ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
平清盛  NHK大河ドラマ  松山ケンイチ  上川隆也  深田恭子  成海璃子    岡田将生  松田翔太  神木隆之介  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【平清盛】第47回 「宿命の敗北」感想

   ↑  2012/12/02 (日)  カテゴリー: 2012年大河「平清盛」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 平清盛 NHK大河ドラマ 松山ケンイチ 上川隆也 深田恭子 成海璃子  岡田将生 松田翔太 神木隆之介 

FC2スレッドテーマ : 大河ドラマ 平清盛 (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3167.html

2012/12/02 | Comment (10) | Trackback (23) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんばんは。

>心の軸はズレて

清盛の目指す国造りは、いつしか方向性を見失ってしまったようですね…(汗)
強引に推し進めるのは、皆の反感を買うワケで…
もっと下準備が必要だったと思うところです。


そうそう、義経が弁慶の頭の上の的を射るシーンは良かったですね♪
主従関係に熱くなりました。


とりあえず、平家と源氏の対比が上手いです。
残り3回…そろそろ清盛が死ぬ時も近付いています。

BROOK |  2012/12/02 (日) 20:13 No.40610


たしかに

頼朝と義経には、ある種の温度差がありました。
私も来年の大河を、つづきの源平合戦にて見たいです(笑)。

おそらく清盛は、忠清みたいな武勇一筋の男に言われて、はじめて大いなる誤謬にきづいたんですね。
急激な時代の流れのなかで最終回でしょうが、どうやってまとめるのか注目です。

ふるゆき |  2012/12/02 (日) 22:15 [ 編集 ] No.40611


萌えました!!

源氏側の兄弟が若い(>▽<)なので、本当嬉しそうな子犬義経がすっごく可愛かったです~♪

温度差。
これが源氏側の悲劇になるわけですが、それでも頼朝には人の上に立つ技量があったんでしょうね。

後3回。
平家の落ちぶれ方も滑稽さを全面にして、清盛がその頂点にいるのが・・・ようやく最後に自分の老いを自覚したか、ここからどう閉めていくのかが楽しみです。

風邪のお見舞いのお言葉ありがとうございました(^^)
なんとか小康状態ですが、熱が上がった下がったりで・・・。
くうさんもご自愛くださいませ~。

なぎさ美緒 |  2012/12/02 (日) 22:31 No.40612


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2012/12/03 (月) 08:44 No.40614


忠清、よぉ言うた!

もう何話も前から清盛に言ってあげたかった事を、やっと忠清が言ってくれました。
この時代に政を行うには「芸に通じ雅を解する者by藤原兼実」でないと認めてもらえなかったから仕方がなかったし、歴史の流れってこういうものなのか~と判っちゃいるけど、キヨモリストとしては何とかしてあげたいし、辛いです(;_;)

宋剣を降り下ろそうとして倒れたシーンで、「何か」に手を掴まれ仰け反る~って演技にもびっくりしましたです。またまた松ケン恐るべし~

なぎさ美緒さん、仔犬義経♪思わず脳内作画しましたO(≧∇≦)O !!

くうさん、いつも丁寧なレスありがとうございますm(__)m
後三話、こちらで感動を共有させてくださいね♪

えりぃ |  2012/12/03 (月) 13:28 [ 編集 ] No.40616


Re: BROOK さん

>清盛の目指す国造りは、いつしか方向性を見失ってしまったようですね…(汗)
強引に推し進めるのは、皆の反感を買うワケで…
もっと下準備が必要だったと思うところです。

時代が読めていなかったのか…甘く見ていたのか…
理想の国造りが完成する前にボケてしまったからこうなったのか…。
後継者をきちんと育てていなかった事と危機管理が甘かったことが敗因ですね (´・ω・`)

>そうそう、義経が弁慶の頭の上の的を射るシーンは良かったですね♪
主従関係に熱くなりました。

ウィリアム・テルのようでしたw
面白いシーンでしたわ^^


とりあえず、平家と源氏の対比が上手いです。
残り3回…そろそろ清盛が死ぬ時も近付いています。

くう |  2012/12/04 (火) 19:31 [ 編集 ] No.40628


Re: ふるゆきさん

>頼朝と義経には、ある種の温度差がありました。
私も来年の大河を、つづきの源平合戦にて見たいです(笑)。

来年になったらまた幕末ですもんね~。
ついて行けるかなぁ。面白いといいなぁ (´・ω・`)
源氏は平家以上にドロドロしていて面白いんですよね~。

>おそらく清盛は、忠清みたいな武勇一筋の男に言われて、はじめて大いなる誤謬にきづいたんですね。
急激な時代の流れのなかで最終回でしょうが、どうやってまとめるのか注目です。

清盛は刀を振る力もない事に気付かないほどボケちゃってますもんね。
忠清の言う事の正しさを思い知ったというところでしょうか。
開始前の噂では壇ノ浦までやるということでしたから、サラッと描かれるのかな。源平合戦。
どんなラストに向かうのか楽しみです。

くう |  2012/12/04 (火) 19:35 [ 編集 ] No.40629


Re: なぎさ美緒さん

>源氏側の兄弟が若い(>▽<)なので、本当嬉しそうな子犬義経がすっごく可愛かったです~♪

ホント、しっぽ振って待ってる子犬状態ーー( 〃▽〃)
でも、この兄弟が今後どうなるか分かってるだけに、その温度差が
とっても気になる初対面でした…というか、源氏サイドはこの大河には
関係ないのに、ちゃんと描いているところが凄い^^
私は頼朝という人は、のほほん~とした顔をしてひどい事をする人だと
思っているので、この頼朝は新鮮ですわ~。

>後3回。
平家の落ちぶれ方も滑稽さを全面にして、清盛がその頂点にいるのが・・・ようやく最後に自分の老いを自覚したか、ここからどう閉めていくのかが楽しみです。

ほんと、楽しみですよ~!
でも、あと3回…ラストを楽しみにしていたら終わっちゃうんですよね(ノ_-。)

油断せずにお身体大切にしてくださいね!
ウチも確かに風邪気味続きです(爆

くう |  2012/12/04 (火) 19:40 [ 編集 ] No.40630


Re: 鍵つきコメさん

お気づかいありがとうです~(^^)/
そして、色々ありがとうです。
私はこれが趣味なので、まぁ…今期は確かに良いドラマとどうでもいいドラマの
曜日が固まってしまって大変と言えば大変ですが楽しんでやってます^^
コメントも楽しんで書いていただければ~もう感激しますっ!
お声をかけていただけることはブロガーにとっては励みになります。
ご遠慮なく、今後もどうぞよろしくお願いいたします(#^.^#)

くう |  2012/12/04 (火) 19:45 [ 編集 ] No.40631


Re: えりぃさん

>もう何話も前から清盛に言ってあげたかった事を、やっと忠清が言ってくれました。

いやーーもう、視聴者拍手だと思いますよーー!
それでも、みんなやっぱり清盛が恐くて忠清の見方になってはあげられないんだもんね。
その辺がジレンマ・・・。

>この時代に政を行うには「芸に通じ雅を解する者by藤原兼実」でないと認めてもらえなかったから仕方がなかったし、歴史の流れってこういうものなのか~と判っちゃいるけど、キヨモリストとしては何とかしてあげたいし、辛いです(;_;)

時間が足らなかった…って事でしょうかね。
平家が徳川のように本当に安泰な世を作り上げるには時間も足らず…
そして頭も足らなかった。
この程度で日本中まとめた気になって驕り高ぶっちゃうのが敗因ですよね。
朝廷を制すれば日本を制するような錯覚を起こしていた。そういう時代だったのでしょう。

>宋剣を降り下ろそうとして倒れたシーンで、「何か」に手を掴まれ仰け反る~って演技にもびっくりしましたです。またまた松ケン恐るべし~

いや、本当に改めて松ケンすごいっと思います(#^.^#)

>なぎさ美緒さん、仔犬義経♪思わず脳内作画しましたO(≧∇≦)O !!

ですよねっ( 〃▽〃)
もー本当にヨシヨシしたくなるほど可愛かったです。

>くうさん、いつも丁寧なレスありがとうございますm(__)m
後三話、こちらで感動を共有させてくださいね♪

こちらこそ、いつもコメントありがとうです( 〃▽〃)
最後まで楽しみましょうね^^

くう |  2012/12/04 (火) 19:50 [ 編集 ] No.40633

コメントを投稿する 記事: 【平清盛】第47回 「宿命の敗北」感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「平清盛」第47回

清盛、よろける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212020003/ NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集ジェネオン・ユニバーサル 2013-03-06売り上げラ...

日々“是”精進! ver.F 2012/12/02

平清盛 第47回 「宿命の敗北」

武士とは勝つことじゃ! 勝ち続けることじゃ!! そう言って暴走し続ける主人公を、擁護皆無に描くという凄い事態なんですが これは何を描いてるのかなぁ。 大河ドラマや時...

青いblog 2012/12/02

リターンマッチ ~平清盛・宿命の敗北感想~

清盛が頼朝を生かしたために、頼朝により平家は滅ぼされた・・・。 これはのちの歴史でも生かされていて、徳川家康は豊臣の勢力が盛り返されたのを恐れて、豊臣秀頼を自害させたと

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 2012/12/02

平清盛 第47回 宿命の敗北

『宿命の敗北』 内容 頼朝(岡田将生)の挙兵。その一報を知った清盛(松山ケンイチ)は、 高倉上皇(千葉雄大)の名の下、孫・維盛(井之脇海)を総大将に 頼朝追討を命じる。 一

レベル999のgoo部屋 2012/12/02

大河ドラマ「平清盛」 #46 宿命の敗北

頼朝の挙兵から一気に雪崩をうって出てきた平家打倒の動き。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2012/12/02

平清盛 第47回「宿命の敗北」

今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・

みはいる・BのB 2012/12/02

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男47頼朝討伐に軍を送るも既に平家は武士じゃなくその現実に清盛は崩れるのだった

大河ドラマ「平清盛」第47話は頼朝は挙兵し各地を転戦したものの石橋山の合戦で敗走したが九死に一生を得た。その頃清盛は頼朝の挙兵に激怒し維盛を総大将として追討軍を派遣す ...

オールマイティにコメンテート 2012/12/02

大河ドラマ「平清盛」第47話

第四十七回「宿命の敗北」   

またり、すばるくん。 2012/12/02

〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第47回「宿命の敗北」 最終回まであと4話

武士は武力で政権奪取するので、当然に本分は武力なんだけど 政権を獲った後は、行政能力こそが問われる。 石田三成なんかもそうで、 豊臣政権が50年続いていればさぞ幸せな生涯を...

しっとう?岩田亜矢那 2012/12/02

NHK大河ドラマ『平清盛』第47回「宿命の敗北」

いやぁ~~~面白かった~~~ 平家と源氏がいよいよ武力では逆転してるってことを 清盛が思い知らされる回でした。 挙兵した頼朝の元へは続々と東国武士たちが集まってくる。...

よくばりアンテナ 2012/12/02

『平清盛』 第47回「運命の敗北」

JUGEMテーマ:大河ドラマ 治承四年(1180年)の九月、清盛は頼朝の挙兵を受け、出陣を命じました。大将は、重盛の長男の維盛です。そのころ頼朝は、石橋山の合戦に敗北しました

ふるゆきホビー館 2012/12/02

大河ドラマ「平清盛」 第47話 あらすじ...

頼朝挙兵-------------!!ついに源平合戦の最終局面を迎えたこの戦い。終焉が近づいてきましたね。すぐさま頼朝追討を命じる清盛。頼朝たちは伊豆を出るも・・・平家の軍勢に囲まれ、...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2012/12/02

大河ドラマ「平清盛」 第47話 あらすじ感想「宿命の敗北」

頼朝挙兵-------------!! ついに源平合戦の最終局面を迎えたこの戦い。 終焉が近づいてきましたね。 すぐさま頼朝追討を命じる清盛。 頼朝たちは伊豆を出るも・・・平家の軍勢

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ 2012/12/02

平清盛 第47回「宿命の敗北」

残りもわずかになり、来年の主人公である綾?はるかさんが様々な番宣で登場し始める昨今、物語の主体は平氏から源氏に明確に移動するようになってきました。平氏の面々は意図的に弱

あしたまにあーな 2012/12/02

「平清盛」 第47回、宿命の敗北

大河ドラマ「平清盛」。第47回、宿命の敗北。 石橋山の戦い~富士川の戦い。 源氏側の方が見所満載になってきた第47回。

センゴク雑記 2012/12/02

NHK大河ドラマ「平清盛」第47回「宿命の敗北」

いよいよオーラスの最終月!あと何回ですか?今宵も含めてたったの4回?いやあ~、なんでしたらこれだけでワンクール使っていただきたいくらいの源平合戦を果たしてここに盛り込ん

真田のよもやま話 2012/12/02

平清盛 #47「宿命の敗北」

公式サイト挙兵した頼朝の元に集まる源氏を含む武士たち。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/47-0b65.htmlこの記事のトラックバ...

昼寝の時間@R 2012/12/02

平清盛 第47回 「宿命の敗北」

「平家はもはや武門ではござりませぬ。 殿ご自身、もはや武士ではありませぬ--(涙)」 命をかけて清盛に苦言を伝える忠清---。 このお姿。確かにもはや、武士とは思えないもんな~

shaberiba 2012/12/03

「平清盛」第47話。

「平清盛」第47話の感想です。最終回まであともうちょっと…寂しいのう。

Flour of Life 2012/12/03

平清盛 第47回 「宿命の敗北」〜平家はもはや武門ではございません!

 自分がやってきたことが否定されるって、つらいことでしょうね。  清盛(松山ケンイチ)は否定される。  忠清(藤本隆宏)は命を賭して、最期の忠告をする。  まずは水鳥の音に...

平成エンタメ研究所 2012/12/03

『平清盛』第47回「宿命の敗北」★伊藤忠清(藤本隆宏)の首を刎ねようと宋剣を・・・

『平清盛』 第47回「宿命の敗北」 頼朝挙兵の知らせは奥州平泉で藤原秀衡(京本政樹)に匿われている義経(神木隆之介)の元へも届いた・・・。 『平清盛』の登場人物のデザインは基本...

世事熟視〜コソダチP 2012/12/03

【平清盛】第47回視聴率と感想「宿命の敗北」

第47回の視聴率は、前回の10.3%より少し上がって、10.8%でした♪1180年、源頼朝が打倒平家を掲げて挙兵。清盛は、すぐに孫の維盛(井之脇海)を総大将、忠清(藤本隆宏)を軍師に任命...

ショコラの日記帳 2012/12/05

思い出を焼き尽くして進む源氏に懐かしく芽吹いていくもの(松山ケンイチ)

平清盛の人生の最後は大混乱の序章である。 長く続いた平安京の緩やかな全国支配が終焉し、地方勢力の蜂起による群雄割拠の時代が勃発したのである。 これを治めるためには強大な軍

キッドのブログinココログ 2012/12/06