ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
八重の桜  NHK大河ドラマ  新島八重  綾瀬はるか  西島秀俊  綾野剛  西田敏行  玉山鉄二  長谷川博己  オダギリジョー  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【八重の桜】第41回 「覚馬の娘」感想

   ↑  2013/10/14 (月)  カテゴリー: 2013年大河「八重の桜」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 八重の桜 NHK大河ドラマ 新島八重 綾瀬はるか 西島秀俊 綾野剛 西田敏行 玉山鉄二 長谷川博己 オダギリジョー 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3714.html

2013/10/14 | Comment (4) | Trackback (15) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


うらはあの後一人でどうやって生きているんだろう…とずっと気になっていたので、このまま触れずにいなかった存在みたいにされるのは嫌だなぁと思ってました。
みねもずっと複雑だったろうし。(それは時栄さんもかな)

だから今週、みねが覚馬に本音をぶつけることができてよかった(^^)
時代が違うから今と同じには考えるのはあれなんでしょうけど、やっぱりみねの立場であの状況を受け入れるのは難しいですよね…。
それでも父親憎しにならなかったのは、うらが覚馬をどれほど敬っていたか目の当たりにしてきたからかな。
夫を恨まない母の気構え(というかプライド)を守りたかったのかも。
もちろん、父の闘う姿を見て尊敬したり、愛情も感じていたろうけど。
演説会での父娘のやり取りは、私もちょっとグッときました。(伊勢くん弁論ちゃんと聞いてもらえなかったね^^;)

で、肝心のうらさんですが…
そうか、来週のエピはフィクションなんですね。
ほんとに、一人でどうやって生きていったんだろう…できれば幸せになっていてほしい(u_u)

来週のサブタイ、みんな思いますよね、どんなツアーだよ(^^;)とw
では、これもドラマ用エピかな?

JUP |  2013/10/14 (月) 00:43 [ 編集 ] No.44563


おはようございます。

>そん時は大声を出して呼べ。お父様が助けに行く。

覚馬のこの台詞、良かった~♪
その前にみねが密偵に襲われた時と上手く重ねているんですね。
覚馬のみねに対する愛情を良く描いていたと思います。


次回はうらの再登場?
史実では、離縁後の生活は良く分かっていないらしいですし…
フィクションを描くとしたら、ちょっと不安です。
出来れば回想であって欲しいですが…。

BROOK |  2013/10/14 (月) 06:18 No.44576


Re: JUPさん

>うらはあの後一人でどうやって生きているんだろう…とずっと気になっていたので、このまま触れずにいなかった存在みたいにされるのは嫌だなぁと思ってました。
みねもずっと複雑だったろうし。(それは時栄さんもかな)

実際には、うらさんは、あの後は全く行方も解っていねえのなし…(ノ_-。)
当時の特に身分のない女性はその後の歴史を辿られる事も無く、解らない事だらけです。
うらさんの方から切り出した離縁である事も、完全に縁を切られる理由となったかも知れません。

みねさんはこのドラマ的には複雑な感じですが、たぶん当時の女性的には、運命に従い親に従い…で、
何の抵抗もなく嫁に行ったのかも知れないです。
ですから、現代の人間にも通じるようなエピソードを色々作っている面では、このドラマの脚本は素晴らしいと思います^^
ちなみに、山本家はみねさんの長男が継ぎます。

>それでも父親憎しにならなかったのは、うらが覚馬をどれほど敬っていたか目の当たりにしてきたからかな。

そうですよね~。
うらさんは右を向いていろと言われたら何年でも右を向いている女、
と言われていましたが、とにかく、律儀で武家の女として夫を立てる
素晴らしい方だったのだろうと思います~^^

>演説会での父娘のやり取りは、私もちょっとグッときました。(伊勢くん弁論ちゃんと聞いてもらえなかったね^^;)

うん。ふい打ちの感動でしたわ。こう来るとは思っていなかったので~。

>そうか、来週のエピはフィクションなんですね。

うん~うらさんの消息が分かっていない以上、フィクションですね^^;
襄さんも…史実かどうかは解らないですが、大学設立準備が忙しくて、
あまり会津なんかに旅に行っている余裕は無かったかも~。

まぁ…歴史の真実は解りませんから、どうせ作るのならば、あまり泣かせ泣かせ
しようとしないお話にしていただきたいと祈るばかりでございます(-人-)

くう |  2013/10/16 (水) 01:04 [ 編集 ] No.44593


Re: BROOK さん

>覚馬のこの台詞、良かった~♪
その前にみねが密偵に襲われた時と上手く重ねているんですね。
覚馬のみねに対する愛情を良く描いていたと思います。

娘を守る覚悟ですよね~。離れて暮らしていても、ちゃんと父である事を
みねに伝えるエピソードとして感動させていただきました^^

>次回はうらの再登場?
史実では、離縁後の生活は良く分かっていないらしいですし…
フィクションを描くとしたら、ちょっと不安です。
出来れば回想であって欲しいですが…。

どうなんだろう…予告映像では、回想って感じじゃないような気もしました。
あっ…でも、回想かぁ…できたらその方がいいですよね^^;

くう |  2013/10/16 (水) 01:08 [ 編集 ] No.44594

コメントを投稿する 記事: 【八重の桜】第41回 「覚馬の娘」感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「八重の桜」信念の人41覚馬は槇村と刺し違えて府政を守りみねの結婚に八重は母うらの気持ちを代弁しみねを説得した

大河ドラマ「八重の桜」第41話は板垣退助たちの自由民権運動が活発になる中で京都府会は槇村が強引に増税しようとし、それに府会は反発していた。そして覚馬はこの横暴を止める ...

