ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
八重の桜  NHK大河ドラマ  新島八重  綾瀬はるか  西島秀俊  綾野剛  西田敏行  玉山鉄二  長谷川博己  オダギリジョー  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【八重の桜】第44回 「襄の遺言」感想

   ↑  2013/11/03 (日)  カテゴリー: 2013年大河「八重の桜」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 八重の桜 NHK大河ドラマ 新島八重 綾瀬はるか 西島秀俊 綾野剛 西田敏行 玉山鉄二 長谷川博己 オダギリジョー 

FC2スレッドテーマ : 大河ドラマ 八重の桜 (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3758.html

2013/11/03 | Comment (4) | Trackback (15) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんばんは。

>とにかく、大変な回なのだった。

たしかにいろいろなエピソードを放り込んできましたね。
怒涛の展開といった感じでしょうか(苦笑)
とりあえず、青木の根性を叩き直したい。


>…やるんだ。

私もやらないとばかり思っていました。
時栄が自ら身を引くわけではなく、
やはり八重が追い出すみたいですね。

BROOK |  2013/11/03 (日) 20:16 No.44795


>私たちも、随分遠くまで来てしまったような気がする。

今年の大河は流れが速いので、ほんとうに遠くまで来たような気がしますね。
会津の牧歌的な風景に始まって、幕末の動乱、戦争、維新、八重たちは京都に移って文明開化とキリスト教。
こんな風に時代が行き過ぎていくと第一回の風景がほんとに遠くに感じられます。
容保と照姫の別れのシーンが美しかったです。

高木一優 |  2013/11/04 (月) 17:46 [ 編集 ] No.44823


Re: BROOK さん

>怒涛の展開といった感じでしょうか(苦笑)
とりあえず、青木の根性を叩き直したい。

青木くんの方は、どうだったんでしょうね^^;
イケメンだった事が罪なのか…人妻くらりみたいな展開になってましたね^^;

>私もやらないとばかり思っていました。
時栄が自ら身を引くわけではなく、
やはり八重が追い出すみたいですね。

この大河ってあまり八重さん悪者にしなそうですもんね。
悪者にならないように兄嫁を追い出す…どうなるのか興味あります~。

くう |  2013/11/04 (月) 23:54 [ 編集 ] No.44830


Re: 高木一優さん

>今年の大河は流れが速いので、ほんとうに遠くまで来たような気がしますね。

環境も状況も住むところも変わりすぎてますものね~。
穏やかな子役時代から動乱の時代へ…そこが長かったので、今やっている所は
もう別人のように見えるくらいです。

>容保と照姫の別れのシーンが美しかったです。

まだ会津が平和だった頃のご姉弟の様子が、回想シーンがなくても頭に浮かんできます。
大好きでした。
懐かしいですねぇ。

くう |  2013/11/05 (火) 00:06 [ 編集 ] No.44831

コメントを投稿する 記事: 【八重の桜】第44回 「襄の遺言」感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「八重の桜」第44回

ライフ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311030003/ 【10%OFF】新品未開封【DVD】鶴ヶ城 プロジェクションマッピング はるか [NSDS-18993]価格:1,418円(税込、送料別)

日々“是”精進! ver.F 2013/11/03

大河ドラマ「八重の桜」信念の人44襄が渡航先で倒れるも一命を取りとめ八重は襄の留守中に教師らと口論になるが佐久が辞任してその場を収めた

大河ドラマ「八重の桜」第44話は八重は襄が体調不良で気が気でなく、襄も同志社大学設立へ向けて渡航して欧州、アメリカで資金集めに奔走する。そんな中襄がスイスで倒れ、遺書 ...

オールマイティにコメンテート 2013/11/03

八重の桜 第44回 「襄の遺言」

ジョー先生…!!! 笑 時系列入り乱れて大仕掛けして やっぱり治ったって! 官立学校を優遇した徴兵制度で私学は苦難。 精神的にも肉体的にも追い詰められるが、 神の力で助けられる。 無事で良かったですが、 遺言てあなた…タイトル詐欺だわ(^_^;) で、今日はこれと、会津の人々だけでいいのになー。 女生徒達がどうも苦手。 フェミっぽいシーンばかり入れて...

