ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
八重の桜  NHK大河ドラマ  新島八重  綾瀬はるか  西島秀俊  綾野剛  西田敏行  玉山鉄二  長谷川博己  オダギリジョー  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【八重の桜】第36回 「同志の誓い」感想

   ↑  2013/09/08 (日)  カテゴリー: 2013年大河「八重の桜」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 八重の桜 NHK大河ドラマ 新島八重 綾瀬はるか 西島秀俊 綾野剛 西田敏行 玉山鉄二 長谷川博己 オダギリジョー 

FC2スレッドテーマ : 大河ドラマ 八重の桜 (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3654.html

2013/09/08 | Comment (10) | Trackback (18) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんばんは。

>英語の教科書を「聖書」にしたのだ。

このシーンはスッキリしました~♪
覚馬が良いことを思いついたと言っていたので、
何かと思っていたら…
まさかそう来るとは!
これには思わずニヤリでした。


>明治編は前向きで逞しくて、今の所は気持ちよく進んでいる。

陰鬱だった戦争が終わり、
八重も前向きに進んでいるので、ホント気持ち良いです。
順風満帆とは行かないでしょうが、
八重と襄を応援したくなりますね。

BROOK |  2013/09/08 (日) 20:09 No.44064


本家を見る前に「倍返し」でしたよね。
なかなか爽快な回でした。
明治の京都ってなかなかドラマの舞台にならないけど、これを見てるといろいろ興味がわきます。

>次回のサブタイ「過激な転校生」って、ぉぃ…

次回は学園ものらいいですよ。

高木一優 |  2013/09/08 (日) 23:07 [ 編集 ] No.44066


演出の意図のようなものもあるのでしょうが、襄の学校と西郷の学校との対比には、考えさせられるものがありましたね。
片や敗けた(?)はずの八重達が作る学校は、未来を見つめているのに対し、勝ったはずの西郷が作った私学校には、どう見ても未来が感じられない・・・
なにやら皮肉な話ですよね。

最近覚馬や八重に対して、「会津者のくせに」的な発言が良く出ますが、実際もこれに近い事は色々あったんでしょうね。
戊辰戦争を引きずっているのは、むしろ新政府の方だったんじゃないかな、という気がしました。

カズ |  2013/09/09 (月) 10:36 No.44068


>無理やり八重を追い出し「この会津者が!」という女紅場の責任者に堂々と言い放つ。

会津のもんはおとなしく恭順しねえのです。
お忘れでしたか?

ああ、スッキリした…。倍返しだっ!!

戦後編になってから、八重のこのような台詞などには、真に迫る感じがあります。会津戦争以前を丁寧すぎるぐらいに描いてきたことの効果が、てきめんに表れているように思います。

>思えば…山本家って本当に先進的な考えの家だもんね。
それは会津にいた時から。

「ならぬものはならぬ」教えの会津でありながら、この頭の柔らかさは凄い。

ご両親の、会津の風土にどっしり根をおろしているような感じは魅力的でしたし、頭が柔らかいという事も全くその通りだと思います。砲術指南の家なので外国の文献などに日ごろから接していたから、ということもあるのでしょう。
それゆえに、養子だった権八さんの人となりには、関心をそそられます。ドラマの中で亡くなってしまったことは、史実なので仕方ありませんが、本当に残念です。
佐久さんは、少し調べたところでは、覚馬よりも長生きしたようです。この人が八重・覚馬の後半生をどのように支えていくのかということも、これからの見所の一つだと思います。

東夷 |  2013/09/09 (月) 17:43 No.44071


こんにちは。

今回も襄さん(ジョーさん)のピュアさが光っていましたね!
このポジティブさの源を描く場面は無いのですが、やっぱりオダギリさんの雰囲気で説得力がありますよね(^^)

八重が以前言っていた「苦労も共に背負うのが夫婦」という考え方は襄さんの「あなたの苦しみは私の苦しみです」につながっていたんだな~と思いました。前向きで、素直に応援したくなる夫婦だなと思います。
(突然歌い出すシーン、ベタな演出ですが、うっかり泣いてしまいました^^;歌で気持ちを伝えるって、ドラマならではですよね…)

スッキリ爽快で気持ちの良い回でした!(「会津者が」って見下されるような描写が多かったので…)
(京都編では八重さんの髷がいつも個性的で素敵な形に結われていますね!予告で帽子を合わせていたのも素敵!着物も毎回楽しみです)

ゆきまる |  2013/09/10 (火) 08:21 [ 編集 ] No.44079


Re: BROOK さん

>覚馬が良いことを思いついたと言っていたので、
何かと思っていたら…
まさかそう来るとは!
これには思わずニヤリでした。

今回はスッキリさせてもらいました。
しかし結果、槇村と破局になっちゃいましたね (´・ω・`)

