ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラ  とと姉ちゃん  高畑充希  相楽樹  杉咲花  木村多江  西島秀俊  田山涼成  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第4回 感想

   ↑  2016/04/07 (木)  カテゴリー: NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラ とと姉ちゃん 高畑充希 相楽樹 杉咲花 木村多江 西島秀俊 田山涼成 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-5010.html

2016/04/07 | Comment (8) | Trackback (6) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


おひさま……私は父親の寺脇康文さん…だっけ?あの役者さんを、おひさま出演されるまで全く存じ上げなかったんですが、あの父親の演技が、どうも私の感性に合わなくって……結局、ほとんど視聴するにはしたんだけど、違和感ばかりの朝ドラでした。ごちそうさんと、同じ所に私の記憶の中に居ますね。百人一首に羽根つき、福笑い…非日常の特別な時間って事でしょうか…とっても楽しかった…着物姿にしてもらって、髪飾りちょっと付けて、リボン程度ですが…我が家の正月風景を思い出しました。ゲームも何も無い、一家団欒の良い時代だったなあ。昭和四十年代の事です。

南高卒 |  2016/04/08 (金) 07:48 No.49048


はじめまして。
書き込むのは初めてですが、ずっとウロウロさせて頂いていました。

子供時代が丁寧に書かれるドラマ。昭和の美しい生活がいい感じで、良いドラマになりそうな、期待でワクワクしています。

…でも、なんだろう、物凄く胸が痛いんです。
声を荒げることのない両親。
反抗的な態度を見せない上の子たち、甘えん坊の末っ子。
絵に描いたような一家団欒。

見ているだけで、苦しくて苦しくて…(笑)

前作の今井家の親子関係や、あさちよの確執のほうがよほど健全に思えてきてしまうのは何故なんでしょう?

家族って難しいですね。








笹カレイ |  2016/04/08 (金) 08:47 No.49049


「変わらないでほしい」「あたりまえの生活が一番大事」だという背景には「変わってしまったかつての自分の家族(両親が早くに亡くなり)」が見え隠れしているみたいに感じます。
家訓も子どもが小さいうちはいいけど思春期にはわずらわしくなるような…(これは後で出てくると予想)
普通が大事普通が大事ってことさらに言いつのるところに少々不自然さを感じました。
ところで宇多田さんの主題歌ってしみじみいい歌ですねー。好きです。

ゆう |  2016/04/08 (金) 10:20 [ 編集 ] No.49050


いつもお世話になってます

私も、ととの妄執か!?と感じてしまい、ちょっと過激に反応してしまったかな…と思ってましたが
やはり、そう受け取れる部分がありますよね(^^;)
ととの代わりになる=とと姉ちゃんって、呪縛ですよね…
ただ、某『まれ』みたいに
毒親にしか見えないけど作者の意図は理想の家族なのかも…
という疑惑(?)でイッパイだった作品の例もあるので、何とも言えませんが。
↑あまりにも酷い例え

ひじゅに |  2016/04/08 (金) 13:28 [ 編集 ] No.49051


Re:南高卒さん

>おひさま……私は父親の寺脇康文さん…だっけ?あの役者さんを、おひさま出演されるまで全く存じ上げなかったんですが、

私は寺脇さんはずっと好きで。ただ父親役っていうのは見た事なくて(あれが初めてだったかも)そういう点では違和感というか新鮮でした。

「おひさま」は一週目で父ではなくて病気の母が亡くなるわけですが、母子の描写がとても美しくて…その後も戦後までは二十四の瞳みたいでなかなか良かったんですよね…戦後まではね…。

>我が家の正月風景を思い出しました。ゲームも何も無い、一家団欒の良い時代だったなあ。昭和四十年代の事です。

私も子どもの頃の正月風景を思い出しましたわ。ゲームなかったですもんね。家族でかるたやトランプをやりました。
古き良き時代の日本の正月ですね。

くう |  2016/04/08 (金) 22:32 [ 編集 ] No.49058


Re:笹カレイさん

コメントありがとうございます^^

>…でも、なんだろう、物凄く胸が痛いんです。
声を荒げることのない両親。
反抗的な態度を見せない上の子たち、甘えん坊の末っ子。
絵に描いたような一家団欒。
見ているだけで、苦しくて苦しくて…(笑)

苦しいですね。それで正解だと思います(笑)
ととが自分を縛り付けているとしか思えない家訓。
愛される親を持たなかった父親の家族への縛りがぎゅうぎゅうに詰まった子供時代です。
でも美しいんですよね。

これは狙ってやっているのだと思いますよ~。
この子供時代を美しいと思って育ったこの子たちが、将来どうなるのか、そこをじっくり見守りたいです^^

これだけ丁寧に描いているのだから、きっとこの先も丁寧だと信じたいし、名作の予感すらしています。今のところは(笑)

くう |  2016/04/08 (金) 22:39 [ 編集 ] No.49059


Re:ゆうさん

>家訓も子どもが小さいうちはいいけど思春期にはわずらわしくなるような…(これは後で出てくると予想)

時代が違うので、わずらわしいとも思わないのかも知れませんね~…(まぁ…私だったらニシジがパパなら永遠にわずらわしくありません!)

