ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
夜行観覧車  鈴木京香  宮迫博之  杉咲花  石田ゆり子  田中哲司  安田章大  中川大志  夏木マリ  湊かなえ  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【夜行観覧車】 第10話 最終回 と統括感想

   ↑  2013/03/23 (土)  カテゴリー: 2013年「夜行観覧車」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 夜行観覧車 鈴木京香 宮迫博之 杉咲花 石田ゆり子 田中哲司 安田章大 中川大志 夏木マリ 湊かなえ 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3353.html

2013/03/23 | Comment (8) | Trackback (18) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


くう様、毎週のレビュー、本当にありがとうございました。また、お疲れ様でした!
ラスト、中年女性同士の友情にほろり。そこ、かなりツボでした。淳子、いろんな意味で自業自得で不幸だけど、友達には恵まれましたね。
真弓一家も最後、円満で明るい家族にもどってめでたし、めでたし。
真弓、今頃「やっぱり引っ越したのは自分のため」と認めてましたね。
いまさらかい!と思いましたが、反省しただけ偉いよ!彩花ちゃんも最後戦いましたね!やっぱ、言いたいことはきちんと言わなきゃ。

一番胸が痛んだのは、良幸君の決断でした。継母が実父を殺したのは、慎司と自分を比べての歪んだ嫉妬と妄想。しかも、凶器は自分のトロフィー…それだけでも、相当傷つくのに、弟妹、継母を守るために、優しい実父を暴力親父に仕立て上げなければならなかった…。ほんまにどんだけ、ええ子なん!思わず、ギュッと抱きしめてあげたくなりました(涙、涙)。良幸君には是非幸せになってもらいたいですね!

最後、やはり凶器の存在はうやむやに。刑事さんも何気にいい味だしてましたね!

毎回、ミスリードやらなんやらで掻き回されて、途中、無駄な引っ張りも入った感がありましたが、でも、ハラハラさせてもらえて(唐揚げ攻撃には笑ってしまいましたが(*^^*)。また、友情について新たに認識させてもらえたし、結構はまったドラマでした。
熱演された役者さんにも拍手です!子役もすっごい迫力ありましたしね。
是非またこういうドラマやって欲しい^_^

櫻井8号 |  2013/03/23 (土) 03:56 No.41925


う~ん・・・

淳子の罪はいかほどかしらん?
何年か後にはひばりヶ丘に帰ってこれるのかなぁ。

そういえば、原作には無かった淳子と真弓の友情物語。
もっと早くに何もかも打ち明けられるような関係に
なってれば良かったね・・・

だけど、大人になればなるほど、昔からの友達にさえ
何もかも打ち明けるわけでもないし、親しくなるにも
時間がかかる。

ましてや、ご近所さんともなると、いい時はいいけど、
何かでこじれたらややこしい。
人付き合いってほんとむずかしい・・・・・・

淳子が抱えてた劣等感。それこそ弘幸にもっと早い段階で
打ち明けてればと思うけど、夫婦でさえ・・・夫婦だからこそ
言えない事もあるわけで・・・

と、さすが湊作品だけあって、終わったあとも悶々としてしまう(笑)
まぁ、最後に子供達の明るい表情が見れたのは良かった~♪

まこ |  2013/03/23 (土) 12:08 [ 編集 ] No.41928


洗い物しながら見た最終回。もう一回、ちゃんと見ないと。
でも、ながら見でも、登場人物のそれぞれに共感してた。
弘幸も、子供を育てていく上で、死んだ妻には敵わない部分がいっぱいあったんだろうね。
淳子の愚かな行動は取り返しがつかない。夫は元には戻らない。
でも、あの衝動的な行動、女として分からなくは無い。
サキだったら、高級な肉を一枚用意して焼いて食べちゃうよね。
自分に一番遠いのは、眞弓かな。あんな風に、大きな力を私は持ってない。偉いな〜って思ったよ。

