ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
とんび  内野聖陽  佐藤健  常盤貴子  吹石一恵  加藤貴子  野村宏伸  音尾琢真  麻生祐未  柄本明  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【とんび】第5話 感想

   ↑  2013/02/11 (月)  カテゴリー: 2013年1月期ドラマ
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : とんび 内野聖陽 佐藤健 常盤貴子 吹石一恵 加藤貴子 野村宏伸 音尾琢真 麻生祐未 柄本明 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3295.html

2013/02/11 | Comment (19) | Trackback (11) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんばんは。
眠れないので、変な時間ですが、コメント書きます。
今回から、旭がルーキーズ、佐藤健ですね。子供時代の子役もいいですが、彼がやってくれた方が華がありますね。
テレビ見ながらの、親に対しての失礼な返事でも・・・
それと、今回はヤスがキャッチボールの時のように女々しくなく、昭和の親父としてどっしり構えているので、安心して見ていられます。
くうさんが言っているのは、今は希薄になった「地域の教育力」というやつですね。「とんび」のテーマとして、旭をヤスだけでなく、地域の大人たちが協力して育てていくというのがあるのは明らかなので、くうさんの言うようなことは重要ですね。
>愛のあるゲンコは「暴力」ではなく、「教え」だ。
>今の教育はそこの所を神経質に間違って、子どもに対してビクビクし過ぎている。
これ、分かるけれど、親であるヤスや親代わりの海雲和尚だから許されるんであって、ちょっと危険ですよ。
今は世の中が複雑になって、「地域の教育力」も「愛のあるゲンコツ」もなくなっています。
ヤスが「夜行観覧車」の真弓と彩花の親子を見たらどう思うかを思わず考えてしまいました。(同じ局なんですよね。昔と現代の親子の差でしょうか?)
私はヤスがモンペに言い返した「親が子供を甘やかさなかったら誰が甘やかすんだ」が好きです。ヤスが言うから、という側面はありますが・・・

よしぼう |  2013/02/11 (月) 03:37 [ 編集 ] No.41462


縁か

今回も泣かされました。
同じく和尚の手紙を読んでるだけで(><)

この親子も、和尚にとっては家族同然で。
だからこそ孫のような旭を最期まで待っていたんだろうなぁ。

ベタなんですけど、映像と、みなさんの演技と、優しい台詞に泣かされてます。

名作ですね、これは。

なぎさ美緒 |  2013/02/11 (月) 09:15 No.41464


私も、毎回泣きながら書いてるけど、今回も泣けたよーー
『縁』ってそういうことだったんだね。
わたしゃ、初めて知ったよ。
そして和尚を看取ったみなさんの在り方というかさ・・
本懐を遂げさせるために、動く姿に感動したよ(TmT)ウゥゥ・・・
今回はいろんなことを考えさせられたなぁ・・・
>愛のあるゲンコは「暴力」ではなく、「教え」だ。
そうなんだよね。
殴った手の痛みを感じながら和尚はヤスのこと叩いてきたんだもの。
あるがままヤスを愛し、導いてくれた和尚の大きな愛に泣けたさーー
って、今回のラストの旭のつぶやきを聞いたら、ヤス、生きてるんだよね?
家族でヤスに会いにいける日がくればいいな~

きこり |  2013/02/11 (月) 11:25 No.41466


昨日の感想

 最近なかなか見れなかったので久しぶりに見ました。
 NHK版、原作と見て、TBS版と3タイプの”とんび”を見れてとてもうれしいです。
 特に原作は今でもすごくなけます。
 TBS版は内容を少し変えたりして成長した”アキラ”目線からの表現は今までになく、新鮮でいいです。
 原作のアキラの彼女は豪快な人のイメージなのでちょっとびっくりです。
 このあとの展開がつながるかな?
 でもTBS版はうまく原作と変えて飽きないようにしているところがにくいです。
 最後まで見たあとに原作を読んで見るのもいいと思います。
 僕もヤスさんみたいな父親になりたいけど、娘にでれでれの父親だから多分無理です。

きんきん |  2013/02/11 (月) 12:41 No.41467


実はTBSの「とんび」はあまり観てなかったんですよ~
重松さんの本が好きで、原作も読んでいます。
以前NHKで放送した時は観てました。でも前後編と短い放送だったので何か原作とちょっと違うなあ・・・、と。
で、今回は敢えて観てなかったんですが・・・
やっぱりTBS版はじっくり書いている感じでいいですよね。
特に内野さんは本当に「ヤス」そのものです。