結婚後の道のりは大変ですが、応援しようという気持ちになる2人です^^

くう |  2013/09/15 (日) 01:52 [ 編集 ] No.44171


Re: 高木一優さん

レスが遅くて申しわけありません~。

>本家を見る前に「倍返し」でしたよね。

いや~スッキリしました^^
毎回こうだといいけど、そうもいかないんだろうな~。

>次回は学園ものらいいですよ。

美青年な学生たちが先生に反抗したり、ああなったりこうなったりするのですね…ウフッ( 〃▽〃)

くう |  2013/09/15 (日) 01:56 [ 編集 ] No.44172


Re: カズさん

レスが遅くて申しわけありません~。

>演出の意図のようなものもあるのでしょうが、襄の学校と西郷の学校との対比には、考えさせられるものがありましたね。

そうですね。
確かに負けたはずの会津者の八重が創る学校は希望がありそうです。
西郷さんの方は…これから下へ下へ向かっていきますからね。
そういう所も演出として入れ込んでいるのだと思います。

>最近覚馬や八重に対して、「会津者のくせに」的な発言が良く出ますが、実際もこれに近い事は色々あったんでしょうね。

まぁ大変だったみたいです。
負けた方は奪われ貶められるのが戦争ですものね。
それは昭和に入ってからの戦争も同じですよね。

その辺りは小学生にも解りやすい描写で見せてくれていると思います。
争いは止めよう。人の悪口は止めよう、ってところでしょうか。

くう |  2013/09/15 (日) 02:04 [ 編集 ] No.44173


Re: 東夷さん

レスが遅くて申しわけありません~。

>会津戦争以前を丁寧すぎるぐらいに描いてきたことの効果が、てきめんに表れているように思います。

そうですね。
まさにOPの通りなのですよ。蕾から満開へ…ですよね^^

>砲術指南の家なので外国の文献などに日ごろから接していたから、ということもあるのでしょう。
それゆえに、養子だった権八さんの人となりには、関心をそそられます。ドラマの中で亡くなってしまったことは、史実なので仕方ありませんが、本当に残念です。

そうですね。八重の家の方々もあまり史料がないのですよね。
佐久さんは、やはり先進的な考えの方だったようですね。
当時の人だから当然恐がっていた種痘を真っ先に自分の家族に受けさせて周辺にも
薦めて広げたのは彼女なのだとか…。
ドラマ中ではホンワカしたお母さんですが、実際はかなり推しが強い方だったようです。

くう |  2013/09/15 (日) 02:17 [ 編集 ] No.44174


Re: ゆきまるさん

レスが遅くて申しわけありません~。

>今回も襄さん(ジョーさん)のピュアさが光っていましたね!
このポジティブさの源を描く場面は無いのですが、やっぱりオダギリさんの雰囲気で説得力がありますよね(^^)

ですよね~!( 〃▽〃)
なんてハマる役なんだ、ジョー、と思いながら、ウキウキして見ている状態です~。

>前向きで、素直に応援したくなる夫婦だなと思います。

八重も尚之助さんの苦しみを知りたいと思いながら自らは踏み込まなかった。
尚之助さんも八重のことを考えて相談なしに決断してきた。
襄さんとは本当に一緒に歩める夫婦になりそうです。
応援します!

>(突然歌い出すシーン、ベタな演出ですが、うっかり泣いてしまいました^^;歌で気持ちを伝えるって、ドラマならではですよね…)

も…元々、ミュージカルが非常に苦手なんです~^^;
突然歌ったり踊ったりされると、さーーっと冷めてしまって^^;

>京都編では八重さんの髷がいつも個性的で素敵な形に結われていますね!予告で帽子を合わせていたのも素敵!着物も毎回楽しみです

会津ではオシャレする余裕もなかった。
京都では女性である事も楽しめるんですよね^^

くう |  2013/09/15 (日) 02:23 [ 編集 ] No.44175

コメントを投稿する 記事: 【八重の桜】第36回 「同志の誓い」感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「八重の桜」第36回

建て前… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309080002/ 【送料無料】八重の桜(3) [ 山本むつみ ]価格:1,470円(税込、送料込)

日々“是”精進! ver.F 2013/09/08

八重の桜 第36回 「同志の誓い」

八重達はキリスト教の学校を作ることで、周囲から批判の目を向けられる。 教え子 「先生は耶蘇の学校を作ろうとしはってるのか?」 槇村 「耶蘇にはならんと宣言しろ!!」 覚...