良幸の行動は、早計だったのではと思ったけど、
良幸の継母への気持ちは、ブレたり戻ったりするんだろうけど、
兄弟への思いは、絶対にぶれないんろうね。

犯罪を犯してしまった者の家族や、
被害者の遺族が生きていく事の厳しさ、世間との壁、
自分の家がいつそうなってもおかしくない事、鳥肌が立ちます。

人との繋がりって、大切なんだね〜。
幾つになっても、幾つになっても。

淳子が帰って来れるひばりが丘になっていて欲しい。
でも、あの面会シーンの時、3きょうだいの元に、なんだか淳子は帰って来れ無いような気がしてしまった。
「僕たち3人で頑張るよ」って言葉に、
服役後も、淳子は遠くで見守らざる終えない様に感じてしまったんだよね。

高校入試、夜行観覧車、続けて楽しめた期間でした♪

そうそう、あらすじに加害者は母親って書いてあったでしょ?
先日、長男が本屋に行った時に『犯人が母親の作品』というコーナーがあったそうです。
親切にも程がありますね^^;。

紫花浜匙 |  2013/03/24 (日) 08:40 [ 編集 ] No.41932


原作が読みたいです

終わりよければ・・ですが、少しうがった見方をしてみました。

真弓はいつも淳子にコンプレックスを感じていて、淳子と一緒にいることによって自分もセレブになれた気がしていた。
それが子供たちの受験で現実にもどされて、淳子が遠のいていった気がした。
それが後半、愼一が暴れる様子を窓越しに聞いて色めき立った。
彩花はそんな母親の本性を知っていた。
だから母親を信用できなくなっていた。
淳子が警察に追われるようになると、頼まれもしないのに子供たちの世話をやいたのは自分の立場が優位にたったから。
最後に淳子の面会まで行ったのは自分が勝ったということを示したかったから。
そして淳子はそんな真弓の本性に気づいていて、証拠の凶器を啓介に託した。

・・な~んて見方すると話は全く違ってきますね。
だから最後に真弓に薄ら笑いをさせて終りなんてのもありかなと。
あの笑いはどういう意味なのかと、また視聴者が想像出来ますもんね。
でも、現実はそっちの方が近いのかもしれませんね。
ご近所でそんなに仲良く出来ないのではないでしょうか。
あまり近くなりすぎるとトラブルのもとになるので、挨拶程度が一番なのかもしれません。
寂しい話ですが。

kyom |  2013/03/24 (日) 13:23 No.41938


レビューおつかれさまでした。

…やっぱり、弘幸は「いいひと」でしたね…。
いいひとすぎて、淳子の「いい妻・いい母」になりきれない部分がちくちく刺激されて歪みを増していったのでしょうか。
そんないい父親を、妹弟で3人で生きていくために悪者に仕立て上げなくてはならなかった良幸はやはり哀れでした。
そしてやっぱりあの優しく公正な弘幸の息子なんだなと思いました。
淳子は本当に愚かなことをしましたね。

彩花はようやく志保に一矢報いたようですが…もっとやっちゃってもよかったんじゃないかな!?
スッキリしたとは言ってたけど、こっちは全然スッキリしないよ~~~!
ラスト、坂の下の公立高校に進学したようでしたが、まさか志保と同じところじゃないよね!??
いや、同じところでももう言い返せるだけの強さは身に着けたみたいだから大丈夫なのかな?

…と最後までそれぞれの子供たちの行く末ばかりが気になるドラマでした^^;
大人たちのふがいなさに振り回されてばかりだったので。

あいん |  2013/03/24 (日) 23:31 [ 編集 ] No.41941


お久しぶりです♪

湊かなえさんの作品ということで楽しみに見させていただきました!
原作があるということでネタばれ見たくないから、ここには最終話終わるまで来ませんでしたw

もう、覚えてないかもしれませんね。

凶器のとこは...
結城は遠藤父が凶器隠したのは感づいてはいるけど見逃したと受け取りました。「もう来ません」「奥さんとお嬢さんによろしく」
凶器見つけたら、遠藤父が隠したこともばれ、遠藤家もただでは済まない。凶器は見つけなくても起訴できるし、そこはもう見逃す。奥さんと御嬢さんとこれからも仲良く暮らしてねって感じですね。優しさ。

