ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラ  あさが来た  波瑠  玉木宏  宮崎あおい  寺島しのぶ  升毅  近藤正臣  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

NHK朝ドラ【あさが来た】 第101回 感想

   ↑  2016/01/29 (金)  カテゴリー: NHK朝ドラ「あさが来た」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラ あさが来た 波瑠 玉木宏 宮崎あおい 寺島しのぶ 升毅 近藤正臣 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4923.html

2016/01/29 | Comment (10) | Trackback (6) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


前にくうさんが予想したんが当たったね。奥さんじゃなく娘の病気だったけど。

しかし昨日の中番頭はんの娘自慢が今日もまた効いて来るとはね。試聴者は今日事情わかったけど手紙は既に来てた訳やし。
娘の病気に心痛めながら他人の娘自慢聞かされるてなあ・・・。

しげ |  2016/01/29 (金) 12:45 No.48460


雁助さんの元嫁が「勝手に出ていったくせに今更何言うてんのや」は本音だと思います。しかし、この理由を口にすれば栄三郎も引き留めることはできないし、加野屋に残ると決めたうめに負い目を感じさせないですむ、と雁助は判断したように見えます。そのあたり、雁助は気配りの人に思えます。

もし雁助が一緒に家を出ようと告白したときにうめが即答でOKしていたら、元嫁から手紙が来ても雁助さんは断っていたかも知れないですよね。OKしないうちに元嫁から手紙が来たから、今さらとは思ったけれど、うめへの未練も断ち切って加野屋を出るにはいい口実になったように思います。

雁助さんは「加野屋の変革から逃げてる」というより、加野屋の変革には自分がいてはダメだ、あるいは変革後の加野屋に自分がいるという将来図がどうしても描けないと感じているような気がします。私も、以前所属していた団体が2つに分裂した時、どちら側にもつかず独立してやることにしたので、ちょっとその気持ちも分かります。

mm |  2016/01/29 (金) 14:06 [ 編集 ] No.48461


榮三郎が一瞬こどもみたいな顔になるところに泣けました。
小さい榮三郎が雁助さんの横にちょこりんて座って商いのてほどき受けている姿が思いだされます。
あさにとってのうめなら、榮三郎にとっての雁助ですよね。

雁助さんがねこちゃんアップリケにキャッキャしてたときにはもうひとりもんだったんじゃないかな。
で。維新のころに「40すぎ」だったんだから今は60すぎ?うめも同じくらいかな?
せつないけれど新しい生活をはじめるにはハードル高かった。
「なんや、よかった」にはいろいろな思いがこもっててうまかったと思います。

元おくさんは雁助が仕事仕事で家庭を顧みないから娘連れて出て行ったと言ってたような…。
乳飲み子連れて出るとも思えないんですよね。飲んであばれるとかでないし。
行ってみたら「娘…思ったより大きい」「元亭主…加野屋、やめてきちゃった」となったりして。
難しい病気だからどうしても大都市の名医に診せたい、恥も外聞もなく大阪の元亭主に連絡するというならわかります。でも雁助が加野屋を出る理由に「娘の病気」を持ってきたところにどうも、もやもやします。

ゆう |  2016/01/29 (金) 17:21 [ 編集 ] No.48462


期待から反れた展開に、ドラマとはいえ、
ままならぬ現実を感じました。
黄昏るうめ。(しかも2回も。よほどの落胆・・・・。)
五代はんでは泣かなかったのに、泣いたよ。ちょっこしだけど。
ずっと恋だの愛だのに構わずに来たうめには、
雁助の言葉だけで、本当に一生生きていけるんだろうね。
この時代、そういう人いそうだし。
スピンオフ「雁助が来た」希望。 で、うめ迎えに来て!
でも、待ってたら幾つになるの〜ぉ。

あさと仲違いして店を離れる訳ではなくて良かったけど、
店を持つという方向でもなくなっちゃったし。
みかん、いよかん?伊予で銀行?
何にしても、頑張って欲しいだす。

紫花浜匙 |  2016/01/29 (金) 17:25 [ 編集 ] No.48463


なんとも残念な結末

愛媛出身の友近さんは、おうめさんと仙波つねの2役をやったらいいと思う(もはや投げやり)。
銀行が完成してしまいましたが、雁助さんはまだ退場していませんよね?
進次郎や八代目にきっちり挨拶する場面に期待することにします。

熱帯魚 |  2016/01/29 (金) 18:10 [ 編集 ] No.48464


Re:しげさん

>しかし昨日の中番頭はんの娘自慢が今日もまた効いて来るとはね。試聴者は今日事情わかったけど手紙は既に来てた訳やし。
娘の病気に心痛めながら他人の娘自慢聞かされるてなあ・・・。


こう言ったら残酷やけど…
雁助はんはその娘の事、この20年間考えた事あっただろうか。
たまに思い出すことがあったとしても20年だよ、もうアカの他人の域だし、この時代ならとうに嫁に行ってると思うんだよね…。

それが重い病気になったと聞かされても何だかな…
あまりリアルじゃないよなぁ、上手くないなぁと思ってしまったのでした^^;

くう |  2016/01/30 (土) 00:51 [ 編集 ] No.48465


Re:mmさん

>雁助さんは「加野屋の変革から逃げてる」というより、加野屋の変革には自分がいてはダメだ、あるいは変革後の加野屋に自分がいるという将来図がどうしても描けないと感じているような気がします。

それはね、私も今までの記事にも書いてきたようにそう思っていたのですよ。けれども、この流れを見たら何だか逃げているように感じられてしまったのですわ。

くう |  2016/01/30 (土) 01:00 [ 編集 ] No.48466


Re:ゆうさん

>あさにとってのうめなら、榮三郎にとっての雁助ですよね。

ですよね。
父親にも似た存在だと思います。
桐山くん、いい演技だすな。

>で。維新のころに「40すぎ」だったんだから今は60すぎ?うめも同じくらいかな?

