ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
とんび  内野聖陽  佐藤健  常盤貴子  吹石一恵  加藤貴子  野村宏伸  音尾琢真  麻生祐未  柄本明  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【とんび】第6話 感想

   ↑  2013/02/18 (月)  カテゴリー: 2013年1月期ドラマ
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : とんび 内野聖陽 佐藤健 常盤貴子 吹石一恵 加藤貴子 野村宏伸 音尾琢真 麻生祐未 柄本明 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3305.html

2013/02/18 | Comment (7) | Trackback (10) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんばんは。
>ヤスはやっぱりすでに鬼籍に入っているんですね。
>それが、ハッキリ語られた回でもあった。
こればっかりは、まだ次回にならないと分かりませんよ。
現代編は、こちらの想像の斜め上を行ってますから。
とにかく、原作既読なのにもかかわらず、
次回旭が何を言うのかで、一週間モンモンとさせられていますから。
今回は、いつもしんみりさせてくれる「とんび」なのに、
ヤスと旭の噛み合わないやりとりで、
ほぼ1時間腹を抱えて大笑いしてました。
ああ、楽しかった。
さすがにラストの別れだけは、いつものように、ジーンとさせられましたが・・・
次回は就職編でしょうか。
ただ、旭が地元にいないので、どんな話になるのか、
期待と不安が半々です。

よしぼう |  2013/02/18 (月) 00:38 [ 編集 ] No.41597


Re: よしぼうさん

>こればっかりは、まだ次回にならないと分かりませんよ。
現代編は、こちらの想像の斜め上を行ってますから。

後々考えるとそうかも知れませんねぇ…。
私は会社の同僚の言葉で、すっかりヤスはもう居ないと思い込んでしまいましたが、
ミスリードなのかも知れません。
(え、ミステリーでもないのにミスリードがいるの?とは思いますが^^;)

>今回は、いつもしんみりさせてくれる「とんび」なのに、
ヤスと旭の噛み合わないやりとりで、
ほぼ1時間腹を抱えて大笑いしてました。

そうですか!
面白かったですが、私はウルウルしてる率の方が高かったかも~。
父と息子の話には元々弱いし、子どもを巣立ちさせる親の気持ちを考えたら、
なんかヤスに同情しちゃいました。
子どもみたいに可愛いですわ、ヤス。

くう |  2013/02/18 (月) 02:43 [ 編集 ] No.41601


何で

こんにちは!
何でこんなに毎話毎話泣けるんでしょうねえ(苦笑)
今回はホント、ヤスを見守るみんなの温かさに泣けて泣けて・・・!
(親子愛は当然ですが。。。)
親が居なかった上に最愛の妻と過ごせた時間は5年くらい。
そのあとは周りがいっぱい支えてくれたとはいえ
父ひとり子一人でやってきたことを考えれば
絆は当然深いわけで、ヤスでなくともさみしいですよね。
栄養失調になるかどうかはさておいても(^^;
レギュラー争いからいつの間にか受験のところまで話が進んでいてびっくりしたのと、
今まで人の家の前で酔っぱらって寝転んでると思っていたら一軒家がいつの間にか二人の住まいになってることにもびっくり・・・(後者は単なる私の注意力不足)

いつでもどこでも両親の話をするアキラはもしかすると人によってはうざいかもしれませんがまあアキラなのでいいです(なんだそれ)
あの言い方だと亡くなってるっぽいですよね。
まだそんなに年でもないのに。。。
そのエピソードもまた泣けそうですねえ。。。
早稲田の法学部からなぜ小学館(?)なのか謎ですがその辺も描かれるのかなー?

へなちょこはっぴーらいふ。 |  2013/02/18 (月) 14:16 No.41609


>ヤスはやっぱりすでに鬼籍に入っているんですね。
それが、ハッキリ語られた回でもあった
(≡д≡) ガーン やっぱ、そうなの?(涙
あれが最後のカレーって言ってたもんね。
でも字幕は「最期」ってなってなかったぞ(←苦しい)
わたしゃ、せいぜい、ケンカ別れして故郷に帰ってないぐらいの感じを望んでいるよ~
って、今回は後半ずっと泣いてたよ~
そして、書きながらまた泣くという・・(笑
ベタっちゃーベタな展開なんだけど、そう感じさせないのが
やっぱりうまいよな~

きこり |  2013/02/18 (月) 15:10 No.41610


母はリアルタイムでドラマを見てるので、ドラマがそこで終わったことをしゃべられ、原作はどうか聞かれちゃいました。
ドラマは脚色があるからね、ドラマはどうなるかどうか解らんけど、原作での今後の展開を、母には教えちゃいました。
これだけでも、王様の耳はロバの耳!状態から、ちょっとは開放された(笑)
NHKドラマのほうは一応見てるし、細かいとこは、ほとんど覚えてないけど、ラストは覚えてるんで!こっちを見た人も同じことは思うよなあ~

駄々っ子ヤスにカッをいれれる人がいなくなっちゃったと、おもったけど、(たえ子さんも手を焼くのね)照雲さんのさりげなさがいいなあ!

