ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラ  あさが来た  波瑠  玉木宏  宮崎あおい  寺島しのぶ  升毅  近藤正臣  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

NHK朝ドラ【あさが来た】 第134回 感想

   ↑  2016/03/08 (火)  カテゴリー: NHK朝ドラ「あさが来た」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラ あさが来た 波瑠 玉木宏 宮崎あおい 寺島しのぶ 升毅 近藤正臣 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4973.html

2016/03/08 | Comment (13) | Trackback (6) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


具合が悪いはずなのにまるでお昼寝しているように見える場合もありますが、
雁助さんはほんとうにこん睡しているように見えるところがすごいです。
そばでお見舞コントがくりひろげられているのだから「だれが石仏じゃ」とかふきだしそう。
あささんが重体だったときには新次郎の涙の訴えを聞いてもらい泣きしそうだったから
耳栓していたという話を読みましたが、山内さんも今週はそうしているのかも。
  
雁助うめ話はいまさら蛇足、と思いますがこの話が生保につながるならメインもメインじゃないですか。
たとえば山屋さんから生命保険会社の話があったときにまず「個人の生保の話」を持ち出し、
藍之助が進学したいのにできない話があったときに「学資保険」につながる話を出しておいて、
そこへ雁助さん意識不明話。
「そうや、小さな町工場のための保険てどうやろ」ともっていく。
労災や業務災害保険の話だから外で転んだ、ではなく工場内での怪我じゃないとだめだったんです。
こちらのほうがよほどモデルの人の人生のドラマらしいのにな~。 
まあ、雁助さんやのうて銀行融資先の話にすればもっとよかったかな。
それこそ融資の時から始めれば、いろいろつながったのに~。もったいない。

雁助さんの奥さんに「うち、そろばんでも出来たら手伝えるのに」くらい言わせて
「やはり!女子教育は必要や!」と持ってってもいいのに。
時間配分がいろいろ寄り道しすぎ、余計な話が多すぎます~。

ゆう |  2016/03/08 (火) 14:17 [ 編集 ] No.48766


山内さんの意識不明演技…凄い!それから、手……惚れ惚れする美しい手…。さて、ちかえもん、再放送をしっかり視聴する時間が取れ、役者さん達の迫真の演技を堪能。脚本もスタッフも良いからでしょう…ワクワクドキドキの連続で楽しかった。初回から、ちゃんと視聴したくなりました。

南高卒 |  2016/03/08 (火) 15:16 No.48767


ちかえもんで、あさが来たの炭鉱の親分が、悪役やっていて、上手だったのですが、ちりとてちんの四草を演じられた俳優さんに演じて欲しかったって思っちゃいました。彼にピッタリの役だと思うし、草々さんが出てるし……。あの四草の俳優さん…繊細な人みたいだった…スタジオパーク出演時に、そう思って……で、守ってあげたい感じの俳優さん…元気にしておられるかなあ?ってね………。

南高卒 |  2016/03/08 (火) 16:44 No.48768


うめと雁助はんくっつけたい気満々なんでしょうか、奥さんが酷く描かれすぎ〜。
あんなに嫌な奥さんに書かれてることが、なんだか悲しいわ。
雁助はんも、あんまり良いお父さんじゃなかったみたいだし。
(だから娘が病気ん時に戻ったんだけどさ。)
加野屋を去ってから、どんな日常だったんだろう。
加野屋が見舞いに行った時も、奥さんしら〜とした態度とってるな〜と思ったけど。
娘夫婦も「ほな、お父はん、又来るよって。」くらい、
帰る時声かけるよね〜普通。
コントも繰り広げられ、今回は色んな意味含めて笑いっぱなしでした。

もう日数ないから、どんどん畳み掛けていくんだろうね、これから。

紫花浜匙 |  2016/03/08 (火) 18:10 [ 編集 ] No.48769


「純と愛」を思い出します

神戸に行かせるのはおうめさんにとって酷ではないのか。雁助さんの家族に会いたくなどないのではないか。と思いながら今週の放送を見ていました。

神戸に行くようあさに言われてはっきり断りますが、(間の描写がなく)進次郎にお伴しているのを見て、おうめさんの複雑な心境がうかがえました。

> 何にせよ、雁助工場は雁助1人の信用で成り立ってたらしく(ほんと、何なの、この婿は…)主人が倒れた途端に2000円(現在の800万)の借入金が危ないらしい。

婿殿に信用がないことはわかりましたが、仙波つね改めツネさんという人となりがピンときません。
もっと下品な人だと予想していたんです。
おうめさんと二人きりになった途端ぺらぺら喋りだしたのにはびっくりしましたが、夫が奉公していた大店の主人の前では、かしこまっている他なかったのかもしれません。
不思議なことに進次郎と面識はないようですね。

ということで根拠が全くなく自信はありませんが私の予想は
おうめさんは雁助さんと結ばれない。雁助さんは目を覚まさない。銀行は融資をことわる。マッチ工場は潰れる。保険へ・・・。

> 雁助はんって…たぶん、もう70近いと思うんだよ?

