ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
カラマーゾフの兄弟  市原隼人  斎藤工  林遣都  高梨臨  松下洸平  渡辺憲吉  安藤サクラ  吉田鋼太郎  芳賀優里亜  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【カラマーゾフの兄弟】 第7話 感想

   ↑  2013/02/24 (日)  カテゴリー: 2013年「カラマーゾフの兄弟」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : カラマーゾフの兄弟 市原隼人 斎藤工 林遣都 高梨臨 松下洸平 渡辺憲吉 安藤サクラ 吉田鋼太郎 芳賀優里亜 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3314.html

2013/02/24 | Comment (4) | Trackback (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


早々のアップありがとうございます~~!!
今回も、満さんがまた猛獣オヤジの餌食になってましたね…(涙)。衝動的な満さんにしては珍しくきちんと話し合う覚悟で行ったと思います。初めは穏やかにオヤジに頭を下げて「クズ」「能無し」「野良犬」と罵られてもじっと耐えて頭を下げ続けて。言葉遣いもきちんとで「ですます」になっていたし。何より頭を下げながら自分のクルミへの想いを切々と訴える姿に涙涙。
やっぱり満さんは表面は女好きでも、一人の女性をきちんと愛せる熱いピュアな心をしっかりと持っているんですよ!女を道具としか見ないオヤジとは全く違います!
懇願する満さんを罵倒し、髪や襟をつかんで壁に投げ飛ばすオヤジ。それにも関わらず抵抗せずに土下座し、床に頭をすりつけて懇願する満さん。そこまで覚悟して一人の女性を守ろうとする真摯な気持ちにじ~んときました。しかし自分のことならば、いくら罵倒されても我慢は出来たでしょうが、守りたい相手のことを悪く言われるのは熱血漢・満さんにとって地雷。

>「完全に自分の物にして言いなりにさせるか。
寂しい女ほど使い勝手がいいからな。」

もし鬼畜オヤジのこの言葉がなければ、満さんは決してオヤジに手を挙げることはなかったでしょう。大体1話でもそうでしたが、満さんが切れる沸点は継母・詩織や実の母梓、自分の好きな人を罵倒されたときですよね。自分を罵倒されたときは「あ?」とか言ってますが、そこまで切れていない。
あの狡猾オヤジはそういうことも見抜いて、わざと言葉の暴力を振るっているんですね。本当にどこまでもいやらしい奴!猛毒親ですな!!!!

それにしても謎は小栗さんですよね~。確かに満さんに振り払われた際に階段から落ちてけがをしたのは事実です。それはきちんと証言してもいいでしょうが、
その言い方がまるで満さんが故意にやったみたいに・・。

>加奈子「それに末小栗さんのことだってわざと突き落としたんじゃないのかもしれないし!」

全くその通りだよ!と思いましたよ。だってそれが事実なんだもん!!!
それに小栗さん、末松さんが「黒沢家は恨んでいる人が多い。満さんがやらなきゃ自分がって人も結構いる。」と言ったときに「旦那様を悪く言うんじゃない!」と必死でかばっていましたし、勲が「冷静に考えましょう」と言った時も、「御心が痛まないんですか!?」って・・・。旦那様になんか特別な思い入れがあるんですかね?
それに末松、「犯人は相当内部に詳しくないと・・」って、あんたにも容疑向いちゃいますよ・・・

出てきた皮膚片というのも非常に謎ですね。
オヤジが満さんに触れたのは、壁に投げ飛ばす際につかんだ髪と襟首だけ。その時についたのでしょうか?
満さんはグーで殴ってますが、一発だけで、あとは小栗に止められてますし・・。

原作通りと言えば原作通りの進みですね。
勲(イワン)が弁護士という設定は満(ミーチャ)を弁護するためだったんですね。でも、加奈子がらみで葛藤がある勲はどんな気持ちなのかなあ。自分がわだかまりがあっても弁護できるか?そういう人間の善性がテーマになるのでしょうか?

原作では、法廷の場面は圧巻ですね。個人的には一番好きなシーンです。
どう演じられるのか、今から楽しみです!!!
第5回原作ではプロとコントラの場面を再現した市原イワンと林アリョーシャの演技、本当にすばらしかったですね!!!

>次回は、いよいよ満が犯人に確定されていくようで。
弁護士・勲と容疑者・満の演技合戦が見ごたえありそう。

そうですよね!!すっごい楽しみです!!!
今後恐らく出てくるであろう刑事・イッポリート入江と弁護士・市原イワンの演技も、ものすごく期待してます!!!
原作にあるペテルブルグからきた辣腕弁護士がキャストにないなあ、と思っていたら、まさかの勲さんが弁護人だったんですね^^
長々とすみません><。大好きなドラマなので、つい熱くなってしまい・・。

櫻井8号 |  2013/02/24 (日) 12:00 No.41682


申し訳ありません!書き間違え多数。訂正です~

先ほどの自分のコメントですが・・いくつか映像と違っていること書いちゃって・・大変失礼いたしました。訂正いたします。申し訳ございません。

1)髪や襟をつかんで壁に投げ飛ばすオヤジ。→髪はつかんでいませんでしたね><;;襟だけですね。
2)満さんはグーで殴ってますが、一発だけで、→2発殴ってましたね><;;
すみません!!最大の書き間違いです~~><;;
3)それに末松、「犯人は相当内部に詳しくないと・・」→ これを言ったのは勲さんです。本当にすみません><;;

夜中にスマホで見ているために、画面が暗くよく見えないので、見間違え聞き間違えが多くなり失礼いたしました。
後、最初の方、小栗さんが封筒を拾っていた気がします。あの封筒は何なんでしょう?原作の3000ルーブルに相当する何か?でしょうか??気になります!
まさか小栗さんは何かやましいことがあり、それを隠すために満を犯人に仕立て上げようとしているのか?

櫻井8号 |  2013/02/24 (日) 14:10 No.41683


こんばんは。
脚本が久々に旺季志ずかさんに戻ったせいか、濃い人間ドラマが展開されて楽しかったですね。

特に苦悩する斎藤工さんの満と、
吉田鋼太郎さんの文蔵の絡みが最高でしたね。
久留美から手を引いてくれという満を父、文蔵が嘲笑し、
久留実を侮蔑する父に思わず手を出すシーン、よかったです。
満さん原作のように、久留実と派手な逃避行を展開するかと期待したんですが、案外あっさり捕まりましたね。
その点だけが残念な気がしましたが・・・

杉山一郎くんと涼との心あたたまるエピソードもよかった。
あれって、アリョーシャと子供のエピソードの変奏でしょうか?
アリョーシャと子供のエピは鉄板で、ご存知でしょうが、「少年たち」という別の映画になってるほどですからね。

原作の再読を始めました。原作読んだのがずいぶん前なので、記憶がうろになってて、ドラマ見てこんなエピあったっけ、と思うこともいくつか出てきたので・・・
母親の死が心を病んだためというのも、原作でさりげなく表現されていたり、久留実と文蔵が組んで満を騙すエピも、最初の家族会議の話の時、ドミートリーが言ってますね。
このドラマ結構細かく原作を解体してエピを作り込んでいるなと感じました。

ここのところ、このドラマだけではなく、「ミチル」や「信長のシェフ」など深夜ドラマが妙に面白いですね。ゴールデンタイムでいいなと思うのは「とんび」と「相棒」だけなので、来期はゴールデンタイムのドラマも、がんばって、面白くなるといいなと思います

よしぼう |  2013/02/24 (日) 18:47 [ 編集 ] No.41686


市原君最高(^-^)v

今回も市原君のアップが多くて楽しめましたーー!!
あ~も~かっこ良いわ( 〃▽〃)
来週の予告にお宝サービスショットがあったので、それも楽しみ(笑)うはっ!
明日からBSプレミアム3日連続でカラキョーやってくれるので、見比べようかしら。
NHKさん気が利くわ~(^.^)

タンバリン |  2013/02/24 (日) 21:05 [ 編集 ] No.41690

コメントを投稿する 記事: 【カラマーゾフの兄弟】 第7話 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

カラマーゾフの兄弟 第7話

『黒く潰された空白』 内容 意識を取り戻した秘書の小栗(渡辺憲吉)から話を聞く入江刑事(滝藤賢一) “その時”に見たのは、誰だったのか? 入江が見せた写真を指さす小栗。。。

レベル999のgoo部屋 2013/02/24

カラマーゾフの兄弟 (第7話・2/23) 感想

フジテレビ系ドラマ『カラマーゾフの兄弟』(公式)の第7話『~黒く潰された空白~』『(ラテ欄)黒く潰された空白』の感想。 なお、原作である文豪フョードル・ドストエフスキーの...

ディレクターの目線blog@FC2 2013/02/24

カラマーゾフの兄弟 #07

『黒く潰された空白』

ぐ~たらにっき 2013/02/24

カラマーゾフの兄弟 第7話

2013.2.23 Sat On-Air 第7話 ~黒く潰された空白~  刑事・入江悟史(滝藤賢一)は、意識が戻った黒澤文蔵(吉田鋼太郎)秘書・小栗晃一(渡辺憲吉)に、彼を階段から突き落とした人物を...

ドラマハンティングP2G 2013/02/24