青いblog 2013/11/03

大河ドラマ「八重の桜」 #44 襄の遺言

新島襄倒れる! そして、山本家に波乱のタネが。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2013/11/03

八重の桜 第44回 襄の遺言

『襄の遺言』 内容 1884年明治17年。 襄(オダギリジョー)は、伊藤博文(加藤虎ノ介)に時間談判していた。 私立学校への徴兵制猶予特典が失われることについて。 だが、伊藤は、官立学校を例に挙げて、襄の訴えを退ける。 英学校では、そのこともあって退学者が...

レベル999のgoo部屋 2013/11/03

〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第44回「襄の遺言」 山本時栄の不祥事相手が登場!「女今川」とは?

「女今川」とはデジタル大辞泉によると 『江戸前期の往来物。1巻。沢田きち著。貞享4年(1687)刊。絵入り・仮名書きで、今川貞世(了俊(りょうしゅん))の「今川状」をまねたもの。教訓書としてだけでなく、女性の習字手本としても使用された。今川。』 江戸時代の女性...

しっとう?岩田亜矢那 2013/11/03

「八重の桜」 第44回、襄の遺言

大河ドラマ「八重の桜」。第44回、襄の遺言。 新島襄が死に・・・ません。 しかし、体調は相当悪いです。 精神的にも追い込まれています。

センゴク雑記 2013/11/03

NHK大河ドラマ「八重の桜」第44回「襄の遺言」

ピンチピンチ大ピンチ!ピンチでパンチのハッスルパンチですよ奥様!こないだから急に体調が悪くなった襄様がご遺言って!とうとうくるものが来ましたか!まさに終盤ですものねええ・・。おまけにほら!どうして負けましたか、マー君田中選手様!おかげで日本シリーズ最終大決戦が本日開催生中継!!これをピンチと言わずしてなんとしましょう?おまけに今日はお酉さま!・・ってのはあんまり関係なかったですか?こりゃまた失敬。

真田のよもやま話 2013/11/04

八重の桜 第44回「襄の遺言」

八重(綾瀬はるか)が心配するなか、襄(オダギリジョー)は同志社英学校を大学にする資金集めのため、欧米に旅立った。留守を任された八重だったが、女学校の運営方針をめぐって米国人...

昼寝の時間@R 2013/11/04

大河ドラマ「八重の桜」 第44話 あらす...

襄の病------------。まさか襄まで!?と思ってしまったアバンでの演出。政府は徴兵制度を確立。だが、私立の学校はそれが免除されなかったのだ!!官立学校には許された徴兵制度。そこ...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2013/11/04

大河ドラマ「八重の桜」 第44話 あらすじ感想「襄の遺言」

襄の病------------。 まさか襄まで!? と思ってしまったアバンでの演出。 政府は徴兵制度を確立。 だが、私立の学校はそれが免除されなかったのだ!! 官立学校には許された徴兵制度。 そこで官立学校への転校を申し出て、退学者が出たのだ。 一刻も早く...

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ 2013/11/04

八重の桜~第四十四話「襄の遺言」

第四十三話「鹿鳴館の華」はこちら。 前回の視聴率は14%維持どころか11.5%と

事務職員へのこの1冊 2013/11/04

八重の桜 第44回「襄の遺言」〜襄のライフは私のライフだ!

 面白いシーンがあった。  話をしている覚馬(西島秀俊)と青木栄次郎(永瀬匡)。  そのふたりの話を縁側に座り、背を向けて聞いている時栄(谷村美月)。  すると覚馬が咳き込む。 「水を持って来ましょう」と言って立ち上がるのは時栄ではなく、栄次郎。  このシ...

平成エンタメ研究所 2013/11/04

『八重の桜』第44回

襄の遺言

悠雅的生活 2013/11/04

武装蜂起につぐ武装蜂起でごぜえやす(綾瀬はるか)

明治17年(1884年)は大日本帝国にとって困難な時代だった。 明治15年(1882年)に日本銀行条例が公布され、日本銀行が設立される。 大隈重信が追放された後で大蔵卿となった松方正義は徹底したデフレーション誘導政策を行う。 このために物価は下がり続け・・・特に農産物価格は下落した。 農村は窮乏し・

キッドのブログinココログ 2013/11/05