たぶんそうだと思います。
炭鉱に乗り込んだときサトシに向かって「あんとき手代だった雁助だす」と言っていたので、当時幼少だった進次郎とはそれなりに歳の差があるのではないでしょうか。

熱帯魚 |  2016/03/08 (火) 19:57 [ 編集 ] No.48770


Re:ゆうさん

>そばでお見舞コントがくりひろげられているのだから「だれが石仏じゃ」とかふきだしそう。

本当に爆睡してたりして(笑)
確かに、あれ起きていたらツッコみ入れたくなるだろうし、かなり辛いでしょうね^^;

>雁助うめ話はいまさら蛇足、と思いますがこの話が生保につながるならメインもメインじゃないですか。

生保関連と考えるとメインなんですよね。(うめと雁助再燃話は関係ないけれども(笑))
まぁ、別にそれって炭坑の話を引っ張って来てもよかったんですけどね…雁助はんが怪我しなくても~…

>雁助さんの奥さんに「うち、そろばんでも出来たら手伝えるのに」くらい言わせて
「やはり!女子教育は必要や!」と持ってってもいいのに。

あの奥さん、何もしなさそうに見えますよね(笑)
工場の事、やってるんだろうか…。

くう |  2016/03/09 (水) 00:34 [ 編集 ] No.48772


Re:南高卒さん

>山内さんの意識不明演技…凄い!それから、手……惚れ惚れする美しい手…。

お顔も綺麗ですが、手が色っぽいですよね~^^

ちかえもん!
再放送があったらぜひぜひ初めから見ていただきたいです。
名作でしたわ~。

>あさが来たの炭鉱の親分が、悪役やっていて、上手だったのですが、ちりとてちんの四草を演じられた俳優さんに演じて欲しかったって思っちゃいました。

あーーわかります!
私も黒田家さん見ながら、これ四草で良かったよなぁと思っていたんですよ!
草々さんも出てるし、何よりも脚本の藤本さんと「ちりとて」繋がりですから~。

で、銀之丞さんと虎ちゃん、何だか似てるなって(笑)

>元気にしておられるかなあ?って

すごく活躍してますよ。
クズ役が上手くて、サスペンスなどで虎ちゃんが出て来ると、絶対に犯人だなって(笑)

くう |  2016/03/09 (水) 00:43 [ 編集 ] No.48773


Re:紫花浜匙 さん

>うめと雁助はんくっつけたい気満々なんでしょうか、奥さんが酷く描かれすぎ〜。

そもそもこの時代に旦那様が家庭を顧みないで仕事してるという理由で出て行ったらしい時点で変な女だし、結婚もしているような娘が病気だからと、たぶん金銭的に頼ってきたのも変な女だし、ここまで来ると変な女に描くしかやりようがないよね(笑)

>加野屋が見舞いに行った時も、奥さんしら〜とした態度とってるな〜と思ったけど。
娘夫婦も「ほな、お父はん、又来るよって。」くらい、
帰る時声かけるよね〜普通。

こんな金目当ての妻子とダメな婿に囲まれて、とても幸せだったと思えず、本当に可哀想 (´・ω・`)

>もう日数ないから、どんどん畳み掛けていくんだろうね、これから。

日数ないわりには学校設立も保険も進まず、ナレで済まされるんじゃないかとドキドキするわ(笑)

私ゃ今週はお千代様の婿が来るのを早く見たいのに…

くう |  2016/03/09 (水) 01:01 [ 編集 ] No.48774


Re:熱帯魚さん

>神戸に行かせるのはおうめさんにとって酷ではないのか。

私もそう思いますよ~。
うめは雁助が去った時点でもうあきらめたと思うんですよね。
むしろ視聴者の方があきらめきれない気持ちを抱えて…でも、あきらめたのに。なのに掘り起こす脚本、うめ姐さんにも視聴者にも残酷^^;

>もっと下品な人だと予想していたんです。

イメージが違うというのは私も同じです。正直、もっとおばさんっぽいおばさんだと思っていました。

>不思議なことに進次郎と面識はないようですね。

新次郎はんは本来分家の跡取りですから本家で働く雁助さんとは無関係な存在…だと説明したいけれども、結局ずっと本家に居ますよね(笑)

