ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
七つの会議  東山紀之  吉田鋼太郎  眞島秀和  山崎樹範  戸田菜穂  堀部圭亮  村川絵梨  田口淳之介  野間口徹  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【七つの会議】NHK土曜ドラマ 第4話(最終回) 感想

   ↑  2013/08/06 (火)  カテゴリー: 2013年「七つの会議」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 七つの会議 東山紀之 吉田鋼太郎 眞島秀和 山崎樹範 戸田菜穂 堀部圭亮 村川絵梨 田口淳之介 野間口徹 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3593.html

2013/08/06 | Comment (8) | Trackback (3) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


くうさん、おはよ~。
自分の調子にのっちゃう性格がいやになって、読者に徹しようと思ったのですが、コメント欄が開いていたので 思わず…。こういうとこですよね~(入間ちゃん風)

そのくらいこのドラマがよかったということでもあります。
考えさせられました。自分だったらどうしようとか、今の日本では 実際に行われてそうだから この先日本は大丈夫なのかしらんとか、半沢もそうだけど会社人の大変さとか・・・
怖いですよね、例えば自分の車のネジが強度不足!!何かの警鐘になってくれたらいいなあ。
社長もこうなって、実はほっとしているんじゃないか、と信じたいです。
役者さん達の抑えた渋い演技が素晴らしかった。お父さんの言葉に泣けました。
拾い始めると、温水さんについてまで語ってしまいそうなので^^;このへんでやめます、が最後に、
クラウドアトラス見ました。すごーーーっく良かったです。いいものを教えてくださり、感謝です。ぜひ空気人形も書いてください。楽しみにしてます。 

Q |  2013/08/06 (火) 08:36 No.43653


私もひと言では語れません~

濃密なドラマでしたね!まさに。
内容も演出も台詞も演技も。
息詰まる最終回でした(いや、全話そうでしたが)
いろいろ引き延ばして間延びしてしまうよりは、これくらい集中したコンパクトな作り方が本作には合っているかも。
ひとつひとつの場面や会話に意味があった。

私はいわゆる会社員ではないので、実感として理解しきれてない部分もあるとは思いますが…
原島と同じ立場に立たされた時自分はどうするか、考えさせられますね。
内部告発って、特に日本では難しいことだと聞きますし。
正しいことが、別の人の不幸を招くこともある…。

一方、真実が明るみに出て、隠蔽チームの方々がホッとしたような表情に見えたのも印象的でした。
秘密を背負うのは、理由はどうあれやはり重いものでしょうね。
しかし、実際にもこういうことがなくもないのだろうなと思うと、薄ら寒くなります…

とにかく役者さんたちが皆さん好演!
ヒガシはこういう役なかなか似合いますね。良かったです(^^)
そして鋼太郎さんてば、かっこよすぎw

またNHKではこういう良作を期待したいです~。
夫婦善哉も楽しみ☆

JUP |  2013/08/07 (水) 01:59 [ 編集 ] No.43665


こんばんは。。

ねじ六の職人さんたちが、黙々とネジを作っている
現場のシーンには目頭熱くなりましたね。。
油まみれになりながら、誇りを持って「間違いのないモノ」を作る。
真の「技術力」とは何かを教えてくれる、最重要場面だったと思います。

え~、わたしにとっての注目点は、どなたが八角を演じるのか!? でした。
吉田鋼太郎さんを見て、ようやく
「ああ、八角ってこんな感じだったのか~」と。。
でも、ちょっとカッコよすぎましたね(^o^)

>変に引っ張らず4回に納めた事で名作になった気がする。
 そういう部分まで、全てが英断。

最初はかなりの駆け足なのに、サノケンで1話使ってたので、
あれ~?全然足らないのでは。。と不安でしたが。。
よくまとめたものだと、感嘆しました。。

てんどん |  2013/08/07 (水) 19:29 No.43672


TB有難うございました。
このドラマの感想を書いてる方が少なかったので嬉しかったです(^_^;)
主人公の原島さんだけでなく、
いろいろな登場人物の立場になって、考えさせられるドラマでしたね。
不良品のネジが飛行機や列車に使われていると劇中で知らされて、
早く公表しなければ大事故に繋がるかもしれないではないか!と一般人目線で怒り呆れつつ、
自分が建電の人間の立場だったら・・・公表したら会社が潰れかねないとしたら・・・
そして内部告発までする勇気はあるだろうか・・・などといろいろ考えさせられました。
うん、静寂の中に不気味さと熱さが混在するドラマでしたね。

まっつー |  2013/08/08 (木) 02:15 [ 編集 ] No.43676


Re: Qさん

レスが遅くてもうしわけありません~!

>考えさせられました。自分だったらどうしようとか、今の日本では 実際に行われてそうだから この先日本は大丈夫なのかしらんとか、半沢もそうだけど会社人の大変さとか・・・

ありそうな話ですよね。
営業では成績成績ですもん。
ちょっと乗り物が恐くなる話です。
自分が会社人間だったらやってしまう可能性もあるし、原島の立場だったら、
ユーザーのために内部告発できるかどうか分からないし、告発を怒る部下の言い分も解る…。
正義を行う難しさを感じました。

>役者さん達の抑えた渋い演技が素晴らしかった。お父さんの言葉に泣けました。

私も~!奥さんとお父さんの言葉には泣かされました。
家族だけは理解してくれる…こういうモンじゃなきゃならないなぁと。

>クラウドアトラス見ました。すごーーーっく良かったです。いいものを教えてくださり、感謝です。ぜひ空気人形も書いてください。楽しみにしてます。 

ご覧になりました!?
私的にはかなり上位評価ですが長かったせいもあって不評も多いんですよね^^;
まぁ…分かるやつだけ分かればいい…なのです。

「空気人形」ね~…もうその辺のレビューが溜まりすぎていて、
いつ書けるかサッパリ解らないですね^^;
とりあえず…もう見直さないと書けないレベルです~。

くう |  2013/08/10 (土) 22:51 [ 編集 ] No.43701


Re: JUPさん

レスが遅くて申し訳ありません~!