たいした事件ではないけど、それを人間の内面を描くことで、ここまで人を魅了する作品を書く湊さんはすごいと思ってます。
「母性」って作品なんか、特にそれが現れてます。

エス・ノト |  2013/03/25 (月) 00:39 No.41942


なるほど

このドラマは今期一番まともに見た時間が長かった
のですが、なるほど管理人さまはじめ、そんな感じ
なんですね・・・。
私も見てた割にはやっぱり何か興味無い感じで見てました(苦笑)
個人的には何週にもまたがって観覧車ガタゴト言わして
「何月何日事件の何日後」やられても、もはや覚えておりませ
んで(滝汗)。「今がいつか分らないで付いて行けない話」
でした。
それから京香お母さんがヘタレというか、娘に甘過ぎで
イライラ(笑)
管理人さんの仰る「5話でよいのでは?」という案に
とても共感です(苦笑)
実際10話に膨らます程の事件じゃなかったですよね?(笑)

補完ありがとうございました

ぱんだぱぱ |  2013/03/27 (水) 21:07 No.41958


おはようございます。
終わりよければ全てよし、という言葉が私にも浮かびました。
結局、原作と同じラストに帰結させたいのは、何となく分かるけれど、特に脱線にイライラさせられた3ヶ月でした。
特に奥寺さんは、まあともかく、清水さんの引き伸ばし脚本に辟易させられた3ヶ月でもありました。

踊らされたのは視聴者だけで、劇中の警察は初めから淳子だけを一貫して被疑者扱いしているんですよね。その点は全くブレがない。慎司が「自分がやった」と言った時も、施設に連れていっただけ、ということは彼の言うことは子供の戯言とキチンと理解しているんですよね。

それに、私たちには3ヶ月という時間が流れているけれど、実際、劇中の時間は1週間も経っていないんですよね。淳子が自供しないことに私は迷わされて、あれこれ考えちゃいましたが、この程度の時間ならば、被疑者が環境の変化に迷って黙秘することもありえるんでしょうね。

>ラスト、淳子の面会に行く真弓との再会シーンは泣いた。
このシーンは確かによかった。
ただ、思うんですが、ミステリーで犯人は誰だで引っ張るよりも、この場面を一番最初に持ってきて、二人の友情を軸に据えたドラマとして倒叙的に展開し、二人に何があったか、というアプローチだったら、もっとみんなに見てもらえる作品になったんじゃないかと考えると、もったいない素材のような気がします。

よしぼう |  2013/03/28 (木) 05:15 [ 編集 ] No.41961

コメントを投稿する 記事: 【夜行観覧車】 第10話 最終回 と統括感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

真昼の観覧車と夜行観覧車の間に暮れなずむ街がありました(鈴木京香)

私たちは・・・夜行観覧車に乗りこみました。 その時、横浜港にゴジラが上陸したのです。 のほほんとしていた私たちは各所であがる悲鳴に驚いて周囲をきょろきょろと見回し、その巨

キッドのブログinココログ 2013/03/23

あぽやん&最高の離婚&夜行観覧車最終回感想

■あぽやん最終回 貫地谷しほりがいなくなったと思ったら、主人公の伊藤淳史まで本社に戻されることに。だが、それは一ヶ月だけだったというオチ。。送別会とか意味ねえし(笑)で

NelsonTouchBlog 2013/03/23

夜行観覧車 第10話(最終回)

『犯人が語る事件の動機…家族の未来 内容 事件9日後。 良幸(安田章大)は、報道陣を集めて“真実”を語り始める。 亡き父により、慎司(中川大志)が暴力を振るわれていたと。 そ...

レベル999のgoo部屋 2013/03/23

夜行観覧車 第10話(最終話)

第10話(最終話) JUGEMテーマ:エンターテイメント

Happy☆Lucky 2013/03/23

夜行観覧車 (第10話 最終回・3/22) 感想

TBSテレビ系ドラマ『夜行観覧車』(公式)の最終回『犯人が語る事件の動機…家族の未来』の感想。 なお、湊かなえ氏の原作小説は未読。 「珠玉のサスペンスドラマ」と言う売りだ

ディレクターの目線blog@FC2 2013/03/23

夜行観覧車 最終話:犯人が語る事件の動機…家族の未来

終わった・・・_| ̄|○ ガクッ 結局犯人は淳子。動機は、先妻へのライバル心とか、優秀な良幸に対して 慎司の出来の悪さを気にするあまり、弘幸が放った言葉が慎司を見放したとの...

