ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
ぼくの夏休み  昼ドラ  綾部守人  二宮星  高岡早紀  井上正大  有村架純  逢沢りな  佐野和真  石丸椎菜  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【ぼくの夏休み】フジテレビ昼ドラ 第45話 最終回夢オチ感想

   ↑  2012/08/31 (金)  カテゴリー: 2012年「ぼくの夏休み」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : ぼくの夏休み 昼ドラ 綾部守人 二宮星 高岡早紀 井上正大 有村架純 逢沢りな 佐野和真 石丸椎菜 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-2983.html

2012/08/31 | Comment (68) | Trackback (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


おつかれさまでした!

伏線全部燃えちゃいましたねー。
今回の火事でか、1部終わりの空襲か、どっちかで。

最終回、何より衝撃だったのは火事のやじうまに、
1部の役者さんたちが特別出演していたこと。しかもけっこうノリノリで。

「自分が出演していた1部には納得しているけれど、2部はひどい内容なので、関わりたくありません!」とならないんだ・・・と驚き、少々落胆しました。
役者さんのプロ意識?
それとも業界に長くいると駄作慣れするの?
テレビ局とスタッフに恩を売るため?

・・・視聴者は置いてきぼりですけど。

コメントは初めてですが、2部になって観るのが辛くなってから(笑)毎日ブログ拝見しては、溜飲を下げていました。
おつかれさまでした!

aki |  2012/08/31 (金) 18:25 No.39547


お疲れ様でした

2012年のシーンをそう解釈されるとは・・・なるほど。

私なんぞ素直に「帰らないでそのまま歳とったんだ・・・」
と思っておりました。
2012年にもなれば持ってきたIphoneも修理できそうですし
何よりも、自分達と10年位の期間は並行して生きれるゾ
どうすんだ???とも(苦笑)

管理人さんも仰っていましたが、私も今まで見たどんなドラマ
よりぶっ飛ばされました(笑)
これだけのドラマは何10年に1度しか現れないのでは?(笑)

そして、これだけモヤモヤしてこちら様のような補完サイトが
有り難かった事も初めてです
お世話になりました。

ぱんだぱぱ |  2012/08/31 (金) 18:47 No.39548


様々な伏線、一部からの謎、すべてぶっ飛ばしたよく見たことのある、最終回でしたね…。あまりにびっくりして、笑ってしまいました。そして、なにかおまけのように映像が流れないかCMのあとも見続けたのですが、…なかったですね~。いくら昼ドラといえども、いいんでしょうか?!あれで(>_<)。

mayu |  2012/08/31 (金) 19:01 No.39549


わたし達の夏休み・・が・・・・・。

紫花浜匙 |  2012/08/31 (金) 19:02 [ 編集 ] No.39550


中途半端な夏休み

お初なモノです

余りにも酷すぎる終盤と、無責任な最終回を私の頭では処理仕切れず、こちらに辿り着きました


内容と題名の不一致からしてワザとらしい意図を感じながらも、処理しきれないだろうな的なSF混じりでも、第一部は見ごたえあったのに第ニ部は…

脚本家かプロデューサーが代わったんですかねぇ


有村架純かわいかった
伊藤麻実子が好きになった
第ニ部はそんだけでした


レビューブログは大変でしょうが、ガンバって下さい!

ライカー |  2012/08/31 (金) 19:26 [ 編集 ] No.39551


今後ともよろしく!