父が九州から東京に就職して、地元にもどってきたくちなので、ドラマのような経験はないですね
叔母さんとかで県外にお嫁にいったひとは、親戚に冠婚葬祭あるたんび交通費使って、こなければいけないし、それはそれで大変そう(笑)
母の友だちの息子さんに東京の大学いってそっちで就職して、旦那が先立ってから、一人暮らしを強いられている方がおられるし・・・
弟も母ほったらかし、わたしが一緒に暮らしているくらいだから、それもなんともいえないけど・・・

子供が成長して、独り立ちを迎えるときって、色々あるものなんですね。あらためてそう思いました


ミンミン |  2013/02/18 (月) 16:38 [ 編集 ] No.41611


ヤス・・・

生きてるって信じたいけど・・・
今、くうしゃんのレビュ読んで、アキラが旅立つ前の日の会話の中の

>もし、足手まといになるくらいなら首くくっからよ。

がちょっと引っ掛ってもうた・・・
いやいや、ヤスに限ってそげなヤワな神経じゃない!
だけど、今回は二度もヤスのバカをみくびって大変な事態が
起きちゃったしなぁ・・・

と、やたらヤスの生死が気になる今日この頃(笑)。
過去のエピでじんわりした後に、必ず現代版のアキラの話が
出てくるから、どうしても意識せずにはいられなくなるんよねぇ。
これが無ければ、いつまでも話の余韻に浸れるのに・・・

なので早く明らかにしてほしいよ~!!!

子供の親離れはあっけないけど、親の子離れはなかなか・・・
自分も含め、それを実感するお話だった・・・

まこ |  2013/02/19 (火) 11:37 [ 編集 ] No.41620


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2013/02/19 (火) 20:15 No.41627

コメントを投稿する 記事: 【とんび】第6話 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

「とんび」父と子の愛情6素直に慣れないヤスはアキラに最後まで頑張れという言葉を掛けられなかった

「とんび」第6話は高校受験を控えたアキラはヤスに早稲田を受験したいと話すが、ヤスは東京へ出たいというアキラの言う事を全く耳を貸さない。そんなアキラは一度家を出て勉強に ...

オールマイティにコメンテート 2013/02/18

ドラマ「とんび」 第6話 あらすじ感想「...

二日目の朝のカレー-------------!!ついに由美と付き合いだした旭。でも、それを由美は黙っておきたいよう。だが、実際の所、同僚たちにはバレバレのようで(^^;)自分でいいのか...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2013/02/18

ドラマ「とんび」 第6話 あらすじ感想「父と息子の最期」

二日目の朝のカレー-------------!! ついに由美と付き合いだした旭。 でも、それを由美は黙っておきたいよう。 だが、実際の所、同僚たちにはバレバレのようで(^^;) 自分で

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ 2013/02/18

とんび 第6話「父と息子の最期」

第6話「父と息子の最期」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

Happy☆Lucky 2013/02/18

とんび 第6話

ヤス(内野聖陽)は、家から通える地元の国立大学を受験すると言っていた旭(佐藤健)から、東京の早稲田大学を受験したいと言われます。 初めは旭が東京の大学を受けることを喜

ぷち丸くんの日常日記 2013/02/18

とんび #06

『父と息子の最期』

ぐ~たらにっき 2013/02/18

日曜劇場 「とんび」 第6話

 「健介、二日目の朝カレーっていうのは、特別なんだよ。 一日目のカレーはお客さんでも食べられるだろ? でも、二日目の朝のカレーは家族しか食べられないんだよ。 家族でこう ...

トリ猫家族 2013/02/18

とんび 第6話

第6話「父と息子の最期」2013年2月17日 平成2年、冬。 ヤス(内野聖陽)は、家から通える地元の国立大学を受験すると言っていたアキラ(佐藤健)から東京の早稲田大学を受験したいと伝...

ドラマハンティングP2G 2013/02/18

とんび 第6話

『父と息子の最期』 内容 旭(佐藤健)の気持ちを知った由美(吹石一恵)だが、微妙な距離を感じていた。 1990年。旭の行く大学は、地元の国立大学と安男(内野聖陽)は考えて...

レベル999のgoo部屋 2013/02/18

とんび 第6話

市川家のカレーには、グリーンピースがのっている。あの日、親父は二日目のカレーを食べただろうか。旭はヤスとの日々を思い出します。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の...

昼寝の時間@R 2013/02/19