ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
真田丸  NHK大河ドラマ  真田幸村  信繁  堺雅人  大泉洋  長澤まさみ  草刈正雄  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【真田丸】第7回 「奪回」 感想

   ↑  2016/02/22 (月)  カテゴリー: 2016年大河「真田丸」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 真田丸 NHK大河ドラマ 真田幸村 信繁 堺雅人 大泉洋 長澤まさみ 草刈正雄 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4954.html

2016/02/22 | Comment (12) | Trackback (17) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


おはようございます。

>人質の中に居た馴染みのババアに殴られる

いやぁ…このシーンは爆笑してしまいました。
義昌との間に“何か”あるな…と思っていたら、
まさかのいきなりビンタとは~!


昌幸はもうかなり先のことを見越している様子。
信繁に春日を調略することが出来るのか、
次回が楽しみです♪

BROOK |  2016/02/22 (月) 06:44 No.48645


きりちゃんの現代語がどうのといわれてますが
現代語を使っていながらその当時の価値観で作られているドラマの方が、
言葉だけ昔風で平成の価値観のドラマよりずっといいですよ。
このドラマではちゃんと正室と側室がでてきますし、人質がどういうものかも語られています。
 
きりちゃんは今いそがなくちゃいけない時に引き返すし(櫛なのがいじらしいけれど)
おとりさまの前でお松どののことを言った時はさすがにイラッとしましたよ。
だけど以前お松どのが茂誠さんをかくまったときに
「2つあった大福を一つはお松どのにもう一つを半分に割って梅ちゃんにあげた」
↑これだけで私は「あ、この子、いい子だ」という評価になったので(^^;)
たぶんこれからもそう変わらない目で見ていられると思います。
あんなふうにポンポン言うひとは言われた時は腹が立つけれど、
腹に一物がなくてあっさりしたひとが多いと思います。

ゆう |  2016/02/22 (月) 08:07 [ 編集 ] No.48646


きりちゃんはストーリー上泥を被った面があると思います。
信繁の才を際立たせつつ、人質奪回は成功してはならないのですから。
滝川さまはその仁徳ゆえにふさわしい報いを受けられました。
すなわち柴田勝家のようにはならず、彼の夢見ていた戦のない世界で、湯治にいったり茶器をいじったりする静かな暮らしをです。
そして、策を弄する昌幸は、結局犠牲より実りの方が少ないのです。私これものすごい勧善懲悪物語だと思います。

那美 |  2016/02/22 (月) 09:10 [ 編集 ] No.48648


草笛光子さん

昨年は印象最悪でしたが今年は急上昇。
やっぱり朝ドラより時代劇の人だなぁ…。
(いや問題は脚本)

巨炎 |  2016/02/22 (月) 11:30 [ 編集 ] No.48649


小諸城のやりとり

初めまして。
月曜日は前日の放送を思い出しながらレビューを拝見させていただいております。
アンジャッシュのコント、まさにそのとおりで吹き出してしまいました。

とまぼ |  2016/02/23 (火) 00:52 [ 編集 ] No.48651


Re:BROOKさん

>義昌との間に“何か”あるな…と思っていたら、
まさかのいきなりビンタとは~!

どこからどう見ても、おばばさまの方が領主夫人のようでしたもんね。位置も上座だったし(笑)

>昌幸はもうかなり先のことを見越している様子。
信繁に春日を調略することが出来るのか、

源次郎くんは来週、父のコマの1つにされちゃいそうですね^^;
パパの見越しもアラが多くて心配です(爆)

くう |  2016/02/23 (火) 01:57 [ 編集 ] No.48654


Re:ゆうさん

>きりちゃんの現代語がどうのといわれてますが
現代語を使っていながらその当時の価値観で作られているドラマの方が、言葉だけ昔風で平成の価値観のドラマよりずっといいですよ。

きりちゃんが現代語っていう否定が多いみたいですが、現代語といえば全員現代語ですよね(笑)もう少し時代に近い言葉に変えたら「タイムスクープハンター」のように字幕説明がつきます(笑)

>このドラマではちゃんと正室と側室がでてきますし、人質がどういうものかも語られています。

そう、おっしゃる通り、背景が時代に沿っている事が一番だと思います。それだけで入り込めます。

>「2つあった大福を一つはお松どのにもう一つを半分に割って梅ちゃんにあげた」
↑これだけで私は「あ、この子、いい子だ」という評価になったので(^^;)


ゆうさんは優しいです!

