ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラ  あさが来た  波瑠  玉木宏  宮崎あおい  寺島しのぶ  升毅  近藤正臣  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

NHK朝ドラ【あさが来た】 第102回 感想

   ↑  2016/01/30 (土)  カテゴリー: NHK朝ドラ「あさが来た」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラ あさが来た 波瑠 玉木宏 宮崎あおい 寺島しのぶ 升毅 近藤正臣 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4924.html

2016/01/30 | Comment (16) | Trackback (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


大番頭はんらしい去り方やったね。まあ前日の夜辺りに八代目から晴香亭で一杯ゴチになってるやろけど。

千代とあさの確執は続くんやろうなあ、て思ったら案の定w
短冊見てお母ちゃん泣いてたんやで・・・とかおば上が聞かせるとか簡単やろうにね。
いつまでも入れんからこら続くなとw
でも誰も言って聞かせないのって不自然なんだけどさ。

しげ |  2016/01/30 (土) 16:51 No.48470


雁助はん、超かっちょつけて退場だしたな……なんか、ちょっと、笑ってしもた…なんでやろ……うめのシリアス演技にも、何故か私、笑ってまいました…。中身が、二人とも、お笑い的な事をやっておられるのを、知ってるからかな?そうそう、中身といえば、雁助はんの中身さんに、ふゆちゃんの中身さんと同い年の息子さんが、いてはるそうな!14歳…だっけ?息子君は、父の演技を、どう思って見てはるやろな〜??

南高卒 |  2016/01/30 (土) 17:23 No.48471


やっと史実の浅子さん時間にドラマのあさ時間が追いつきましたね。
貨幣制度の移り変わりや銀行の黎明期を期待していたのでナレと説明セリフで流されて残念。
この時代に生きた主人公ならではの話が見たかったです。
気性が合わなくて母と娘の間がうまくいかなかったのはほんとみたいですよね。
でもあまりひとの親子関係とかに関心がないので雁助去ったあとなにを楽しみに観ようかと…。
雁助の去り方については公式サイトの山内さんの意見に一票です。
らしいといえばらしいけれど、ちょっとさみしい立ち去り方でした。

山屋さん、初登場の時はすんごい年配に見えました。今では新次郎と同輩に見えます。

ゆう |  2016/01/30 (土) 18:22 [ 編集 ] No.48472


洋装のオシャレなんか解らんといっていて自分が先に着る母、
質素な和服でも匂い立つような上品さを醸し出していた叔母と
反発のバックボーンが積み重ねられているので自分はあまり気になりません。

「カーネーション」なんて優子が親を立てる性格なのに
糸子が自分を基準にして無茶ばっかりしてましたが。

善「ワシがどないな思いで女学校通わせちゃってるとおもてんのや!」
糸「分かっとる!分かっとるさかい頼んます」

糸「おおきに、お父ちゃん」(ニコニコ)

善「お前、何でワシが学校辞めさせて働かせたったか分かるか?」
糸「ウチが本気やったさかい…」
善「ちゃう!金がないからや」

優「お母ちゃん、ウチはどないしたらええん?」
糸「自分で考え」(本気でないお前が悪い!)

糸「アンタなんかおらんでもウチの店はやってけるんやけんな!」
優「おおきに、お母ちゃん」(半泣き)

自分のやりたい事が最優先。
分かってもいない事を分ったつもりになる糸子。
母に言われた通りに本気になりながらも母を労わる優子。

藍ノ助の方も、菊さんは(山王寺屋再興は諦めたとしても)
ご先祖へのリスペクトの高さから孫が
そういう一門の人物になる事への喜びが
襟を正してやる様などに見受けられますが、
はつは今井の母の薫陶もあって幸せになってくれれば良いと
考えている等、来週辺りからまた荒れ始めるかな?

巨炎 |  2016/01/30 (土) 23:11 [ 編集 ] No.48473


Re:しげさん

>大番頭はんらしい去り方やったね。

孤高の人やね…
プライドも高いし意志は曲げない。
けれども、千代に向かってお母さまは楽しいと言ってくれた。
雁助さんも柔らかい人だったのね(;_:)

>千代とあさの確執は続くんやろうなあ、て思ったら案の定w

雁助さん以外、みんなが あさを持ち上げていたこの家で育って、こんなに反感持つのは、まぁお嬢さまのワガママよね。

って言うと、いくら周りに女中やお祖母さまが居たって子どもにとって母親とは~~とか言い出す輩が湧いてくるわけだが、そういう事じゃないよね。

お母様のおかげで店が成り立っていることを周りがもっと教えないからこうなるって話だと思うんだが…
まぁ、金持ちお嬢様の気持ちは私には解らない(笑)

くう |  2016/01/31 (日) 02:14 [ 編集 ] No.48474


Re:南高卒さん

>中身が、二人とも、お笑い的な事をやっておられるのを、知ってるからかな?

おーーそうですか~。
私は山内さんの演技には感じ入りました。
そういえば、ここのところはSPEC、民王、とぶっ飛んだ役が多かったなぁ。

友近さんもコントネタの時とは違うしっとりした女子に見えました^^

>息子君は、父の演技を、どう思って見てはるやろな〜??

