ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
八重の桜  NHK大河ドラマ  新島八重  綾瀬はるか  西島秀俊  綾野剛  西田敏行  玉山鉄二  長谷川博己  オダギリジョー  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【八重の桜】第30回 「再起への道」感想

   ↑  2013/07/28 (日)  カテゴリー: 2013年大河「八重の桜」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 八重の桜 NHK大河ドラマ 新島八重 綾瀬はるか 西島秀俊 綾野剛 西田敏行 玉山鉄二 長谷川博己 オダギリジョー 

FC2スレッドテーマ : 大河ドラマ 八重の桜 (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3577.html

2013/07/28 | Comment (8) | Trackback (17) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんばんは。

>お千代のエピソード…。

もうちょっとどうにかならなかったのかなぁ…と思ってしまいました(汗)
囲われているのに、毎日毎日会津のことばかり言っていたら、田村屋だって、あのような態度になってしまいますよね。


とりあえず、箱舘戦争を軽く描きつつ、戊辰戦争が終結しました。
次回は覚馬生存の知らせのようですが…
これから盛り上がっていくのかな?と正直不安です。

BROOK |  2013/07/28 (日) 20:14 No.43570


今週から後半というよりも、第2部という感じの展開のように感じました。
この時間軸は「翔ぶが如く」とまるっきりシンクロしていますね。(多分西南戦争まで描くと思いますので)

会津戦争後は会津は歴史の表舞台から退場しますので、くうさんの言うとおりテンションダウン、地味な展開になる事はしょうがないですよね。
でも、ぼくはもしかしたらこっちの方が好きかも。
風呂敷を畳むように、丁寧に会津藩のその後を描いてくれれば、と思っています。
実は、会津戦争の時に、八重が何の躊躇もなく敵兵を殺していくシーンにはちょっと違和感があったのですが、今週は「怖かった」と述懐していたので「あ~、ちゃんと畳んでいるな~」と感じました。
結構期待はしてるんですよ。

ただ今週も、お千代のエピなんかは要らないよな、と感じました。
ああいうステレオタイプのシーンは、結構がっかりしますよね。

まあ、付き合い方の難しい大河だな、と思う次第です。

カズ |  2013/07/29 (月) 10:49 No.43573


尚之助様の故郷

いつもブログを楽しみに読ませていただいています。
川崎尚之助の故郷の市に住んでいます。市長をはじめ、出石町も盛り上がっています‥が、みんな知らなかったんですよね彼のこと‥
今は歴史研究家の方の講演や日新館の館長さんの講演でだいぶ知られてきました。 長谷川さんのカッコいい尚之助さまで良かったです。 
番組の最期の現在の縁の地を紹介するコーナー、出石でも撮影され、9月頃の放送だと聞きました。その頃フェードアウトかな~と寂しく思っています。

hirocoppi |  2013/07/29 (月) 11:07 No.43574


お千代のエピソードのこと

はじめまして。遅い時間に失礼します。
「あまちゃん」の舞台、岩手県沿岸部(久慈ではありませんが)の住民です。「八重の桜」と「あまちゃん」の感想は、よく拝見しています。

>お千代のエピソード…。
まだ恨みを抱いている人がいるという事、会津をののしる者がいるという事、
会津藩の女たちが大変な暮らしをしていた事…などを語りたいのは解るけど…

ちょっとステレオタイプすぎないか…?時代劇みたい。

共感します。実は私、ああいう状況で八重が暴力をふるうことは考えられない、という過激な批判を「ちゃんねるレビュー」というサイトに投稿しました。けれども、このシーンを肯定的に見ているかたも少なくないようです。
八重と千代が反抗できずに悔しさをかみしめる…というふうにしていたら、もっと素直に感情移入できただろうか、と思っています。
これからも、くうさんの番組評を楽しみにしています。

東夷 |  2013/07/29 (月) 22:14 No.43582


Re: BROOK さん

>もうちょっとどうにかならなかったのかなぁ…と思ってしまいました(汗)
囲われているのに、毎日毎日会津のことばかり言っていたら、田村屋だって、あのような態度になってしまいますよね。

雑なエピソードでしたね~^^;
八重だって、あんなにニコニコと反物を売り歩くようになるまでの葛藤が
あっただろうに、そこんとこはスルーなんですよね。
一体この半年で何があったんだと問い詰めたい…^^;

>とりあえず、箱舘戦争を軽く描きつつ、戊辰戦争が終結しました。
次回は覚馬生存の知らせのようですが…
これから盛り上がっていくのかな?と正直不安です。

これからも色々とやる事はあるはずなので、盛り上がる…ようには作っていると
思うのですが、あまりにも時代劇っぽいエピソードをいっぱい入れられると
私、萎え萎えになりそうです~^^;