私は…何だろうな、この人の最期はこう描かれるんじゃないだろうか、とか、そういう想像と共に見ているので今ウザくても嫌いになれないってところですかね~。

それに、今現在、源次郎くんも未熟なロマンチストだし、この2人は合っていると思うのです^^

くう |  2016/02/23 (火) 02:08 [ 編集 ] No.48655


Re:那美さん

>きりちゃんはストーリー上泥を被った面があると思います。

なるほど、そうかもしれませんね。

>滝川さまはその仁徳ゆえにふさわしい報いを受けられました。
すなわち柴田勝家のようにはならず、彼の夢見ていた戦のない世界で、湯治にいったり茶器をいじったりする静かな暮らしをです。

いや、滝川さまも勝家と共に秀吉に反旗を翻しておられます^^;
北ノ庄は堕ち、勝家は自害して果てましたが、滝川さまはその後ひと月ほどして降伏、領地は没収され蟄居させられています。その後は秀吉の下で調略したり交渉したり結構晩年まで働いています。

織田家では大変な力を持っていたものが清須会議に出られなかったおかげで日の目を見ない立場になり、蟄居させられて確かに時間は出来ましたが、武将としてそれが良い報いと言えるかどうかは現代視点では読み取り切れないものがありますね。

くう |  2016/02/23 (火) 02:44 [ 編集 ] No.48656


Re:巨炎さん

>草笛光子さん
昨年は印象最悪でしたが今年は急上昇。

アれは、ちょっとね……
せめて、最後はおフランスに孫呼ぶくらいするかと思った^^;

>(いや問題は脚本)

それに尽きますわ~(笑)

くう |  2016/02/23 (火) 02:50 [ 編集 ] No.48657


Re:とまぼさん

お越しいただき、ありがとうございます^^

>アンジャッシュのコント、まさにそのとおりで吹き出してしまいました。

好きなんです。あの勘違いネタが(笑)
まさにアレでしたよね。

くう |  2016/02/23 (火) 02:53 [ 編集 ] No.48658


いやー今回はおばば様無双でw木曽殿との絡みがまた見たくて再丸しましたw
人質♪ラッキー・・・と思いきや頭の上がらない人が居たと言うねwwwおばば様と目が合った木曽殿のあの顔wwwしまいにゃ
( ‘ ^‘c彡☆大恩ある武田家を何故裏切ったのです!))Д´) パーン
だし(一行AAはタグ先の方作)どっちが人質やねん!とwww
父上は源次郎におばば様連れ帰って来なかった事責めてたけどさ、木曽殿の立場になると一番嫌ーな人が残った訳やんかwwww
真田安房守被害者の会があったら会長は竹千代ちゃんだろうけど木曽殿も入会するんでないかいw

しげ |  2016/02/27 (土) 21:01 No.48675


Re:しげさん

>人質♪ラッキー・・・と思いきや頭の上がらない人が居たと言うねwww

おばばさまから人質を安易に渡したりするなと言い含められていたけれども、義昌は結局この人質を家康にさっさとプレゼントしちゃうのよね^^;早く手放したかったのかもw

くう |  2016/02/28 (日) 16:11 [ 編集 ] No.48679

コメントを投稿する 記事: 【真田丸】第7回 「奪回」 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「真田丸」第7回

望みを捨てなければ、何とかなる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602210000/ NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック [ 服部隆之 ]価格:3,240円(税込、送料込)

日々“是”精進! ver.F 2016/02/22

真田丸 第七回「奪回」

第六回「迷走」はこちら。城オタク読者から新情報が。私にとっての今回の名ゼリフは、昌幸が言った、「わしが選んだ者は滅んでいく」みたいなもの。なるほどねえ、武田・織田・豊臣とね。親と違い実直な信幸は徳川のもとで続いていくわけで、この対比も描きたいわけだ。...

事務職員へのこの1冊 2016/02/22

大河ドラマ「真田丸」 #07 奪回

真田丸はどこへ行くのか? 北条か?上杉か?織田か?それとも・・・。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2016/02/22

NHK大河ドラマ「真田丸」第7回「奪回」

大バクチの始まりじゃあああ~!カッコ良かったけどパパ上様、滝川様にも北条様にも付かずに旧領を奪回して人質のババ様も奪回して、その後の方針が今一見えてきませんけど!とにかく攻めよ攻めれば分かるさ?うああっ!まさにこれ、大バクチやあああっ!

真田のよもやま話 2016/02/22

真田丸「奪回」

主人公・信繁(堺雅人)、まだまだ成長期のコドモです。 昌幸(草刈正雄)の命令に、滝川一益(段田安則)に人質に取られていた祖母とり(草笛光子)、きり(長澤まさみ)を救出するべく乗り込みますが、いったんは成功したように思えて、(きりの忘れ物が原因で)失敗。 逆に人質が増えてしまう始末… (^^;)ゞ といっても、結果的には、とりを残して開放されるのですが 余談ながら、ネット上...