役者として誇らしいのでは~と思います^^
山内さんがお父さんだなんて羨ましい!

くう |  2016/01/31 (日) 02:20 [ 編集 ] No.48475


Re:ゆうさん

>やっと史実の浅子さん時間にドラマのあさ時間が追いつきましたね。

なんかも~~史実はどうでもいいや~~大河じゃないし~って気分になってます。だいぶ(笑)

>この時代に生きた主人公ならではの話が見たかったです。

結局、平成ホームドラマに近くなってきちゃってますもんね^^;

>気性が合わなくて母と娘の間がうまくいかなかったのはほんとみたいですよね。

そうなのですか!それは初耳です。
少なくとも広岡浅子の手記や信五郎の脇腹の息子さんの話ではそういうネタはなかったと記憶しています(笑)
むしろ、亀子さんはおっとりした商売っ気の欠片もない普通のお嬢様だったとか…。


>雁助の去り方については公式サイトの山内さんの意見に一票です。

私、公式あんまり読んでないんで(笑)
ゆうさんにそう言われて、今、初めてまじまじと読んできました。「奉公人対談」(爆)

めっさ笑った!!!!!「番頭さん……」に(爆)
http://www.nhk.or.jp/asagakita/special/special13.html

くう |  2016/01/31 (日) 02:41 [ 編集 ] No.48476


Re:巨炎さん

>洋装のオシャレなんか解らんといっていて自分が先に着る母、
質素な和服でも匂い立つような上品さを醸し出していた叔母と
反発のバックボーンが積み重ねられているので自分はあまり気になりません。

違和感があっても親への「反発」や「反抗」は無い時代の話ですから(笑)
「不孝糖」でも舐めたかなぁ。

>はつは今井の母の薫陶もあって幸せになってくれれば良いと
考えている等、来週辺りからまた荒れ始めるかな?

予告を見る限りでは「藍之助にはがっかりや」みたいな事になっていたように見受けられましたね^^;

くう |  2016/01/31 (日) 02:46 [ 編集 ] No.48477


雁助はんの去り方は、ドラマではよく見かけますよね。
お約束といえばお約束。
あさが九州に行く時は、みんな総出で送っていたのにね。
でも亡きお父はんの言いつけ通り、きっとそれなりのお金も持たせて貰って、改めて労いの言葉なり貰ったと思います。
ささやかながらのお別れの会はしたかしないか。雁助はんの事だからそんな時間は取らなくて結構ですって言ったかな。
と、脳内でお片づけしました^^。

ゆうさんのカキコと同じく「私も山屋さんまだ元気!?」と思いました。
朝ドラのエイジングケアは凄いね。時空を曲げる。

雁助はんの別れた女房も年下女房だったとしても、
娘も娘で嫁に行っててもおかしくない歳なのにね。
もともと体が弱く、嫁にも行けなかったのか、病気で出戻り。
こちらも色々、脳内シナリオが・・・・・。

紫花浜匙 |  2016/01/31 (日) 11:39 [ 編集 ] No.48478


Re:紫花浜匙 さん

>雁助はんの去り方は、ドラマではよく見かけますよね。
お約束といえばお約束。

そうね。だからこのドラマって脚本的には本当にベタだと思う。
このシーンがいいシーンになっているのは役者力と演出力だなぁと。それもドラマの面白い所だね^^

>ささやかながらのお別れの会はしたかしないか。雁助はんの事だからそんな時間は取らなくて結構ですって言ったかな。
と、脳内でお片づけしました^^。

私もそれ思う(笑)
きっと大袈裟な送別会はやっていないと思う。
静かにみんなで食事して、きっと榮三郎くんは食事の後で泣いたと思う←脳内補填

>ゆうさんのカキコと同じく「私も山屋さんまだ元気!?」と思いました。

元気どころか若返ったよね(笑)
もしかしたら、これは最初に出ていた山屋さんの弟や息子かも……←

>雁助はんの別れた女房も年下女房だったとしても、
娘も娘で嫁に行っててもおかしくない歳なのにね。

むしろ嫁に行っているのが当たり前よねぇ…
私も思ったの。身体が弱くて嫁に行けず……
妄想が膨らんでいく(笑)

くう |  2016/01/31 (日) 15:25 [ 編集 ] No.48481


>むしろ、亀子さんはおっとりした商売っ気の欠片もない普通のお嬢様だったとか…。

そうでしたか!わたしなんで史実だと思いこんでいたんでしょう?
忙しい母親との接点は少なかろうとみんなにかわいがられて育っていて、まして明治時代でしょう。
あんなふうに母親とけんかになること自体がおかしいと思うんですよ。
親に口を返すなんてってさちさんは無理でもよのさんや新次郎は叱らないといけないんじゃ。
出てくるたんびにあんなケンカ腰でね。へんなのって思います。
もう史実にはこだわらないけれど時間が歪むだけでなく価値観まで現代風になってますよね。

