ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラ  あさが来た  波瑠  玉木宏  宮崎あおい  寺島しのぶ  升毅  近藤正臣  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

NHK朝ドラ【あさが来た】 第100回 感想

   ↑  2016/01/28 (木)  カテゴリー: NHK朝ドラ「あさが来た」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラ あさが来た 波瑠 玉木宏 宮崎あおい 寺島しのぶ 升毅 近藤正臣 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4922.html

2016/01/28 | Comment (6) | Trackback (6) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


今日で100回。雁助さんの妻子の話が最初に出たのが25回。
くぅさんのレビュー25回を再読させていただきました。
そうしたらもう、びっくりぽんだした。
(奈良に借金をしにいったあさのおかげで加野屋は苦境を乗り越えた。あさは「新しい商い」の話をした)
亀助さんはなにやらウキウキしてるのに対し、雁助さんはあまりいい顔をしない
…のを受けての「そんなだから40すぎで嫁が娘連れて出て行く」話になるんですね。
これ、現在の話と重なっていますよね。どうしても銀行業務を受け入れられない雁助さん。
旧態依然として頭が固いようにみえるけれど両替商と正吉さんを信望する気持ちがあってのこと、と考えると時代の流れってせつないです。「出て行った嫁と娘」はそんな雁助さんを象徴しているのですね。

ゆう |  2016/01/28 (木) 16:08 [ 編集 ] No.48454


仙波つねは登場するのか

> もう二度と見られないのかも……
> と思っていた雁助はんと亀助はんの絡みを見る事が出来たわ。

私ももう二人の絡みはないんだろうなと思ってましたので嬉しかったです。
この絡みは二人がそろばんを抱えたあのバトルと対になってるよね・・と思ったら。
ゆうさんが既にご指摘されてました。
25回なのか・・・ということでくうさんの第25回の記事を再度読みました。

雁助さんの考えってどうなのだろうと記憶をたぐってみました。

 あさが新たに鉱山を買い増そうとしたとき、採れなかったらどうするのか。加納炭鉱に近いからといって採れるとは限らない。
 志があるからといってなんでもかんでも貸付して返ってこなかったら店は潰れる。審査の基準は!
 大名になら貸付できるがどこの誰だかわからない人間に貸付できない。

先代への恩義という面もありますが、雁助さん自身がリスクを取ることが嫌いなのではないんじゃないでしょうか。
私は銀行というものに興味を持ったことがないのですが、これは当たる!という人への融資を続ければ儲けることができる反面、ダメな人に貸し付ければパーになる。
完璧に見定めることは難しいように思いますので銀行員という職はギャンブル性(?)みたいなものもあるのかもしれません。
そうだとすれば、雁助さんにとって銀行の業務は苦痛かもしれない・・・そう自らを納得させようとしています。

熱帯魚 |  2016/01/28 (木) 19:48 [ 編集 ] No.48455


皆さんも以前の両者のバトル思い起こしてるみたいですな。
以前はそろばん振り上げて怒ってた大番頭はん、今日は大人の対応でしたな。この辺は年月経って人間が丸くなった感じが出てていい描き方と思いました。
てか昔のバトル、発端は大番頭はんが中番頭はんおちょくったんやんかwどっちも大人気なかったよねw
ポンポン事業が成功してるのは尺の関係だろうね。ツイッタのタグで保険屋までやれるんかって心配してる声もあったし。残り二月だし。
ただ、この上手く行くのが気持ちいいて声もタグであったよ。まれと比較したみたいやけど。
こゆ手合いカーネ見てたんかね?この程度じゃ善ちゃんに糸やんしばかれたとかで試聴止めそうなんだけどさ・・・。

しげ |  2016/01/28 (木) 20:30 No.48456


Re:ゆうさん

私も25回を読み直しまして、びっくりぽんでしたわ!
記事が長くて丁寧で(笑)


>これ、現在の話と重なっていますよね。どうしても銀行業務を受け入れられない雁助さん。

あの時は「新しいこと」に抵抗があったんですよね。
それは「炭坑」になり「銀行」になった。

雁助はんは加野屋の中でずっと保守派の人でした。
保守派の存在は話を停滞させるけれども古き良い所を考えさせる役割もある。
残念ですが、このドラマではそういう部分はあまり描かれていません。

この雁助さんが加野屋から出て行っても「新しい事」を始められる気はせず、成功できるのか不安です。
まぁ…ドラマだから大丈夫なのだろうけれども^^;

くう |  2016/01/29 (金) 00:26 [ 編集 ] No.48457


Re:熱帯魚さん

>この絡みは二人がそろばんを抱えたあのバトルと対になってるよね・・と思ったら。
ゆうさんが既にご指摘されてました。

対というか丸っきり被せですよね。
あれを見たら誰でも以前の言い争いを懐かしく思い出せた事でしょう。

しかし記事中にも書きましたが、私的には亀助はん、あれから20年ほど経っているのに今さらまだそのネタを……という感じでした^^;

