ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
書店員ミチルの身の上話  戸田恵梨香  高良健吾  柄本佑  安藤サクラ  新井浩文  大森南朋  波瑠  浅田美代子  濱田マリ  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【書店員ミチルの身の上話】NHKよる☆ドラ 第10話「告白」 最終回と統括感想

   ↑  2013/03/14 (木)  カテゴリー: 2013年「書店員ミチルの身の上話」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 書店員ミチルの身の上話 戸田恵梨香 高良健吾 柄本佑 安藤サクラ 新井浩文 大森南朋 波瑠 浅田美代子 濱田マリ 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3341.html

2013/03/14 | Comment (11) | Trackback (8) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


同感です。。

せめてもう一話増やして、ミチルと香月の関係を丁寧に描いてほしかったなぁ。
最終話はミチルそっちのけで、香月の回でしたよねー。
今までじわじわと怖さを積み重ねてきてくれたドラマだけに、駆け足で拍子抜けしてしまいました。
もうちょっと余韻の残る最終回にしてほしかったな。
全体としては、面白かったんだけど。
で、竹井はこれから先も竹井なんだと思うと、エンドレスに怖い(^^;
ほんと高良くん、よかったですよね~。
原作読んでみよっと♪

JUP |  2013/03/14 (木) 04:02 [ 編集 ] No.41857


おはようございます。
>何だか…とっても急ぎ足な最終回だったんですけど……。
この点は、みんな同感でしょう。
第8話の「正体」までは素晴らしかったのだから、第9話でミチルの「放浪」を描いたりせず、第9話は香月さんとの出会いから始めて、2話かけて夫婦の機微を丁寧に描くと説得力がもっと出たように思います。第9話は石橋蓮司の無駄遣いと思ったので、合津直枝監督も原作通りキツキツに構成するよりも、もっと柔軟性を持った構成をすればよかった気がします。ただ、その融通のなさが合津監督の個性なのかもしれませんが・・・

>竹井がどうやって警察も知らない香月の妻殺しを調べたのかもサッパリ解りません。
竹井が香月の犯罪に気づいたのは、同じ犯罪者ゆえの嗅覚によるものじゃないでしょうか。そう考えれば一応理解できます。

>そんな間抜けな警察が、竹井のような狡猾な男の犯罪をちゃんと捜査できるでしょうか。
警察が竹井を捜査して犯罪に気づくかですが、一応可能だと思います。まず、香月が告発しているので、逮捕は確実にされます。
そして、浜田山のマンションと料理学校の車を調べれば、死体の痕跡が出てくることは、現在の科学捜査では十分ありえます。竹井の巧妙なのは、死体を無造作に捨てることで、事件の存在を隠すことにあるので、事件の存在が警察に知られてしまえば何の意味もありません。行方不明者が3人も出ていればまず逃げられないでしょう。

ドラマのよくできている点をひとつ上げれば、久太郎の死体の後始末をしたのは、竹井と高倉だけで、ミチルはただ恐怖に震えて見ていただけで、あと久太郎のことで少し嘘をついた程度で、竹井とは明らかに罪の程度が違います。

>私が一番腑に落ちないのは、このドラマにおいて2億円はほぼ不要なエピソードになっている事です。
2億円はミチルちゃんという平凡な女性が動き出す動機になる何かで、別に他の物でも構いません。ご存知でしょうが、映画ではこういうものをマクガフィンと言ったりします。(映画では宝物が多いです)

実は、くうさんの見ていない「いつか陽のあたる場所で」が素晴らしいラストを迎えたので、「ミチル」は二の次になってました。
それと、次回は「極北ラプソディ」だって。主演は瑛太ですよ。もう気持ちはそっちの方へ行ってます(笑)
あと、同じ原作者の佐藤正午作品では、「アンダーリポート」がお勧めです。

