ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
八重の桜  NHK大河ドラマ  新島八重  綾瀬はるか  西島秀俊  綾野剛  西田敏行  玉山鉄二  長谷川博己  オダギリジョー  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【八重の桜】第5回 「松陰の遺言」感想

   ↑  2013/02/03 (日)  カテゴリー: 2013年大河「八重の桜」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 八重の桜 NHK大河ドラマ 新島八重 綾瀬はるか 西島秀俊 綾野剛 西田敏行 玉山鉄二 長谷川博己 オダギリジョー 

FC2スレッドテーマ : 大河ドラマ 八重の桜 (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3281.html

2013/02/03 | Comment (8) | Trackback (18) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんばんは。

>女主人公の大河で一番心配な主役特権演出が少ないこと

綾瀬はるかファンとしては、もっと出張ってきて欲しい気もしますが、
そうなると、某大河ドラマを思い出してしまうしで、
今くらいがちょうど良いのかもしれません。
これからが怒涛の展開へとなっていくワケですからね♪


>魂のこもったワンシーンでした。

小栗さんはホント良い演技をしてました。
非常に魅入ってしまいましたよ。

BROOK |  2013/02/03 (日) 20:16 No.41318


確かに、八重が主役なのに、主役×2
してませんよね~。 私はそれが少し心配ですが・・ まるで、覚馬が主役みたいだし(^-^)
内容も、穏やかな会津と、攘夷の嵐が吹き出さした江戸の対比は流石です。
ただ・・前も思ったんですが、会津候って勇まさしい藩主じゃないですよ(^^; どちらかというと、病弱で、家臣が支えなきゃって感じの人。
のちに京都に行っても、寝込むことが多かったって記述もある。 凛々しいのは嬉しいが、イメージが・・
あと、松陰の最期は意外とあっさりで呆気にとられましたが(^-^;
攘夷の話をするなら、先々を考え
もっと盛り上がらせた方が、良かった気もします。

Rue |  2013/02/04 (月) 00:51 No.41321


Re: BROOK さん

>綾瀬はるかファンとしては、もっと出張ってきて欲しい気もしますが、
そうなると、某大河ドラマを思い出してしまうしで、
今くらいがちょうど良いのかもしれません。

ああ…ごめんなさい( ̄∀ ̄)ニシジと綾野ファンとしては、もうずっと今のままで
全然かまわない状態ですwな~んて…
そうそう、今の八重はただの子どもで何もしてない状態ですしね~。
ここで出しゃばらせると一昨年の某大河とか…その前の前の某大河みたいに、
なんでこんな所にあんたがおるん!?という状態になってしまうわけで…
私は、今の描き方はちょうどいいと思っております( 〃▽〃)

>小栗さんはホント良い演技をしてました。
非常に魅入ってしまいましたよ。

もっと大げさに出しゃばらせるところを押さえた素晴らしい演出と良い演技でした。
こういう形が自然ですよね。うん。良かったです^^

くう |  2013/02/04 (月) 01:48 [ 編集 ] No.41322


Re: Rueさん

コメントありがとうございます^^

>私はそれが少し心配ですが・・ まるで、覚馬が主役みたいだし(^-^)

今のところは八重はだの子どもなので、ここに無理やり押し込もうとすると、
今までの女性主役大河のように、いつでもどこでも聞き耳立ててたり…
どこでもドアもってんのかよ!ってくらいに要らない場所に現れたり…
主人公が畏れ多くも殿さまの屋敷にズカズカ上り込んでたり…
そんな風になってしまうので、これが自然で良いと思います^^
これからですね。

>ただ・・前も思ったんですが、会津候って勇まさしい藩主じゃないですよ(^^; どちらかというと、病弱で、家臣が支えなきゃって感じの人。

それは、創作物の作り方、ですかね。
例えば織田信長ひとつ取っても、その物語が織田から見た物語なのか、
豊臣から見た物語なのか、徳川から見た物語なのかで描かれ方が全く違ったりします。
情け深い信長だったり、鬼畜な信長だったり、陰鬱だったり陽気だったりするわけですよね。
この大河では容保さまは思慮深くてキリっとしたお人柄のようですね^^

