ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラマ  ちりとてちん  貫地谷しほり  青木崇高  和久井映見  松重豊  佐藤めぐみ  渡瀬恒彦  宮嶋麻衣  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

NHK朝ドラ【ちりとてちん】(2013年・再放送) 第19回 までの感想

   ↑  2013/10/28 (月)  カテゴリー: NHK朝ドラ「ちりとてちん」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラマ ちりとてちん 貫地谷しほり 青木崇高 和久井映見 松重豊 佐藤めぐみ 渡瀬恒彦 宮嶋麻衣 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3744.html

2013/10/28 | Comment (14) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


お〜!UPされてる!!リアルタイムからHDDに撮りDVDに焼いていたので、もう10回位は見返したこのドラマ。(マニア?)
今回は出遅れてしまい「おが〜じゃ〜ん!』の回から見だしていきなり号泣です。
現在メインの朝ドラは脚本家さん、担当局さん、スタッフさん、に期待し過ぎました。
個人的に主演の方が苦手なので何をしても可愛くないし、好意的に見れないんです。
もしかして好きな女優さんだったら面白く感じられたのかな?視聴者って残酷。(私の事です)
なので、こちらの記事に重点を置いて書いて下さるのは本当に楽しみです。

あくび |  2013/10/29 (火) 02:51 No.44728


ひけらかさない、品がいい、粋。

第一週で糸子さんが帰ってきたとき、小梅さんが嫁いびりに突入しても心情的におかしくないと思うのですが、そうはさせず「誰もなーんも悪いことなんかしてませんのや(セリフは正しくないです)」と言わせる。
弟が工作作った時も一目見てそれが工場のものとわかったけれど、いきりたって「これはどこから持ち込んだんか?」と騒いだりせず、孫を褒める。
でも正太郎ちゃんに見せるのは止める。はずみで壊したらちゃんと謝る。

主人公を動かすために誰かが動くのではなく、登場人物一人ひとりがその人の人生を生きている。「ちりとてちん」はほんとうに好きな作品です。
レビュー楽しみにしています。

ゆう |  2013/10/29 (火) 05:07 [ 編集 ] No.44736


上方落語はわかりませんが

上方落語は大阪や京都に住んでいる人にとって
普通の伝統演目ですが、
横浜の私には新鮮でしたよ。
前番組がひどかったせいか、これは面白かったよ。
視聴率は当てにならない。
と、当時思いました。

tomohiro |  2013/10/29 (火) 07:43 [ 編集 ] No.44741


本当に

噂通りの面白さです!
私も年頃の娘を持つ母だからなのか、和久井映見さん演じる
母の気持ちかよ~く分かり、『ふるさと』を熱唱し、喜代美
が乗る列車を見送る姿はもう涙涙でした。
私もこの歳になったからこそ、尚更楽しく観られているのかも
知れないなって、ふと思いました。(^^)
和久井さんもですが、とにかく脇役の皆さん全てがピッタリ
はまってて、そして素晴らしい!!
今後も楽しみです♪
『ごちそうさん』は、リタイヤしてしまったので(苦笑)、
『ちりとてちん』を今期の朝ドラとして観てます。(^^ゞ

えん |  2013/10/29 (火) 08:13 No.44742


レビューお疲れ様です

> 平均視聴率、関東15.9%、関西17.0%。
00年代中盤から後半は、朝ドラの視聴率が低迷していた時期ですが、
NHKの不祥事が連発していた頃なので逆風が吹いていたように感じます。
一方、今は裏の民放の方がマンネリだったり司会者の問題で低迷気味・・・。
DVDの売り上げはあまちゃんが抜くかもしれませんが、放送されてから何年もたった今でも
語られる本作も名作に違いないと思います。

自分は朝ドラに関しては、よく知らなかった土地や文化や仕事なんかに興味をひかせてくれるタイプの
作品が好みなので、本作はそれに非常に合致しております。

TOMIN |  2013/10/29 (火) 08:23 No.44743


おはよう~!

>藤本有紀さんというこの脚本家さんは、大きな看板を
『ちりとて』書くことにしたんだね~!
これから読むのを楽しませてもらうよ。
ちりとてを語り合う場ができてうれしいわん。
ひけらかす事もなく、凄い作品なんやでと主張する事もな
く、しれっと名作を落として行かれたので
ございます。
そうなんだよね。
黙々と自分の仕事をやり遂げる職人気質のような潔さを感じるよ。こういう脚本家さん好きだな~
B子の「人のえびの背ワタ取り人生」に笑えるような悲しいような・・
A子が喜代美が怒っている理由を全くわかっていないってのがそうなんだろうな~って感じで。
光は影の存在にまったく気づいていない。
自分がいるだけで傷つく人がいるなんて思いもしない。
そういうとこを深追いしないで、静かに描いているのがいいよね。
土曜日は和久井さんの笑顔での別れと列車の中での涙にもらいなきさ~
お母ちゃんってこんなもんだよね。

きこり |  2013/10/29 (火) 09:30 No.44745


Re: あくびさん

ようこそのお運びで厚く御礼申し上げます^^

>リアルタイムからHDDに撮りDVDに焼いていたので、もう10回位は見返したこのドラマ。(マニア?)

私は当時は録っていなかったので、今、頑張って一週分まとめて焼いてます。
「カーネーション」も録画する予定で待機していたのに放送が中止になって残念ですわ(ノ_-。)
その2本が私にとっては神朝ドラなのです。(「あまちゃん」は別枠です^^)

>現在メインの朝ドラは脚本家さん、担当局さん、スタッフさん、に期待し過ぎました。
個人的に主演の方が苦手なので何をしても可愛くないし、好意的に見れないんです。

私は、なーーーんの期待もなく期待値も低く見始めたんですけどね^^;
上がりませんね…今週はむしろ下がっているかも~。
主役の中の人は好きでも嫌いでもありませんが、私はむしろ良かったと思っています。
大好きな人が主演でこの内容だったら可哀想過ぎる(ノ_-。)

>なので、こちらの記事に重点を置いて書いて下さるのは本当に楽しみです。

どの程度の頻度で更新できるかは未定ですが、よろしくお願い致します^^

くう |  2013/10/30 (水) 05:31 [ 編集 ] No.44754


Re: ゆうさん

>第一週で糸子さんが帰ってきたとき、小梅さんが嫁いびりに突入しても心情的におかしくないと思うのですが、そうはさせず「誰もなーんも悪いことなんかしてませんのや(セリフは正しくないです)」と言わせる。

クールですよね^^
変に温かくホッコリさせる~という朝ドラらしさは狙っていないんですよね。まさに「粋」。

>主人公を動かすために誰かが動くのではなく、登場人物一人ひとりがその人の人生を生きている。「ちりとてちん」はほんとうに好きな作品です。

群像劇の部分も大きいですもんね。
パーツバーツで出来たストーリーが上手く繋ぎ合わさっていく様が伏線回収としてすばらしい。
藤本有紀さんは本当に素晴らしい脚本家さんです^^

くう |  2013/10/30 (水) 05:36 [ 編集 ] No.44755


Re: tomohiroさん

>上方落語は大阪や京都に住んでいる人にとって
普通の伝統演目ですが、
横浜の私には新鮮でしたよ。

上方落語には勢いを感じますね。
面白かったですわ。
落語ってものへの興味も持たせてくれるドラマでした^^

>前番組がひどかったせいか、これは面白かったよ。

ちりとての前って「どんど晴れ」でしたかね…
この当時は、ホント朝忙しくてながら見で。
「どんと」には比嘉愛未さんが出ていたなって記憶しかないですな^^;
ウチの主人は熱心に見ていた気がします。

くう |  2013/10/30 (水) 14:42 [ 編集 ] No.44761


Re: えんさん

>噂通りの面白さです!
私も年頃の娘を持つ母だからなのか、和久井映見さん演じる
母の気持ちかよ~く分かり、『ふるさと』を熱唱し、喜代美
が乗る列車を見送る姿はもう涙涙でした。

ですよね~。
我が家には娘はいないのですが、自分が娘の気持ちになって喜代美さんに感情移入
してましたわ。
子供と離れる親の寂しさと母と別れる娘の寂しさが伝わるお話でした(ノ_-。)

>和久井さんもですが、とにかく脇役の皆さん全てがピッタリ
はまってて、そして素晴らしい!!

もう、この世界の住人ですよね。
やっぱりねぇ…無理のない脚本がいいんですわ。みんな自然ですもん^^

えんさんも現朝ドラ脱落組ですか^^;
私は何とか大阪編がどうなるのかだけは見たいなぁ…と、流し流し見てます~。

くう |  2013/10/30 (水) 14:48 [ 編集 ] No.44762


Re: TOMINさん

>00年代中盤から後半は、朝ドラの視聴率が低迷していた時期ですが、
NHKの不祥事が連発していた頃なので逆風が吹いていたように感じます。

それと、やはり従来の朝ドラファンにとっては変わったドラマだったのかも知れませんね~。
妄想演出も入るし、主人公は明るく元気で笑顔いっぱい…じゃないし。

>一方、今は裏の民放の方がマンネリだったり司会者の問題で低迷気味・・・。
現朝ドラは恵まれていると思いますわ。
前作の高視聴率を引っ張り、去っていた朝ドラファンも「王道」と聞いて
戻って来ただろうし、ダブルで視聴率が上がると…^^;
それと、たぶん早朝BS時間の視聴者が前作よりも減って通常時間にボンヤリ見るように
なったのではないかと…。
前作と違って1日3回も4回も見ている人は少ないだろうと思います。

>自分は朝ドラに関しては、よく知らなかった土地や文化や仕事なんかに興味をひかせてくれるタイプの
作品が好みなので、本作はそれに非常に合致しております。

当時は上方落語に対してすっごく興味が出来ましたもの~^^
再放送のおかげで再燃しそうですわ^^

くう |  2013/10/30 (水) 14:59 [ 編集 ] No.44763


Re: きこりさん

>『ちりとて』書くことにしたんだね~!
これから読むのを楽しませてもらうよ。

ありがとう~(^^)/
毎日は出来んと思うけど、時々覗いてくれると嬉しいわん~^^

>黙々と自分の仕事をやり遂げる職人気質のような潔さを感じるよ。こういう脚本家さん好きだな~

そうなんだよ!
「ちりとて」も凄いと思ったけどさ、私が本当にこの人すごいと思ったのは「清盛」なんだよね。
ホント、職人だわと思ったわ。
「清盛」にも結局、「ちりとて」と同じようなパーツの細かい組み立てと、
それが組み合わさっていくゾワゾワする感じ、そして落語のごとくオチがある…
って部分が出ていたからね。
1年間の大河でこんな事できるなんて天才なんだな、と思ったよ。
「夫婦善哉」も良かったよね^^

>光は影の存在にまったく気づいていない。
自分がいるだけで傷つく人がいるなんて思いもしない。
そういうとこを深追いしないで、静かに描いているのがいいよね。

うんうん^^そう、冷静なのよ。
変に叫んだりしないで静かに見ている感じなんだな。
余計なお節介のないドラマだよね。

>土曜日は和久井さんの笑顔での別れと列車の中での涙にもらいなきさ~

ふっふっふ…まさに先日体験したばかりじゃろ~!
私ゃ、きこりさんを思い出したよ(*´艸`*)

くう |  2013/10/30 (水) 15:14 [ 編集 ] No.44764


以前八日目の蝉のブログでお邪魔したものです。僕が、朝どらを見るきっかけになったのが、このちりとてです。懐かしいので、またお邪魔しますね。<しばらくあとになりますが>

ドラマ大好きおやじ50才 |  2016/03/22 (火) 19:23 No.48903


Re:ドラマ大好きおやじさん

ちりとてが切っ掛けという方や、カーネーションが切っ掛けって方は多いかもしれませんね~。
で、一度見始めると、イマイチでも何でももう毎日見ないと気が済まなくなるという^^;
朝ドラ見ちゃう病です、私。

くう |  2016/03/23 (水) 00:12 [ 編集 ] No.48905

コメントを投稿する 記事: NHK朝ドラ【ちりとてちん】(2013年・再放送) 第19回 までの感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback