ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
DEATH  NOTE  デスノート  窪田正孝  山崎賢人  優希美青  佐野ひなこ  藤原令子  松重豊  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【ドラマ DEATH NOTE デスノート】第11話(最終回) ツイッター実況まとめ と感想

   ↑  2015/09/14 (月)  カテゴリー: 2015年7月期ドラマ
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : DEATH NOTE デスノート 窪田正孝 山崎賢人 優希美青 佐野ひなこ 藤原令子 松重豊 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4744.html

2015/09/14 | Comment (2) | Trackback (12) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


大河ドラマ的にはⅬの息子が月になったー(笑。
摩訶不思議名探偵だろうが、30歳ニートたろうが、
権力に取りつかれた老醜だろうが演じ切る松ケンはやはり凄い。

一応、旧劇場版との差別化は意識していたのでしょうね。
L&総一郎という信念の側面で月を打ち負かしキラを否定した
二人が最終回を前に退場し、遺志を継ぐ者達が月を追い詰めるが
ニアを含め全員が小物臭い。

「目」の取引を最期に決意する等、
「信念を完成させ、それを貫いて死んだ」夜神月というのは
一連のデスノ作品の中でも初めて見ましたが一方で、
その信念を理解してくれる人も真向、受け止めてくれる人も
いなくなった孤独な結末というのは劇場版とは対照的。

粗も多かったしストーリーの完成度では見劣りしましたが、
それなりに見所はあったでしょうか。

巨炎 |  2015/09/15 (火) 10:02 [ 編集 ] No.47554


Re:巨炎さん

>大河ドラマ的にはⅬの息子が月になったー(笑。

それですわ、それ!
演技力の高さは遺伝しているようで(笑)

>粗も多かったしストーリーの完成度では見劣りしましたが、
それなりに見所はあったでしょうか。

元々原作もツッコミ所は多かったのですが、それでも夢中でしたね~…
劇場版→アニメ→原作と行った身としては、改変の数々はこのドラマ版最大のツッコミ所でしたが、初見の方にとっては新鮮だったみたい。

名前を書くだけで人を削除できるノート。
手に入ったらどれだけにの人が自制できるか…時代が変わってもテーマは永遠ですね。

くう |  2015/09/16 (水) 15:52 [ 編集 ] No.47556

コメントを投稿する 記事: 【ドラマ DEATH NOTE デスノート】第11話(最終回) ツイッター実況まとめ と感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

デスノート (第11話 最終回・9/13) 感想

日テレ系日曜ドラマ『デスノート』(公式) 第11話/最終回『今夜最終回!驚愕の結末!最後の戦いを1秒も見逃すな!』の感想。 なお、漫画:原作-大場つぐみ氏/作画-小畑健氏の『DEATH NOTE』は未読だが、2部構成の実写映画は鑑賞済み。 再び「デスノート」を手にした月(窪田正孝)は、メロ(優希美青)に指示された日村(関めぐみ)が、父の総一郎(松重豊)を...

ディレクターの目線blog@FC2 2015/09/14

デスノート「今夜最終回!驚愕の結末!最後の戦いを1秒も見逃すな!」 

もう、思いっきり「デスノート」ならぬ「別ノート」でしたが、窪田正孝劇場、と思えば、それもアリかなぁ、と感じる最終回でした。本当に、窪田正孝の熱演ありて、の本作でしたね。メロが、どういう風に?と思ったけれど、ちょっと見せ場があってヨカッタです。最後の「Lのビデオ」は、ユーモラスなオマケ、だったのかな?個人的には、第三のキラ、魅上(忍成修吾)は似合ってた気がしました。ミサミサ、ノートが燃えたら、...

のほほん便り 2015/09/14

デスノート 第11話(最終話)

第11話(最終話) JUGEMテーマ:エンターテイメント

Happy☆Lucky 2015/09/14

デスノート

エンディング後の告知にいちばん興奮した。

Akira's VOICE 2015/09/14

デスノート 第11話(最終話)

#11「今夜最終回!驚愕の結末!最後の戦いを1秒も見逃すな!」2015/9/13 キラ=月(窪田正孝)の暴走を命がけで止めようとしたL(山﨑賢人)に続き、総一郎(松重豊)までもが命を落とした。犯罪のない理想の世界を作り上げるためにはどんなことでもすると心に決めた月は…

ドラマハンティングP2G 2015/09/14

デスノート 第11話(最終回)

「今夜最終回!驚愕の結末!最後の戦いを1秒も見逃すな!」 内容 総一郎(松重豊)は、自らの命をもって月(窪田正孝)を諫めたが。。。。 月は、犯罪の無い世界をつくり上げることを決意する。 そして警察を利用し、メロ(優希美青)抹殺を試みるが、 すでにメロは、 ...

レベル999のgoo部屋 2015/09/14

ドラマ「デスノート」月とLの攻防の末に月はニアにキラだと完全に正体を暴かれ詭弁の正義を語りながらデスノートと共に炎の中に無となった

ドラマ「デスノート」最終話は父総一郎を殺した月はニアを葬るためにニアの行方を追う。しかしニアは捕まらず逆に月はニアに追い込まれる事態となる。そんな中でようやくニアの居 ...

オールマイティにコメンテート 2015/09/15

ドラマ「デスノート」最終回 感想♪

お前らは本当に今の世の中が平和で幸せだと思ってるのか----!?  凶悪犯を世界から消し善人だけの世界をつくる!自分(善人)ならやれる---! しかしやっぱりドラマも原作や映画通りライトのその夢は叶うことはありませんでした。 窮地に追い込まれたライトの願ったことはここにいる全員の抹殺。 もはや自分こそがキラに制裁されるべき「凶悪犯」だと気づいていないのですから悲しいです。 しっ...

shaberiba 2015/09/15

【デスノート】最終回(第11話)感想&衝撃のラストで高視聴率♪

「今夜最終回!驚愕の結末!最後の戦いを1秒も見逃すな!」 最終回(第11話)の視

ショコラの日記帳・別館 2015/09/15

探偵の探偵十話&デスノート最終回&恋仲最終回感想

■探偵の探偵十話 須磨(井浦新)は、玲奈(北川景子)のことを見守っていたんだねー。途中までは須磨が死神だと思っていたんだけど。申し訳ない気持ちでいっぱいだわ(苦笑) ひとつの場所に、あちらこちらの探偵社の人間が終結するのは絵的に面白かったが、やはり探偵なのかどこか地味。。普段つるまない人間が集まると微妙な違和感があるねという雰囲気が、なんか笑えた。

NelsonTouchBlog 2015/09/15

死にたくないから殺すだけ(窪田正孝)殺人以外は無罪(優希美青)証拠がなければ送検できません(忍成修吾)

「人は死ねば無になる」というこの世の大前提がある。 つまり・・・お化けなんてないさ・・・死後の世界なんてないさ・・・神も仏もいないのさ・・・ということである。 もちろん、「死後の世界は必ずある」と断言する人もいて・・・意見は分かれているわけである。 しかし・・・唯物的な思想が浸透して・・・世の多くの

キッドのブログinココログ 2015/09/16

ドラマでもデスノート

ドラマ「デスノート」を見ました。 日テレにて 日曜10時半からやってました さて いろいろと話題になった本作 デスノート自体は 僕はマンガも映画も見ていたので 期待半分 不安半分で見たのですが・・・ 総じていえば 最後まで面白く見れたなぁと! やはり まずは原作...

笑う社会人の生活 2015/09/28