ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
おやじの背中  日曜劇場  尾野真千子  國村隼  桐谷健太  中田喜子  本田博太郎  橋部敦子  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

日曜劇場【 おやじの背中 】第6話 『父の再婚、娘の離婚』 感想 尾野真千子×國村隼×橋部敦子 の回

   ↑  2014/08/19 (火)  カテゴリー: 2014年「おやじの背中」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : おやじの背中 日曜劇場 尾野真千子 國村隼 桐谷健太 中田喜子 本田博太郎 橋部敦子 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-4182.html

2014/08/19 | Comment (4) | Trackback (6) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ありがとうございます

見なくてよかった~。

これが正直な感想です。
先週のエンケンさんと堀北真希ちゃんのがすっごくよくて。
あらすじとか予告とか見て、なんとなく想像出来て見ない方がいいかなっと思って見ませんでした。

でももしかして面白かったのかなと気になってここにきましたが、やっぱりなって感じです。

それにも負けずにレビュー、ありがとうございます。

来週はどうでしょうか?

kyom |  2014/08/20 (水) 13:43 No.46462


Re:kyomさん

いやいや、でもこれは私感丸出しの日記みたいな感想なのでww
感動したって方も多かったですよ。
どんな脚本だろうがオノマチさんの演技の素晴らしさは心を掴みます。
機会があったらぜひ~~!

来週は大好きっっっな渡辺謙さんなので必ず必ず見ますっ!
しかも、義息子役がリアルに未来の義息子かも…東出くんだし^^;

くう |  2014/08/21 (木) 00:23 [ 編集 ] No.46463


遅れ馳せでゴメンナサイ

「はみだしっこ・三原順さん」懐かしいわぁ!
昔の漫画って、奥が深いですよね。

今回の話、設定が関西だったらもっと面白かったかも~って思いながら観ました。
主役のお三人とも味のある関西弁を話せるのに・・・

私は母との関係がこの父娘と一緒で、私の進路は全て母の鶴の一声で決まってきました。
他にも色々あって確執はかなりあったのだけど、母が認知症になったりして、少しずつ変わってきたかな。

その母がこの夏脳梗塞で入院して、バタバタでした。
やっと今は落ちついて、撮り溜めしてたのを観ています。
ドラマ見て、泣いたり笑ったりするのって幸せやわ~♪
残暑厳しく、災害もあちこちでおきていますが、
くうさんはじめ、こちらの皆様もお体ご自愛くださいませ。

今夜の渡辺さん×東出くんの回も楽しみですが、第8話の大泉さん回はもっと楽しみで~す!

えりぃ |  2014/08/24 (日) 11:46 [ 編集 ] No.46472


Re:えりぃさん

>「はみだしっこ・三原順さん」懐かしいわぁ!

おおっ!ご存じの方がいらした!
あの頃、少女マンガは文学でしたね…(;_:)

>私は母との関係がこの父娘と一緒で、私の進路は全て母の鶴の一声で決まってきました。
他にも色々あって確執はかなりあったのだけど、母が認知症になったりして、少しずつ変わってきたかな。

認知症はまた、お辛いですね…。
かつての確執を向こうは覚えていないという状況になったら、私はどうなるか
解りませんわ。
親も本当に弱れば同情から愛情が湧くようになるのかな。
それぞれの家庭にそれぞれの事情ですね。

>その母がこの夏脳梗塞で入院して、バタバタでした。
やっと今は落ちついて、撮り溜めしてたのを観ています。

という事は、ひとまずは回復なさったという事かしら。
だったらいいのだけど。
私みたいな者には、親を大事にしてくださいとか絶対に言えないですが、
お大事にしてください、とだけは申し上げておきたいです。

>今夜の渡辺さん×東出くんの回も楽しみですが、第8話の大泉さん回はもっと楽しみで~す!

そして、第9話は神木くんですよーーーヽ(・∀・)ノ
とりあえずキャストにワクワクします。

くう |  2014/08/26 (火) 02:04 [ 編集 ] No.46488

コメントを投稿する 記事: 日曜劇場【 おやじの背中 】第6話 『父の再婚、娘の離婚』 感想 尾野真千子×國村隼×橋部敦子 の回

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

おやじの背中「父の再婚、娘の離婚」

今回の脚本は、橋部敦子さん。オノマチ&國村隼のタッグちょっと、不器用母娘な旅行による、心のわだかまり氷塊だったのかな?吉崎典久 (國村隼) は、妻を病気で亡くして4年。一人娘の杉本七海 (尾野真千子) も結婚して家を出たり、定年退職後、再就職したものの、パソコンが使えず、お荷物扱いされてるのに苛立ち、辞めてしまいました。娘は娘で、ずっと、父親の敷いたレールを歩くのを初めて反発して、自由人とい...

のほほん便り 2014/08/19

おやじの背中 (第6話・8/17) 感想

TBSテレビ系『おやじの背中』(公式) 第6話『父の再婚、娘の離婚』(脚本:橋部敦子氏 / 演出:竹園元氏)の感想。 4年前に妻を亡くした典久(國村隼)は定年退職後、再就職した。しかし、今の仕事に不満はたまるばかり。娘の七海(尾野真千子)は売れない役者の大悟(桐谷健太)と結婚生活を送っているが、信用金庫で働く七海が家計を支えていた。亡妻の法事で久しぶりに七海と再会した典久...

ディレクターの目線blog@FC2 2014/08/19

おやじの背中 第6話

妻を病気で亡くして4年経った典久(國村隼)は、勤め上げた会社を定年退職後、再就職していますが、仕事には満足していないようです。 パソコンが使えないので、周囲にも迷惑をかけているみたいですし・・・ 一方、典久の一人娘・七海(尾野真千子)は、俳優の大悟(桐谷健太)と結婚生活を送っていますが、大悟に俳優の仕事はなく、アルバイト暮らしで、家計は信用金庫に勤める七海が支えていました。 ...

ぷち丸くんの日常日記 2014/08/19

おやじの背中 第6話

第六話 父の再婚、娘の離婚 2014年8月17日(日)よる9時放送 吉崎典久 (國村隼) は妻を病気で亡くしてから4年が経っていた。その後、勤め上げた会社を定年退職し、今は再就職しているが仕事に満足しているわけではなかった。典久の一人娘・杉本七海 (尾野真千子) はすで…

ドラマハンティングP2G 2014/08/19

おやじの背中 第六話

「父の再婚娘の離婚」 内容 妻を亡くして4年。娘もすでに結婚。定年退職をして数年。 吉崎典久(國村隼)は、再就職したが、その仕事に満足出来ずにいた。 元上司・青木久志(本田博太郎)に紹介してもらった会社を、退職。 そのことを、典久は青木に謝罪する。 だが。...

レベル999のgoo部屋 2014/08/19

おやじの背中(メモ感想) 第六話「父の再婚、娘の離婚」

公式サイト 脚本:橋部敦子/演出:竹園元/プロデューサー:八木康夫、出演:尾野真

昼寝の時間 2014/08/21