くう |  2013/07/30 (火) 04:09 [ 編集 ] No.43587


Re: カズさん

>でも、ぼくはもしかしたらこっちの方が好きかも。
風呂敷を畳むように、丁寧に会津藩のその後を描いてくれれば、と思っています。

この先に期待がないわけでもないのですが、今回の放送分を見ていたら
とても丁寧に描かれるとは思えず、不安が大きくなってしまいました^^;

>実は、会津戦争の時に、八重が何の躊躇もなく敵兵を殺していくシーンにはちょっと違和感があったのですが、今週は「怖かった」と述懐していたので「あ~、ちゃんと畳んでいるな~」と感じました。

まぁ戦争は戦争なので躊躇なかったのはそれなりにリアルだと思っていました。
しかし、恐かったと言うのもまたリアルだと思います。
振り返ってみれば…という事ですよね。
死ぬことやころす事に躊躇しない人間なんて結局はいないんですよね。

>だ今週も、お千代のエピなんかは要らないよな、と感じました。
ああいうステレオタイプのシーンは、結構がっかりしますよね。

ああ、同感いただけて嬉しいです^^
私は、大河ドラマにはテレ朝でやっているようなヒーロー時代劇とは線を引いてほしいんですよね。
八重マンセーでこの先進んで行かないように願いたいです。

くう |  2013/07/30 (火) 04:16 [ 編集 ] No.43588


Re: hirocoppiさん

コメントありがとうございます^^

おお、そうですか!尚之助さまの故郷に~( 〃▽〃)

>市長をはじめ、出石町も盛り上がっています‥が、みんな知らなかったんですよね彼のこと‥

つい最近まで史料が無かった方なんですよね。
山本八重の夫でありながら、どうしてこうも解っていないのかと言うと、
八重さん自身の口から彼の事がほとんど語られていないからなんですよね。
そう考えると本当は一体どういう夫婦だったんだろう、と、ちょっと寂しく感じてしまいます。

>長谷川さんのカッコいい尚之助さまで良かったです。 

そうですね!
悲しいことですが、彼にはこの先、あまり明るい事がありません。
恐らく長谷川さんならば会津と共に落ちていき、会津のために尽くし、最後まで
頑張った姿を素晴らしい演技で魅せて下さると信じています。

>番組の最期の現在の縁の地を紹介するコーナー、出石でも撮影され、9月頃の放送だと聞きました。その頃フェードアウトかな~と寂しく思っています。

あ~今の流れだとそうなるのかも知れませんね。
それにしても、先週まで戦争をやっていたのに来週はもう米訴訟に入る?ような予告が…。
何だか明治は早いですね^^;

くう |  2013/07/30 (火) 04:25 [ 編集 ] No.43589


Re: 東夷さん

コメントありがとうございます^^
岩手の方ですか!では、一昨年は大変な思いをされましたね。
つたない記事を読んでいただいてありがとうございます!

>けれども、このシーンを肯定的に見ているかたも少なくないようです。

私、そのサイトは見た事が無かったのですが、思わず見に行ってしまいました^^;
まぁ…2ちゃんと同じで匿名性の高い掲示板はどうしても言いたい放題になりますから…。
ネット上では顔が見えず個人が特定できないので、意見交換は不毛に終わる事が多いんですよね。

個人的にはこういう描き方に共感する方が多いことも理解できなくはないです。
とても解りやすいんですよね。
悪いやつが暴力を振るう。悲しい目に遭った人が余計悲しい目に遭う。視聴者、涙…みたいな^^;
視聴率が振るわないので、制作の方も色々と迷走したみたいです。

私は始まりの頃のような情緒的なストーリー作りを続けてほしかったのですが…
それは個人の好みなので仕方ないのかもしれません。

万人が受け入れられる物を作ると言うのは難しい事なのでしょう。
しかし、自分の思った事は言っても良いと思いますよ。
特にNHKは受信料で運営されているのですから、言いましょう^^

くう |  2013/07/30 (火) 04:41 [ 編集 ] No.43590

コメントを投稿する 記事: 【八重の桜】第30回 「再起への道」感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「八重の桜」第30回

新しい藩名は、斗南… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307280003/ 【送料無料】NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック II [ 坂本龍一 | ...