ぇ……60過ぎですか……
それじゃますます今さら出て行ってどうすんのんって話ですよね…

江戸時代は50で隠居、明治民法では60で隠居…もうご隠居さんの年でっせ…

うめの「なんや、よかった」には泣きそうでしたわ。
こんな思いさせられるなんて。


>難しい病気だからどうしても大都市の名医に診せたい、恥も外聞もなく大阪の元亭主に連絡するというならわかります。でも雁助が加野屋を出る理由に「娘の病気」を持ってきたところにどうも、もやもやします

ここのところ、きっと詳しく描かれる事もなく数年後「娘の病気が治った」と雁助さんが現れ、うめと幸せに…全朝ドラ視聴者良かった良かったの流れが見えて、もう……^^;

どう考えても20歳もとうに超えた娘の病気なんてネタを今さら持って来るのは変でしょう。

ようするに…友近さんの評判がいいから退場させたくなくて、そして山内さんは舞台がお忙しいからそろそろと……^^;

くう |  2016/01/30 (土) 01:14 [ 編集 ] No.48467


Re:紫花浜匙 さん

>期待から反れた展開に、ドラマとはいえ、
ままならぬ現実を感じました。

これ、本当にこのままなんだろーか。
私は「どーせ雁助はんが迎えに来るんだろーー!だったらもう延ばすなよ(怒)」と思って見ていたんだけど、山内さんのブログに退場って書いてあって本当にモヤモヤする^^;

私も五代はんでは泣かなかったけれども、うめに泣いたよー!ちょっこしだけど^^;

>ずっと恋だの愛だのに構わずに来たうめには、
雁助の言葉だけで、本当に一生生きていけるんだろうね。
この時代、そういう人いそうだし。

そうなの!だから寂しいの。
こんなに一生懸命生きている女にあんなセリフを吐かせるなんてーー!

しかも20年も音沙汰なしだった女房と娘を今さら出してくるとか…何だかねぇ。

>あさと仲違いして店を離れる訳ではなくて良かったけど、
店を持つという方向でもなくなっちゃったし。

最近もう時間がポンポン進むから面倒くさくて年代も年齢も考えていなかったのだが、↑のゆうさんに頂いたコメントによると、もう60過ぎてるらしいよ…。

あの当時の60だよ…退職金はいかほど貰えるのやろか。
出て行った女房に退職金を全部食われる気がして心配でしかない。

くう |  2016/01/30 (土) 01:28 [ 編集 ] No.48468


Re:熱帯魚さん

>愛媛出身の友近さんは、おうめさんと仙波つねの2役をやったらいいと思う(もはや投げやり)。

あーーそれはいいかもーーー…一緒にお蜜柑作りましょ←投げやり

>銀行が完成してしまいましたが、雁助さんはまだ退場していませんよね? 進次郎や八代目にきっちり挨拶する場面に期待することにします。

退場は明日なんでしょうか。
雁助はんが居なくなったら何を楽しみに見ればいいんだす?(泣)
とりあえず…瀬戸くん待ちでもしようかな。

くう |  2016/01/30 (土) 01:33 [ 編集 ] No.48469

コメントを投稿する 記事: NHK朝ドラ【あさが来た】 第101回 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

あさが来た (第101回・1/29) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第17週『最後のご奉公』『第101回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 ※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと思います。 あさ(波瑠)は、ついに銀行の神様、渋沢栄一(三宅裕司)と出会うことになる。渋沢は、あさに銀...

ディレクターの目線blog@FC2 2016/01/29

「あさが来た」 第17週 最後のご奉公 第101話

 さて、渋沢栄一様(三宅裕司)はさっそく銀行の話をしてくださったのですが・・ なぜかクイズ形式。 三宅さんなもんだから一気にバラエティ色濃くなったぞ( ̄∇ ̄;) 「第一問 ...

トリ猫家族 2016/01/29

あさが来た 第101回

内容ついに、渋沢栄一(三宅裕司)と会うことが出来たあさ(波瑠)は、渋沢から銀行経営に必要なコトの説明を受ける。 一方で、あさ、榮三郎(桐山照史)は、雁助(山内圭哉)から。。。。 敬称略 「ドラマだから」と言えば、 ある程度の“偶然”は、許容さ...

レベル999のgoo部屋 2016/01/29

【あさが来た】第101回(1/29金)感想と視聴率「クイズ&相撲」

予告を見た時には、あさとうめの相撲は、うめに雁助と共に行くよう、あさの後押しから

ショコラの日記帳・別館 2016/01/29

クイズと相撲>『あさが来た』第101話

あさ&うめの相撲ボンヤリひじゅにだけど予告でここはちゃんと観たぞああ、これはあさが嫁ぐ前のこの2人のシーンとの対比で今度はあさが、うめさんを送り出すいわば別れの対戦なん...

もう…何がなんだか日記 2016/01/30

クイズと相撲>『あさが来た』第101話

あさ&うめの相撲 ボンヤリひじゅにだけど 予告でここはちゃんと観たぞ ああ、これは あさが嫁ぐ前のこの2人のシーンとの対比で 今度はあさが、うめさんを送り出す いわば別れの対戦なんだな…と思ってたんだぞ 多分、多くの視聴者が同じ思いだったハズだぞ …ひじゅにがなにか? 「初めて人間味のあるもんに思えてきましたわBy新次郎 五...

何がなんだか…ひじゅに館 2016/01/30