カズ |  2013/02/11 (月) 14:16 No.41468


忙しい忙しい

ただでさえ見たいドラマが多いのにフィギュアも見てたらますます追いつかなくなってきました。
カラマーゾフも八重の桜もまだ見られてません・・
明日はNHKの2本もあるし・・

そんな中今日とんびを録画で見ました。
やっぱり手紙のところはじーんとしました。
夫がいたのですがお構いなしに見てたら(でないと見るときがないので)夫は初めて見るのに泣いてました(笑)

最初のうちはいちいちあれは誰だとかうるさかったのですが、半分くらい見たら入り込んでましたね。
しゃーないからまた来週も一緒に見てやるか(笑)

kyom |  2013/02/11 (月) 22:21 No.41489


Re: よしぼうさん

>今回から、旭がルーキーズ、佐藤健ですね。子供時代の子役もいいですが、彼がやってくれた方が華がありますね。

子役さんは最初の3歳の子があまりに天才的でしたね^^;
16歳から健というのは、全く違和感ありませんでした。
まだまだ学ランでイケますね。

>それと、今回はヤスがキャッチボールの時のように女々しくなく、昭和の親父としてどっしり構えているので、安心して見ていられます。

まぁ…それでも試行錯誤してますけどね。仕方ないです。
試行錯誤して成長するのが親なので。

>くうさんが言っているのは、今は希薄になった「地域の教育力」というやつですね。

今はそういうのはないですね~。
家族はほとんどが核家族で、近所との連携もなく孤独な子育てをしている人がほとんどです。
私自身も正直言って子どもは好きですが近所みんなで家族のように…みたいなのは
煩わしいと思う方です。時代ですね^^;

>これ、分かるけれど、親であるヤスや親代わりの海雲和尚だから許されるんであって、ちょっと危険ですよ。
今は世の中が複雑になって、「地域の教育力」も「愛のあるゲンコツ」もなくなっています。

例えば、学校などの場では教師よりも親のクレームの方が強くなってしまって、
教師は生徒がどんなに酷くても「叱れない」状態です。
親子はいつの間にか友達親子になってしまって、家庭でも親は子どもを叱らない状態。
結果、大人をなめた子供の犯罪が増えている気がします。
だからと言って昔に戻れとも簡単に言えないし、難しい問題だとは思います。
昔の方が色々と単純で良かったのではないでしょうか。

>私はヤスがモンペに言い返した「親が子供を甘やかさなかったら誰が甘やかすんだ」が好きです。ヤスが言うから、という側面はありますが・・・

たえ子姉ちゃんの受け売りですね^^
そう、間違った事はきちんと叱れるヤスが言うからこその「甘やかせ」です。

くう |  2013/02/12 (火) 02:05 [ 編集 ] No.41496


Re: なぎさ美緒さん

>今回も泣かされました。
同じく和尚の手紙を読んでるだけで(><)

もう、泣くために見てるんだよな~とは思うんですけどね、狙い通りに泣かされてますよね^^;
ほんと、このスタッフのお仕事には降参しますわ。

>この親子も、和尚にとっては家族同然で。
だからこそ孫のような旭を最期まで待っていたんだろうなぁ。

旭が来てから亡くなるっていうのはね、待ってたんですよね。あれは…。
間に合って良かった。ほんと。
うん。名作ですわ。

くう |  2013/02/12 (火) 02:08 [ 編集 ] No.41497


Re: きこりさん

>私も、毎回泣きながら書いてるけど、今回も泣けたよーー

だよね~…もうやられっぱなしだよ(;_:)

>『縁』ってそういうことだったんだね。
わたしゃ、初めて知ったよ。
そして和尚を看取ったみなさんの在り方というかさ・・
本懐を遂げさせるために、動く姿に感動したよ(TmT)ウゥゥ・・・

考え方が自由だよね。
「臨終なのに何で来ないんだ」とか、絶対に言わないし、全て自然に任せようっていう…。
死に目も「縁」っていう考え方にはホント目から鱗だったわ。

>殴った手の痛みを感じながら和尚はヤスのこと叩いてきたんだもの。

殴れば自分の手も痛いし心も痛いもんね。
自分はどこも痛くないっていうのは「暴力」だよね。
和尚とヤスの親子同然の繋がりを感じるよ。可愛かったんだろうね…。

>って、今回のラストの旭のつぶやきを聞いたら、ヤス、生きてるんだよね?
家族でヤスに会いにいける日がくればいいな~

そっか~…あれは生きているって意味だったのか、と、きこりさんの記事を見て
初めて思った。←自分の中ではもう勝手に居ない設定ww
来週、倒れちゃうっぽかったけど…大事ないのかなぁ…。