日々“是”精進! ver.F 2013/07/28

『八重の桜』第30回

再起への道

悠雅的生活 2013/07/28

大河ドラマ「八重の桜」 #30 再起への道

会津戦争が終わって、番組のPR方法もちょっと変わってきました。 久々に新島襄の登場です。 一方米沢で反物を売る八重。 時代の動きは止まりません。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2013/07/28

八重の桜 第30回 「再起への道」

冒頭でジョーが英語で敗者を哀れむシーンから始まり、 再起に賭ける会津人たちを描く回。 会津の女性が屈辱を受けるシーンなんかもありましたが、 前向きに描かれてまし

青いblog 2013/07/28

八重の桜 第30回 再起への道

『再起への道』 内容 八重(綾瀬はるか)は、米沢城下にいた。 米沢藩士・内藤の厚意で、屋敷の離れを借り、 母・佐久(風吹ジュン)義姉・うら(長谷川京子)みねらと暮らしていた

レベル999のgoo部屋 2013/07/28

NHK大河ドラマ「八重の桜」第30回「再起への道」

絵に描いたような貧乏くじの引き続きでとうとう会津は全面降伏。かくなる上はお殿様の助命嘆願・・・まああれだけ素直にしかも重々しく頭を下げられてしまっては、何とかお助けした...

真田のよもやま話 2013/07/28

「八重の桜」 第30回、再起への道

大河ドラマ「八重の桜」。第30回、再起への道。 会津藩は斗南藩へ。 米沢藩で新しい生活を始めた八重。

センゴク雑記 2013/07/28

八重の桜~第三十話「再起への道」

第二十九話「鶴ヶ城開城」はこちら。 前回の視聴率は14.5%。もうちょっといくと

事務職員へのこの1冊 2013/07/28

大河ドラマ「八重の桜」信念の人30亡くなった人たちの分も生きねば!八重は生きていく事が闘いだ!と悟るも鉄砲を再び持つ事には躊躇いもみせた

大河ドラマ「八重の桜」第30話は会津戦争から半年が過ぎ八重たちは米沢藩の知人宅に身を寄せる日々を送っていた。その頃江戸から東京となった中会津藩は家老・萱野権兵衛の斬首 ...

オールマイティにコメンテート 2013/07/28

八重の桜 第30回「再起への道」

公式サイト 会津戦争から半年が過ぎ、八重(綾瀬はるか)たちは米沢藩の知人宅に身を

昼寝の時間 2013/07/28

〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第30回「再起への道」 萱野権兵衛は山一證券・野澤正平社長か?!

これは第二次世界大戦後にも似てますな。 本当の戦争首謀者は適当なダミーを祀り上げて、己はのうのうと生き残り、 ほとぼりが冷めた頃に、また 綺麗事で描いているが、 結局、萱野

しっとう?岩田亜矢那 2013/07/28

夢うつつ思いも分かず惜しむぞよまことある名は世に残るともでこぜえやす(綾瀬はるか)

寝ても覚めても変わらぬ気持ちでただただ惜しいと思う・・・誠実そのものであったその名は歴史に残るとしても・・・。 和歌に堪能であった松平照姫が会津戦争の責を負って自刃した

キッドのブログinココログ 2013/07/29

八重の桜 第30回「再起への道」〜こづゆって、こんなに美味かっただべか!

 今回は生き残った会津の人たちの思いがさまざまな形で描かれた。  大蔵(玉山鉄二)らは切腹する萱野権兵衛(柳沢慎吾)の言葉を受け、生きて<会津が受けた逆賊の汚名を晴らす

平成エンタメ研究所 2013/07/29

半年後 ~八重の桜・再起への道感想~

第29話からいきなり半年か。 随分と時の経つのが早いこと。 新島襄はクリスチャンの洗礼を受けて、欧米のようにヒゲをはやして、 いかにも欧米文化に親しんだ感じだねえ。 一方で...

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 2013/07/29

八重の桜 第30回「再起への道」

大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・

みはいる・BのB 2013/07/29

『八重の桜』第30回「再起への道」★土方歳三、あっという間に戦死--雑い場面やなぁ!

『八重の桜』第30回「再起への道」 アメリカに渡った新島(オダギリジョー)が、明治のスタートに感慨を覚えながらも、戊辰戦争終結後のさらなる内戦への危惧も・・・。 最近は視聴...

世事熟視〜コソダチP 2013/07/30

【八重の桜】第30回感想と視聴率「再起への...

大変、遅れてしまって、すみません。第30回の視聴率は、前回の14.5%より下がって、12.6%でした。裏に、サッカー・東アジア杯「日本×韓国」(17.8%)があったので、これに食われて...

ショコラの日記帳 2013/08/01