(追記1)あさもちょっと娘の気持ちを汲まないところがあるから不満を持つ気持ちもわかるんです。
言った後口をつぐむとかごめんなさいするとかあればなーと思います。
いまのままだと千代ちゃんかわいげがないんだす。

(追記2)公式サイト「あさノート#28」「『これでよかったんだす』雁助とうめ、大人の恋の終着点。」もとてもよいです。「山内としてはこう思うけど、雁助はこういう人間なんでしょう」というお話。

ゆう |  2016/01/31 (日) 20:02 [ 編集 ] No.48482


番頭さん…………って。本当に、なんとも言えず、爆笑でした……私も………。友近さんって……、歌も歌っておられるんでしょ??才能に、感嘆だす!!女優としても………!!!なんで、お付き合いしてた方との破局になったやらやら……私が、彼氏なら、友近さんを、離さないけどな………才能の塊って思います!

南高卒 |  2016/01/31 (日) 20:04 No.48483


Re:ゆうさん

>そうでしたか!わたしなんで史実だと思いこんでいたんでしょう?

解らないですよ。このドラマのおかげで今、広岡浅子や三井関連の史料が続々と掘り出されてますから。
どこかでそういう新しい手紙でも出て来たって話があるのかも知れませんね。

>あんなふうに母親とけんかになること自体がおかしいと思うんですよ。
親に口を返すなんてってさちさんは無理でもよのさんや新次郎は叱らないといけないんじゃ。

しかも明治もまだ江戸時代に近いんですもんね^^;
家の中で娘の地位なんて圧倒的に低い時代ですよ。

それでも大店のお嬢さんはチヤホヤされて育ってますからワガママな部分はあったでしょうが、史実の人がそうじゃないなら特に要らないエピだと私はつい思っちゃう^^;


>公式サイト「あさノート#28」「『これでよかったんだす』雁助とうめ、大人の恋の終着点。」もとてもよいです。

読みましたよ!
ちょっと泣けちゃいました。

くう |  2016/02/01 (月) 04:57 [ 編集 ] No.48484


Re:南高卒さん

>番頭さん…………って。本当に、なんとも言えず、爆笑でした

山内さんも友近さんもスタパでも言ってらっしゃいましたが、いつまで引っ張るねんってやつですよね(笑)

陰で「番頭さん……」がネタになってたのかと思うと、ほんに面白い。
雁助ロスですよ、わたしゃ。

おうめさんも番頭さん…が居なくなったら老け込んじゃうんじゃないかなぁ。

くう |  2016/02/01 (月) 05:00 [ 編集 ] No.48485


うん、だんだん朝ドラ標準形になってきた^_^;
私にとってもある種の最終回だったわ〜。
雁助はんがいなくなって寂しい(/ _ ; )(去る理由もなんだか寂しい…)

友近さんのうめ、私も好き。
山内さんもだけど、ぶっとんだキャラもできれば繊細な表現もできる、お二人とも芸達者だなぁと!

さて、今後は何を楽しみに観ればいいんだろう^_^;

JUP |  2016/02/01 (月) 23:50 [ 編集 ] No.48493


Re:JUPさん

>うん、だんだん朝ドラ標準形になってきた^_^;

だよねーーー。
最初は珍しく時代観のある朝ドラだと思っていたのに、今や完全に平成ホームドラマですもん。

雁助はんが居なくなって…

>(去る理由もなんだか寂しい…)

ほんにほんに…。
うめもただのお付きになって、明治どころか大正も昭和もすっ飛ばした平成お嬢様のワガママをどう楽しむのか^^;

くう |  2016/02/02 (火) 01:03 [ 編集 ] No.48494

コメントを投稿する 記事: NHK朝ドラ【あさが来た】 第102回 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

「あさが来た」 第17週 最後のご奉公 第102話

『明治21年両替屋加野屋を母体に加野銀行が誕生しました』  山屋さんたちが来てくれたので、いつものように「大阪締め」で祝いましたで。  コレ、ホント気持ちええなぁ・ ...

トリ猫家族 2016/01/30

あさが来た (第102回・1/30) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第17週『最後のご奉公』『第102回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 ※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと思います。 明治21年、あさ(波瑠)の念願だった加野銀行が設立する。あさは、洋服に着替え働こうとすると...

ディレクターの目線blog@FC2 2016/01/30

別れと出逢い>『あさが来た』第102話

金魚にちょっぴり鴨居の大将@『マッサン』を思い出し時間の経過の多さに『まれ』や『花アン』を思い出しラストの変顔にまたまた『まれ』を思い出し複雑微妙な今日(笑)>ぇいや『...

もう…何がなんだか日記 2016/01/30

別れと出逢い>『あさが来た』第102話

金魚にちょっぴり 鴨居の大将@『マッサン』を思い出し 時間の経過の多さに 『まれ』や『花アン』を思い出し ラストの変顔に またまた『まれ』を思い出し 複雑微妙な今日(笑)>ぇ いや 『マッサン』は好きだったけどね …ひじゅにですが何か? 「どっか楽しゅうてたまりませんだしたな」by鴈助 新次郎&千代が驚く顔で終わった昨...

何がなんだか…ひじゅに館 2016/01/30