のほほん便り 2016/02/22

真田丸 第7回「奪回」〜思うようにいかぬのがこの世、望みを捨てなかった者のみに道は開ける

 祖母・とり(草笛光子)の奪還作戦。  信繁(堺雅人)はいつもいい所までいくのだが、どうも最後の詰めが甘い。  結局、失敗して元の木阿弥。  まだ未熟なんですね。  才知のひらめきはあるのだが、本物になっていない。  もっとも父・昌幸(草刈正雄)のように、...

平成エンタメ研究所 2016/02/22

大河ドラマ「真田丸」第七回感想

「望みを捨てなかった者だけに道は開ける」今回の主役は御婆様でしたか。やはり年の功にはかないませんな。 お婆様のお仕置きの一発 この人ソータロー(木曽義昌)もどうやらコメディ担当とみた 上野、信濃から木曽を通って伊勢へ帰る滝川一益と一緒に人質として連れて行かれる御婆様。 え?・・・伊勢ってあの伊勢?結構遠くない?!ちょっと土地勘なさ過ぎてピンと来ないんですけ...

鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ 2016/02/22

真田丸 第7回「奪回」簡単ですが感想です。

今日も途中からしか見れなかったのですが 感想を書かせてくださいませ。と、その前にちらっと脱線をお許し下さい。さっき 同じくNHKさんの「新・映像の世紀」を連れ合いがつけてい...

みやさとの感想文と(時々)感想絵 2016/02/22

真田丸 第7話「奪回」

公式サイト 本能寺の変後の混乱に乗じて、昌幸(草刈正雄)は領地の奪回を狙う。滝川

昼寝の時間 2016/02/22

私は自分を隠せない(長澤まさみ)神流川、血に染めて(堺雅人)

大河ドラマのプロデュースにはいくつかの問題点がある。 それは歴史上の人物、特に英雄の問題点である。 そして、とりわけ、二つの大問題がある。 第一が・・・英雄が基本的に大量殺戮者であるということ。 織田信長を例に考えてみよう。実の弟殺しである。 比叡山では僧侶を殺し、浅井・朝倉の髑髏で盃を作り、本願寺

キッドのブログinココログ 2016/02/22

真田丸 第7回

『奪回』「戦国の女人質の覚悟」 内容滝川一益(段田安則)へ、母・とり(草笛光子)を人質に出した昌幸(草刈正雄)同時に、一益をたきつけて北条氏政(高嶋政伸)を攻めさせる。その対決の隙を狙い、昌幸は、かつての居城、沼田、岩櫃を取り戻すのだった。しかし、沼田...

レベル999のgoo部屋 2016/02/22

真田丸 第7回「奪回」

大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第7回「奪回」 あらすじ・・・・・・

みはいる・BのB 2016/02/22

大河ドラマ 真田丸 第7回「奪回」 きりちゃんにイラッ

お婆様と〔きり〕(長澤まさみ)たちの奪還を小諸城で敢行すると決めた信繁(堺雅人)たち。小諸城兵と滝川一益の兵が入り混じっているのを利用して巧みに潜入。足の汚れの有無で両者の区別をして、言葉巧みに人質の居場所を探りだすなんぞ、さすが信繁と感心しました。

架空と現実の雑記帳 2016/02/22

【真田丸】第7回感想と視聴率「奪回」&信繁の正室決定♪

副題「奪回」 新聞ラテ「戦国の女 人質の覚悟」 真田信繁(堺雅人)の正室・春(竹

ショコラの日記帳・別館 2016/02/23

真田丸、裏切り!!

まだ天正十一年なんですね 武田が滅亡し、信長が殺され、信濃に限らず日本全土が混沌としていた 激動の一年、これほど濃密な一年は無かったかも知れません。 混乱に乗じて岩櫃・沼田を押さえた昌幸ですが、一益にとって岩櫃・沼田 の事なんてどうでも良かった筈です...

函館 Glass Life 2016/02/23

大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い7信繁はとりときりの救出に失敗するもとりを知る木曽義昌の計らいで難を逃れた

大河ドラマ「真田丸」第7話は北条が上野に攻め込んだのを知った一益は打って出た。その間に昌幸は沼田、岩櫃を奪還して残すは一益に人質となっているとりときりの救出だったが、 ...

オールマイティにコメンテート 2016/02/24

『真田丸』は失敗か?(6~7話)

皆さんこんばんは。天気も気候も落ち着いたような気がするここ二、三日。東京は春の陽気ですが、三寒四温で、またちらほら寒くなるのでしょう。今回は、NHK大河ドラマ『真田丸』の6~7話についてです(8話~はまだ見ていませんw)。(前回の記事→『真田丸』1~5話かなり期待

Coffee, Cigarettes & Music 2016/03/06