期待はしていなかったので「やっと終わってくれた」
って感じです。

ただ宇津井健さんや由紀さおりさんは今までの
台本すら読まれてはいなかったのでは?
(それはまあいいとして)

高岡早紀さんやうつみみどりさんはベテラン
ですから長い芸能生活の中でいろんな事に
遭遇されたでしょうが・・・
綾部守人くんと二宮星ちゃん(子役と
言ってもこれから将来期待できる俳優
になる)この二人には可哀想なドラマ
だったと思います。

どこかの監督さんがこのドラマ見てて
もう一度「ぼくの夏休み」って映画を
キチンとつくってくれないかしら?
と思います。

1部を作りなおして、きっと「ZIN-仁」
のような素晴らしい作品になると思います。

私にとってはこの駄作の2部のお陰で
このサイトに行きついたのですから
「やぶ蛇」ならぬ「ヤブをつっついてたら
小判がみつかったような」(^^)v

梅ちゃんちの光男くんのおじいさんなら
なんて言うのかな?(~_~;)

くうさんこれからもよろしくお願いします。
また覗きに来ます!(^_^)/

キョンキョン |  2012/08/31 (金) 19:38 No.39552


お疲れ様でした^^

今日初めてこちらを覗かせて頂きました。

ドラマが終わって・・・意味が分からず・・・
何時間も放心状態でした。何だったの??と考えてしまって。

一体このドラマの「テーマ」って何だったのかと思いました。
行き当たりばったりで作られたかのような・・・

本当に俳優さん達がかわいそう。
演じてて疑問なかったのかしらと思います。

みなみ |  2012/08/31 (金) 19:55 [ 編集 ] No.39553


ありがとうございました!!

ドラマ中盤からお世話になっておりました☆じっくりよく分かる内容で、毎日観ることの出来ない者にとっては有り難いブログです!本当、2部はもう少しどうにかならなかったのか残念でなりません。タイムスリップは必要なかったなぁ…。お世話になりました♪

音符ちゃん♪ |  2012/08/31 (金) 20:42 No.39554


終わった〜〜〜(脱力)

なんとかつじつま合わせて着地点を探そうという気が1ミクロンも見あたらない恐ろしい最終回でしたね。

もう私はあの牧場の羊の妄想世界だったという事にします。
だって、ほらあの2012年の老兄妹に対する子供達の反応おかしかったですもん、人にっていうより羊の鳴き声に反応して手を振ったような?
あまりにも猛暑で気を紛らわそうとした羊が人間達から仕入れた知識を総動員して【もしも自分が人間になったら物語】をひねり出したけど所詮は羊、お話が破綻してしまったから想像強制終了。

くうさんの面白つっこみのおかげで楽しめました。
ありがとうございました。
これからも拝読していますので益々のつっこみレビューを期待しています。
また、人に言えずにムズムズするドラマがあったら参加させてくださいね。

あくび |  2012/08/31 (金) 21:58 No.39555


はじめまして。
会社勤めをしているもので、さきほど最終回見終わりました。
こちらのレビューとツイッターのツイも読ませていただきましたが
私の想像では、あの二人は死なずに2012年まで生き続けたんじゃないかと・・・。
「もしここを出られたら、二人で一緒に暮らしたい」
「出られるかな?」
「出られるとも!」
という兄弟の会話の後、天の声が聞こえてきますが
あれは、平成にいる和也とはる菜のお母さんが二人に向けて
祈っていた声が届いていたのでは?
つまりこの時、時空の歪みが起きていて、奇跡的に二人は
昭和の、誰も知らない場所へとタイムスリップ(笑
そこから、兄弟二人きりで生きてきたんじゃないでしょうかね?
2012年の和也も「どこに来てどこへ行くなんて誰にもわからない」って言ってますし。
こういう解釈もありかと。私は生きてる方に1票です!
私もずっと最初から見てきましたが、最終回はホント想像力を
掻き立てられました。最後にこれからもがんばってください♪

菊ちゃん |  2012/08/31 (金) 22:07 [ 編集 ] No.39556


こんばんわっっ

くうさん、お疲れ様でした。

お姑さん・・・くうさんの予想、ぴたり的中でしたね!
ううう、そんなドラマだったのかぁ?

