ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
逃げる女  水野美紀  仲里依紗  遠藤憲一  賀来賢人  田畑智子  原田美枝子  高橋克典  加藤雅也  でんでん  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【逃げる女】第3話 「壊れたままの幸せ」 感想

   ↑  2016/01/24 (日)  カテゴリー: 2016年1月期ドラマ
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 逃げる女 水野美紀 仲里依紗 遠藤憲一 賀来賢人 田畑智子 原田美枝子 高橋克典 加藤雅也 でんでん 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4916.html

2016/01/24 | Comment (10) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


私も思った、梨江子ってどういう人だったんだろうって。
「偽りなきもの」さえ信じてくれる人がいましたよね。
自供したって 子供殺しでしょ、よっぽどのことがあったんだろうって家族なら思うだろうし(調書上の動機はどうなってるんでしょうね。) 親が8年面会もしてないなんて。うちの父ならありえるけど このお父さんそんな人に見えないし。
家族のこと考えない梨江子もだけど、家族も友人も ちょっと普通じゃなくないですか?
もう出てる人みんな(安藤さえも)変な人に見えてきちゃいました。
そういう私も「大丈夫」だとは言いきれない。事件のニュースで知人隣人の声が出るたび 私のことは何て言われるんだろうって ちょっと思うもの。どうか家族くらいは信じてくだされ、ですよね^^;;

Q |  2016/01/25 (月) 09:17 [ 編集 ] No.48421


>これ、誰でも「私は大丈夫」と言えるだろうか。
私も同じこと考えていました。
人が私のことをどう考えているか本当の事はわからない。
でもやっぱり妹の言ってることは理不尽ではないかと。
どんなにタフな人でも取り調べでは参ってしまって、やってないのにやりましたって言ってしまう。
もとボクサーの人でもそうだったし。

それにしても美緒は何者なんでしょうね。
予告で「あの女の子は生きていたのか」って言ってた”女の子”が美緒なのかな?

あと、佐久間があまりにも無能すぎる・・・

kyom |  2016/01/25 (月) 13:18 No.48423


美緒がふら~っと部屋に入ってくるところ、心底ぞ~っとしました。

事件前の梨江子が高根の花、幸せの象徴みたいな人で
そういうひとにありがちなまわりのひとにたいする無神経なふるまいがあったとしても
だからと言って偽証して罪に陥れたりしていい理由にはならないですよね。

自分が梨江子の立場だったら家族はどするだろう、
家族が梨江子の立場になったら私はどうするだろう。
考えさせられました。

ゆう |  2016/01/25 (月) 19:08 [ 編集 ] No.48425


Re:Qさん

>「偽りなきもの」さえ信じてくれる人がいましたよね。

このドラマでは一応、今回出てきたあずみの元カレは信じてくれているのかなぁ。フラットな感じでしたね。

>親が8年面会もしてないなんて。うちの父ならありえるけど このお父さんそんな人に見えないし。

ウチの父なら来る気がします。
来て、もう来ないでくれと言いたいくらいイヤな事言いそう(笑)
このお父さんは妹のために来なかったのかも知れないですね~。

>もう出てる人みんな(安藤さえも)変な人に見えてきちゃいました。

うん。確かに。
私は あずみだけじゃなくて出ている人全員に何故事件当時少しでも庇おうとしてあげなかったのかと聞きたいですわ(笑)

つまり、そんだけ嫌われる要因があったのかなと。
誰にも庇われない女って辛い。
ほんと、自分の身に置き換えたら不安でいっぱい^^;

くう |  2016/01/26 (火) 04:33 [ 編集 ] No.48435


Re:kyomさん

>人が私のことをどう考えているか本当の事はわからない。

ですよねーー!
女の人は特に何考えてるのか解りませんね。

>でもやっぱり妹の言ってることは理不尽ではないかと。

思春期を台無しにされて、誰かのせいにせずにはいられないんでしょうね。
姉のせいじゃないと解っていても言わずにいられない恨みをこの子も抱えて生きて来たんだなと思いました。

>それにしても美緒は何者なんでしょうね。
予告で「あの女の子は生きていたのか」って言ってた”女の子”が美緒なのかな?

「し ねなかった」とか言ってましたもんね。
あと3回で解決するのかな、この話^^;

くう |  2016/01/26 (火) 04:39 [ 編集 ] No.48438


Re:ゆうさん

>美緒がふら~っと部屋に入ってくるところ、心底ぞ~っとしました。

ホラーですよね(笑)
髪もぼわーーーっとしてるし!

