ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
八重の桜  NHK大河ドラマ  新島八重  綾瀬はるか  西島秀俊  綾野剛  西田敏行  玉山鉄二  長谷川博己  オダギリジョー  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【八重の桜】第43回 「鹿鳴館の華」感想

   ↑  2013/10/27 (日)  カテゴリー: 2013年大河「八重の桜」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 八重の桜 NHK大河ドラマ 新島八重 綾瀬はるか 西島秀俊 綾野剛 西田敏行 玉山鉄二 長谷川博己 オダギリジョー 

FC2スレッドテーマ : 大河ドラマ 八重の桜 (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3743.html

2013/10/27 | Comment (6) | Trackback (17) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんばんは。

>本当は八重の腕相撲なんかで解決させないで

どうもこのシーンはイマイチな感じがしてしまって…
別に八重を絡ませなくても良かったのではないかと思いました。
たしかに「八重の桜」だから…なので、納得します。


>襄さんの体調が心配すぎます。

いきなり体調がすぐれない展開となり、ビックリ。
病気メイクで、次回はもう…(涙)
残り7回くらいなので、一気にスパートをかけてきました。

BROOK |  2013/10/27 (日) 20:12 No.44719


まさに華

こんばんわ~!!
最近ドラマ感想サボリ気味でコメントも全然書けず久しぶりのお邪魔です(^^;)
母の件ではご心配おかけしました。
コメントも感謝です。
本当現実は目をそらしたい話が今後は出てくる事になるんですね・・・その日が遠い事を祈ります。

今回は本当鹿鳴館のシーンだけでもうお腹いっぱいで。

八重の桜らしい突拍子もない展開で半ば唖然でしたけど、それでも襄のまとめが天使で結果オーライでよかったんじゃないかと(わはは)

でも、次回以降はその天使が・・・なんですね。
いよいよ終盤だなあと改めて感じる回でした。

なぎさ美緒 |  2013/10/28 (月) 00:13 No.44722


こんばんは。

腕相撲そのものよりも、「いけ~!討て~!薩長を倒せ~‼」とか言ってる山川兄弟のほうが笑ってしまいました^^;

襄さんのまとめは良かったですね。(腕相撲をかってでた八重にオロオロするところもカワイイ~♪)
個人的には今回、捨松と大山の縁談に関わった事で、初めて八重も薩長への恩讐を乗り越えようとするような流れだったら良かったなぁ…と思いました。(いきなり病気の薩摩出身女学生に土下座するのでは無くて…←かなり前のエピソードに今更ダメ出しですみません^^;結局はそこの描き方が薄かったのがイマイチ不満だったんだな~私は、という事が分かりました)

ゆきまる |  2013/10/28 (月) 00:40 [ 編集 ] No.44723


Re: BROOK さん

>別に八重を絡ませなくても良かったのではないかと思いました。
たしかに「八重の桜」だから…なので、納得します。

どうもこの脚本家さんは主役を絡ませないと気が済まないところはあるみたい…。
まぁ…王道の女主人公大河、って感じですね^^;

>いきなり体調がすぐれない展開となり、ビックリ。
病気メイクで、次回はもう…(涙)

一週レスが遅れてしまったので、次の回を見た所…
まだでしたね(爆
ややこしいサブタイ^^;

あと7週ですか~…きゃー今年が終わっちゃう。

くう |  2013/11/04 (月) 00:02 [ 編集 ] No.44801


Re: なぎさ美緒さん

なんか、変なコメントを入れてしまってすいませんでした~(>_<)
こういう事じゃないよなぁ…と送信した後で思ったのですが…どうにもできず^^;
お互い親も大事にしつつ自分たちも気を付けて行きましょう。
(って言いながら思い切り親放りっぱなしの自分なんですが^^;)

>八重の桜らしい突拍子もない展開で半ば唖然でしたけど、それでも襄のまとめが天使で結果オーライでよかったんじゃないかと(わはは)

ほんと…ある意味「らしい」八重の桜でした^^;
明治に入ってから、どんどんそうなってますよね。
明治時代はとかく視聴者から敬遠されがちなので物語作っていくのも難しいんだろうなぁ…。

>でも、次回以降はその天使が・・・なんですね。

ジョーさんは早死にされた方なので、ホント、もう少し…ですね。
私ゃ今、ジョーさん天使っっの勢いで見ている状態なので、居なくなったら辛いなぁ^^;

くう |  2013/11/04 (月) 00:08 [ 編集 ] No.44802


Re: ゆきまるさん

レスが遅れて申し訳ありません~(>_<)

>腕相撲そのものよりも、「いけ~!討て~!薩長を倒せ~‼」とか言ってる山川兄弟のほうが笑ってしまいました^^;

それ、会津でも薩摩でもないから~って感じですよね^^;
確かに笑える光景でしたw

>襄さんのまとめは良かったですね。(腕相撲をかってでた八重にオロオロするところもカワイイ~♪)

視聴者と同じくらい「へっ?」って顔してましたよね^^;
カワイイっす!

>個人的には今回、捨松と大山の縁談に関わった事で、初めて八重も薩長への恩讐を乗り越えようとするような流れだったら良かったなぁ…と思いました。

私はもう八重はそこのところは乗り越えているのかなぁ…と思っていました。
けれども、やっぱりなかなか受け入れられませんよねぇ。
平成になってもまだ会津、薩摩、長州…に拘る地元の方は多いそうですから、
戦後すぐのこの時代だったらますますそうだったでしょうね。
まぁ…とりあえずは結婚したご当人たちが幸せそうで良かったです^^

くう |  2013/11/04 (月) 00:15 [ 編集 ] No.44803

コメントを投稿する 記事: 【八重の桜】第43回 「鹿鳴館の華」感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「八重の桜」第43回

腕相撲勝負… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310270002/ 【送料無料】八重の桜(完結編) [ 山本むつみ ]価格:1,050円(税込、送料込)

日々“是”精進! ver.F 2013/10/27

八重の桜 第43回 「鹿鳴館の華」

捨松って、 画面映えする女性ですね。 キャラもよく立っていて…。 歴史的な経緯としても面白くて。 鹿鳴館で踊る姿は美しく華やかでした。 水原希子さんで良かったと思います。 主役に見せ場を作るために、 無理矢理八重たんの腕相撲シーンを入れたように見えてしまった。笑 会津の戦時中にかかっていたBGMで盛り上げてるのが、余計に悲しくなりました。 どうで...

青いblog 2013/10/27

敵同士の結婚 ~八重の桜・鹿鳴館の華感想~

10年間の外国留学から帰ってきた山川捨松に、大山巌からの白羽の矢が立ったのは明治16年。 当時の大山は外国との不平等条約を改正するのに懸命だったが、大山はフランス式兵制からドイツ式兵制の訓練を受けていたという。 しかしながら当時の交渉の場は夫人同伴の舞踏会であることが多く、パートナーとして教養の高い女性が必要であった。 そこでアメリカ10年間留学し、大学を首席で卒業して、フランス語やド...

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 2013/10/27

八重の桜 第43回 鹿鳴館の華

『鹿鳴館の華』 内容 大学設立に向け準備を進める襄(オダギリジョー) そんななか八重(綾瀬はるか)は、 山川(玉山鉄二)の妹、、捨松(水原希子)が帰国したと知る。 しばらくして山川が、襄、八重のもとを訪ねてくる。 捨松を英学校で働くことは出来ないか。。。...

レベル999のgoo部屋 2013/10/27

大河ドラマ「八重の桜」信念の人43八重は捨松の意思を知り大山巌との腕相撲の勝負から和解の握手で結婚を認めさせた

大河ドラマ「八重の桜」第43話は山川家に戻った捨松は日本では女性はまともな職に就けない事にアメリカでは信じられない事だと嘆く。そんな捨松に目を付けた陸軍中将大山巌が捨 ...

