ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
わたしを離さないで  綾瀬はるか  三浦春馬  水川あさみ  真飛聖  甲本雅裕  麻生祐未  中井ノエミ  馬場園梓  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【わたしを離さないで】第6話 感想

   ↑  2016/02/21 (日)  カテゴリー: 2016年「わたしを離さないで」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : わたしを離さないで 綾瀬はるか 三浦春馬 水川あさみ 真飛聖 甲本雅裕 麻生祐未 中井ノエミ 馬場園梓 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4953.html

2016/02/21 | Comment (4) | Trackback (6) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


真実の叫びがただただ悲しかったです。
 
恭子がたちさる時の表情も、もうなんといっていいかわかりませんでした。
やりきれなさが残りました。
第1回目のグレーがかった映像の美しさに惹かれて観はじめましたが
考えるとそれは強制収容所のようでもありました。
生きながらえるために他の生き物の命を頂くという点では私も同じだと思ったりして…。

ゆう |  2016/02/22 (月) 09:00 [ 編集 ] No.48647


>なのに、人間は彼らをわざわざ人間のように育てた上で隔離し、恐らくは蔑んでいる。
交流を持つ事もせずに自分たちが必要な臓器だけ提供させて処分する。
本当にね。提供者たちを教育なんて受けさせず、ただ隔離して家畜のように育てている方が楽だと思うが・・
ドラマの社会は今と同じように国民は大きな不安を抱えて生きているようだからくうさんが書かれているように優越感を得るために人間のような生活をさせているのかもしれない。
一般の人たちはめったに提供者たちに会うことはないけれど
世のなかにはそういうかわいそうな人たちがいると思うことで、自分はまだマシとか考え世のなかの平穏が保たれているのかもね。
提供者たちに感情やこころが無ければどんなに楽か。
この苦しみはなんのためにあるのか、恭子がその答えを見つけた時に初めて生きている喜びを感じることができるのかも・・・
『天使』とは与えるだけの存在。
自分たちは何も与えられなくても笑顔で与え続ける・・・
恭子のようにこころの動きを止めてしまわなければ
できることではないよね。自ら望んでロボットになる。
見てて充実感も楽しさも全く感じないけど
見ずにはいられないドラマだよね。

きこり |  2016/02/22 (月) 12:24 No.48650


Re:ゆうさん

>恭子がたちさる時の表情も、もうなんといっていいかわかりませんでした。

恭子はもう感情を殺しているようでしたよね。
美和はひたすら哀れでした。自業自得なんだけど…。

>第1回目のグレーがかった映像の美しさに惹かれて観はじめましたが 考えるとそれは強制収容所のようでもありました。

初回からどうもホロコーストを連想しちゃって。
原作は未読なので作者の意図するところは私には解りませんが、ドラマを見ている限りは「人間を家畜のように感情のないものとして扱う事」がテーマな気がします。ホロコーストしかり、虐待、虐殺、そこら辺の小さな虐めも含めて。

食肉、家畜、動物虐待に関してまではこの作品に関連して思いを馳せなくてもいい気がしています。

くう |  2016/02/23 (火) 00:53 [ 編集 ] No.48652


Re:きこりさん

>一般の人たちはめったに提供者たちに会うことはないけれど
世のなかにはそういうかわいそうな人たちがいると思うことで、自分はまだマシとか考え世のなかの平穏が保たれているのかもね。

そう。他人の不幸を自分が幸福感を得るための糧にして生きる勝手な動物だからね~。
まさに人の不幸は蜜ってやつだよね。

「提供者」はどうせ人工的に作られた物だから「人間ではないのたから何をしてもいいのです」と教えられているのかも知れない。

>この苦しみはなんのためにあるのか、恭子がその答えを見つけた時に初めて生きている喜びを感じることができるのかも・・・

その問いの答えは「赦し」とかない気がする。そう考えるととても宗教的だよね。右の頬を叩かれても赦して左を差し出せっていうような話だよね。

>見てて充実感も楽しさも全く感じないけど
見ずにはいられないドラマだよね。

そうなの。スタッフ被りだから当たり前といえばそうだけど、「白夜行」のような答えのないやるせなさを感じるわ~。
救いのある結末になるんだろうか。

くう |  2016/02/23 (火) 01:09 [ 編集 ] No.48653

コメントを投稿する 記事: 【わたしを離さないで】第6話 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

わたしを離さないで「第2章完結!!求めた愛と希望の行末は…永遠の別れ」

実際は、ともあれ、恭子(綾瀬はるか)の告白により、急速に接近していく 恭子と友彦(三浦春馬)の心。 秘密を共有することにより、恭子の美和(水川あさみ)を見つめる眼差しも、また変わってきます。 「陽光出身者で、ある条件を満たせば提供が始まるまで3年間自由に過ごせる“猶予”を得ることが出来る」という龍子(伊藤歩)からの手紙の影響は大きく、智彦は、納屋で苦手だった絵を描き始めます。 ...

のほほん便り 2016/02/21

わたしを離さないで (第6話・2016/2/19) 感想

TBSテレビ系・金曜ドラマ『わたしを離さないで』(公式) 第6話『第2章完結!!求めた愛と希望の行末は…永遠の別れ』の感想。 なお、原作:カズオ・イシグロ「わたしを離さないで 」は未読。マーク・ロマネク監督映画「わたしを離さないで(2010)」も未見。 恭子(綾瀬はるか)は珠世(馬場園梓)と偶然再会する。そして、最後に会った時に真実(中井ノエミ)が自分に...

ディレクターの目線blog@FC2 2016/02/21

わたしは天使になりたい(綾瀬はるか)

彼らはルーツと呼ばれる人々の細胞から作られたクローン人体である。 彼らは「提供者」と呼ばれ「国民」ではない。 この「国家」では「臓器提供クローン法」のようなものが制定され、「提供者」の存在は合法化されている。 その点以外は・・・基本的に「日本国」である。 ドラマ「白夜行」が原作を逸脱して遥かな高みに

キッドのブログinココログ 2016/02/21

わたしを離さないで 第6話

第6話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

Happy☆Lucky 2016/02/21

わたしを離さないで #06

『第2章完結!!求めた愛と希望の行末は…永遠の別れ』

ぐ~たらにっき 2016/02/21

わたしを離さないで 第6話

2016.2.19 onair. #6「第2章完結!!求めた愛と希望の行末は…永遠の別れ」 思わず友彦(三浦春馬)に好きだと言ってしまった恭子(綾瀬はるか)。やってしまったと頭を抱える恭子だったが、美和(水川あさみ)の知らないところで友彦と秘密を共有することに内心では興…

ドラマハンティングP2G 2016/02/21