よしぼう |  2013/03/14 (木) 05:47 [ 編集 ] No.41859


同感×3

あ~、おんなじです。
悪くとるなら 最後まで行き当たりばったりじゃない、ってくらい簡単だった。今まで面白すぎたので余計そう思うのかもしれないね。
ミチルさえよければ他はどうでもいいんかい!とも思った。
>私が一番腑に落ちないのは、このドラマにおいて2億円はほぼ不要なエピソードになっている事です。
全くです、2億当たってなくても同じ話になってた気がします。いつばれるか、見ている側が勝手に妄想しただけで これも最後あれっ?ってなりました。
唯一 竹井の顔はよかった!美しくて怖かった!!最後まで裏切らなかったよね。
いっそ「竹井リターン」という続編があると思えば今回の最終話もがまんできるかもww
殺人に遭遇する不幸のアイテム「2億」を教会に押し付けたミチルってのはいかがでしょうか?(黒くてゴメン)

「桐島」の件、私のフライングだったのね、ごめんなさい^^ くうさんが黙ってるわけないものね。光栄なレスをいただきましたが、すっごく好みが似てますが、ホラーが苦手です^^;(「ミチル」みたいのは大好き)
あと、ずっと結夏に似てると言っていたくうさんが 光生なところがあるとまさかの告白をした時、アハハ、いっしょだ~と思いました^^(わたしも両方) けどこの頃 灯里的な部分も自分のなかに感じてまして きらわれちゃいそうですね^^;

Q |  2013/03/14 (木) 08:48 No.41860


お久しぶりです。終わってから(30分だし早いし)えーー!!って言っちゃいました(笑)。2億円は本当に関係なかったなぁ。竹井の狙いが金だったらわかったけど。

残念!!

ぺい |  2013/03/14 (木) 09:44 No.41861


そうなのよね~
今までがおもしろかっただけに、この最終回じゃもったいなかったよ。
やっぱり香月とミチルのエピソード足りなかったよね。
急に結婚しちゃったし、それはいいとして、夫婦愛が育まれる様子もわからないから、待っててくれるのはわかったけど、間がすっぽり抜け落ちてるような印象だよね。
そうそう、コレって2億まったく関係ないかんじだよね。
タテブーは2億もアレだったけど豊増との3角関係の方で殺されちゃった感じだし。
宝くじにあたったことで始まってはいるけど(それで見始めたのもあるけど)その後はお金絡んでこないもの。
これも原作通りなのかな~?
役者さんたちは、みんなすばらしかった。
高良君、わたしゃ、竹井のイメージひきずりそうだよ・・(⌒▽⌒;)

きこり |  2013/03/14 (木) 10:50 No.41862


ホントに・・

くう様、最終回まで毎回丁寧なレビューありがとうございました!!お疲れ様でした!!
ホントですよね~~・・・なんか最終回、いろいろ詰め込まれすぎて話についていけなかったです。せめて、あと1話伸ばして、2億円のことや香月さんのこと、ミチルと家族や初山などのことを丁寧に描いてほしかった。ホント、おっしゃるように、おいおい2億円は??ってなりますよね><;;
出ていた役者さんたちがみな丁寧な演技であっただけにそれも最終回の話の流れで、なんか物足りない感じになっちゃって残念です。大森南朋さんとかとてもいい味出していたのに・・
でも、ドラマのストーリーやアイデアははとても面白かったです。こういう良質なドラマは最後まできちんと描けるように放送回数や時間も考えてほしいですよね。

櫻井8号 |  2013/03/14 (木) 13:14 No.41863


こんにちわ。

レビュウは書いていませんでしたが、見ていました。

>私が一番腑に落ちないのは、このドラマにおいて2億円はほぼ不要なエピソードに
なっている事です。
私もくうさんに一票です。
前半の、じれったいほどゆっくりしたテンポがラスト、どう加速するかに期待していたのですが・・・加速すぎ?(^^;;
キャストの皆さんや映像からかもし出される雰囲気は好きでした。
それだけに、ちょっと残念だったかも。

Largo |  2013/03/15 (金) 10:49 No.41867


期待はずれな最終回・・・

初めまして。
納得いかずコメントです。
中だるみもなく今季一番の出来だと思っていたのに残念な最終回でした。
親友は? 実家は? タテブーは? 2億円当選の理由は?
番外編でいいのでスッキリさせて下さい(笑)

takaki |  2013/03/17 (日) 00:59 No.41875


同感すぎて何も言えない

もう。。本当に残念でした。
原作はもっと丁寧に、ミチルと香月のこととか描いてるんでしょうか。だったら読んで補完したいですよね。
あまりに最終話がお粗末だったので、今まで見てきたことすら後悔させてしまうのはやめてーー(泣)状態でした。

