ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
Nのために  榮倉奈々  窪田正孝  小出恵介  賀来賢人  湊かなえ  徳井義実  小西真奈美  三浦友和  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【 Nのために 】第5話 感想

   ↑  2014/11/15 (土)  カテゴリー: 2014年「Nのために」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : Nのために 榮倉奈々 窪田正孝 小出恵介 賀来賢人 湊かなえ 徳井義実 小西真奈美 三浦友和 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4320.html

2014/11/15 | Comment (3) | Trackback (10) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


今回もおもしろかった。
上に登りたいという欲望(トラウマのような)が抑えらえれず、奈央子のバルブを締めてしまう希美が印象的だったよ。
悪意からなんかじゃないんだよね。生きていくために土下座したり、タッパー一杯におかずを作ったりと同じことなんだと思う。
かと言って全く悪気なく暮らしている安藤でもないだろうし。2004年の事件の真相が全く読めない。
そうなんだよね~
誰もやってないような感じだけど、野口が自分で自分のあたま殴る訳ないから(笑)希美か安藤しかいないんだよね~?
慎司が中心になるには無理がありすぎるしーー
まったくわからんよーー

きこり |  2014/11/15 (土) 16:23 No.46709


Re:きこりさん

>上に登りたいという欲望(トラウマのような)が抑えらえれず、奈央子のバルブを締めてしまう希美が印象的だったよ。

もう精神的にやられてるもんね。
「今やらなきゃ」と思ったら動いちゃうんだろうね。
可哀想過ぎるよ。
そして西崎もその気持ちを解っているんだよね…。

>誰もやってないような感じだけど、野口が自分で自分のあたま殴る訳ないから(笑)希美か安藤しかいないんだよね~?
慎司が中心になるには無理がありすぎるしーー

そーなんだよね。これで自殺オチだったらビックリするくらいじゃ済まないじぇ…。
でも、湊かなえのお話って、そんなオチかよっってのが多い気がするから気が抜けない( ̄∇ ̄;)

回想映像だと西崎も成瀬も「誰か」の身代わりになろうとしている感じだったけど、
安藤は全然そんな事したように見えないし…
となると希美(?_?)全く解らん。

くう |  2014/11/16 (日) 00:39 [ 編集 ] No.46716


徳井くんがそんなに浮いてなくて、ひと安心^^

杉下×成瀬にジーンとしてたけど、野ばら荘の3人も ものすごくいいですよね。西崎ってなんであんなに優しいんだろう。二人を見るまなざし、彼の過去を思うとせつないです。希美の母が来たときの西崎と希美…希美だけじゃなくって西崎もうっすら涙目のような。希美の気持ちが痛いほどわかるんだろうね。そこから成瀬との回想シーン&音楽・・・もうほんとヤバイです。
気になったのは 女に負けるのがいやなんじゃ…って希美が言った時の奈央子の表情。予告の奈央子の服を脱がす西崎、もしかして野口もDV野郎?
火のついた燭台ってことは 野口がなぐられる前に安藤はあの場にいたってことだよね。(でも火がついてたようには見えないけど)それをわざわざ伝える意味がわかんない。
再会したときの西崎と安藤の表情。これもちょっと違和感。
今週は時々希美に怖いものを感じちゃった。希美は父母と同じっていったけど 私は新しい奥さんを連想したよ。

>真実を話せば幸せになれるとは限らないけれども、嘘を背負って生きていくのは
きっとずっと死んでいるのと同じように辛い。

そうですよね。希美にはもう辛い思いはしてほしくない。肝心の成瀬は何やってんのーー。 

Q |  2014/11/16 (日) 07:46 [ 編集 ] No.46719

コメントを投稿する 記事: 【 Nのために 】第5話 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

ドラマ「Nのために」第5話あらすじ感想「沖...

