ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
平清盛  NHK大河ドラマ  松山ケンイチ  上川隆也  深田恭子  成海璃子    岡田将生  松田翔太  神木隆之介  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【平清盛】第44回 「そこからの眺め」感想

   ↑  2012/11/11 (日)  カテゴリー: 2012年大河「平清盛」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : 平清盛 NHK大河ドラマ 松山ケンイチ 上川隆也 深田恭子 成海璃子  岡田将生 松田翔太 神木隆之介 

FC2スレッドテーマ : 大河ドラマ 平清盛 (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-3119.html

2012/11/11 | Comment (18) | Trackback (23) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんばんは。

>まさに双六地獄!!

法皇の恐ろしさを垣間見た感じでしたね。
病床の重盛に対して、双六とは…(汗)
見ていて、頑張る重盛も不敵な法皇も怖かったです。


最後の障子の穴から見えたのは一体?
それは次回明かされそうですね。
楽しみです♪

BROOK |  2012/11/11 (日) 20:05 No.40347


いやぁ

窪田くん、お見事でした!!そういうしかない演技で。
本当この重盛は記憶に残る人物になりそうですね。
あの捨蔵を見た後なだけに余計にそう想いましたよ(^^;)
それにしてもごっしーの容赦なさ。
あげて落とすという、この人実はかなりねちっこい人物だったんだと思わせたあの双六シーンでしたね。

で、最後は祇園女御の呪詛で締めですかね(わはは)

なぎさ美緒 |  2012/11/11 (日) 20:48 No.40348


いつも楽しみにしてます!

大河はぽけ~と見ちゃうと、どんどん意味が??になってしまうので、ここで復習させてもらってますw
ゴッシーの双六地獄、吹きましたw
更新楽しみにしてまーす!

Anne |  2012/11/11 (日) 20:51 [ 編集 ] No.40349


Re: BROOK さん

>法皇の恐ろしさを垣間見た感じでしたね。
病床の重盛に対して、双六とは…(汗)
見ていて、頑張る重盛も不敵な法皇も怖かったです。

もーー地獄絵図ですよねーー。
死にそうな人に双六を強要する人間なんて居ませんよね。
物の怪ですよ。恐いですー(´;ω;`)

>最後の障子の穴から見えたのは一体?
それは次回明かされそうですね。

もう何も輝かしい物は見えないでしょうね…
いよいよ終わりの時が近づいていますね。

くう |  2012/11/11 (日) 22:27 [ 編集 ] No.40350


Re: なぎさ美緒さん

>窪田くん、お見事でした!!そういうしかない演技で。
本当この重盛は記憶に残る人物になりそうですね。
あの捨蔵を見た後なだけに余計にそう想いましたよ(^^;)

ですよねー!
同じ週に全く違う人格。
この人は役が憑依する人ですね。
松山ケンイチさんもそう言われていますが似たタイプかも。

>それにしてもごっしーの容赦なさ。
あげて落とすという、この人実はかなりねちっこい人物だったんだと思わせたあの双六シーンでしたね。

化け物ですよね!
普通、どんなに非情な人間でも死を前にした人にあんな事しないじゃないですかー(;_:)
粘着で異常で怖すぎ~。

>で、最後は祇園女御の呪詛で締めですかね(わはは)

あれって幽霊ですよね(?_?)二度とお会いしないって言ってたし。
でも、これでやっと二度とお目にかからなくて済むんだ( ̄∇ ̄;)
長かった……。

くう |  2012/11/11 (日) 22:41 [ 編集 ] No.40351


Re: Anneさん

コメントありがとうございます(^^)/

>大河はぽけ~と見ちゃうと、どんどん意味が??になってしまうので、ここで復習させてもらってますw

ネタバレするといけないかなぁと思ってあまり史実のことなどにも触れていないので
お役に立てているかどうか~(*^^*ゞ
でも、そう言っていただけると大変うれしいです。
またぜひお越しくださいませ(#^.^#)

くう |  2012/11/11 (日) 22:49 [ 編集 ] No.40353


恐るべし。

瀕死の病人にまで双六勝負をさせるとは・・・・・・。
今回は清盛も、親として怒るのは当然だったでしょう。

しかし頂点の眺めを祇園女御に聞かれる清盛って?
西行は、いまどこにいるんでしょう。

ふるゆき |  2012/11/11 (日) 22:58 [ 編集 ] No.40354


法皇さまご無体です

いつも楽しくドラマのレビューを拝見しています。
ごっしーは病気、いや狂気の沙汰ですね。
清盛も次第に壊れていくようで、怖かったです。
そんななか高倉帝@千葉くんの笑顔だけがなによりの癒しに!
その千葉くんは、もう1シーン、やはり台詞なしですが、
ラストの方で領地没収の沙汰に怒った平家の殿様に
無茶な要求をつきつけられて目を見張っておられました。
重盛の哀しい姿を見たあとだけに、今後の高倉帝が心配です……。

みずの |  2012/11/11 (日) 23:40 [ 編集 ] No.40357


Re: ふるゆきさん

>瀕死の病人にまで双六勝負をさせるとは・・・・・・。
今回は清盛も、親として怒るのは当然だったでしょう。

常識で考えたらあり得ないですよね。
いや~常人じゃないですよね^^;
あの40年前の日にいきなり子どもを殺されそうになった時の清盛を思い出しましたよ。
回想シーンが無くても思い出せるほど。
やはり1つ1つのシーンに意味がある大河ですね。

>しかし頂点の眺めを祇園女御に聞かれる清盛って?
西行は、いまどこにいるんでしょう。

あの祇園女御って幽霊ですよね!?
私は、ついに幽霊になってくれた…長かった、と感慨にふけってしまいましたわ( ̄∇ ̄;)
西行はどうなっているんでしょうね。
役割的にはもうすっかり祇園女御と同じ立ち位置ですね。

くう |  2012/11/11 (日) 23:59 [ 編集 ] No.40359


Re: みずのさん

コメントありがとうございます^^

>ごっしーは病気、いや狂気の沙汰ですね。
清盛も次第に壊れていくようで、怖かったです。

ゴッシーはハッキリおかしいですよね!
清盛も年取ってからだいぶ壊れてきたなと思っていましたが、今回は
ごっしーの方が壊れすぎてましたわ…。
さすが物の怪の血…。

>そんななか高倉帝@千葉くんの笑顔だけがなによりの癒しに!
その千葉くんは、もう1シーン、やはり台詞なしですが、
ラストの方で領地没収の沙汰に怒った平家の殿様に
無茶な要求をつきつけられて目を見張っておられました。

きゃーーそこは、見逃したかも知れないです!
録画を確認します~。
千葉帝、出番少ないですよね…まぁ仕方ないけど。
私はむしろ、ほぼ出番がないままお隠れになってしまうのでは…とそっちの方が心配です(;_:)

くう |  2012/11/12 (月) 00:07 [ 編集 ] No.40360


高倉帝は清盛に無理難題を押し付けられてワナワナしてましたね。
この先重盛に代わって胃を痛める役はきっと彼…このドラマは若者にとことん厳しい!

お名前忘れてますよ |  2012/11/12 (月) 00:14 No.40361


千葉くん、出てましたよー!!!!!!!
あ!前の方のコメントにもありましたね!
ぜひ見返して下さいまし♪33分頃ですww
千葉くんの大きなお目めがパチッッと見開きますんで!

重盛の命がけの双六シーン、号泣しました(T_T)
私もあの幼き日のエピソード、私もすっかり忘れてまして…
途中から見だした方には「??」だったでしょうね(^^;)
これは始めから見てた人の特典なんでしょうかw

Rino_o |  2012/11/12 (月) 00:31 [ 編集 ] No.40364


Re: 無記名さん

コメントありがとうございます~。

>高倉帝は清盛に無理難題を押し付けられてワナワナしてましたね。

録画確認しましたーー!!ありがとうございますっ^^

>この先重盛に代わって胃を痛める役はきっと彼…このドラマは若者にとことん厳しい!

たぶん、あそこまで深くは描いてもらえない予感がひしひしとしています(;_:)
平家にとって高倉帝はただの種馬ですからね~。
ホントにホントにお気の毒な方です。

くう |  2012/11/12 (月) 01:50 [ 編集 ] No.40365


Re: Rino_oさん

>千葉くん、出てましたよー!!!!!!!

見た見た!確認しましたーーー!
私としたことが見逃した。ほぼ30秒ほどの出番…(;_:)
追記しちゃいましたよ( 〃▽〃)ありがとうですー。

>重盛の命がけの双六シーン、号泣しました(T_T)

私ゃ茫然として涙を忘れましたよ。
死にそうな人を目の前にして何すんねんと…(;_:)
最期まで安らかでいられなかったですね…死ぬまで苦しめって事ですよね、あれは。

>途中から見だした方には「??」だったでしょうね(^^;)
これは始めから見てた人の特典なんでしょうかw

この大河、過去のエピソードをずいずい掘り起こしてきますからね~!
途中から見始めた方はワケわからないでしょうね。
感動もその分減るって事ですよね。
うん。感動は最初から見ていた者の特権ですよね。
ちゃんと見てて良かった^^

くう |  2012/11/12 (月) 01:56 [ 編集 ] No.40366


で、出遅れた~[i:63915]

崇徳院にも『最早、歌ではない』と言われた清盛のトンデモ歌をしっかり覚えてるなんて、ほんとごっしーはねちっこいですね(--;)

重盛の最期は、私も心が痛すぎて…。経子と一緒に居るときの、穏やかな夫婦感が良かったのに(涙)

藤本さんって、史実とか伝承とかを捌くのが本当に上手いですね。『障子に穴』のエピを、あぁいう風に使うとは~
それに演出も上手い!真っ暗な画面に「いかがにござりますか?」の台詞。自分に言われたのかと思って、どきっとしました。初めて「聖子ちゃん、やるやん」と思ったww

来週は木村多恵たんが出るのね~♪うーん、仏御前って確か16歳くらいのはず…
ま、画的に美しければ良いのだ~♪気にしない、気にしない♪( ̄▽ ̄)ノ″

くうさん、BS「ジャスティス」ご覧になりましたか?

えりぃ |  2012/11/12 (月) 18:43 [ 編集 ] No.40372


Re: えりぃさん

>崇徳院にも『最早、歌ではない』と言われた清盛のトンデモ歌をしっかり覚えてるなんて、ほんとごっしーはねちっこいですね(--;)

あーーーーそうだそうだ!
私、その事も忘れてましたわ。
第17回のことなんですねぇ…。
私、あの頃はまだこの大河にここまで入り込んでいなかったんですよね。
レビューも短くて笑っちゃうw

>重盛の最期は、私も心が痛すぎて…。経子と一緒に居るときの、穏やかな夫婦感が良かったのに(涙)

ですよね。私もこのご夫婦が好きでしたよ。
思いやりに溢れた雰囲気でした。
高橋愛さんも頑張りましたね。

>藤本さんって、史実とか伝承とかを捌くのが本当に上手いですね。『障子に穴』のエピを、あぁいう風に使うとは~

うん。
今までも平家物語などのエピソードをちょこちょこ組み込んでいましたが
上手く使ってるなぁと毎回思いますね。
それに脚本がとても男性的ですね。何ていうか大胆、豪胆?いい意味で女性らしくない。
だから大河に合ってる。
今まで女性脚本家が書いた大河はどれもこれも変にラブストーリーだったり
ファミリーものだったりしたから^^;

〇田〇子さんについては・・・やっと退場するのかという喜びで何も考えられない( ̄∇ ̄;)
でも、この大河の最期の最期、または清盛の臨終にこのセリフで出てきそう。
「いかがにござりますか?底からのながめは…」ですよ。

>来週は木村多恵たんが出るのね~♪うーん、仏御前って確か16歳くらいのはず…

これは今さら必要だったんでしょうかね…( ̄∇ ̄;)
でも、多江さん好きだからまぁいいや。

>くうさん、BS「ジャスティス」ご覧になりましたか?

それ知らないです。BSの番組ってチェックしててもつい見忘れちゃう・・・

くう |  2012/11/13 (火) 00:23 [ 編集 ] No.40374


先ほど、再放送で鑑賞したばかりです

こちらへの大河のコメントは初めてですが、最初っから観続けております

だいたい、厭きっぽいわたしが!一年という長丁場の作品を見続けるって、ホントめずらしいことなんですが(笑)

何処となく少年漫画ぽいとことか
キャスティングの妙というか、この人がこういう役を?みたいなのが結構はまってるし
伏線も投げっぱなしじゃなく、ちゃんと回収されてるし
少年時代のエピも、先の展開で群がっているし
わたしが、はまる要素いっぱいで、低視聴率ばかりが話題になっているのが(わたしが目にしているところがかもしれませんが)残念です。
余談ですが、初見の時!映画るろうに剣心で、清里を演じているのが、窪田君て気づかなくって、タイトルバックでびっくり!
再度観た時、新婚のまじかの幸せそうな様子がせつなかったですね・・・
清盛でも魅せてくれてありがとうです。お疲れ様でした。

ミンミン |  2012/11/17 (土) 15:36 [ 編集 ] No.40403


Re: ミンミンさん

>何処となく少年漫画ぽいとことか
キャスティングの妙というか、この人がこういう役を?みたいなのが結構はまってるし
伏線も投げっぱなしじゃなく、ちゃんと回収されてるし
少年時代のエピも、先の展開で群がっているし
わたしが、はまる要素いっぱいで、低視聴率ばかりが話題になっているのが(わたしが目にしているところがかもしれませんが)残念です。

そうなんですよねーー!少年漫画大河などとも呼ばれてますね(*´艸`*)
各キャラがこんなに立っていて、キャラの印象が深い大河は良い大河。
マスコミは視聴率ばかり取り上げますが、見てない方が損なのよ!
もう見てるもん勝ちだと私は思ってます~。

>余談ですが、初見の時!映画るろうに剣心で、清里を演じているのが、窪田君て気づかなくって、タイトルバックでびっくり!
再度観た時、新婚のまじかの幸せそうな様子がせつなかったですね・・・
清盛でも魅せてくれてありがとうです。お疲れ様でした。

私はすぐ気づきましたよ~( 〃▽〃)
指さして「窪田くんだっ」と叫びたい思いでした。
るろ剣は龍馬伝目線で見ていたし、私にとっては色々と萌える映画でした^^;
窪田くんには、今後もますますのご活躍をお祈り…というか、ぜひぜひお願いしたいです。

くう |  2012/11/17 (土) 17:37 [ 編集 ] No.40413

コメントを投稿する 記事: 【平清盛】第44回 「そこからの眺め」感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「平清盛」第44回

清盛、ついに頂へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211110005/ 平 清盛 四藤本 有紀 NHK出版 2012-10-26売り上げランキング : 6109Amazonで詳しく見る by G-Tools

日々“是”精進! ver.F 2012/11/11

大河ドラマ「平清盛」第44話 

第四十四回「そこからの眺め」   

またり、すばるくん。 2012/11/11

〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第44回「そこからの眺め」 平重盛と豊臣秀長の死の共通点

平重盛は万里小路藤房、楠木正成と共に 「日本三忠臣」 と呼ばれている。 この忠臣とは将軍や殿様へではなく 「王家」に対するモノですな。 この点では、正しいネトウヨ達は NHK大...

しっとう?岩田亜矢那 2012/11/11

大河ドラマ「平清盛」 第44話 あらすじ...

清盛、ついに頂に立つ----------------!!ついにここまで上り詰めた清盛。だが、その代償はあまりにも大きく・・・。一方、伊豆では頼朝と政子の間に女の子が生まれたよう。苦難の道を...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2012/11/11

大河ドラマ「平清盛」 第44話 あらすじ感想「そこからの眺め」

清盛、ついに頂に立つ----------------!! ついにここまで上り詰めた清盛。 だが、その代償はあまりにも大きく・・・。 一方、伊豆では頼朝と政子の間に女の子が生まれたよう。 ...

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ 2012/11/11

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男44重盛死去・・・後白河法皇の所領召し上げに清盛は激怒し実力行使で幽閉し武士として初めて頂きに立った

大河ドラマ「平清盛」第44話は重盛が病に伏して平家は動揺する。そんな中頼朝は政子との間に第1子となる女子を産んでこれからの平家との戦いに備えていた。そんな中摂関家に嫁い ...

オールマイティにコメンテート 2012/11/11

平清盛 第44回 「そこからの眺め」

重盛が熱演!!! 相変わらず泣かせすぎではあると思いますが、窪田正孝さん、顔は幼いのに健闘しましたね~ 後白河法皇のターンになってまいりましたが、徳子と高倉帝が頑張って...

青いblog 2012/11/11

平清盛 第44回 そこからの眺め

『そこからの眺め』 内容 ついに清盛(松山ケンイチ)の娘・徳子(二階堂ふみ)と 高倉帝(千葉雄大)の間に皇子が誕生した。 それを機に、後白河法皇(松田翔太)の力を封じ込めよ

レベル999のgoo部屋 2012/11/11

NHK大河ドラマ『平清盛』第44回「そこからの眺め」

重盛が不憫じゃ・・・(/_;) 重盛の命がけの懇願で、ゴッシー幽閉計画をやめた清盛でしたが、 その重盛の病状は悪化。心労がたたっちゃったんだね(/_;) その隙に、亡くなった盛子の

よくばりアンテナ 2012/11/11

『平清盛』 第44話「そこからの眺め」

「いかがにござりますか?そこからの眺めは」 …………国の頂に立った清盛に対して祇園女御が問いかけた言葉 この問いは、清盛が病に倒れ死の淵にいる時、白河法皇が清盛に掛けた言

英の放電日記 2012/11/11

平清盛 #44「そこからの眺め」

公式サイト重盛の病状が悪化しつつある時、基実に嫁いだ清盛の娘、盛子もまた病の床に。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/4...

昼寝の時間@R 2012/11/11

『平清盛』 第44回「そこからの眺め」

JUGEMテーマ:大河ドラマ伊豆の頼朝は、もう政子とのあいだに大姫をもうけました。時政も、佐々木らの危惧する声を受け流し、「平家の世も長くないはず」と、預言者みたいに時代をみ

ふるゆきホビー館 2012/11/11

平清盛 第44回「そこからの眺め」

今回は、珍しく頼朝のハッピーシーンから始まります。娘を抱きかかえ政子と共にラブラブな毎日を過ごしています。こんな緩みきった表情の頼朝に対して北条時政は、「平家の世の中は...

あしたまにあーな 2012/11/11

「平清盛」第44話。

「平清盛」第44話を見ました。怖かったです。いろんな意味で…

Flour of Life 2012/11/12

平清盛 第44回 「そこからの眺め」

我が父清盛の国作りを見守って頂ければ  思い残すことなく死ねましょう--------。 しかし、その最期の願いをも--一笑した・・・?法皇様。 それは重盛を再び 病の淵におとすことと...

shaberiba 2012/11/12

NHK大河ドラマ「平清盛」第44回「そこからの眺め」

いよいよ清盛様がダークサイドに落っこちて、でも父と戦ってまで諌めてくれそうな息子様は今や虫の息?このままではご一門全てがダークサイドに落ちてアレしてコレして壇ノ浦~~~...

真田のよもやま話 2012/11/12

平清盛 第44回「そこからの眺め」〜ついに武士がこの国の頂に立ったのじゃ!

「とく死なばや。早う死にとうござります」  完全な<絶望>ですね。  ひたすら平家一門の安寧を祈った重盛(窪田正孝)。  後白河法皇(松田翔太)を信じた重盛。  しかし、無

平成エンタメ研究所 2012/11/12

平清盛 第44回「そこからの眺め」★後白河法皇(松田翔太)の双六ライアーゲーム

『平清盛』 第43回「忠と孝のはざまで」 源頼朝(岡田将生)と政子(杏)、もう子供できてる!! 八重姫(福田沙紀)との時も、すぐに千鶴丸が出来たし、頼朝ってああ見えて下半身...

世事熟視〜コソダチP 2012/11/12

清盛の揺らぎ ~平清盛・そこからの眺め~

平穏な暮らしの頼朝。 政子との間には娘・大姫も生まれる。 大姫も政略結婚の中で親に翻弄されたといいかもしれない。 木曽義仲の息子・義高のもとに嫁ぐが、義仲が殺害された後に...

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 2012/11/12

平清盛 第44回「そこからの眺め」感想

昨日は感想書けませんでしたので(^^;)、今からたたたっと書こうと思います。いや、サブタイの「そこからの眺め」なんですけど松田聖子さんの「いかがにございますか、そこからの眺め...

みやさとの感想文と(時々)感想絵 2012/11/12

【平清盛】第44回感想と視聴率「そこからの...

「そこからの眺め」第44回の視聴率は、前回の10.2%より少し上がって、10.4%でした。祇園女御(乙前)、あれは幽霊だったのでしょうか?前回、病床に伏していましたが、今回、元気そ...

ショコラの日記帳 2012/11/12

雨の降る日を待ってさらば涙と言おう(松山ケンイチ)

ついに・・・その日は来た。 革命の成就である。 この日から明治維新まで・・・ある意味では現在に至るまで・・・皇室は政治と切り離されたのである。 すべては平清盛の成し遂げた歴...

キッドのブログinココログ 2012/11/15

大河ドラマ「平清盛」 #44 そこからの眺め

土曜日にようやく見ることができました。 今週はなんかリズムが狂った・・・。

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2012/11/17