>ということで根拠が全くなく自信はありませんが私の予想は
おうめさんは雁助さんと結ばれない。雁助さんは目を覚まさない。銀行は融資をことわる。マッチ工場は潰れる。保険へ・・・。

それじゃホントにJとIじゃないですか!!(笑)
ここまで亀助はんがコントやっちゃったら雁助さんは目覚めると予想します^^;
おうめさんは正直、脚本が今さら何やりたいのか意味不明ですがここまで掘り起こしたのだからくっつくと思います。

お金は銀行としてではなくて頭取がポケットから少しだけ出す?
銀行としては、へえさんの目が黒い内は出してもらえそうにないですもんね。

> 炭鉱に乗り込んだときサトシに向かって「あんとき手代だった雁助だす」と言っていたので、当時幼少だった進次郎とはそれなりに歳の差があるのではないでしょうか。

ご維新(1869年)の後に亀助はんと雁助はんの間で「奥さんが出て行った」うんぬんの掛け合いがあって、あの時点で40過ぎだったらしいので、現在、1896年。やっぱり70前後ですよね^^;

くう |  2016/03/09 (水) 01:29 [ 編集 ] No.48775


先週のステラによると山内さんが、うめと嫁さんが居るとこで寝てるのは針のムシロだったと。よって耳栓は無しじゃないかな?
早けりゃ今日起きるかもよ。

しげ |  2016/03/09 (水) 07:35 No.48776


虎ちゃん虎ちゃん!氏名全部は思い出せないけど……藤本さんが、自分の舞台を見て、四草役を自分にって言って下さったって、ウルウル涙目だった虎ちゃん!元気で御活躍なんですねヾ(@⌒ー⌒@)ノ良かった!

南高卒 |  2016/03/09 (水) 11:33 No.48777


Re:しげさん

>早けりゃ今日起きるかもよ。

早くもアバンで起きてびっくりぽんwww

今日の更新は帰ってからしますーーノ

くう |  2016/03/09 (水) 12:34 [ 編集 ] No.48778


Re:南高卒さん

加藤虎ノ介だす。以後よろしくです^^

くう |  2016/03/09 (水) 19:24 [ 編集 ] No.48779

コメントを投稿する 記事: NHK朝ドラ【あさが来た】 第134回 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

あさが来た (第134回・3/8) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第23週『大番頭のてのひら』『第134回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 ※ 本作は 3/5 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日、ベタボメ感想だけではないので、ご理解...

ディレクターの目線blog@FC2 2016/03/08

「あさが来た」 第23週 大番頭のてのひら 第134話

 昨日のエンディングでへぇさん(辻本茂雄)とあさ(波瑠)がなんや書類広げて深刻な顔しておったが・・・ 戦争景気が終わって、お金の動きが鈍うなったんやて。 「銀行いうの ...

トリ猫家族 2016/03/08

あさが来た 第134回

内容事故で意識が戻らない雁助(山内圭哉)の姿に、榮三郎(桐山照史)らは涙する。そして新次郎(玉木宏)らは、雁助の家族から、ある相談をされる。話を聞いた新次郎は、うめ(友近)を残し、大阪へ。 あさ(波瑠)平十郎(辻本茂雄)は、新次郎達の話を聞き。。。。 ...

レベル999のgoo部屋 2016/03/08

ツゲ>『あさが来た』第134話

今迄もそうだったけど 今回もまた 保険会社設立にむけて 草木もなびく~♪状態 あさや榮三郎さん達に 何とか保険の大切さを認識させようと 鴈助さんは重体になるは 家族はそろってオカシイは 過去のアレコレがやたら語られるは… 何だかもうアザトイまでに… あ 過去の積み重ねが今回のことで花開く っちゅーことですねそうですね(^^;) そういうことにして...

何がなんだか…ひじゅに館 2016/03/08

ツゲ>『あさが来た』第134話

今迄もそうだったけど今回もまた保険会社設立にむけて草木もなびく~♪状態あさや榮三郎さん達に何とか保険の大切さを認識させようと鴈助さんは重体になるは家族はそろってオカシイ...

もう…何がなんだか日記 2016/03/08

「あさが来た」第134回★雁助の手を握って話しかけるあさ

連続テレビ小説「あさが来た」 第134回(3月8日) 事故にあった雁助(山内圭哉)を心配し病室に駆けつけた新次郎(玉木宏)たち。そこで雁助の家族が新次郎たちにする話とは…。残って雁助の様子を見ることになったうめ(友近)は雁助の妻ツネ(松永玲子)とふたりになってしまい…。次の日、うめは意識の戻らない雁助と二人きりになる。うめは雁助に話しかけているうちに…。そこへあさ(波瑠)が遅れてやっ...

世事熟視〜コソダチP 2016/03/09