ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
下町ロケット  池井戸潤  阿部寛  土屋太鳳  立川談春  安田顕  真矢ミキ  新井浩文  吉川晃司  杉良太郎  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【下町ロケット】第1話 感想

   ↑  2015/10/19 (月)  カテゴリー: 2015年10月期ドラマ
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 下町ロケット 池井戸潤 阿部寛 土屋太鳳 立川談春 安田顕 真矢ミキ 新井浩文 吉川晃司 杉良太郎 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4784.html

2015/10/19 | Comment (4) | Trackback (8) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


『下町ロケット』と『空飛ぶタイヤ』は原作を読んだのだけど、
いくつか見た池井戸ドラマシリーズが頭の中でMIXされてて、
日曜日はドラマを見ながら内容整理するのが大変でした。
年だわ〜(_ _ ;)。
『下ロケ』は原作読んだ当初は面白かったけど、
どの作品も、ベースはほぼ弱小企業、大手企業、銀行の三つ巴だから、
今はそんなでもないかな〜と思ったら、
今でも###面白かった〜!!!!###。

恵の神谷役、最初は嫌だったんだけど上手だったね。
吉川君、うん、スタイリッシュだった^^。

>しかし…このドラマのテーマ自体が「夢」なんだな…

もう、くうさんのツッコミ、好きだわ〜@^^@。

紫花浜匙 |  2015/10/20 (火) 08:32 [ 編集 ] No.47713


Re:紫花浜匙 さん

>いくつか見た池井戸ドラマシリーズが頭の中でMIXされてて、
日曜日はドラマを見ながら内容整理するのが大変でした。
年だわ〜(_ _ ;)。

あ、やっぱりそういう事になっちゃいます?^^;
年々リセットするのに時間がかかるのは役者さんの以前の役柄が記憶に残り過ぎているからだと思っていたんだけど、それって雲状記憶なのかもーー ○| ̄|_

>恵の神谷役、最初は嫌だったんだけど上手だったね。
吉川君、うん、スタイリッシュだった^^。

いや~恵っていつからあんな演技達者に…。
そういえばホンジャマカとして活動してるのを長年見てない気がする~。石ちゃんも俳優やっちゃってるし、このまま元芸人俳優になっちゃうのかな~。

>しかし…このドラマのテーマ自体が「夢」なんだな…

もう、くうさんのツッコミ、好きだわ〜@^^@。

お陰さまで夢アレルギーだわいね。視聴者の方が(爆)

くう |  2015/10/21 (水) 02:51 [ 編集 ] No.47717


いただけない

こんばんは
原作が大好きなだけに、キャスト、演出とも、イメージと違いすぎました。多分途中で力尽きるかもしれません。
特に殿村はこの作品のオアシスのような存在なのに、なんか真っ向からの嫌われキャラに変更。談春ありきで変更したんですかね。殿村役は私の心の中では山西惇さんでした。
新井さんの役は、底意地悪い小物なので、宮川一郎太しかないです。
また吉川の役は平岳大のイメージなんですよねぇ。吉川の無駄に大きな演技は興ざめです。
たおは・・・、おまけみたいなもんなので、何でもいいです。
今回は安田さんだけが救いでした。

隠れ常連 |  2015/10/23 (金) 20:24 No.47739


Re:隠れ常連さん

>原作が大好きなだけに、キャスト、演出とも、イメージと違いすぎました。多分途中で力尽きるかもしれません。

原作先に行っちゃうと、どうしてもそうなりがちですよね^^;
今、手元に原作があるのですが~ドラマ終わってから読みます。やっぱ。

>特に殿村はこの作品のオアシスのような存在なのに、なんか真っ向からの嫌われキャラに変更。

今回和解したので次回からはオアシスになりそうですね~。

>新井さんの役は、底意地悪い小物なので

えええぇぇぇ…そーなんですか!
いやぁ、それ設定変わってるといいなぁ。(でも小悪党は本来 新井さん得意分野かも^^;)

吉川さんはわざと大げさにやっている気もしますよね。
ある意味、昔の大映ドラマのように演出が大げささを求めているのかもしれません。
もう少し見守ります~。

くう |  2015/10/25 (日) 00:08 [ 編集 ] No.47753

コメントを投稿する 記事: 【下町ロケット】第1話 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

下町ロケット 第1話

「ジャパン・ドリーム感動物語の誕生!!中小企業が大企業に勝負!涙…!夢とプライド」10月18日 START! 日曜よる9時 元宇宙科学開発機構の研究員で、現在は父親が遺した下町の工場で経営者として第二の人生を送っている佃航平(阿部寛)。年頃の娘・利菜(土屋太鳳)との仲…

ドラマハンティングP2G 2015/10/19

下町ロケット #01

『ジャパン・ドリーム 感動物語の誕生!!   中小企業が大企業に勝負!涙…!夢とプライド』

ぐ~たらにっき 2015/10/19

「下町ロケット」中小企業の技術力1大企業の特許権訴訟で経営は窮地に陥るも会社を守るため大企業と戦う決意を固めた

「下町ロケット」は池井戸潤原作の「下町ロケット」をドラマ化した作品で下町工場でエンジン開発しながら技術力に定評ある中小企業が突然特許侵害を受けて経営ピンチに陥りながら ...

オールマイティにコメンテート 2015/10/19

下町ロケット 第1話

「ジャパン・ドリーム感動物語の誕生!!中小企業が大企業に勝負!涙…!夢とプライド」 内容 種子島宇宙センターの管制室で佃航平(阿部寛)は、祈っていた。 そして、ついにロケットが発射された。 だがしばらくして警報音が鳴り響きはじめる。 大場(大石吾朗)は、爆破...

レベル999のgoo部屋 2015/10/19

下町ロケット

下町ロケット 日曜 21:00 TBS 2015年10月18日~ [キャスト] 阿部寛 土屋太鳳 立川談春 安田顕 和田聰宏 今野浩喜 山崎育三郎 中本賢 谷田歩 中村倫也 阿部進之介 竹内涼真 佐野岳 阿藤快 真矢ミキ 新井浩文 木下ほうか 橋本さとし 春風亭昇太 東国原英夫 池畑慎之介...

新ドラマQ 2015/10/19

下町ロケット (第1話 初回2時間SP・10/18) 感想

TBS系・日曜劇場『下町ロケット』(公式) 第1話/初回2時間SP『ジャパン・ドリーム感動物語の誕生!!中小企業が大企業に勝負!涙…!夢とプライド』の感想。 なお、原作小説:池井戸潤氏の『下町ロケット』は未読。WOWWOW版は未見、ラジオドラマ版も未聴。 佃(阿部寛)は、かつては宇宙科学開発機構の研究員で、現在は亡父が残した佃製作所の経営者。利益の一部を...

ディレクターの目線blog@FC2 2015/10/20

下町ロケット「ジャパン・ドリーム感動物語の誕生!!中小企業が大企業に勝負!涙…!夢とプライド」

原作は、第145回(2011年上半期)直木三十五賞受賞作品、および、第24回山本周五郎賞候補作品。もちろん、今をときめく、池井戸潤作品 それに、スタッフも、『半沢直樹』(2013年)『ルーズヴェルト・ゲーム』(2014年)に継ぐ3作目で、「夢よ、もう1度」と、力、入りすぎちゃったかな? 例えば、半沢で、片岡愛之助がブレイクしたように、やたら、サプライズ・キャスティングが目立ち、 ...

のほほん便り 2015/10/20

下町ロケット 第1話

佃航平(阿部寛)は、宇宙科学開発機構の元研究員で、現在は亡き父親が残した精密機械製造の会社・佃製作所を継いでいます。 社長就任後、経営は順調で次第に業績が上がり、佃は夢だったロケットエンジンの開発に着手します。 しかし、それに力を入れ過ぎて少しずつ業績が下降し始めていました。 ある日、佃は大手取引先から突然、取引中止を言い渡されます。 佃と経理部長・殿村(立川談春...

ぷち丸くんの日常日記 2015/10/20