ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
逃げる女  水野美紀  仲里依紗  遠藤憲一  賀来賢人  高橋克典  田畑智子  加藤雅也  水崎綾女  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【逃げる女】第6話(最終回)「滅びぬ愛」 感想 

   ↑  2016/02/14 (日)  カテゴリー: 2016年1月期ドラマ
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 逃げる女 水野美紀 仲里依紗 遠藤憲一 賀来賢人 高橋克典 田畑智子 加藤雅也 水崎綾女 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4945.html

2016/02/14 | Comment (8) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


天野&でんでん

こんばんは。
確かに天野&でんでんの話は中途半端で、余計でした。あそこに時間かけるなら、もっと細かく描写すべき部分があったと思います。
脚本は結構いい加減だったように思いましたが、出演者の皆さんの演技が良かったですね。特に水野さん、仲さん、高橋さんは、これまで「演技の幅のない人」と認識していただけに、意外な収穫でした。
個人的には妹役の水崎綾女さんが良かったです。
救いのない重苦しい音楽もよく合ってました。

隠れ常連 |  2016/02/14 (日) 20:29 No.48590


最終回がはじまると美緒がかわいそうでかわいそうで泣けてきました。
里依紗さんがうまくて、幼い子どものようにみえました。
幼さと理知的な大人の顔と狂気が交差する演技がすごかったです。
「ともだちに優しくできなかったからってかわりにわたしに」というところ、せつなかったなあ。
「かえってきてくれたの」「あなたしかいない」と抱きしめられたかと思うと
「あずみはあんたが殺したの」と頭を叩かれる。
そんな梨江子を「箸の使い方を教えてくれるおかあさん」としたところも悲しかったです。

「このひと、わたしたちのさみしさがわからないんだ」とあずみが怒りを感じ、
それが偽証につながったのなら、やはりその心境を語ってほしかったです。

さみしさについての本を書いたけどなにもわかっていなかった。
それがわかるための8年というのは、結果として本人が導きだとしたことであって、
その代償としては失ったものが大きすぎますよね。家族のことを考えても。
そういう理不尽さがずっとありました。
 
でんでん課長話はよくわかりませんでした。

ゆう |  2016/02/15 (月) 04:17 [ 編集 ] No.48591


ほんとにねぇ・・8年のムショぐらしは長すぎるよ。
いくら梨江子が自分の感情にだけ正直で他人を見下していたとしても。でもその8年の間に自分のまわりの人間へのなぜ?どうして?という気持ちが初めて生まれた。それは憎しみや怒りからくるものだけれど、なぜ?という疑問は相手に深く関わろうとするところからきている。
すべての疑いが晴れた彼女に行く場所があってよかった。
たぶん梨江子は昔の彼女だったら決して選ばない生き方、ただパンがおいしくできたことに喜びを感じるような生活をしていくんだろうね。
思い込みは恐ろしい。そして人を許すことは難しい。
でも許すことで人は前に進んでいけるんだと思う。
許せなくて苦しみ続けた美緒が哀れで・・・・
梨江子といられた一瞬の間だけでも救われたと思っていたのなら・・と思うよ。

きこり |  2016/02/15 (月) 10:34 No.48593


Re:隠れ常連さん

>確かに天野&でんでんの話は中途半端で、余計でした。あそこに時間かけるなら、もっと細かく描写すべき部分があったと思います。

そうなんですよね…。
安藤があそこまで疑いを持つ根拠とか、町の人たちが頑なに冤罪ニュースを知らされていない背景とか、ぇ、斎藤ってホントは梨江子の事大嫌いだったの?とか、色々と謎が残りました(爆)

脳内補填する部分がたくさんあって、それが余韻にも繋がる……と言ってしまえば美しいですが、描かなさ過ぎだとも思っています^^;


>特に水野さん、仲さん、高橋さんは、これまで「演技の幅のない人」と認識していただけに、意外な収穫でした。

そうですか!
仲さんは元々私にとっては「凄く上手い人」でした。
高橋克典さんも元々好きですが、今回の「さり気ない黒さを含んだ普通の人」…は素晴らしかったですね~。
水崎綾女さんも、良かったです^^

