ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
八重の桜  NHK大河ドラマ  新島八重  綾瀬はるか  西島秀俊  綾野剛  西田敏行  玉山鉄二  長谷川博己  オダギリジョー  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【八重の桜】第38回 「西南戦争」感想

   ↑  2013/09/22 (日)  カテゴリー: 2013年大河「八重の桜」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 八重の桜 NHK大河ドラマ 新島八重 綾瀬はるか 西島秀俊 綾野剛 西田敏行 玉山鉄二 長谷川博己 オダギリジョー 

FC2スレッドテーマ : 大河ドラマ 八重の桜 (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3679.html

2013/09/22 | Comment (4) | Trackback (16) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


おはようございます。

>木戸も大久保もナレーションだけで退場していく中…。

会津戦争の時はあんなにも大々的に登場してきていたのに、
去る時はこうもあっさりと…(汗)
ナレーションだけの退場はちょっとツッコミどころでもあり。


>熊本バンド女子版みたいなのがいっぱい来たぁ。

八重の授業が気に入らない様子でした。
女学校の方でも一悶着ありそうですね。

BROOK |  2013/09/23 (月) 05:22 No.44260


西郷と覚馬

史実によれば西郷さんと覚馬さんは親交があったのは事実らしいのでふたりのシーンはもっと見たかったですね。覚馬さんは自分の目が見えないのと体調もよくないから西郷さんを説得するのを断念した。木戸と覚馬は西南戦争をすごく憂慮して嘆いたそうで西南戦争のことが描かれるたびに泣けてきます。そのあたりのことが描写不足に感じます。

サチ |  2013/09/23 (月) 10:44 [ 編集 ] No.44263


Re: BROOK さん

>会津戦争の時はあんなにも大々的に登場してきていたのに、
去る時はこうもあっさりと…(汗)

これから新しい時代を描くためには、ここをだらだら描いても仕方ないと思ったのでしょうね。
まぁ、英断かなっ…と私は思いました^^

>八重の授業が気に入らない様子でした。
女学校の方でも一悶着ありそうですね。

女子は反抗的な男よりももっと面倒でしょうね^^;
ちょっと楽しみです^^

くう |  2013/09/24 (火) 00:10 [ 編集 ] No.44273


Re: サチさん

>史実によれば西郷さんと覚馬さんは親交があったのは事実らしいのでふたりのシーンはもっと見たかったですね。

どこを中心に描くかですよね^^
まぁ…覚馬は初期の頃充分主役だったので、明治から先は脇に行っていただきましょう
という事なのでしょうね。

くう |  2013/09/24 (火) 00:12 [ 編集 ] No.44274

コメントを投稿する 記事: 【八重の桜】第38回 「西南戦争」感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「八重の桜」 第38話 あらす...

最後の内戦----------西南戦争勃発。維新最後の詰め。日本は本当に愚かな戦いを内側で続けていたのだと、改めてこの近代化してきた時代にそぐわない争いを見る事になったなぁ。襄と八...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2013/09/22

八重の桜 第38回 西南戦争

『西南戦争』 内容 明治10年、京都今出川に同志社英学校の校舎が完成した。 襄(オダギリジョー)と八重(綾瀬はるか)は、喜びに包まれ、 生徒たちとともに、校舎内の準備を進めていく。 そんななか、西郷(吉川晃司)が 新政府に不満を持つ不平士族らと鹿児島で挙兵...

レベル999のgoo部屋 2013/09/22

八重の桜~第三十八話「西南戦争」

第三十七話「過激な転校生」はこちら。 前回の視聴率は15.0%。台風で在宅率が高

事務職員へのこの1冊 2013/09/22

八重の桜 第38回「西南戦争」

前回からもの凄いフラグを立てまくっていた西郷は、とうとう鹿児島で挙兵したとの知らせが京都にも流れます。この辺りの動きは様々な大河ドラマでも描かれていて、自分の中では周囲から突き動かされた結果どうしようもなくなって挙兵したという印象だったのですが、今回の描写を見てみるとそのあたりはぼやかされています。ただ、後に山川との話の中でもあったように、自分は全ての武士の思いをつれていくと語っています。そ...