くう |  2013/02/12 (火) 02:14 [ 編集 ] No.41498


Re: きんきんさん

コメントありがとうございます^^

> NHK版、原作と見て、TBS版と3タイプの”とんび”を見れてとてもうれしいです。
 特に原作は今でもすごくなけます。

ね~原作は良いとよく聞きます。
私はNHK版を半分しか見なかったので、何か消化しきれていない気がしていたのです。
TBSは原作とはかなり変わっているようですが、放送してくれて良かった^^

>  最後まで見たあとに原作を読んで見るのもいいと思います。

はい!ぜひそうさせていただきます^^
ドラマや映画は全くネタバレのない状態で見たい方なので、終わってから読むのを楽しみにしておりますわ。

> 僕もヤスさんみたいな父親になりたいけど、娘にでれでれの父親だから多分無理です。

私は自分勝手な子育てをしてきた方だと思います^^;
小さい頃、ヤスほどの愛情をかけてあげればよかったなぁと反省しつつ見ています。

くう |  2013/02/12 (火) 02:20 [ 編集 ] No.41499


Re: カズさん

>以前NHKで放送した時は観てました。でも前後編と短い放送だったので何か原作とちょっと違うなあ・・・、と。
で、今回は敢えて観てなかったんですが・・・
やっぱりTBS版はじっくり書いている感じでいいですよね。

NHK版は前後編で90分ずつ…でしたっけ。
確かに短いでしょうね。
主なエピソードを追うだけになってしまう。
TBS版はいっぱい時間がありますから、その分ジックリですね^^

>特に内野さんは本当に「ヤス」そのものです。

おお、そうですか!
私は原作知らずなので堤さんのヤスはとても好きでしたが、(ファンです (`・ω・´)キリッ)
内野さんも好きなので…まぁ、とにかく上手いですよね~。

いずれ原作を読むのを楽しみにしてます^^

くう |  2013/02/12 (火) 02:24 [ 編集 ] No.41500


Re: kyomさん

私、以前はフィギュア大好きで必ず見てたんですが、この頃はスッカリ見なくなっちゃって^^;
ほんと、あれもこれも録画してると時間がないですよね。

>やっぱり手紙のところはじーんとしました。
夫がいたのですがお構いなしに見てたら(でないと見るときがないので)夫は初めて見るのに泣いてました(笑)

いやーーすごい。ダンナさまも泣かせた^^
ウチのダンナはじぃーっと見てましたが泣いてたんだろうか。
何せ私自身が泣いてたので、構ってる間がありませんでしたわw
こういうドラマは年齢も男女もなく、感動できますよね。
どうぞ、ご一緒に楽しんでください~(^^)/

くう |  2013/02/12 (火) 02:29 [ 編集 ] No.41501


う・・・

親のしに目に会えないって、凄く罰当たりな気がしてた・・・
なので、霊柩車見たら親指隠せとか、
夜に爪を切ったらいけないとか、
そんな事したら親のしに目に会えないぞ!との
脅し文句に忠実に従ってたあたし・・・

臨終に立ち会えるのも会えないのも縁かぁ・・・
それが普通のドラマの普通の人物が言ったセリフでなく
このとんびというドラマで、和尚姿の照雲さんが言った事で
余計に納得させられた・・・

てか、ドラマ見た際にはそんなに心に残らなかったけど、
今くうしゃんのレビュでの解釈を読ませてもらって泣きそうになったよ・・・

この世は縁と片思いで出来ている byとんび&はらちゃん

まこ |  2013/02/12 (火) 13:13 [ 編集 ] No.41504


Re: まこしゃん

>親のしに目に会えないって、凄く罰当たりな気がしてた・・・
なので、霊柩車見たら親指隠せとか、
夜に爪を切ったらいけないとか、

同じ同じ~!(≧▽≦)
子どもにも夜に爪切るなって言ったりしてね。
ってか、私はしょっ中自分の親にいつ会えなくなるか解らないのに連絡がないとか、
死に目がうんたらとか一年中言われてるし、何だかこれを見たら目からウロコだった。
一期一会も死に目も「縁」なんだね。そう考えると何だか肩の荷が下りるね。
心の大きい人たちだな。

>この世は縁と片思いで出来ている byとんび&はらちゃん

うん~両方とも心に残る言葉がいっぱいのドラマだね(;_:)

くう |  2013/02/12 (火) 14:43 [ 編集 ] No.41505


このエピは、原作との違いを語らないと、感想がまとまんなくて、
なんとなくコメント書くの躊躇してました

原作ではこのエピソード、旭は中学生です。
小学生から、いきなり高校にドラマではなりましたが、見る前のとり腰はおいといて、意外と違和感がなかったですね、健くんの学ラン姿とか!(ファンの贔屓はあるかも・・・?)