>このドラマは…私のドラマ観賞史上、最高の驚愕ドラマだった…
うう、ほんとに。このラスト・・・には腰が抜けて暫く立ち直れませんでした。ふぅ~。
突っ込みどころや夢オチう思わずまとめてみたくなるというか・・・(笑)

この夏、ひょっとしたら唯一次回の展開が気になるドラマだったかもしれませんです、はい。

Largo |  2012/08/31 (金) 22:20 No.39557


仕事で見れないから、いつもここで読んで見ているつもりになっていたよ^^
今日はお休みだったんだけど、振り替えで仕事になっちゃって見れず。。。。
頭の中でうまく整理できないんだけれど、2012年の子どもがタイムスリップしちゃったんだよね?
それが最終回は老人?
神隠しにあった行方不明事件だよね@@
最後に捜索願のポスターでもハラリと落ちたら、ますます頭の中が整理できないね^^;

ラビットらむ |  2012/08/31 (金) 23:06 No.39558


夏休みも終わりました。

最終回、先ほど見ました。
先に、くぅさんのあらすじを読んで、その後に…
ドラマよりも、最近では、私の中のドラマは、こちらだったような気がします。
だって、くぅさんのあらすじの方が、かなり面白かったです。(^-^)/
最後の2012年、夏。
流石は、宇津井健さんと由紀さおりさん、
第二部のまったりとした空気をさらりと変えてくれました。
私的には、最後、爽やかな空気を残して、
終わりを迎えてくれた事に、救われました。
第一部の頑張った子役さん達の成長が、お二人の登場で、
本当に良かったと、思いました。

くぅさんも、お疲れ様でした。
今度は、違う作品で、お互い心地良い感想を感じあいたいですね。(*^_^*)

sora |  2012/09/01 (土) 00:19 No.39560


はじめまして。Twitterの実況タグから来て、ちょくちょく拝見しておりました。

「ぼく夏」、ついに終わりましたね。二人が「平成に戻らずそのまま生き続け、そのまま2012年に至ること」に対して「伏線を回収していない!投げっぱなし!」という憤りをあらわしている方、多いようですね。

ですがこれ、おそらく「二人を平成に戻さないこと」を制作側が意識的に答えとして選択した、としか思えないのです。和也とはる菜はあの後助かり、2012年まで生き続けている。それにはテーマ的な理由があると。

最終回を観て、この作品における「タイムスリップ」とは、すなわち「不可逆的な災難」であり、私たちにとっては「あの地震に始まり今も続く災害」の暗喩ではないか、と思い至りました。

今の日本が、日本の子ども達がどうあがいても2011年3月11日以前のに戻ることができないように、和也たちもそれ以前に戻ることは最初からできない。タイムスリップはそういう位置付けの要素だったと思います。

第一部で、鹿野という男がただひたすらに遭難以前の"平和な時間"へ戻ろうとして、結果平成行きと思われる電車に乗って一人で去りました。
ですが、私たちはあの地震以前に戻ることはできません。絶対に出来ないことをしようとしたらどうなるか――おそらく彼は、あの列車に乗ったまま、二度と平成には戻れなかったのではないでしょうか。
(推測でしかありませんが、あの電車が平成行きであるとは誰も言っていないこと、平成に戻った鹿野の姿が以後一切出てこないことには、そう思わせるだけの余地がありますし、このドラマでは自分の置かれた状況から逃げようとした人間はことごとく悲惨な展開を辿りました)

困難な状況に直面したとき、私たちはどうすれば良いのか。
鹿野のように困難以前に戻ることに腐心するのではなく、和也たちのように、目の前の状況に(愚痴を吐きながらも)逃げようとせず、
近しい人と寄り添い、互いに手を取りながら、「目の前の時間に乗っかって、必死に」足掻き乗り越えようとすることではないか――そういう事を念頭に置いての「平成に戻らない」選択だったのだ、と思います。

少なくともこの点では、このドラマを「子ども達にも観てほしい」とすることにはなんの異議もありません。
今この困難な時代を生きる子ども達にとって、むしろ「和也とはる菜は仲良く平成に戻れました、ついでに子どもの頃にも戻れました。みんなみーんな夢でした、めでたしめでたし」などという安易な結末を見せる事の方が、余程作品として無責任と思います。

第一部から受け取ったバトンを陳腐な昼メロ的展開でしか繋げられなかったことは、非常に残念でなりませんが……。


とは言え、昼ドラを録画してまでチェックをし、時には実況までするなど初めての体験でした。
くぅさんも、全話レビューお疲れ様でした。

それでは、長文失礼しました。

hiro |  2012/09/01 (土) 01:07 No.39561


終わった~

我々はどこから来たのか…我々はどこへ行くのか…って「熱海の捜査官」を思い出しちゃったよ。
「JIN」みたいに色々回収してくれるとは期待してませんでしたが、なんのひねりもなく…。最後は混沌とした状況を作って…はい何年か経ちましたって。タイムスリップはどうなった?! 視聴者の方が余程あれこれ頑張って回収しようとしましたよね!
第一部の脚本家さんの想いを台詞にして何とかまとめたようですが、視聴者への夏やすみの宿題だったのかも…(笑)
友情出演、耕作兄さんの名前もありましたね。あちこちのドラマでお忙しい升さんまでご出演とは!
色々残念なとこもあったけど、第一部で和也が次々と起こる困難に立ち向かって成長していく姿を綾部君がしっかり演じてたところは評価したいと思います。

くうさんのレビューも楽しかった~。作品が酷くて盛り上がるっていう路線もアリなのか…。

桔梗 |  2012/09/01 (土) 01:28 No.39562


僕の夏休み

はじめまして!僕の夏休み始まってからくうさんのブログで内容を再確認させてもらってました。

個人的にはタイムスリップして和也とはる菜は強く優しい子供に戻ってたくましく現代を生きると思っていました。

でも、僕の夏休み…実は「わしの夏休み」だったんですねwww

くるみ |  2012/09/01 (土) 01:29 No.39563


残念すぎました

初めてコメントさせて頂きます。

最初はドラマを観られない時だけこちらのレビューを拝見しておりましたが…
後半は、あまりの出来の悪さに、同じポイントで「そうそう!私もつっこんだ!」と、
残念な気持ちを共感したくて拝見しておりましたw

第一部ではドキドキハラハラし、久々に面白いドラマだなと思った分、
第二部があれでは…本当にがっかりです。

ちなみに、今日はたまたまテレビの字幕をオンしたまま観ていたのですが、
「生きなさい。あなたたちは生き抜かなきゃ」
という高岡さんの声は、(佐代の声)と表示されておりました。

なんか…浅すぎますよね。深みも無く、結局まんまだったって気がして…

まぁでも、第一部で一生懸命生きていた和也とはる菜や、
一生懸命に和也たちを理解し、助けようとした周りの人達とのドラマは
素直に面白かったので、それだけでも良しとしようかな、と思います。

くうさん、レビューお疲れ様でした。
これからも是非拝見させて頂きます。

さぎの |  2012/09/01 (土) 05:14 [ 編集 ] No.39571


お疲れ様でした

初めてコメントさせて頂きます。

基本的に昼のドラマはドロドロしてて嫌いなので見ないんですが、
このドラマはタイトルにひかれて見始めました。

以前、第二部のある回を見逃してしまって、
あらすじを探してこちらにたどり着いてから、くうさんのツッコミがおもしろくて
読ませて頂いてました。(最初の方はまだ読ませてもらってないのですが^^;)

最終回の1週間前あたりから、一部から沢山あった複線を
この状態でちゃんと全部説明して終われるんだろうかと、やきもきしてましたが、
まさか全部ふっ飛ばすとは思ってませんでした!