>そういうひとにありがちなまわりのひとにたいする無神経なふるまいがあったとしても だからと言って偽証して罪に陥れたりしていい理由にはならないですよね。

そうです。どんな悪人でもやっていない罪に対して処罰されるいわれはないです。

けれども、多くの冤罪は「印象」で作られるんですよね。
人の目は恐いということですわ。

くう |  2016/01/26 (火) 04:42 [ 編集 ] No.48439


>本当に事件の前、梨江子は美人で幸せだったのかと思ってしまうよ。
ほんとだよね。誰ひとり梨江子のことをかばってくれないって・・家族は面会に行く余裕なかったのかもしれないけど、
どんな状態になっているか娘のことが心配で行かずにはいられないと思うが・・・8年間一回もってねぇ・・
ちなみにうちの母親も面会に来ると思う(笑
そして帰った後にすんごく嫌な気持ちになりそう・・(笑
妹もえらそうなこと言っていた姉が負けてしまったのが許せないのはわかるがーー事件以前にこの家族は関係が築けていなかったんじゃないのかねぇ・・
>やっていないのだから、冤罪なのだから、何も悪くないのに。
でも、たぶん事件前からのこの人の性格や態度が自身を窮地に陥れたのだ。
よく財布がそこのあったがために泥棒が生まれるってなことがあるけど、あずみももしあの事件がなければ梨江子と仲良くやっていけたのかもしれない。
この人にはかなわないと思いながらも憧れの方が勝ってついていけたかもしれないね。でも梨江子が容疑者となったことであずみの暗黒面がぱかっと開いてしまったのかな・・
あずみも梨江子もどちらも私だったらありえると思うよ。
あんなふうに昭和の刑事よろしくガンガン責められればすぐにもしかして気づかないうちにやっちゃったのかしらん?とか思っちゃうし(笑
自分の精神状態が悪かったら後のことを考えずに人を陥れてしまうかもしれない。こわいわーー(笑

きこり |  2016/01/26 (火) 12:12 No.48440


Re:きこりさん

>ちなみにうちの母親も面会に来ると思う(笑

(・_・)/\(・_・)ナカマ!だわ(笑)
何言われるかまで想像できるわ(笑)

>事件以前にこの家族は関係が築けていなかったんじゃないのかねぇ・・

大きな事が起きると家族の形がハッキリするよね。
本音の無かった関係が一気に悪くなったり…

>あんなふうに昭和の刑事よろしくガンガン責められればすぐにもしかして気づかないうちにやっちゃったのかしらん?とか思っちゃうし(笑

ああいう尋問はそれが目的らしいよね、拷問と同じだよね。
寝させなかったり食べさせなかったりして憔悴しきったところにガンガン怒鳴るとか…平成の今でもそんな事があるのかなぁ。
こわいわーーー。

人を陥れる…ってのもあるかもね。人間って状況でどうなるか解らないもんね (´・ω・`)

くう |  2016/01/26 (火) 21:30 [ 編集 ] No.48442


真田丸も逃げる女も一週遅れで見てます。

鎌田敏夫の業の書き方って、凄いよね。
淡々としててエグいというか。
幸せの広告塔だった人間が冤罪だったとしても、
正直喜んでる人もいるって表現に、人の澱みの深さを感じた。

高校生の時に読んだ鎌田敏夫の『里見八犬伝』を思い出したよ。
犬坂毛野と妖之介の言葉の絡みが、高校生の私には澱みすぎだったから^^;。

紫花浜匙 |  2016/02/01 (月) 16:10 [ 編集 ] No.48488


Re:紫花浜匙 さん

>真田丸も逃げる女も一週遅れで見てます。

私は記事を書かないドラマがHDDに溜っちゃってます(笑)

>幸せの広告塔だった人間が冤罪だったとしても、
正直喜んでる人もいるって表現に、人の澱みの深さを感じた。

このドラマを見ている限り主人公が「幸せの広告塔」に見えないんだよね~。事件の前から妬まれていて足を引っ張る機会を窺われていたような気がする。

一体、事件前はどれだけ明るい生活送ってたのか、もう少し描写がほしいかなぁと…。

第4話もお楽しみに…というか、ドロっとなるよね、見終わった後。

くう |  2016/02/02 (火) 01:36 [ 編集 ] No.48496

コメントを投稿する 記事: 【逃げる女】第3話 「壊れたままの幸せ」 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback