ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
カラマーゾフの兄弟  市原隼人  斎藤工  林遣都  高梨臨  松下洸平  渡辺憲吉  安藤サクラ  吉田鋼太郎  芳賀優里亜  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【カラマーゾフの兄弟】 第4話 感想

   ↑  2013/02/03 (日)  カテゴリー: 2013年「カラマーゾフの兄弟」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : カラマーゾフの兄弟 市原隼人 斎藤工 林遣都 高梨臨 松下洸平 渡辺憲吉 安藤サクラ 吉田鋼太郎 芳賀優里亜 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3280.html

2013/02/03 | Comment (7) | Trackback (4) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


くう様、いつも詳しい解説ありがとうございます!また前回はKYな長文でのコメントにも優しいお言葉をかけてくださり、本当にありがたかったです!
今回は画面が明るくて見やすかったです~。(いつもスマホで見ているので)。涼君の性格が表れている心救われるエピソードも多く、穏やかな気持ちで見れました(オヤジが登場するまでは)。おっしゃる通り、ホントに兄弟役の市原さん、斉藤さん、林さん、演技がぴったり当てはまっていてすばらしいですね!
暴虐親って結局はワンマン社長みたいなもんで「自分のイエスマン」が欲しいだけなですよね・・・。うちもそうでしたから。だから文蔵にとっては
満=>逆らってばかり、態度もエラそうーー>憎たらしい、たたきのめしてやる(だから満に対する言動が一番過激で残酷なんですよね><;;;)
勲=>表面は従順だが、ニヒルな顔で俺を馬鹿にしていやがるーー>頭はいいので利用だけさせてもらう
涼=>ペットーー>逆らわないいい子だと思っていたのに、とうとうお前もかーーー!!!!
てな感じだったのでしょうね。涼君がオヤジの前で初めて自分の意見を言ったとき張り倒されるのではないかと心配しましたが、優しい声で「お前の言うとおりにするよ」と言ったので、びっくり。あまりにも天使みたいに純粋な優しい涼の前では、自分の薄汚さ、えげつなさに多少引け目を感じるからでしょうか。あいつに限ってそんな殊勝な気持ちはないでしょうが。しかしあのオヤジの二枚舌。まさかオヤジも涼が陰で聞いているとは思わなかったでしょう。それともわざとか?涼君、ショック受けてましたね。普段仏様みたいに優しい人は、いったん怒りに火がつくと今まで抑えていた分だけマグマみたいにその怒りが膨張するんですよね。いよいよ展開に目が離せなくなりましたね!平和主義者の涼君もとうとう兄貴たちの仲間入り?
話し戻って恐縮ですが、最初の場面、勲も分かった時点ですぐに満に教えてあげればいいものを・・・「大の男にいうことかっ!」ってそりゃそうなんですけどね・・。すっごく仲がいい友達にその子が傷ついてしまうような隠れた事実とか見ても、なかなか言えなかったりしますものね・・。でも、そういう気持ちとも勲は違う気がします。加奈子がらみのもやもやした思いもあったのでしょうね。勲と満のぎくしゃくも今後どうなっていくのでしょう><::

櫻井8号 |  2013/02/03 (日) 11:12 No.41314


今回もお父さんの演技指導炸裂してましたね(笑)舞台好きなので、舞台を見ているようで毎週楽しいです。松下さん三回しか台詞なかったのですねー…(-o-;)
ラストまでこの調子なのかな~。

タンバリン |  2013/02/03 (日) 13:24 [ 編集 ] No.41316


Re: 櫻井8号さん

こちらこそ、いつもありがとうです^^

>おっしゃる通り、ホントに兄弟役の市原さん、斉藤さん、林さん、演技がぴったり当てはまっていてすばらしいですね!

イッチーは元々は熱い演技の役ばかりやらされていたし、本当は開始前はちょっと
心配だったんですよね^^;でも、抑えた演技が素晴らしいです。
斎藤工くんはこういう役をやらせたら上手すぎる人ですし、林遣都くんの
透明感はどんな役でも不思議と光る。器用な人です。
それぞれを支える演出もまた素晴らしいですね。

>涼君がオヤジの前で初めて自分の意見を言ったとき張り倒されるのではないかと心配しましたが、優しい声で「お前の言うとおりにするよ」と言ったので、びっくり。

私も意外でした^^;
怒鳴りつけるかと思っていたら、そうじゃなかった…けれども、あの後のセリフは、
あれほど大きな声で言っていたら、部屋で聞いていても丸聞こえのはずだし、
二枚舌を見せる事で傷つけた…という事でしょうかね。
喜ばせて落とすという…その方が涼は傷つくと解っての行動でしょう。
鬼畜ですわぁ…。

>いよいよ展開に目が離せなくなりましたね!平和主義者の涼君もとうとう兄貴たちの仲間入り?

というような予告でしたね~。
予告のミスリードという気もしますが…どうなるんでしょうか。

>話し戻って恐縮ですが、最初の場面、勲も分かった時点ですぐに満に教えてあげればいいものを・・・

加奈子絡みが大きい要因かという気がします。
2人で飲むまでは勲は満に怒っていたわけですし、あそこでちょっとだけ怒りが解けて、
一応言葉少なめに忠告してやった…ってところでしょうか。
あんまり喋らない人みたいですしね^^;
兄弟の絆の行方も気になりますね。

くう |  2013/02/04 (月) 02:19 [ 編集 ] No.41324


Re: タンバリンさん

>今回もお父さんの演技指導炸裂してましたね(笑)舞台好きなので、舞台を見ているようで毎週楽しいです。

ふふっ。ほんと舞台のようですね~。
そういう雰囲気がこのドラマにクラッシックな空気も作っている。
そこがまた良いのだと思います^^

>松下さん三回しか台詞なかったのですねー…(-o-;)
ラストまでこの調子なのかな~。

ラストよりも前には喋りはじめるのではないでしょうか…。
たぶん、小栗と末松にも尋問はあるはず…。うん。

くう |  2013/02/04 (月) 02:22 [ 編集 ] No.41325


コメント返しのまたコメントになってしまい、すみません><:: いやー、一週間仕事中もカラ兄弟のこと考えてますーー!!本当にいい男ばっかり出ていて、皆さん演技もうまいし。市原さんもあの冷静さ、素敵ですね!今、すっかり満LOVEです。斉藤さんの演技がはまりすぎているんですねー。満の性格や行動が自分と似ているから、一心同体みたいに感じちゃって(かなり妄想)。でも私は一応^^仕事してます。ちなみに異性も苦手です。。くうさんの感想やあらすじもとてもて丁寧で核心をついていて、すっかりファンになってしまいました!カラ兄弟のお話ができる人が周りにいないので、うれしいです!今週も今から楽しみにしています!

櫻井8号 |  2013/02/04 (月) 19:43 No.41339


Re: 櫻井8号さん

再びありがとうございます。
ホント、ハマってらっしゃるのですね^^
いや、毎回ラストのあのカッコいい切り方、続きが気になって、ハマってしまうのが解ります。

私は本来は市原隼人くんのファンなのですが、このドラマでは涼ちゃんが好きですかね^^
気の毒な子です。

今週の分も待ち遠しいですね。

くう |  2013/02/06 (水) 02:56 [ 編集 ] No.41378


この「カラマーゾフの兄弟」と、「夜行観覧車」と「ミチル」は、毎回とても楽しみです。
私も原作既読です。
しばらく前に舞台に凝っていたことがあり、吉田鋼太郎さんは舞台を映像でですが、見たことがあります。今回も期待に応える熱演なので、毎回楽しみです。
林遣都くんは、「ストロベリーナイト」の殺人刑事や、「パレード」の謎の青年のような役ばかりが印象に残っているので、今回のような素直な青年の役は、私にとっては新鮮です。
ただ、原作の宗教を精神医学に切り替えた発想は分かるけれど、あの原作で印象に残った長老の最期がドラマではアレなのか、と考えるとウーンと唸ってしまいます。微妙ですね。
ただ、次回の三人共謀説って、原作にありましたっけ・・・?

よしぼう |  2013/02/07 (木) 17:47 [ 編集 ] No.41425

コメントを投稿する 記事: 【カラマーゾフの兄弟】 第4話 感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

カラマーゾフの兄弟 (第4話・2/2) 感想

フジテレビ系ドラマ『カラマーゾフの兄弟』(公式)の第4話『三男・涼 奪われた我犬』の感想。 なお、原作である文豪フョードル・ドストエフスキーの長編小説はだいぶ前に既読。 ...

ディレクターの目線blog@FC2 2013/02/03

カラマーゾフの兄弟 第4話

『涼 奪われた我〜』 『三男・涼 奪われた我』 「三男〜奪われた我 内容 満(斎藤工)は、バーで知り合った吉岡久留美(芳賀優里亜)の話に乗り、 店の開店のため借金をする。 だ

レベル999のgoo部屋 2013/02/03

カラマーゾフの兄弟 #04

『三男~奪われた我』

ぐ~たらにっき 2013/02/03

カラマーゾフの兄弟 第4話

2013.2.2 Sat On-Air第4話「~三男・涼 奪われた我~」 ラテ欄「三男~奪われた我」  店を持てるという話が、父・文蔵(吉田鋼太郎)と、文蔵から金で買収された吉岡久留美(芳賀優里

ドラマハンティングP2G 2013/02/03