ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
花燃ゆ  NHK大河ドラマ  吉田松陰  杉文  井上真央  大沢たかお  伊勢谷友介  東出昌大  高良健吾  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【花燃ゆ】第25回 「風になる友」感想

   ↑  2015/06/22 (月)  カテゴリー: 2015年大河「花燃ゆ」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 花燃ゆ NHK大河ドラマ 吉田松陰 杉文 井上真央 大沢たかお 伊勢谷友介 東出昌大 高良健吾 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4655.html

2015/06/22 | Comment (4) | Trackback (9) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんにちわ~

>逆に家族のドラマしか描かれていないからさ。
そうですよね。
「新選組!」も「八重の桜」も、懸命に生きる人々が人間が歴史の流れに飲み込まれていく様子に涙しました。
この大河は、彼らを飲み込もうとする歴史が描かれていないので、悲壮感を持てないんですよ。
久坂たちがやっていることが内輪もめにしか見えません。なら、勝手にやれば、っていう(汗
大河って単なる時代劇じゃないとも思っているので、この歴史の描き方には、いくらホームドラマを目指しているとはいえ、納得できないんです。だって・・・面白くないですもん(汗
>それでも、キャラ作りが上手くないな~とは思う。
ですよね。面白いドラマには、魅力あるサブキャラがいるものなのですが、この大河には・・・ない(汗
せっかくのキャスティングが生かされていないのが悲しいです。
でも、半年見ちゃったし。最後まで頑張ります(^^;;

Largo |  2015/06/22 (月) 10:55 No.47356


新選組ファンとして・・

わたしは、『新選組!』が放送される前からの新選組ファンなので、池田屋事件を今年の大河でどう描いてくれるのかが楽しみでした。
しかし、『八重の桜』や『新選組!』のような丁寧な描写とは対照的に、今年の大河は池田屋事件の事をさらりと流すだけで残念です。
これから戊辰戦争をどう描くのか、気になります。
ちょっと展開がぬるいというか、テンポが遅いような気がしますが・・

千菊丸 |  2015/06/25 (木) 15:29 [ 編集 ] No.47358


Re:Largoさん

>「新選組!」も「八重の桜」も、懸命に生きる人々が人間が歴史の流れに飲み込まれていく様子に涙しました。
この大河は、彼らを飲み込もうとする歴史が描かれていないので、悲壮感を持てないんですよ。

ちょっと描かれてきたぞーーと思うとすぐにホームドラマや昼メロになっちゃう^^;
一体何を主体にしたいのかよく解らないところが今の朝ドラと似ています~…いいのかNHK

>せっかくのキャスティングが生かされていないのが悲しいです。

私ゃ、真央ちゃんが視聴率に責任を感じているらしいのが気の毒でなりません(;_:)
役者さんのせいじゃないのにーー!
私も見ますよーーー年末までブツブツ言い続けます(爆)

くう |  2015/06/26 (金) 01:49 [ 編集 ] No.47361


Re:千菊丸さん

>しかし、『八重の桜』や『新選組!』のような丁寧な描写とは対照的に、今年の大河は池田屋事件の事をさらりと流すだけで残念です。

ここ、大事ですよね!?
池田屋事件、長州藩めっさ関係あるじゃないですか。
だからこそ、ここは長州側からの描写は必要ですよね。
ここからの禁門の変なのに、何だろーーあのサラッとさは……。

>ちょっと展開がぬるいというか、テンポが遅いような気がしますが・・

ホームドラマばかりやっているからですよね~。
まぁ…主人公がその場にいないので仕方ないっちゃ仕方ないんですが…(´д`)

くう |  2015/06/26 (金) 01:56 [ 編集 ] No.47362

コメントを投稿する 記事: 【花燃ゆ】第25回 「風になる友」感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」第25回「風になる友」

先週互いのキャッチコピーをつけ合った松下村塾四天王。暴れ牛・高杉晋作、俺は木刀・入江九一、風になる・吉田稔麿、武士の中の武士・久坂玄瑞の面々・・高杉様はともかく、他のお三方の、それぞれがどうしてそう呼ばれるのかって経緯をもうちょおおっと尺を割いて描いといて欲しかったかなああ・・・ って、それはそれとして、本日のタイトルを見たらもう一目瞭然!稔麿様が風前の灯じゃないですかあああっ!

真田のよもやま話 2015/06/22

花燃ゆ 第25回「風になる友」〜川の字、夢、笑顔……夫婦や家族の描写が定番過ぎないか?

 稔麿(瀬戸康史)の死。  激昂し、いくさによる仇討ちを叫ぶ仲間たち。  そんな中、久坂(東出昌大)は、怒りにまかせて突き進むことを諫めた。  どうやら久坂の志は、冷静でタフなものになったようである。  それは守るべき家族が出来たから。  前回の伊之助(大...

平成エンタメ研究所 2015/06/22

大河ドラマ「花燃ゆ」 #24 風になる友

高杉は野山獄へ。 その高杉を訪ねた文。 久坂と稔麿の様子を聞きます。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2015/06/22

花燃ゆ #25「風になる友」

公式サイト 脱藩した罪で、高杉晋作(高良健吾)が野山獄に投獄される。そこはかつて

昼寝の時間 2015/06/22

むすびてもまたむすびてもくろかみのみだれそめにしよをいかにせむ(小島藤子)

いよいよ・・・「池田屋事件」である。 ここから、幕末は怒涛の流れとなる。 そうなると・・・物凄く事件が連続して発生し、物語作者は取捨選択を迫られる。 吉田松陰の妹・杉文(井上真央)という歴史的にはほぼ無名の実在の主人公をめぐる物語である。 その存在を語ろうとしてお茶の間のいろいろな機微に抵触しまくる

キッドのブログinココログ 2015/06/22

花燃ゆ 第二十五回

『風になる友 「風になる友〜池田屋事件で新選組と死闘!」 内容 京から長州へと戻ってきた高杉(高良健吾)は、脱藩の罪で野山獄へ投獄される。 そこは、松陰が過ごした牢だった。 その影響を受け伊之助(大沢たかお)は、長崎へと。。。 そのころ伊之助の次男・久米...

レベル999のgoo部屋 2015/06/22

「花燃ゆ」 第25回、風になる友

大河ドラマ「花燃ゆ」。第25回、風になる友。 高杉投獄。 池田屋事件。 京へ出兵。

センゴク雑記 2015/06/22

大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹25池田屋事件で多くの同志を失った玄瑞らは敵討ちを果たす為京へ出陣した

大河ドラマ「花燃ゆ」第25話は晋作が脱藩の罪で投獄された。その責任として伊之助が長崎に左遷されたが、そこで伊之助はグラバーと武器の交渉をしていた。そんな中京では薩摩藩 ...

オールマイティにコメンテート 2015/06/24

「花燃ゆ」感想 第二十五回「風になる友」

「案の定、池田屋事件は雑だった」 ここまで予想通りの展開になるとはw 今までの展開から見て池田屋事件も最後の三分くらいの軽い扱い、回想シーンに次ぐ回想シーンなんだろうと思っていましたが、その通りでした。 ある意味、清々しいです。 歴史嫌いの脚本家が描くと池田屋事件が、かくもどうでもいいつまらないイベントと化すのか。

きまぐれひまつぶし雑記帳 2015/06/24