宇津井健さんと由紀さおりさんが出演するということは、
無事に平成に戻って、おじいちゃんおばあちゃんに会えたか、
二人がそのままあの時代で過ごして平成まで生きたかのどっちかなんだろうと
勝手に想像はしてましたが、唐突すぎるし、はっきりしない終わり方になってしまいましたねー。
一部の良さまで無意味になってしまったような・・・。

個人的には、ずっと気になっていた物語冒頭の、
和也と文子が殴られているシーンで、なんで殴られてるのかすごく気になってたんです。
物語中に出てくるのかと思ってたんですが、なかったですよね?
あれはただの象徴的なものだったんでしょうかね。
(もしかして私が見逃した回に出てたならすいません。><)

一部が良かっただけに、二部のドロドロ化にがっかりしたのと、
終わり方の強引さと訳分からなさが残念でした。
ぼくの夏休みというタイトルが全く合わない結末になっちゃった気がしました。

何にせよ、全話のあらすじを書くのは大変だったと思います。
お疲れ様でした。m(_ _)m
ドロドロ化した二部ですが、こちらで何度笑わせてもらったことか。
ありがとうございました。^^

このは |  2012/09/01 (土) 08:19 No.39575


終わっちゃいましたね~。
内容的にはせめてあと1週欲しかったところですね^^;
伏線投げっぱなしが多いので…

とりあえず、私的には素直に解釈して、二人は平成には帰らず(帰れず?)火事のどさくさに紛れてどこかに逃げ、そのまま歳をとった…と思いました。
あの医者のダンナは放火殺人犯(二人は火の中で死んだことに)として捕まるだろうし、あの病院は平成にはないでしょうね。(京子さんが現場にいるので、言い逃れはできないでしょうし、あの京子パパなら多額の賠償金取って病院潰すぐらいやるでしょうw)

二人はまあ幸せ?だったのだとして、気になるのは知佳と栄太のその後…。
苦労は目に見えてます。心配です…。
それから、ちえ子さんの心臓とか…(←これ、ダンナの虚言だったんじゃないかって今は思ってますけどね。はる菜を引き留めるための。結婚することになったから、嘘は必要なくなって「再検査したら大丈夫だったよ~テヘ☆」みたいにごまかしたのでは…と。なので、ちえ子さんは一人で故郷に帰っていったという…)

上の方のコメントで、なるほど!と思ったのは、鹿野は平成には帰ってないかも。という感想でした。
確かに、あの汽車が平成行きだなんて保証はどこにもないですものね。ふつ~に隣の駅に着いてたりww
もっと前の時代に行っちゃったりw戦国とかw

ま、私的には最終的に二人が自分らの摩訶不思議な人生を振り返って「私は幸せでした」って言えるならなんでもいいんですけど、でも…平成の母のことを思うと切ないです。
彼女の子供らは、あの平成の夏に「行方不明」になったきりなワケですよね…。
二人だけで行かせるんじゃなかったとかすごい苦悩して後悔してその後を生きてるのかと思うと…一番可哀想な人物かもしれません。
あの二人も自分たちが生まれる頃まで時を過ごして…こっそり母子の様子を見に行ったりはしたのかな?しないのかな?
SF的には、過去であれ未来であれ「自分」との接触は一番避けなきゃいけないし…
ああ、でもあの二人ならそういうこと全く考えず、普通に平成の自分らに話しかけたりして、平成和也に「何、このじじい。まじうぜ~」とか思われてそうwwww

あいん |  2012/09/01 (土) 09:39 [ 編集 ] No.39576


はじめまして。

一部放映時にたまたま目にして、引き込まれた物です。
基本的に昼ドラという物は見たことが無かったので、何の先入観も無く、少年少女時代の話を見守っていたのですが・・・

