ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラマ  花子とアン  吉高由里子  仲間由紀恵  窪田正孝  賀来賢人  黒木華  鈴木亮平  伊原剛志  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第142回 感想

   ↑  2014/09/11 (木)  カテゴリー: NHK朝ドラ「花子とアン」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラマ 花子とアン 吉高由里子 仲間由紀恵 窪田正孝 賀来賢人 黒木華 鈴木亮平 伊原剛志 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4220.html

2014/09/11 | Comment (2) | Trackback (5) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


>だからこれで東京に帰ったらワガママなんじゃないの…(略)
>って言うか、これで東京に戻ったら世話してくれた祖父母や朝市の立場はどうなるんだ……

ただ、子供が祖父母や先生の立場を慮ることは難しいと思うな。どうしても東京に帰りたいっていう気持ちがあっても不思議ではない。(1人で疎開先から逃げた人の話も聞いたことがあるし)ただ、それも無理がないと思えるような脚本を書いていないのが一番の問題だという気がします。

mm |  2014/09/12 (金) 14:13 [ 編集 ] No.46535


あの防空壕に驚きました。木の板から光がすけて見えてましたよね。
防空壕っててっきり地下深くに作るものだと思ってました。
あそこは旅の扉で、おとうや美里が行き来しているといわれたほうがまだ納得がいきます。
前作、今作、そして次回作の脚本家さんたちや出演者さんが口々に
「視聴率を取る」「かならずあてる」「数字とりにいく」と言うということは
制作陣との打ち合わせでそういう話が出ているのだと思います。
「よい作品を作りましょう」じゃないところがさみしいです。
そして窪田くんの出番はまたあれだけなんですね…。
スピンオフが「朝市の嫁」という話がありますが…。

ゆう |  2014/09/12 (金) 19:05 [ 編集 ] No.46537

コメントを投稿する 記事: NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第142回 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

花子とアン (第142回・9/11) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第24週『生きている証(あかし)』【第142回】の感想。 なお、本作は8/26にクランクアップしたため、当記事は、ほんの僅かな編集への期待と愚痴と重箱の隅突きなっております。楽しくご覧になっている方や重隅突きはウザいと思う方は読まない方が良いです。 二学期が始まり、甲府に疎開してきた美里(三木理紗子)と直子(志村美空)は学校に通...

ディレクターの目線blog@FC2 2014/09/12

「花子とアン」第142回★疎開とジフテリアと空襲

連続テレビ小説「花子とアン」 第142回(9月11日) 7月に東條英機内閣が総辞職し、8月にテニアン島、グアム島の日本軍が玉砕した少し後の昭和19年9月。 疎開先の甲府。 <2学期が始まり美里と直子は今日から甲府の国民学校に通い始めました。> 美里と直子が帰宅。 吉太郎(賀来賢人)が「グッドアフタヌーン。」 直子は屈託なく「グッドアフタヌーン。おじいやん。」 ...

世事熟視〜コソダチP 2014/09/12

ジフテリア>『花子とアン』第141話

単純に考えて東京よりは農業をしている甲府の実家の方が食べ物がありそうではあるけど子供達を奉公に出して、やっと一冬越せる米を入手していた貧しい貧しい安東家がしかも今や年老...

もう…何がなんだか日記 2014/09/12

ジフテリア>『花子とアン』第141話

単純に考えて 東京よりは農業をしている甲府の実家の方が 食べ物がありそうではあるけど 子供達を奉公に出して、やっと一冬越せる米を入手していた 貧しい貧しい安東家が しかも今や年老いた夫婦2人きりで 昔よりも労働力が圧倒的に少ない安東家が あんなに簡単に米や味噌を用意できるの? ももももしや お父が作った葡萄酒が闇ルートでバカ売れしてるとか? 地主さ...

何がなんだか…ひじゅに館 2014/09/12

花子とアン 第142回

内容 娘たちの疎開で、甲府の実家にやってきた花子(吉高由里子) 数日、一緒に過ごしたあと、 後ろ髪を引かれる思いで。。。花子は東京へと。。。。 敬称略 ↑。。。。嘘書いています。 きっと、そう言うコトを描きたかったのだろうと。 そう。 美里には、母・花子...

レベル999のgoo部屋 2014/09/12