N計画開始--------!!人間関係がつながりを見せた前回。そして、今度はついに10年前の事件の被害者野口夫妻と関わりを持つことになった希美たち。ボランティア活動をするという野口に...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2014/11/15

「Nのために」第5話★母・早苗(山本未來)が野ばら荘に

「Nのために」第5話 感想を書きにくい展開だったなぁ・・・。 −◆− 母・早苗(山本未來)が野ばら荘にやって来ました。 島のトラウマが蘇る希美(榮倉奈々)は気配を消して会おうとしません。 自らもトラウマを持つ西崎(小出恵介)は、母と会おうとしない希美に理解を示します。 いやはや、やっぱ早苗(山本未來)の不快感は半端ないわ。 −◆− 成瀬(窪田正孝)は、罪悪感を感じ...

世事熟視〜コソダチP 2014/11/15

Nのために #05

『沖縄の夜 新たな恋から歯車が狂い出す』

ぐ~たらにっき 2014/11/15

幸せそうで素敵だなあ幸せそうで素敵だなあ幸せそうで(榮倉奈々)

両親によって踏みにじられ壊されてしまった主人公の良心。 身近にいながらそのことにまったく介入しなかった警察官は・・・もしも主人公が犯罪を犯せば公僕として職務を遂行する。 主人公は別に警察官に復讐するつもりはないが・・・この世界の神は・・・その罪を問う。 そういう意味では「白夜行」よりも進化しているか

キッドのブログinココログ 2014/11/15

Nのために 第5話

第5話「沖縄の夜新たな恋から歯車が狂い出す」2014年11月14日 希美(榮倉奈々)は野バラ荘を守るため、安藤(賀来賢人)と西崎(小出恵介)と共に企てたN作戦を遂行しようと、野口(徳井義実)が行っているサンゴを守るボランティアに安藤とエントリーする。 2人は、野…

ドラマハンティングP2G 2014/11/15

ディア・シスター五話&Nのために五話感想

■ディア・シスター五話 やはりこれは、かなり切ないお話になってくるのではないのかと予感させる終わり方。妹・石原さとみは、お腹の赤ちゃんをきちんと育てられる環境作りをしているのか?自分はいなくなるから・・と思っていたんだけど、やはりそういう事なのかな。でも、姉・松下奈緒の仕事をやめさせたりとか、総合的にわからんことも。みんなをハッピーにしてあげたいという気持ちで動いてるのかもしれないが。

NelsonTouchBlog 2014/11/15

Nのために 第5話

「沖縄の夜新たな恋から歯車が狂い出す」 内容 2003年、N作戦を実行するため、希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)は、 野口(徳井義実)の行うボランティア活動に参加。 だが、渾身の将棋作戦も上手くいかなかったが、 そんな折、希美と安藤が、ダイビング中に溺...

レベル999のgoo部屋 2014/11/15

「Nのために」第5話 感想

 事件につながるヒントと思われる場面がいくつかありました。  希美が野口に手紙を出します。  妻、奈央子は夫に手紙を渡しますが、内容を詳しく教えてもらえません。  希美に電話をかけ、ドアを閉める夫。  マンションの最上階のラウンジに希美を招きます。  ビルは売却しないと、希美に教えます。  安心する希美。  安藤にはこの事を内緒にしていると、そして理由を話します。  野口は自...

Kanataのお部屋へようこそ 2014/11/15

Nのために (第5話・11/14) 感想

TBS系『Nのために』(公式) 第5話『沖縄の夜新たな恋から歯車が狂い出す』の感想。 なお、原作:湊かなえ『Nのために』は未読。 2003年、希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)は、野口(徳井義実)に接触するため、沖縄でボランティア活動に参加。2人は‘将棋’で野口の目を引き、その妻でダイビング初心者の奈央子(小西真奈美)が、海中でパニックになるのを救出。一気に野口の信頼を...

ディレクターの目線blog@FC2 2014/11/16

Nのために #05

公式サイト 希美(榮倉奈々)は野バラ荘を守るため、安藤(賀来賢人)と西崎(小出恵

昼寝の時間 2014/11/20