まゅげ |  2013/03/18 (月) 22:51 No.41896


同感です

まったく同感です。
これまでの流れが、非常に「びっくり」「ドキドキ」の
連続だっただけに。
最終回で、これかよって。最後も、もっとびっくりドキドキ
で終わってほしかった。
なぜ?が多すぎます。

tuge |  2013/03/19 (火) 16:02 No.41903


拍子抜けはしなかったけど、すんごい静かに畳み掛けて終わりましたね。
怒濤の最終回・・・・・じゃなかったんだ。

2億円、結局ミチルはこのお金は遣わなかったし、
2億円に翻弄されたのはタテブーだけだったけど、
2億円当たってなければ、
東京で暮らそうとしてなかったかも。
上辺は久太郎について行って、
横領がバレる迄は豊増と不倫を続けてたかも。
もっと弱いミチルだったかも。

って、今日掃除機掛けながら思ったんだよ〜。
私もあの2億の意味って何だったんだ?って思ったので^^。

紫花浜匙 |  2013/03/21 (木) 23:37 [ 編集 ] No.41918

コメントを投稿する 記事: 【書店員ミチルの身の上話】NHKよる☆ドラ 第10話「告白」 最終回と統括感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

よる☆ドラ 「書店員ミチルの身の上話」 最終話 告白

 「一緒にお父さんを待とうね・・・」ミチル  えっ・・・・・・これで終わり・・・・・( ̄‥ ̄;) ・・・・? |||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| マジか?!いやいやいや・・・・こりゃ、視 ...

トリ猫家族 2013/03/14

書店員ミチルの身の上話 最終回「告白」

ついに、ナレーターの男… ミチルの夫となる香月(大森南朋)が本格登場。やはり、バスの運転手さん、だったのですね。 彼が途方に暮れているミチル(戸田恵梨香)に声をかけた

のほほん便り 2013/03/14

「書店員ミチルの身の上話」第10回(終)★大森南朋の身の上話

よる☆ドラ「書店員ミチルの身の上話」 第10回(最終回)〜告白 サブタイトルは『告白』ですが、「懺悔」って感じも・・・。 −◆− バスターミナルでミチル(戸田恵梨香)と出会...

世事熟視〜コソダチP 2013/03/14

「書店員ミチルの身の上話」最終話

最終回「告白」 視聴率7.4%   

またり、すばるくん。 2013/03/14

書店員ミチルの甘い生活と贖罪の終点と孤独な検索魔(戸田恵梨香)

つまり・・・こういうことだな。 妻を轢殺したバスの運転手は死体を埋めて日常生活を続けていると戸田恵梨香似の美人を後妻にして子宝にも恵まれると・・・素人は危険なので真似し

キッドのブログinココログ 2013/03/14

NHKよる☆ドラ『書店員ミチルの身の上話』 第10回(最終回)

『告白』 内容 故郷に帰ることも出来ず、呆然とするミチル(戸田恵梨香) バス停のベンチで佇んでいたところ、 香月憲剛(大森南朋)というバス運転手に声をかけられる。 何かに導か...

レベル999のgoo部屋 2013/03/14

書店員ミチルの身の上話 第10話(最終話)

最終回「告白」 ミチル(戸田恵梨香)は香月(大森南朋)に、故郷を捨ててからの身の上話を語り出す。香月の母・聖子(吉村実子)が営む食堂を手伝うようになったミチルは生気を取

ドラマハンティングP2G 2013/03/14

身の上話です。ドラマ編

ドラマ「書店員ミチルの身の上話」を見ました。 NHKにて火曜11時にやってました。 宝クジ、殺人、逃走 ミチルの運命、身の上とは・・・ ありそうなリアルな展開 しかし 派手さはなく ...

笑う社会人の生活 2013/03/29