昨今のニュースでも問題になっている、しごき、体罰うんぬんがじゃっかんからんだ展開でもあったのですが、もんぺ(モンスターペアレントのことですよね?)のほうが、現代のシーンとの対比でクローズアップしてました。

後輩のだらしない描写とかそんなに出てなかったし、伝統で自分も先輩にやられたと台詞で語られてますが、バットでたたいた旭のほうだけが、かなり悪者に見えたんじゃ?と心配な感じではあります。
このドラマのいいところをやぶって、もんぺを現代のシーンに入れてくる必然があったのか、(回想は原作どおりです)現代のシーンの言いがかりが、かなり無茶苦茶だったので、開いたドアでゴン!の笑いでやわらいだものの、かなり後味悪かったです。
追っ払い方も、由美さんのほうが見事だったような感じがするのもなんかくやしい。ヤスしか、こんなことせんだろー的な、つきぬけかんなんかほしかったかなあ

そんなわけで、海雲さんの旅立ちの感動の余韻にひたれなくて・・・(一番くやしいのはそこかしらん)
なんかこれから繰り返し見たら、感想も変わるかもしれないです

ミンミン |  2013/02/12 (火) 15:16 [ 編集 ] No.41506


修正機能使おうとしたけど、なぜか上手くいかなくて・・・

いっそ、けつバット!うんぬんは、おもいっきりカットして、
純粋にレギュラー争いの話にしてもよかったような、気はしてます。
いや過去にルーキーズを作ったという実績がなければ、そうは思わないですけどね(笑)

ミンミン |  2013/02/12 (火) 15:52 [ 編集 ] No.41508


こんばんは!
今回も泣けました!!><
和尚がこうなるのは予告でわかってはいたものの
予想外のアキラの反抗期があったりで余計泣けました。
それにしても学校でアキラを怒っていたヤスのセリフ、納得です。伝統だからと言われても、ですよね。
多くを語らず「情けねえ」というのがまたいいです。
育て方が悪かったのくだりは親として切ない・・・!
あれをいわれたらたまりませんね。
まあそのあとの自分を殴る仕草はイマイチわかりませんでしたが気持ちは痛いほど伝わったようで、
現代アキラまでやってましたね(笑)
現代アキラの自分殴りに吹石さんの常識がないようで・・・の謝罪。
二人とも変人で通りそうで、これまたヤスのときと同じですねー。
それにしても元だんなかと思いきやモンペ・・・そこはちょっとがっかりでした(笑)

柄本親子がしんじゃった週でしたね・・・(^^;

来週は何やら旅立ちで親子がまた揉めてる風な予告でしたね。
ヤスさん倒れてる映像だったし!
また号泣かなー。

へなちょこはっぴーらいふ。 |  2013/02/12 (火) 19:43 No.41513


Re: ミンミンさん

>小学生から、いきなり高校にドラマではなりましたが、見る前のとり腰はおいといて、意外と違和感がなかったですね、健くんの学ラン姿とか!(ファンの贔屓はあるかも・・・?)

いやっ。違和感なかったです (`・ω・´)キリッ
健はまだまだ学生服イケると確信。

>後輩のだらしない描写とかそんなに出てなかったし、伝統で自分も先輩にやられたと台詞で語られてますが、バットでたたいた旭のほうだけが、かなり悪者に見えたんじゃ?と心配な感じではあります。

暴力と愛のゲンコの違いを描きたかったのかなぁと思いました。
ケツバットは唐突な感じはしましたが、ダメなことはダメだとヤスが
きっちりアキラを教育しているというエピとして悪くないと私は思ってます^^

>このドラマのいいところをやぶって、もんぺを現代のシーンに入れてくる必然があったのか、(回想は原作どおりです)現代のシーンの言いがかりが、かなり無茶苦茶だったので、開いたドアでゴン!の笑いでやわらいだものの、かなり後味悪かったです。

現代サイドのモンペは、言ってることがおかし過ぎですよね。
あれこそ、本物のモンペ^^;
しかし、近年ではあんなのが本当に溢れてますからね。
まぁ…いっか…って感じです。

私は、そういう所はサラッと見て海雲和尚の方にめいっぱい感動できました^^

くう |  2013/02/12 (火) 21:17 [ 編集 ] No.41515


Re: へなちょこはっぴーらいふ。さん

>和尚がこうなるのは予告でわかってはいたものの
予想外のアキラの反抗期があったりで余計泣けました。

死んだことに対して泣くと言うより、本当に感動したよ~(;_:)
この人たちの心持ちに…。
本当に最後まで優しい人たちだ~。

>それにしても学校でアキラを怒っていたヤスのセリフ、納得です。伝統だからと言われても、ですよね。
多くを語らず「情けねえ」というのがまたいいです。
育て方が悪かったのくだりは親として切ない・・・!