青いblog 2013/09/08

『八重の桜』第36回

同志の誓い

悠雅的生活 2013/09/08

大河ドラマ「八重の桜」 #36 同志の誓い

あっという間に結婚です。 展開が早いですよねぇ。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2013/09/08

八重の桜 第36回 同志の誓い

『同志の誓い』 内容 襄(オダギリジョー)からのプロポーズを受け入れた八重(綾瀬はるか) だが、そのことをきっかけに、八重は女紅場からの解雇を命じられる。 納得出来ない八重

レベル999のgoo部屋 2013/09/08

八重、2度目の結婚 ~八重の桜・同志の誓い感想~

新島襄と婚約した八重は、女紅場を解雇されそうになる。 まあ当時としては『和魂洋才』がスローガンで、キリスト教に対する偏見も少なくなかったからね。 徳川時代にはタブーだっ

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 2013/09/08

八重の桜~第三十六話「同志の誓い」

第三十五話「襄のプロポーズ」はこちら。 前回の視聴率は14.2%。もうちょっとい

事務職員へのこの1冊 2013/09/08

大河ドラマ「八重の桜」 第36話 あらす...

八重と新島の結婚------------!!婚約が決まった八重と新島。槇村はいうたとおりじゃとめっちゃ得意げ♪さぁ。ここからまた新たな一歩が始まるわけですが、前途多難なのは確か。一番大...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2013/09/08

大河ドラマ「八重の桜」 第36話 あらすじ感想「同志の誓い」

八重と新島の結婚------------!! 婚約が決まった八重と新島。 槇村はいうたとおりじゃとめっちゃ得意げ♪ さぁ。 ここからまた新たな一歩が始まるわけですが、前途多難なのは確か...

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ 2013/09/08

八重の桜 第36回「同志の誓い」

前回のプロポーズ成功から、現在の世の中では様々な出来事があり前回の内容が遠い昔のような気がしてしまいますが、しっかりと婚約も完了しこれからいざ学校設立というときに突然や...

ともさんのふむふむ大辞典 2013/09/08

八重の桜 第36回「同志の誓い」

前回のプロポーズ成功から、現在の世の中では様々な出来事があり前回の内容が遠い昔のような気がしてしまいますが、しっかりと婚約も完了しこれからいざ学校設立というときに突然や...

ともさんのふむふむ大辞典 2013/09/08

NHK大河ドラマ「八重の桜」第36回「同志の誓い」

いやいやいやいや、綾瀬様も西島様も長谷川様も綾野様も、引っ張りだこじゃないですか!CMで!こりゃまたお茶の間の人気者になられてますよ~。こうしてみますとほらほら、視聴率...

真田のよもやま話 2013/09/08

大河ドラマ「八重の桜」信念の人36キリスト教の入信で八重は女紅場の解雇を受け入れるも迷いは無く襄と共に同志社の第一歩を歩み出した

大河ドラマ「八重の桜」第36話は八重は槇村の指示により女紅場から解雇を通告される。納得いかない八重は抗議するが槇村は八重にキリスト教の男と結婚する事で快く思わない者た ...

オールマイティにコメンテート 2013/09/08

「八重の桜」 第36回、同志の誓い

大河ドラマ「八重の桜」。第36回、同志の誓い。 八重と襄の結婚式は初めてのプロテスタントの形式。 そして、同志社の設立です。

センゴク雑記 2013/09/09

求めずば与えられることなく、捜さずば見つかることなしでごぜえやす(綾瀬はるか)

マタイ伝第7章でイエスは群衆に対して耳に甘い説教を行う。 求めるものには与えられ、捜すものには見つけられ、ノックするものに扉は開かれるという。 しかし、それらは皆、希望的観...

キッドのブログinココログ 2013/09/09

八重の桜 第36回「同志の誓い」〜会津の者はおとなしく恭順しねえのです!

「これからも信じたままに生きてみせ」  婚礼の前に母・佐久(風吹ジュン)が八重(綾瀬はるか)に語った言葉。  おそらくこれが今作のテーマだろう。 <信じたままに生きる>  

平成エンタメ研究所 2013/09/09

『八重の桜』第36回「同志の誓い」★会津の者は大人しく恭順しねえのです

『八重の桜』第36回「同志の誓い 綾瀬はるかのファンなので本来的には贔屓の引き倒しの筈なんだけど、この作品からは気持ちが離れつつあって、出来の悪い部分に目が行ってしまうネ...

世事熟視〜コソダチP 2013/09/09

【八重の桜】第36回と視聴率「同志の誓い」

「同志の誓い」 前回、お休みしてしまって、すみません。 第36回の視聴率は、前回

ショコラの日記帳・別館 2013/09/09