>あと、松陰の最期は意外とあっさりで呆気にとられましたが(^-^;
攘夷の話をするなら、先々を考え
もっと盛り上がらせた方が、良かった気もします。

歴史上では大変な人物ですが、八重とはあまり関わりが無かった…という視点だと思っています。

私、個人的には、大変自然に色々な事が描かれていると今の所は満足しています。
主人公が歴史観なく行動したり意見したりする有りえなさすぎる大河は見ていて冷めてしまう方なのです。
今までそういう大河が多すぎ、それが常識になってしまっている現状を憂いていたので、
この大河には期待しています^^

くう |  2013/02/04 (月) 01:59 [ 編集 ] No.41323


いやあ展開の速かった週でしたね。
桜田門外の変以降を幕末とする・・・らしいので、今まではイントロで来週以降がいよいよ本番というところでしょうかね。

さて来週は、容保公が会津藩の行く末を左右する決断をするようですね。
実直すぎるために悲劇の道を辿る事になる容保を綾野クンがどう演じるのか期待ですね。

カズ |  2013/02/04 (月) 10:20 No.41329


私も

ただいまです~!!

主役特権がない今回の大河ドラマには共感派です~♪
今回は泣けるシーンが何故か多くて・・・今まで理解できそうにないうらも、私も180度変わった見方が出来た回でした。

そういうのが大切なんでしょうね。

なぎさ美緒 |  2013/02/04 (月) 13:15 No.41331


Re: カズさん

>いやあ展開の速かった週でしたね。
桜田門外の変以降を幕末とする・・・らしいので、今まではイントロで来週以降がいよいよ本番というところでしょうかね。

おお~確かに。
ここからが本番かも知れませんね^^

>さて来週は、容保公が会津藩の行く末を左右する決断をするようですね。
実直すぎるために悲劇の道を辿る事になる容保を綾野クンがどう演じるのか期待ですね。

私にとっては今だ容保公の記憶は「組!」の筒井道隆さんなんですけどね、
たぶん実際のイメージは綾野剛さんの方が合っていると思うのですよ(#^.^#)
どんな容保公になっていくのか、先が楽しみですね。

くう |  2013/02/06 (水) 03:05 [ 編集 ] No.41379


Re: なぎさ美緒さん

おかえりなさい~(^^)/
楽しんでこられましたか~^^

>主役特権がない今回の大河ドラマには共感派です~♪
今回は泣けるシーンが何故か多くて・・・今まで理解できそうにないうらも、私も180度変わった見方が出来た回でした。

うらさんは良い人でしたよね…兄つぁまと一緒の様子はいじらしくて可愛かったし。
先週は嫁に来たばかりで緊張していたんでしょうかね。

主役特権は、今の所ひそめられていますよね。
ほんっと女性大河は特権だらけなことが多いので、今のところは安心~。
脚本家がちゃんとした人で本当に良かった^^

くう |  2013/02/06 (水) 03:08 [ 編集 ] No.41380

コメントを投稿する 記事: 【八重の桜】第5回 「松陰の遺言」感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「八重の桜」第5回

井伊直助、暗殺… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302030005/ NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック I坂本龍一 | 中島ノブユキ commmons ...

日々“是”精進! ver.F 2013/02/03

大河ドラマ「八重の桜」信念の人5覚馬が襲われるも八重の活躍で未遂に終わるも松陰が処刑され井伊直弼が暗殺され会津は激動の時代へ飲み込まれた

大河ドラマ「八重の桜」第5話はうらに子供が身ごもった矢先に覚馬が攘夷派に襲われ、そこでうらが浪士に飛ばされ流産してしまう事件が発生した。その頃江戸では吉田松陰が安政の ...

オールマイティにコメンテート 2013/02/03

八重の桜 第5回 「松陰の遺言」

思ったこと箇条書きで。 幕末ドラマで名前だけは出るのに、いつも静止画か会話で流される「横濱」が、動画で…感涙 お店のロゴまで…( ;∀;) でもロケじゃなくて、ワープ

青いblog 2013/02/03

「八重の桜」第5回 静かに退廃する綾野剛さんの魅力

「八重の桜」ももう5回になるけど、時代背景のお話が多く主人公が見えてこない。 綾瀬はるかさんは今回も「あんつぁま!」と西島秀俊さんの周りをうろうろしてる。 いや、会津に...

