ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
花燃ゆ  NHK大河ドラマ  吉田松陰  杉文  井上真央  大沢たかお  伊勢谷友介  東出昌大  高良健吾  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【 花燃ゆ 】第13回 「コレラと爆弾」感想

   ↑  2015/03/29 (日)  カテゴリー: 2015年大河「花燃ゆ」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 花燃ゆ NHK大河ドラマ 吉田松陰 杉文 井上真央 大沢たかお 伊勢谷友介 東出昌大 高良健吾 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4552.html

2015/03/29 | Comment (2) | Trackback (11) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


>小野為八は医師の家に生まれながらも
>自分は兵学を学ぶという変わり種である。
医者=蘭学者という事で兵学もやったり、
やらされたりした人もいたそうです。
萩出身で言えば後に桂小五郎がスカウトする軍師・大村益次郎。
松下村塾ではなく適塾なので、
この時期は出ませんが出す気あるのか?

「JIN」でも原作では上野戦争指揮官として登場しましたが
ドラマ版ではアームストロング砲の弾が飛んできただけ…。

巨炎 |  2015/03/30 (月) 10:02 [ 編集 ] No.47229


黒煙の比~

お疲れさんデス。

>小野為八は医師の家に生まれながらも自分は兵学を学ぶという変わり種である。

いろんな分野を知る事が、未来へつながるんですよね。
でも、知識だけでは、絵にかいた餅・・・?(^^;
今回(の為八)は、「ものづくり」の重要性を教えてくれたような気がします。
しかし、方向を誤ると大変なことが起きる、という暗示もあって、コロリも同時に入れたのかな??
黒煙の威力が、人の死の大きさを表してるようで、その対比が実に見事でした。。。(地雷火による黒煙vsコレラによる黒煙)

殺伐とした中、引き取られていったキクちゃんが、文へ残した字、
「きく」「ふみ」が、小さな未来を感じさせてくれました~。(^^)

LB56 |  2015/03/30 (月) 17:58 No.47230

コメントを投稿する 記事: 【 花燃ゆ 】第13回 「コレラと爆弾」感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「花燃ゆ」 #13 コレラと爆弾

鎖国をしていた日本。 そこに入ってくるコレラ。 開国か攘夷か。 江戸末期にはやったというコレラ。 今回の話の中心はそこのようですね。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2015/03/29

大河ドラマ「花燃ゆ」吉田松陰の妹13直弼の日米通商条約締結で攘夷運動が高まり松陰たちも自分たちが戦える術を探し始めた

大河ドラマ「花燃ゆ」第13話は新婚早々江戸へ旅立った玄瑞は江戸で幕府の動向を伺っていた。そんな中萩では異国から入っていたコレラが流行し、当時の医学ではどうする事もでき ...

オールマイティにコメンテート 2015/03/29

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」第13回「コレラと爆弾」

なにやら物騒な展開になりそうなタイトル!いよいよ今作でも大きな歴史が動きだしますか?いつぞやの「八重の桜」ですと13回目はご結婚の節目でしたけど、その頃既に会津藩は京都に出張っていて、長州征伐をどう決着するかで大揉めの展開でしたっけ、西郷さんや勝先生が活躍されてましたよねえ・・。

真田のよもやま話 2015/03/29

花燃ゆ 第13回「コレラと爆弾」、途中から...

大河も2週間くらい見れないわ、感想書けないわが続きましたm(__)mなんて過ごしてたらば もう来週からは安政の大獄なんですかっっっ!!!い〜〜〜〜〜〜〜や〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっ...

みやさとの感想文と(時々)感想絵 2015/03/29

花燃ゆ 第13回「コレラと爆弾」

これまで幕末を舞台にした大河ドラマをいくつか見てきましたが、今回新たな発見がありました。それはアメリカ船から持ち込まれたというコレラ菌が日本に猛威をふるっていたという事実。その悲惨さをきくという少女によって伝える演出はうまいなと感じました。 こういう出来事があると、そんな病原菌をもたらす異国に対して激しい嫌悪感と恐怖感を感じるのは仕方の無い面もあると思います。尊王攘夷運動の盛り上がる要...

ともさんのふむふむ大辞典 2015/03/29

花燃ゆ 第13回「コレラと爆弾」〜だんな様、あれはいかなる火になるのでしょう?

 コロリで亡くなった人たちを荼毘に付す煙を見て、高杉晋作(高良健吾)は「辛気くさい」と言い、自分の無力を嘆く。  一方、文(井上真央)は、亡くなった人たちに当たり前の暮らしがあったことを想う。  同じ煙を見ても感じること、考えることが違うふたり。  この...

平成エンタメ研究所 2015/03/30

花燃ゆ #13「コレラと爆弾」

公式サイト 江戸に旅立った玄瑞(東出昌大)を見送った文(井上真央)は、手紙をした

昼寝の時間 2015/03/30

西洋人、歩兵を以て軍の骨子となす、是れ孫子の所謂正なり・・・と吉田松陰(星田英利)

安政五年(1858年)九月に吉田松陰は「西洋歩兵論」を著している。 松下村塾は一種の情報機関であり、各地に散った塾生の諜報を集約するシステムであった。 三月に兵学者・村田蔵六(大村益次郎)は江戸で桂小五郎に最新西洋兵学の講義を行っている。 このことが「西洋歩兵論」に反映していることは充分に考えられる

キッドのブログinココログ 2015/03/30

花燃ゆ 第十三回

『コレラと爆弾』 「コレラと爆弾〜身近に迫る脅威に兄はほえ妹は覚悟」 内容 江戸へ遊学中の夫・久坂(東出昌大)に、文(井上真央)は手紙を書き 近況などを報告していた。寂しさはあったが、いつかきっと。。。と 久坂からの返事を待ち、いつものように、塾生たちの...

レベル999のgoo部屋 2015/03/30

「花燃ゆ」感想 第十三回「コレラと爆弾」

「たいしたやつだな…簡単に五人も死なせるなんて。こっちは…ひとり助けるだけで せいいっぱいなんだ… 」 なんだか手塚治虫のブラックジャックの名言が頭の中で渦巻く回でした。 後の長州藩士の暴走を思うと…ね。 「志」のために人を殺す道具を作る。 その道具を作ることで俺たちでも何かできるじゃん!と自己肯定をしたい。 間違いなくブラックジャックが激怒しそうな回でしたね(笑) ...

きまぐれひまつぶし雑記帳 2015/04/02

【花燃ゆ】第13回プチ感想と視聴率「コレラと爆弾」

「コレラと爆弾」 第13回の関東の視聴率は、11.7%。最低視聴率の11.6%に

ショコラの日記帳・別館 2015/04/03