オールマイティにコメンテート 2013/10/27

NHK大河ドラマ「八重の桜」第43回「鹿鳴館の華」

本日はお日柄もよろしいのでしょうか、七五三とハロウィンが同時開催!そもそもハロウィンったら10月31日なんでしょうけど本日の日曜日にやってるんですって!もうね、仮装行列みたいな大賑わい!それで可愛いミニーマウスと白雪姫が手をつないで歩いてたのを目撃しまして、それは七五三なのかハロウィンなのか尋ねたかったんですけど・・それで不審者みたいにみられるのも業腹だと思って我慢しましたー!なんだか残念。...

真田のよもやま話 2013/10/27

『八重の桜』第43回

鹿鳴館の華

悠雅的生活 2013/10/27

大河ドラマ「八重の桜」 第43話 あらす...

まさに華----------!!後半になって結婚話が続いてますけど、今回がやはり人選的にも一番華やかでしたね(^^)いやぁ、美しかった♪帰国した捨松の誤算は、10年の留学のせいで、...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2013/10/27

大河ドラマ「八重の桜」 第43話 あらすじ感想「鹿鳴館の華」

まさに華----------!! 後半になって結婚話が続いてますけど、今回がやはり人選的にも一番華やかでしたね(^^) いやぁ、美しかった♪ 帰国した捨松の誤算は、10年の留学のせいで、アメリカの生活が身についてしまい、まず日本語が読めないという弊害が。 ...

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ 2013/10/27

「八重の桜」 第43回、鹿鳴館の華

大河ドラマ「八重の桜」。第43回、鹿鳴館の華。 久しぶりに、会津 対 薩摩の対立。 山川家は総出演ですね。

センゴク雑記 2013/10/28

八重の桜 第43回「鹿鳴館の華」〜好意なんてとんでもねえ!!

 腕相撲勝負を終えて大山(反町隆史)は言う。 「いくさは終わったどん」  これに応えて山川(玉山鉄二)。 「この屋根の下では兄上と呼んでもらおうか」  これで戊辰戦争以来の会津、薩摩の確執は終了したんですね。  山川の言葉は、終了を受け入れつつも、会津人と...

平成エンタメ研究所 2013/10/28

八重の桜 第43回「鹿鳴館の華」

襄(オダギリジョー)は八重(綾瀬はるか)と共に、同志社大学の設立を陳情するため東京の勝海舟(生瀬勝久)のもとを訪ねた。そして、2人はその帰りに山川家に立ち寄る。山川家には、旧薩...

昼寝の時間@R 2013/10/28

『八重の桜』第43回「鹿鳴館の華」★腕相撲で捨松(水原希子)の結婚が決まる

『八重の桜』第43回「鹿鳴館の華」 今回は捨松を演じた水原希子のフワッとした不思議な存在感が印象的でした。 −◆− 旧薩摩藩士の陸軍中将・大山巌(反町隆史)が、長期留学から帰国したばかりの山川家の末娘・捨松(水原希子)を嫁にほしいと日参・・・。 そんなある日、津田梅子(河北麻友子)とともにパーティに参加した捨松(水原希子)が大山とバッタリ・・・。 テーブルを挟んで会話し...

世事熟視〜コソダチP 2013/10/28

八重の桜~第四十三話「鹿鳴館の華」

第四十二話「襄と行く会津」はこちら。 前回の視聴率は14.8%と予想をはるかに超

事務職員へのこの1冊 2013/10/28

大河ドラマ「八重の桜」 #43 鹿鳴館の華

果たして会津と薩摩がくっついていいのか。 これから大もめです。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2013/10/28

キンキンと鹿鳴きて我に佳賓有りでごぜえやす(綾瀬はるか)

鹿の鳴き声は「詩経」の「小雅」の一篇によれば「呦呦鹿鳴」で・・・ユウユウということになっている。 しかし・・・「ユウ」というより「ビャウ」な感じもするし「キャーッ」という感じもする。「ビー」もありだという意見もある。「キャリー」となると「ぱみゅぱみゅ」も欲しくなる。「キャイーン」とか「ケーン」とか「

キッドのブログinココログ 2013/10/29

【八重の桜】第43回感想と視聴率最低「鹿鳴館の華」

「鹿鳴館の華」 捨松の方が八重より大河ヒロインに相応しいのではないかと思うくらい

ショコラの日記帳・別館 2013/10/29