くう |  2016/02/15 (月) 16:51 [ 編集 ] No.48598


Re:ゆうさん

>里依紗さんがうまくて、幼い子どものようにみえました。
幼さと理知的な大人の顔と狂気が交差する演技がすごかったです。

この人もねぇ…背景が解らなければただのサイコパスなのですが、虐待の様子が映されたら一気にビジョンが広がりましたよね。

本当にただ孤独なんだなぁって思います。
仲さんの爆発力は本当に素晴らしい。
「昨日のカレー」と同じ人には見えません。

田畑さんもいい女優さんですからね、私もぜひ あずみパートはもう少し見せていただきたかったです。


>でんでん課長話はよくわかりませんでした。

行きすぎた正義も、隠して行われた犯罪も、見ている人は見ているよ…という、ドラマの本筋に被せたパートだとは思うのですが、ちょっと、えーーー…ですよね~~^^;

それ「オレは解ってるからな」で済ませないでいただきたい。
警察官は公務員です^^;

くう |  2016/02/15 (月) 17:06 [ 編集 ] No.48599


Re:きこりさん

>でもその8年の間に自分のまわりの人間へのなぜ?どうして?という気持ちが初めて生まれた。

こうならなければ自分がやっている事に気づかなかった。
全てがこれを知るための道筋だった…っていう話だよね。
しかし…8年はキツすぎる~~。せめて1、2年だよな~。
私だったら絶対に国を相手に訴訟を起こすな。
(そして人間としての成長ナッシング…爆)

>たぶん梨江子は昔の彼女だったら決して選ばない生き方、ただパンがおいしくできたことに喜びを感じるような生活をしていくんだろうね。

うん。
そういう幸せもあるんだって気づくのだろう。
ある意味、宗教のような話だと思った。聖人に近いよ。

>許せなくて苦しみ続けた美緒が哀れで・・・・
梨江子といられた一瞬の間だけでも救われたと思っていたのなら・・と思うよ。

きっと救われていたのだろうね。
けれども、美緒が求めていたのは梨江子を道連れにした破滅だったような気もするんだ。

美緒も捕まって良かったんだと思う。
梨江子にはマメに面会に行ってあげてほしいよ。
そうなって初めて美緒にも気づくことが色々と出てきそう。

くう |  2016/02/15 (月) 17:27 [ 編集 ] No.48600


あやふやなままのとこが多かったから ものすごくいろいろな想像をしてしまって 頭がぐちゃぐちゃになってます。
それもねらいなのかもしれないけど、もうちょっと答えあわせがしたかったな。特にあずみには ひと言でいいから 何か語ってほしかった。
でも、想像しまくったことも含めて このドラマにひきこまれました。怖い話だった。
他の方へのレスにあったので…私も斉藤の「梨江子が大学の他の人より上になりたくて…」という言葉がひっかかりました。それ、梨江子が自分でそう言ったの?誰かに吹き込まれたのか、斉藤自身が思ってる梨江子像だったのじゃないかと思いました。

Q |  2016/02/17 (水) 01:06 [ 編集 ] No.48615


Re:Qさん

>特にあずみには ひと言でいいから 何か語ってほしかった。

あずみにも何か一言聞きたかったし、施設の先生たちにもなぜ梨江子が不利になるような発言をしたのか聞きたかったし、父は少しでも娘を信じる気持ちがあったのか聞きたかったし、色々とモヤモヤしました(笑)

そこを脳内で補てんしていくことで余韻を残すドラマなんだろうな、と。

>それ、梨江子が自分でそう言ったの?誰かに吹き込まれたのか、斉藤自身が思ってる梨江子像だったのじゃないかと思いました。

そう、あの梨江子の裏の顔みたいな発言ね。
最終回1回前に突然出てきて、結局、誰が言っていることが本当なのか解らないまま終りましたね。

そこも視聴者が自分で考えるんでしょうね。
何を信じるかどう考えるのか。
答えのない宿題が残るドラマでした。

くう |  2016/02/17 (水) 02:39 [ 編集 ] No.48619

コメントを投稿する 記事: 【逃げる女】第6話(最終回)「滅びぬ愛」 感想 

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

逃げる女 TOP

『逃げる女』は、2016年1月9日から毎週土曜22:00 - 22:44にNHK「土曜ドラマ」枠で放送された。主演は水野美紀。全6話。 概要 冤罪(えんざい)が晴れて出所がかない、自分を裏切った親友を探す旅に出る40歳の女性を主人公にした、鎌田敏夫オリジナル脚本のヒューマン…

ドラマハンティングP2G 2016/02/14