あれは、やっぱりさすがの旭も高校生になるとグレるんだなぁ。
巻かれていくんだなぁと思いながら見てました。
まぁ…いつまでも良い子っていうのも有りえないんで、それをヤスがしっかり正してやってるって
感じでいいのかなぁと。ヤス、頑張ってるなぁ^^

>それにしても元だんなかと思いきやモンペ・・・そこはちょっとがっかりでした(笑)

毎回ラストの引っ張りは、それほど大きな展開はないんだなと再認識^^;

>柄本親子がしんじゃった週でしたね・・・(^^;

あはははははwwそうだ。両方とも!

>来週は何やら旅立ちで親子がまた揉めてる風な予告でしたね。
ヤスさん倒れてる映像だったし!
また号泣かなー。

うん。また号泣の予感。
とりあえず、ヤスが心配ですわ~。

くう |  2013/02/12 (火) 21:58 [ 編集 ] No.41517

コメントを投稿する 記事: 【とんび】第5話 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

とんび 第5話

『さらば愛しき人 内容 由美(吹石一恵)から距離を置かれた旭(佐藤健) ショックを受けるが。。。。 そんななか、由美の息子・健介が、 園で子供を殴ったと言われているのを見てし...

レベル999のgoo部屋 2013/02/11

ドラマ「とんび」 第5話 あらすじ感想「...

大切な人の死------------!!今回もまたベタな展開ではあるんだけど、泣かされたなぁ。和尚の優しい想い。ヤスの一生懸命なお父さんの姿。昭和の終わり。海雲和尚が入院。末期のガンで...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2013/02/11

ドラマ「とんび」 第5話 あらすじ感想「さらば愛しき人」

大切な人の死------------!! 今回もまたベタな展開ではあるんだけど、泣かされたなぁ。 和尚の優しい想い。 ヤスの一生懸命なお父さんの姿。 昭和の終わり。 海雲和尚が入院

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ 2013/02/11

とんび 第5話「さらば愛しき人」

第5話「さらば愛しき人」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

Happy☆Lucky 2013/02/11

とんび 第5話

ヤス(内野聖陽)は、入院している海雲(柄本明)の見舞いのために、毎日のように病院に通っていました。 一方、旭(佐藤健)の方は高校の野球部でレギュラーを決めるテストを控

ぷち丸くんの日常日記 2013/02/11

日曜劇場 「とんび」 第5話

 「僕としては・・できれば、健介君の父親になりたいと思っています!」 旭っ、言えたねっ!ヽ(゚∀゚)ノ ケンカ相手の父親に心から頭を下げた、その姿は健介の親父そのものだっ ...

トリ猫家族 2013/02/11

とんび #05

『さらば愛しき人』

ぐ~たらにっき 2013/02/11

とんび 第5話

第5話「さらば愛しき人」2013年2月10日 平成元年。入院している海雲(柄本明)の見舞いにヤス(内野聖陽)は毎日のように病院に通う一方で、アキラ(佐藤健)は高校の野球部でレギュ

ドラマハンティングP2G 2013/02/11

とんび 第5話:さらば愛しき人

海雲和尚・・・合掌(ノω・、) ウゥ・・・ ヤスさんに当てた手紙、バカバカ言いつつ、和尚らしいユーモアと愛情あふれる内容だった… 幼い頃から、本当の子どものようにヤスさんを見

あるがまま・・・ 2013/02/11

「とんび」父と子の愛情5アキラの暴行にヤスは殴り飛ばすも自らも殴って痛みを感じた体でアキラの行為を謝罪したのだった

「とんび」第5話は年号が平成となりヤスは毎日のように海雲の見舞いに病院に通う一方でアキラは高校の野球部でレギュラーを決めるテストを控えていた。ある日ヤスは海雲の見舞い ...

オールマイティにコメンテート 2013/02/11

とんび 第5話 簡単感想

「おまえは、息子にとって最高の反面教師だ。」入院してもいつもの和尚節は変わらず。しかし本当はガンがリンパに転移していてもう、長くないらしい。<続きは本家記事でご覧くださ...

昼寝の時間@R 2013/02/13