今日も何かあたらしいドラマ 2013/02/03

大河ドラマ「八重の桜」 #05 松陰の遺言

会津も幕末の流れに巻き込まれて行くようです。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2013/02/03

八重の桜 第5回 松陰の遺言

『松陰の遺言』 内容 安政の大獄により吉田寅次郎(小栗旬)が投獄。 その一方で、攘夷派による異国人への襲撃事件も頻発していた。 そのころ八重(綾瀬はるか)は、うら(長谷川京...

レベル999のgoo部屋 2013/02/03

『八重の桜』第5回

松陰の遺言

悠雅的生活 2013/02/03

八重の桜 第5回「松蔭の遺言」半分くらい...

最初の10分くらいは 子供達と豆まきをしていたので見れず、さ、見ようかなと思って5分としないうちにワンコが「う●ちしたーー」と家族が呼ぶ声・・・。いや、君たちが後始末した...

みやさとの感想文と(時々)感想絵 2013/02/03

八重の桜 第5回「松陰の遺言」

主人公である八重の登場シーンはさほど多くなく、かつての幼なじみとほんの少しだけラブラブな雰囲気を醸し出しているくらいは、日々の家事仕事に追われる毎日が描かれています。今...

あしたまにあーな 2013/02/03

「八重の桜」 第5回、松陰の遺言

大河ドラマ「八重の桜」。第5回、松陰の遺言。 安政の大獄~桜田門外の変。

センゴク雑記 2013/02/03

NHK大河ドラマ「八重の桜」第5回「松陰の遺言」

早いモノでもう2月の節分の鬼はー外ー福はー島ーの季節ですよ奥様!我らが八重の桜もなんだか上々の滑り出しじゃあないですか。何が良いって八重ちゃんがでしゃばり過ぎてないとこ

真田のよもやま話 2013/02/04

八重の桜 第5回「松陰の遺言」〜至誠にして 動かざるものは未だ これあらざるなり

 野菜に話しかけながら育てているうら(長谷川京子)。  彼女は野菜と同時に、お腹の中の子にも話しかけていたんでしょうね。  お前も大きく育てと。  ところが攘夷派の人間から...

平成エンタメ研究所 2013/02/04

大河ドラマ「八重の桜」 第5話 あらすじ...

安政の大獄------------!!開国と共に変わる日本。横浜は既に1ヶ月前とは違う街に。活気で溢れ、異国文化を取り入れ、アメリカ人たちの商売で賑わっていた。だが・・・攘夷が叫ばれ、...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2013/02/04

大河ドラマ「八重の桜」 第5話 あらすじ感想「松陰の遺言」

安政の大獄------------!! 開国と共に変わる日本。 横浜は既に1ヶ月前とは違う街に。 活気で溢れ、異国文化を取り入れ、アメリカ人たちの商売で賑わっていた。 だが・・・攘夷が...

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ 2013/02/04

『八重の桜』第5回「松陰の遺言」★ビー玉の八重(綾瀬はるか)はジャンプも凄い

『八重の桜』第5回「松陰の遺言」 前回は、嫁いできた兄嫁・宇良(長谷川京子)との距離が縮まらずにいた八重(綾瀬はるか)ですが、豆や大根のガーデニングなどで徐々に心が通い始めて...

世事熟視〜コソダチP 2013/02/04

はなれ瞽女おいち親思う心にまさる親心けふのおとずれ何ときくらん~掩ふべき袖の窄きをいかにせん行道しげる民の草ばに必殺剣(綾瀬はるか)

「掩ふべき袖の窄きをいかにせん行道しげる民の草ばに」(歓迎してくれる領民たちに相応しくない馬鹿殿は合わせる顔もなくはずかしくて顔を覆いたいのに袖は縮んでいる)・・・と詠ん

キッドのブログinココログ 2013/02/04

八重の桜 第4回「妖霊星」、第5回「松蔭の...

頼母が容保公に働きかけてくれたため、覚馬の禁足は解かれ、西洋砲術指南役、蘭学所教授に復帰、新たに軍事取締役と大砲頭取にも任命されました。<続きは本家記事でご覧ください。...

昼寝の時間@R 2013/02/05

【八重の桜】第5回感想と視聴率「松陰の遺言」

「松陰の遺言」第5回の視聴率は、前回の18.2%より少し下がって、18.1%でした。18%台をキープしていて、安定してきましたね♪この調子で、続いて欲しいものです♪(^^) 今回の...

ショコラの日記帳 2013/02/06