脚本家さんが被せや対比を意識するあまり、同じネタをいつまでも繰り返しすぎな気がしてます。時々。

雁助はんの考えについては、ゆうさんへのレスに書いたようなことを私は考えてます。
正直、ここを出て行った後の雁助さんが心配です。

くう |  2016/01/29 (金) 00:44 [ 編集 ] No.48458


Re:しげさん

>以前はそろばん振り上げて怒ってた大番頭はん、今日は大人の対応でしたな。この辺は年月経って人間が丸くなった感じが出てていい描き方と思いました。

あの時はたぶん出て行ったばかりだった思うのよ。
さすがに20年も経ったらね…同じテンションで怒るほどじゃないかな…

私だったらむしろ亀助はんに呆れると思う^^;
いつまでそのネタ出してくるんだ、あんたの時は止まってはるんでっか…。

>ポンポン事業が成功してるのは尺の関係だろうね。ツイッタのタグで保険屋までやれるんかって心配してる声もあったし。残り二月だし。

もう保険屋までポンポン成功するんやないのかな^^;
事業に関してはもうすでにホームドラマのおまけ化してるし。

>ただ、この上手く行くのが気持ちいいて声もタグであったよ。まれと比較したみたいやけど。
こゆ手合いカーネ見てたんかね?この程度じゃ善ちゃんに糸やんしばかれたとかで試聴止めそうなんだけどさ・・・。

まれだってポンポンとパティシエになってたじゃんね(笑)
ポンポン結婚してポンポン子育てして家乗っ取って……(毒)

『カーネ』は糸子が善ちゃんにしばかれてた所で脱落していた人は実は多かったよ。たぶん本来の朝ドラ視聴者層としての視聴率は高くなかっただろうと思ってる。

くう |  2016/01/29 (金) 01:00 [ 編集 ] No.48459

コメントを投稿する 記事: NHK朝ドラ【あさが来た】 第100回 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

「あさが来た」第100回★うめ

連続テレビ小説「あさが来た」 第100回(1月28日) 銀行設立を進める加野屋に亀助(三宅弘城)が戻ってくる。ふゆ(清原果耶)との間に娘がいることを楽しそうに話す亀助に雁助(山内圭哉)は…。新次郎(玉木宏)は、尼崎で紡績事業を進めようとしているという話しをするとあさは…。加野屋では、銀行になると住み込みか、通いで働くかでみんな思い悩む。あさは、うめ(友近)に辞めようとしている雁助と一...

世事熟視〜コソダチP 2016/01/28

あさが来た (第100回・1/28) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第17週『最後のご奉公』『第100回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 また、本記事では「宮崎あおい」さんの「さき」は本来の「立つ崎」が機種依存文字のため「崎」に統一しています。 ※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと思いま...

ディレクターの目線blog@FC2 2016/01/28

「あさが来た」 第17週 最後のご奉公 第100話

 あさ(波瑠)がうめ(友近)に雁助問題の話をしようとしていたら・・・ あのかわいい老犬(ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ あんまりだろ!)の喜助はん(三宅弘城)が現れました。 現行設 ...

トリ猫家族 2016/01/28

あさが来た 第100回

内容銀行設立へ向けて動く加野屋に、亀助(三宅弘城)が帰ってくる。平十郎(辻本茂雄)雁助(山内圭哉)亀助を交え、設立の詳細を決めていくあさ(波瑠)榮三郎(桐山照史)するとそこに、新次郎(玉木宏)が謡から帰ってくる。一瞬、飽きれたあさだったが、実は。。。紡...

レベル999のgoo部屋 2016/01/28

渋沢登場>『あさが来た』第100話

亀助さん、大阪に帰る…と思ったら銀行設立の打ち合わせに来ただけ少し前、炭鉱でのシーンで大阪に帰りたいって呟いていたよねでも、「綺麗な卵」の様な子供も生まれふゆちゃん...

もう…何がなんだか日記 2016/01/29

渋沢登場>『あさが来た』第100話

亀助さん、大阪に帰る …と思ったら 銀行設立の打ち合わせに来ただけ 少し前、炭鉱でのシーンで 大阪に帰りたいって呟いていたよね でも、「綺麗な卵」の様な子供も生まれ ふゆちゃんとの家庭がしっかりと確立し幸せイッパイの今 場所なんて何処でも良い? …ひじゅにですが何か? 「その話はもう一通り終わったんや」by鴈助 ↑何かコレって 今...

何がなんだか…ひじゅに館 2016/01/29