ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
軍師官兵衛  NHK大河ドラマ  黒田官兵衛  岡田准一  中谷美紀  濱田岳  速水もこみち  高橋一生  塚本高史  松坂桃李  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【 軍師官兵衛 】第41回 「男たちの覚悟」感想

   ↑  2014/10/12 (日)  カテゴリー: 2014年大河「軍師官兵衛」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 軍師官兵衛 NHK大河ドラマ 黒田官兵衛 岡田准一 中谷美紀 濱田岳 速水もこみち 高橋一生 塚本高史 松坂桃李 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4257.html

2014/10/12 | Comment (2) | Trackback (14) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんばんは。

>三成は「やってやったぜ!やってやったぜ!」って感じで去っていくし…。

今回は三成の表情にいろいろと笑わせてもらいました♪
それにしても田中さんの演技が絶妙で、
非常に憎たらしくって…(褒め言葉)


>黒田家、どんだけ偉いねん!!!

黒田家がないと国が滅んでしまう…って、
ちょっと言い過ぎでしたよね(苦笑)
そこまで黒田家の権力って強かったの?と。

BROOK |  2014/10/12 (日) 20:09 No.46595


恐れ入りました

>黒田家、どんだけ偉いねん!!!
私もこの天下を背負う気分にビックリしました。
そのわりに肥前名護屋で城を作る実務に、あっさり従ってますが。

歴史的事件をあっさり消化するパターンが続いて、どうにも激動の時代をえがいているようには見えないのが辛いです。
利休の最後もそうでしたが、これからの大事件も期待が持ちにくいのは、主人公を無理にからませる脚本と演出にあるのではないでしょうか。まず目の前の「軍師」仕事に集中してほしいです。

ふるゆき |  2014/10/12 (日) 20:20 [ 編集 ] No.46596

コメントを投稿する 記事: 【 軍師官兵衛 】第41回 「男たちの覚悟」感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

『軍師 官兵衛』 第41回「男たちの覚悟」

 天正19年、北条氏が領していた関東には、家康が入部することが決定。官兵衛は徳川本陣をたずね、関東移封の挨拶をします。 家康は、官兵衛の采配をほめたあと、関白殿下を諌める役をまかせたと発言。しかし、鶴松という跡継ぎのことしか見えなくなった秀吉は、誰の諫言も聞きません。そのようなとき、また一人、秀吉に進言できる数少ない人物の秀長が病に。若き日より兄の秀吉をささえてきた小一郎秀...

ふるゆきホビー館 2014/10/12

大河ドラマ「軍師官兵衛」第41回

利休切腹、鶴松逝去… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201410120000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】NHK大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック...価格:3,348円(税込、送料込)

日々“是”精進! ver.F 2014/10/12

大河ドラマ「軍師官兵衛」 #41 男たちの覚悟

いよいよ秀吉が本格的に狂ってきます。 って、この時期にここで間に合うのか?

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2014/10/12

軍師官兵衛 第四十一回

「男たちの覚悟」 内容 官兵衛(岡田准一)の説得により、小田原城は開城。 しかし天下統一を果たした秀吉(竹中直人)は、本領安堵を反故。 北条の領地を召し上げ、家康(寺尾聰)のものとする。 結果的に、国替えとなった家康に、官兵衛は頭を下げるしかなかった。 ...

レベル999のgoo部屋 2014/10/12

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第41回「男たちの覚悟」

先週は北条家の滅亡アーンド秀吉様迷走中みたいなラストで・・・。でもほら、決して絶対的な滅亡じゃあなかったみたいですよ、北条様。一時は謹慎の身であった氏直様の態度が神妙であると助命の後に大名として復活させられたらしいですし。それから、玉縄城主の氏勝様もいち早く降伏の後、徳川家の家臣として生き残られましたようですし、御家臣の方々も後々家康様に召し抱えられたり地方で名主になられたり・・・血も涙もな...