オールマイティにコメンテート 2013/10/14

八重の桜 第41回「覚馬の娘」

板垣退助(加藤雅也)たちの自由民権運動が勢いを増すなか、覚馬(西島秀俊)ら京都府議会は、新聞を使って世論を動かし、槇村(高嶋政宏)の横暴な府政に攻撃を仕掛けていた。そんなある日...

昼寝の時間@R 2013/10/14

大河ドラマ「八重の桜」第41回

みねの結婚… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310130002/ 【送料無料】八重の桜(4) [ 山本むつみ ]価格:1,470円(税込、送料込)

日々“是”精進! ver.F 2013/10/14

八重の桜 第41回 覚馬の娘

『覚馬の娘』 内容 維新から13年を過ぎ、板垣退助(加藤雅也)らが火をつけた自由民権運動が 全国に広がりつつあった。 そんななか京都では、知事の槇村(高嶋政宏)が税徴収の強化を図りはじめる。 覚馬(西島秀俊)ら府議会の面々は、その横暴に反発。 中央政府に訴...

レベル999のgoo部屋 2013/10/14

八重の桜 第41回「覚馬の娘」〜困ったら大声を出して呼べ。お父っつぁまが助けに行く

 覚馬(西島秀俊)VS槇村(高嶋政宏)。  槇村は覚馬のことを「使っているつもりだったのが使われていた」と評価し、覚馬は「槇村の手腕を敬服してた」と語る。  そして差し違えての問題解決。  覚馬は職を辞し槇村の顔を立て、槇村は代わりに「集会の自由」を保障す...

平成エンタメ研究所 2013/10/14

覚馬の娘の進む道 ~八重の桜・覚馬の娘感想~

山本覚馬(西島秀俊)はそれなりに京都府議長として権力があったわけだ。 新聞に訴えて世論を動かし、槇村正直(高嶋政宏)の府政を批判。 1880年10月に京都府会の同意を得ず地租追徴を決定する。 山本覚馬が議長を務める府会は反発した。 ドラマではこれを期に明治政府を倒す勢力が出てくるのではと憂慮する槇村だったけど。 結局追徴を撤回し府会に追徴議案を提出し、議案は可決する。 槇村に...

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 2013/10/14

【八重の桜】第41回と視聴率「覚馬の娘」

【第41回視聴率は、10/15(火)追加予定】 「覚馬の娘」 今回は、みねの結婚

ショコラの日記帳・別館 2013/10/14

NHK大河ドラマ「八重の桜」第41回「覚馬の娘」

朝顔が狂い咲きする寒露かな。なんでもソメイヨシノまで咲いちゃったと言うこの暑さ!日本は何時からこんなに暑い国になってしまったのでしょう。暑いと言えば槇村府知事!なんとも暑っ苦しい立ち居振る舞いで・・その暑さに当てられて八重様桜も狂い咲きしそうな気がする今日この頃の終盤戦。今宵のスポットはみねちゃんの御乱心!みたいな~。

真田のよもやま話 2013/10/14

大河ドラマ「八重の桜」 #41 覚馬の娘

自由民権運動が盛んになってきました。 国会開設の請願。 そして、地方の負担を増やす国の方針。 そこに噛み付く京都府議会。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2013/10/14

八重の桜 第41回「覚馬の娘」

今回は非常に見応えのある内容となりました。政治の表舞台では自由民権運動が盛んになり、京都府議会での槇村と覚馬の戦いも激しさを増すようになります。今までの政治の考え方では槇村が言うように「議会は知事のいうことに従っていればいい」という考え方になって当然であり、その流れになりそうな状況下で覚馬は新聞という世論に訴えるという方法で、徹底抗戦します。結果として、世論は覚馬に味方し、全国に京都での知事...

ともさんのふむふむ大辞典 2013/10/14

八重の桜~第四十一話「覚馬の娘」

第四十話「妻のはったり」はこちら。 前回の視聴率は12.4%といまひとつ。という

事務職員へのこの1冊 2013/10/14

「八重の桜」 第41回、覚馬の娘

大河ドラマ「八重の桜」。第41回、覚馬の娘。 みねが結婚する話(あっさり)。 それと少し政治の話。

センゴク雑記 2013/10/15

『八重の桜』第41回「覚馬の娘」★散漫、退屈・・・・。

『八重の桜』第41回「覚馬の娘」 特段の感想が浮かばなくなりました。 感想よりクレームになりそう・・・。 −◆− 第39話に「見え見えの恋愛フラグ」が立っていたみね(三根梓)と伊勢時雄(黄川田将也)が結婚することに・・・。 覚馬(西島秀俊)に捨てられた母・うら(長谷川京子)への思いや、山本家のあとを継ぐように言われ続けてきたみね(三根梓)の葛藤は分かるんですけども、『覚馬の...

世事熟視〜コソダチP 2013/10/15

1400万円を支出し、39万円で払い下げたのでごぜえやす(綾瀬はるか)

明治14年の国家予算は歳入がおよそ7149万円、歳出がおよそ7146万円であった。 そういう時代に諸事情があるとはいえ・・・北海道開拓使長官の黒田清隆が船舶、倉庫、農園、炭鉱、ビール・砂糖工場などで、およそ1400万円の費用を投じたものを39万円(無利息30年賦)で関西貿易商会(黒田と同郷の薩摩出身

キッドのブログinココログ 2013/10/15

『八重の桜』第41回

覚馬の娘

悠雅的生活 2013/10/15