しかし、ととの遺志を継いで「家族・家族」言う常子に妹たちが辟易…って図は見える気がします。

>普通が大事普通が大事ってことさらに言いつのるところに少々不自然さを感じました。

それはモデルの人・大橋鎭子さんのモットーでもあるんでしょうね。

私的にはととが死んでしまうことを思うと日常…今のうちに大事にしてね(泣)…って気持ちでした。

>ところで宇多田さんの主題歌ってしみじみいい歌ですねー。好きです。

朝ドラのOPをこんなにジックリうっとり聞いているのは「カーネ」以来です!!(あまちゃんはまた別にして)

朝ドラ15分はOPから作られる世界だよなってしみじみ感じさせてくれる素敵な曲ですよね。

ゆうさんはツイッターTLをご覧になっているようなのでご存知だと思いますが、これ「死化粧」とか「死者に贈る花束」とか言われてるらしいんですよね!

誰がそんなワケ解らん深読みをするのでしょうか…宇多田さんご本人は何も言ってないのに~止めてほしいですわーー!

くう |  2016/04/08 (金) 23:06 [ 編集 ] No.49060


Re:ひじゅにさん

>私も、ととの妄執か!?と感じてしまい、ちょっと過激に反応してしまったかな…と思ってましたが
やはり、そう受け取れる部分がありますよね(^^;)

いや、妄執ですよね、これ。間違いないと思います(笑)
そこは、たぶん狙ってるだろうなと。

>ただ、某『まれ』みたいに
毒親にしか見えないけど作者の意図は理想の家族なのかも…

この作家は恐らく「毒に気づかず理想と思いこむ主人公」を意図的に描いて行くのだと個人的には思っとります。で、そこと葛藤する主人公であってほしいなと…

この脚本家さんの作品で大好きなものがあるのですが、それは良作連発のPさん作なので「西田さんの作品」としてはどういう傾向なのかよく解らないのです。

深い人間ドラマを書く人だと信じているので…先が楽しみではあります。今のところはかなりハマってます^^

くう |  2016/04/08 (金) 23:14 [ 編集 ] No.49061

コメントを投稿する 記事: NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第4回 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

とと姉ちゃん (第4回・4/7) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式) 第1週『常子、父と約束する』『第4回』の感想。 なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。 家で療養することになったとと(=父)・竹蔵(西島秀俊)。少しでもそばにいたい気持ちを抱えつつ、家族にうつってしまわないよう離れて生活していた。常子(内田未来)はそんなととの気持ちを察して...

ディレクターの目線blog@FC2 2016/04/07

「とと姉ちゃん」第4回★百人一首

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」 第4回(4月7日) 家で療養することになったとと(=父)・竹蔵(西島秀俊)。少しでもそばにいたい気持ちを抱えつつ、家族にうつってしまわないよう離れて生活していた。常子(内田未来)はそんなととの気持ちを察して、気丈に振る舞っていた。そんな中、正月を迎え、常子は今日だけはととの近くにいたいと百人一首を持ち出す。強すぎるかか(=母)・君子(木村多江)を尻目に...

世事熟視〜コソダチP 2016/04/07

とと姉ちゃん 第4回

内容“とと”竹蔵(西島秀俊)が、結核になり、家で静養をはじめる。家に居る“とと”に、常子(内田未来)たちは、喜ぶが、竹蔵自身は、家族にうつさないよう気遣い。。。。。 そして正月となり、家族皆で百人一首。強すぎる“かか”君子...

レベル999のgoo部屋 2016/04/07

【とと姉ちゃん】第4回(4/7)感想「名前の由来」

三姉妹の名前の由来が分かりました。 結核で自宅で療養生活を送っていたとと(西島秀

ショコラの日記帳・別館 2016/04/07

百人一首>『とと姉ちゃん』第4話

羽根つきでやたら墨を塗りたがる美子ちゃんピカッツァ事件の背後にはこうした性癖(ぇ)があったのね…ひじゅにですが何か?「ごく普通が切なく愛おしいのですか?」by常子昨日...

もう…何がなんだか日記 2016/04/08

百人一首>『とと姉ちゃん』第4話

羽根つきで やたら墨を塗りたがる美子ちゃん ピカッツァ事件の背後には こうした性癖(ぇ)があったのね …ひじゅにですが何か? 「ごく普通が切なく愛おしいのですか?」by常子 昨日のラストで、ととが結核になると語られて 今日は既に床に就いている、ととの図ぅ― まずは職場が映って 西洋紡との取引が決まったとの台詞で ラサールのエピはメデ...

何がなんだか…ひじゅに館 2016/04/08