真田のよもやま話 2014/10/12

軍師官兵衛 第四十一話 「男たちの覚悟」

第四十話「小田原の落日」はこちら。なんと前回の視聴率は予想をはるかに上回って17.6%。まあ、台風のせいであろうとしても、いつも見ていないテレビをつけるときに見るのは大河ドラマだという層がたくさんいたということか。めでたいです。ということで今回は利休切腹...

事務職員へのこの1冊 2014/10/12

「軍師官兵衛」 第41回、男たちの覚悟

大河ドラマ「軍師官兵衛」。第41回、男たちの覚悟。 利休、切腹! 官兵衛の制止も聞かず、秀吉は朝鮮出兵へ踏み切る。

センゴク雑記 2014/10/12

軍師官兵衛第41話(10.12)

天下統一を成し遂げた豊臣秀吉@竹中直人は最早誰の聞く耳も持たず、 秀吉の弟秀長@嘉島典俊の病死、千利休@伊武雅刀の切腹で 黒田官兵衛@岡田准一は孤立していく。 愛息鶴松の急死を嘆く秀吉は朝鮮出兵を決意、 官兵衛は制止することができなかったと うーん、官兵衛が豊臣政権の御意見番みたいなポジションになってますなあ。 官兵衛の忠告を聞かなかったから、豊臣家は滅びたという展開になるのか。 大河ドラ...

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) 2014/10/13

人生七十力囲希咄吾這寶剣祖佛共殺堤る我得具足の一太刀今此時ぞ天に抛・・・と茶聖・千利休(岡田准一)

利休こと千宗易は天正十九年(1591年)、秀吉から切腹申しつけられ、これに従う。 信長の茶の湯の師匠だった利休は政治と風流を融合させて独自の境地を開いた。 知性と教養を供えた信長にとって利休は道具に過ぎなかったが、利休はそれに甘んじることができた。 しかし、秀吉には教養がなく、利休は己を抑えることが

キッドのブログinココログ 2014/10/13

軍師官兵衛 第41回「男たちの覚悟」〜無謀! 無謀! 無謀!

「また官兵衛か。また小言か」  耳に痛い話を聞かされるので、官兵衛(岡田准一)を遠ざけたい秀吉(竹中直人)。  こうなると、逆効果ですよね。  秀吉は完全に聞く耳を持たなくなってしまう。  官兵衛の苦言が正論であるだけに言えば言うほどするほど、頑なになる...

平成エンタメ研究所 2014/10/13

軍師官兵衛 第41回「男たちの覚悟」

大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間です。 あらすじ・・・・

みはいる・BのB 2014/10/13

『軍師官兵衛』第41回「男たちの覚悟」★利休切腹

『軍師官兵衛』第41回「男たちの覚悟」 利休に切腹を銘じた秀吉。 その後、世継ぎの鶴松が僅か3歳で病亡し、秀吉は憔悴の極み。 慰める官兵衛に「天罰じゃ。利休に腹を切らせた罰が当たったんじゃ。利休を死なせるべきではなかった。このわしが間違っておった。鶴松は、このわしのせいで死んだんじゃ。わしには、もう何もない…。望みも全て消えてしもうた…。」 これで昨今の振る舞いを反省...

世事熟視〜コソダチP 2014/10/13

軍師官兵衛 第41回「男たちの覚悟」

前回までで天下統一を果たした秀吉ですが、次の野望は大陸への進出というとてつもないスケールの戦を考え始めます。周囲が困惑しながらも必死に諫めようと努力するのですが、そのほとんどが徒労に終わってしまい、最後に残ったのが官兵衛と利休でした。 官兵衛が秀吉に意見を申し上げようとセッティングされた茶室で官兵衛が「耳が痛い話を・・・」と始めようとすると、それを遮るようにして利休が説得を開始します。この辺...

あしたまにあーな 2014/10/13

軍師官兵衛 #40「小田原の落日」、#41「男た...

秀吉(竹中直人)待望の実子・鶴松を産んだ淀(二階堂ふみ)の権勢は、正室のおね(黒木瞳)をしのぐまでに高まり、三成(田中圭)は淀と結託し、自らの権力を確固たるものにしよう...

昼寝の時間@R 2014/10/15