>濃密なドラマでしたね!まさに。

うん。すごいドラマでした~!
惜しむらくは初回がちょっととっつきにくかったかなと。
あれで脱落してしまった人が多かったかも。
2話目からは本当に目が離せない展開でした。
初回から見直したいです^^

>内部告発って、特に日本では難しいことだと聞きますし。
正しいことが、別の人の不幸を招くこともある…。

そうなんですよね…。
会社に残りたければ不満があっても気づかない振りをしてしがみ付くのが楽。
正しいことをしてもシワ寄せは必ずある。
それでも立ち向かった主人公の苦しい心中がよく分かる演出でしたね。

>一方、真実が明るみに出て、隠蔽チームの方々がホッとしたような表情に見えたのも印象的でした。

そうでしょうね。
あんな事を続けていては胃もおかしくなりそう(;_:)
失う物は多かったかもしれないけれども、人生を振り返った時に
きっとこれで良かったんだと思えるでしょうね。

>とにかく役者さんたちが皆さん好演!
ヒガシはこういう役なかなか似合いますね。良かったです(^^)
そして鋼太郎さんてば、かっこよすぎw

鋼太郎さんは「カラマーゾフ」の黒い父の印象がすごく強くてw
いやぁ、いい味出してましたね。カッコ良かったです^^
東は実は苦手系なのですが、いい役者ですよね。
みんな渋かったなぁ。

この枠はいいですよね~。
「夫婦善哉」私も楽しみ!

くう |  2013/08/11 (日) 00:34 [ 編集 ] No.43704


Re: てんどんさん

レスが遅くてすいません~!

>ねじ六の職人さんたちが、黙々とネジを作っている
現場のシーンには目頭熱くなりましたね。。
油まみれになりながら、誇りを持って「間違いのないモノ」を作る。
真の「技術力」とは何かを教えてくれる、最重要場面だったと思います。

こういう企業ばかりだったら日本も安泰ですよね~^^
実際には安けりゃいいだろって企業も多いだろうし…いや、多いし^^;
誇れる仕事をするという信念が「ねじ六」さんにはあった事が本当に救われます。

>え~、わたしにとっての注目点は、どなたが八角を演じるのか!? でした。
吉田鋼太郎さんを見て、ようやく
「ああ、八角ってこんな感じだったのか~」と。。
でも、ちょっとカッコよすぎましたね(^o^)

おお~原作は知らんのですが、これだとカッコ良すぎる感じ?
あまりダレッとしたシーンが無かったですからね~^^;
いや~吉田鋼太郎さん、好演でしたね^^

>最初はかなりの駆け足なのに、サノケンで1話使ってたので、
あれ~?全然足らないのでは。。と不安でしたが。。
よくまとめたものだと、感嘆しました。。

サノケンの回は原作未読の者からすると、とてもスリリングで取っつきやすい回でした^^
読んでいる方にはまた別の視点からの感心もあったわけですわね。
参考になります~^^

くう |  2013/08/11 (日) 00:40 [ 編集 ] No.43705


Re: まっつーさん

コメントありがとうございました!
レスが遅くて申し訳ありません~。

>このドラマの感想を書いてる方が少なかったので嬉しかったです(^_^;)

いやっ私もです!
だからつい嬉しくてトラックバックいただいてしまいましたの^^
視聴率も悪いし、ブロガーさんも誰も書いてない~とショックだったので…。

>不良品のネジが飛行機や列車に使われていると劇中で知らされて、
早く公表しなければ大事故に繋がるかもしれないではないか!と一般人目線で怒り呆れつつ、
自分が建電の人間の立場だったら・・・公表したら会社が潰れかねないとしたら・・・
そして内部告発までする勇気はあるだろうか・・・などといろいろ考えさせられました。

ですね。私も同じです。
一方向からしか物事を見ないと、多くの事を見失う、と教えてくれる内容でしたね。
全てを理解してそれでも決断した原島を誰よりも信頼している家族の温かさにも泣けました。
いいドラマでしたね^^

くう |  2013/08/11 (日) 00:52 [ 編集 ] No.43706

コメントを投稿する 記事: 【七つの会議】NHK土曜ドラマ 第4話(最終回) 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

七つの会議 TOP

『七つの会議』は、2013年7月13日から同年8月3日まで、毎週土曜日21:00 - 21:58に、NHK総合で放送された。東山紀之主演。全4回。 キャッチコピーは『会社の未来を、諦めない。』。 小説と異...

ドラマハンティングP2G 2013/08/06

NHK土曜ドラマ『七つの会議』 第4回(最終回)

『だれかが生き残る』 「だれかが生き残る〜ついに明らかになる真実」 内容 会社の存続のため隠蔽工作と、製品の改修を始めた原島(東山紀之)たち。 だがついに親会社“フロンティ

レベル999のgoo部屋 2013/08/06

七つの会議最終話(8.3)

強度不足のネジが使われた製品を流通させてしまった東京建電、 事実の隠蔽と不良品回収を同時に進め、会社を守ろうとした原島@東山紀之に対し、 会社をあるべき姿に戻したい八角@

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) 2013/08/07