あるがまま・・・ 2013/03/23

夜行観覧車 最終回

事件9日後、ひばりヶ丘に報道陣を集めた良幸(安田章大)は、事件と高橋家の秘密について語り始めます。 その後、結城刑事(高橋克典)に良幸と比奈子(宮崎香蓮)は保護されます

ぷち丸くんの日常日記 2013/03/23

「夜行観覧車」第10話(最終回)★原作とかけ離れたドラマの是非

「夜行観覧車」第10話〜最終回 湊かなえが奏でた精密な心理劇『夜行観覧車』が、TBSによって改稿されて、こんなドラマになっちゃった。 『好みの問題』『原作を読んでいるか否

世事熟視〜コソダチP 2013/03/23

夜行観覧車 第10話(最終話)

第10話「犯人が語る事件の動機…家族の未来」2013.3.22 2013年、事件九日後。 「ひばりヶ丘」に報道陣を集めた良幸(安田章大)は、比奈子(宮﨑香蓮)を引きつれ、「何が本当で、何が嘘...

ドラマハンティングP2G 2013/03/23

まほろ駅前番外地 各話あらすじ

第1話「プロレスラー代行、請け負います」2013年1月11日 24:12~24:52 ラテ欄「瑛太&松田龍平!三浦しをん人気原作で奇跡のバディ物語誕生超脱力便利屋コンビがプロレスラーを代行!?」

ドラマハンティングP2G 2013/03/23

ドラマ「夜行観覧車」 第10話(最終回)...

事件の真実-----------!!最終回はわりと強引にまとめました的な感じだったなぁ。結局救われたのは遠藤家だけか?良幸がリポーターたちを前に会見を開いた意図は・・・。どうするのが...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2013/03/23

ドラマ「夜行観覧車」 第10話(最終回) あらすじ感想「犯人が語る事件の動機…家族の未来」

事件の真実-----------!! 最終回はわりと強引にまとめました的な感じだったなぁ。 結局救われたのは遠藤家だけか? 良幸がリポーターたちを前に会見を開いた意図は・・・。 ...

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ 2013/03/23

「夜行観覧車」第10話。

「夜行観覧車」の最終回を見ました。ひばりが丘を襲った事件の謎がやっと、いやついに明かされる時が!

Flour of Life 2013/03/24

夜行観覧車 最終回 「犯人が語る事件の動機…家族の未来」

かなり強引にまとめた印象でしたね。やはり、観覧車は「どこへも行けない、だけど、乗る前と後では風景が変わる」という意味で、家族の機微の象徴だったのかな? 結局、「理想的

のほほん便り 2013/03/24

夜行観覧車  最終回 感想 ==♪

「俺たちは 生きていかなきゃいけないんだ・・・」 報道陣にむかって、語り始めた良幸・・ ソレを見つめ---怒りをあらわにする慎司----。 高橋家の「人にはいえない秘密」とは----

shaberiba 2013/03/24

夜行観覧車 第10話 最終回

まず、お詫びから。第8話の感想で「やはり弘幸はDVだったのかあ。何か、脱力(汗)。」と書きましたが、トラップでした。ごめんなさい。すっかり原作者及びスタッフの思う壺にはまち...

昼寝の時間@R 2013/03/27

1つの事件から・・・ ドラマ編

ドラマ「夜行観覧車」を見ました。 TBSにて 金曜10時にやってました 湊かなえの原作をドラマ化 小説の方は読んだことありましたが・・・ 過去、事件当日、事件後と構成も巧く見せて

笑う社会人の生活 2013/04/08

《夜行観覧車》☆最終話

良幸が、高橋家の将来を守るために行った会見は、マスコミが想像しなかった内容だった。 テレビで会見の内容を聞いた慎司は、怒った。 何が本当で何が嘘か?高橋家の秘密と称して語

まぁ、お茶でも 2013/04/08