ともさんのふむふむ大辞典 2013/09/22

『八重の桜』第38回

西南戦争

悠雅的生活 2013/09/22

大河ドラマ「八重の桜」信念の人38西郷は武士たちの不満を全て受け入れ最後の国内戦争を自らの命と引き換えに集結させるも八重たちはこの道しかなかったのか嘆いた

大河ドラマ「八重の桜」第38話は西郷は士族たちの不平を止める事ができず挙兵し西南戦争が勃発する。それを止めるために西郷の従兄弟である大山巌が佐川官兵衛や藤田五郎らを率 ...

オールマイティにコメンテート 2013/09/22

八重の桜 第38回「西南戦争」

公式サイト 1877(明治10)年2月、八重(綾瀬はるか)は襄(オダギリジョー)

昼寝の時間 2013/09/22

八重の桜 第38回「西南戦争」

1877(明治10)年2月、八重(綾瀬はるか)は襄(オダギリジョー)と共に、新築された英学校の校舎で備品の準備に追われていた。そのころ鹿児島では、西郷隆盛(吉川晃司)が配下の不平士族らの...

昼寝の時間@R 2013/09/23

大河ドラマ「八重の桜」第38回

西郷死す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309220002/ 【送料無料】八重の桜 完全版 第壱集 Blu-ray BOX【Blu-ray】価格:13,545円(税込、送料込)

日々“是”精進! ver.F 2013/09/23

NHK大河ドラマ「八重の桜」第38回「西南戦争」

番組改編期のお彼岸の本日にぶつけてきましたか、西南戦争!私もう予告編の母のように優しい表情の西郷さん様にちょっとうるって来ちゃいましたよ、うるる~って。

真田のよもやま話 2013/09/23

八重の桜 第38回「西南戦争」〜西郷の播いた種が君らの学校として芽吹いた

 西南戦争、ここで行われたのは<維新の総仕上げ>。  官兵衛(中村獅童)ら会津藩士は、ここで会津の名誉を回復しようとする。  仇敵・薩摩軍との戦いである。  10年経っても、思いは静かにくすぶっていたんですね。  そして官兵衛は死に場所を求めていた。本来なら...

平成エンタメ研究所 2013/09/23

八重の桜 第38回 「西南戦争」

会津の挽回の時がついに来た。 寝坊した官兵衛、ついに死に場所を見つける。 山川 「会津の名誉をこの戦で取り返す」 八重 「日本人同士がまた銃を向け合うなんて…会津を滅ぼしてまで新しい国を作ったのに。」 なぜ会津は滅びねばならなかったかを 西郷に問うたことのある八重。 覚馬 「あの人はその答えを探していた」 大山 「まさか会津と手を君で兄さと戦する...

青いblog 2013/09/23

武士の反乱の終結 ~八重の桜・西南戦争感想~

いよいよ始まる西南戦争。 とは言っても八重(綾瀬はるか)はそれどころではなく、同志社女学校の設立などでてんてこ舞い。 やっぱり心配はしていたようだけどね。 血の気の多い佐川官兵衛(中村獅堂)と山川浩(玉山鉄二)は新政府軍に選別されることに。 以前、「戊辰の復讐」と叫んだ会津藩士がいたというのは以前書いた。 佐川官兵衛が叫んだかもしれない、とも書いたが、新政府軍が勝っても西郷軍が...

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 2013/09/23

大河ドラマ「八重の桜」 #38 西南戦争

士族の不満高まる。 その怒りは頂点に。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2013/09/23

敬天愛人でこぜえやす(綾瀬はるか)

日本における最後の英雄は西郷隆盛であると言えるだろう。 その後にも、軍人で言えば日露戦争における日本海海戦の勝者・東郷元帥や、太平洋戦争における悲運の連合艦隊司令長官・山本元帥、数々のスポーツ選手や、文化人もいるが・・・真の英雄と呼べるものはいない。 西郷隆盛の最後の戦争は西南戦争であった。地理的に

キッドのブログinココログ 2013/09/23

『八重の桜』第38回「西南戦争」★犬を探しに来た西郷隆盛(吉川晃司)

『八重の桜』第38回「西南戦争」 綾瀬はるかは好きなんだけど、『八重の桜』からどんどん気持ちが離れて、ドラマ的な粗が目について仕方ないです。 たとえば前回は”過激な転校生”だった連中が”前向きな転校生”になってるこの感じに心がついて行かないのです。 −◆− って かつて会津籠城戦で寝坊をした失態を悔い、賊軍の汚名を着せられたことに怒っている佐川官兵衞(中村獅童)が、志願...

世事熟視〜コソダチP 2013/09/24