようになるかも~。

>国の名、民の名がなかなか覚えられず、その都度思考が停止してしまいます。

あーーそれはあるかも!
何故でしょうね?L.O.T.R.やハリーポッターなどで頭に名前が入らないってことはないのですが…確かにこれは入って来ない。

やっぱり関心度が低いから?^^;

くう |  2016/04/12 (火) 01:32 [ 編集 ] No.49079

コメントを投稿する 記事: 【精霊の守り人】第4回 「決戦のとき」season1最終回 ツイッターまとめ感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

精霊の守り人 「決戦のとき」

これで、今年度の第一章は終わり、なのですね。 チャグムは、バルサの活躍もあり、無事、精霊の卵を産み、元の場所に戻ることが出来たし、この旅で、ぐんと大きく逞しくなってヨカッタですね。 チャグムも、バルサになつき、別れたくない、としばし駄々をこね、抱きついてたのも「まだ、子供なのね」と、微笑ましかったです。 トロガイ(高島礼子)も無事、復帰出来て安堵。 でも、これで世界の...

のほほん便り 2016/04/10

世界は食うか食われるか・・・ただそれだけのもの(綾瀬はるか)来年に続く!(林遣都)

自称・壮大な物語の序章・・・まあ、ファンタジー小説からゲームまで・・・半世紀以上も異世界の物語に耽溺してきた身にとっては・・・あまりにもありきたりな展開なわけだが・・・何事にも入門編というものがあるからな。 お茶の間というものは基本的には愚鈍であるので・・・異世界とは相性が悪い。 そういう考え方は間

キッドのブログinココログ 2016/04/10

精霊の守り人第四回/決戦のとき

けっきょくどんなに自分を虚飾の鎧で包んでも、人は人以上にはなれずに、自分の無力さに怯えその無力さに打ちのめされるのだろう−。 「精霊の守り人」は別にそう言うことをテーマにした物語ではない。 だけれど藤原帝を目当てに歪んだ視点で見てみると、こういう感想に...

森の中の一本の木 2016/04/10

精霊の守り人 第4回「決戦の時」(シーズン1 最終話)

公式サイト ラルンガの襲撃を何とかかわしたバルサだが、救い出したチャグムは何者か

昼寝の時間 2016/04/17