二部に入って、次々と起こるドロドロの展開。
一部で悪事を働いた人達がその後どうなっているかの説明も無いままに、二部登場の人達も、本当に、くうさんがおっしゃるように、まるでゲームに次々と出てくる「敵キャラ」のよう・・・
〇〇さん→改心させることに成功
〇〇さん→田舎に帰って消滅
〇〇さん→犯罪を起こして逮捕
・・といった攻略方法を見ているかのようでした・・・
二部は時々しか見なくなり、でも、あの少年少女の行く末はどうなるのかと展開が気になりもして、こちらであらすじを補完させていただいておりました。
詳細な内容で、大変助かりました。

そして最終回だけはきちんと通して見たのですが・・・
平成に戻ることもなく、平成に実在した筈の自分達の少年少女時代をこっそり見るとか、子供を失った親に何か言い残すとか、一部に登場したお祖父さんが何か繋がるとかいったこともなく、伏線は見事に全て回収されず、ただ二人はそのまま寄り添い合って生きていったのみ・・・(私はそう解釈しました。消防車が間に合って助け出され、その後二人で支え合って生きていったのだと)

宇津井さんと由紀さんが素晴らしかっただけに・・何とも言えない空しさがよぎりました・・・。

くうさんもおっしゃってますが、一部で終わりで良かった、苦労を体験した少年少女が平成に戻って強く生きていく・・そんな話で良かったと思います。
一部で酷いことをした人達も、どこかで報いを受けるなり改心するなりといった描写が欲しかったですし。

来シーズンの予告を見て思ったのですが、二部の卑屈な展開こそが、昼ドラの王道なのでしょうか?
こういう物を視聴者が求めていると制作側が思い込んでいるのだとしたら、あるいは本当にその方が視聴率が良いのだったら・・私は昼ドラは合わないと思いました。

素晴らしい演技を見せた子役達、宇津井さんと由紀さん、そして二部のあんな酷い脚本でも頑張ったキャスト達にお疲れ様と言いたいです。

くうさんもお疲れ様でした。

かのん |  2012/09/01 (土) 10:07 [ 編集 ] No.39577


くうさんのレビューありがたかったです

お疲れ様です

わたし的には、間違いなく一部の脚本家さんが伏線はっていらしたし、引継ぐかたちで書かれているし、タイムスリップ設定無視はゆるせなかったです。
もちろんもどれないタイムスリップを描かれた作品もたくさんありますが、たとえば漂流教室(子供の頃はまった漫画です)みたいに、天変地異に巻き込まれたような、タイムスリップ自体がそういうものでないと!と、わたしは思うし、SL型デンライナーの存在感は大きかったし(すみません、わたしの頭の中は健君マックス)行き先はたしかに不明、しかし携帯の圏外表示が消えたということは・・・・
それに血筋とか、現代に群がりを持てる、タイムスリップですよね

わたしも今までのドラマ鑑賞れき!ふりかえってみて!一部と2部こんなに落差の激しいものは見たことないです。
ラストも!初見は、なんじゃこりゃ!で、くうさんのレビューを見て、ああこういう解釈もあるのねと、感心しきり!
ちょっとあばれてないか心配しましたよお
何はともあれ、くうさんのつっこみが、楽しかったです。有難うございます。

これからも、他のドラマのレビューでお邪魔させてください
録画を見てからだから、遅れ気味にはなりますが・・・
よろしくお願いします。

ミンミン |  2012/09/01 (土) 15:28 [ 編集 ] No.39585


Re: akiさん

コメントありがとうございました^^

>「自分が出演していた1部には納得しているけれど、2部はひどい内容なので、関わりたくありません!」とならないんだ・・・と驚き、少々落胆しました。

あのシーンを見て、私は悪夢みたいだと思いました。
死んだ人たちがいっぱい出ているってことは、ここはすでに死後の夢の中なのかも…
と思い始めたきっかけです。←妄想です^^;

色々と妄想力掻き立てられるドラマでした^^

くう |  2012/09/01 (土) 15:35 [ 編集 ] No.39586


Re: ぱんだぱぱさん

>私なんぞ素直に「帰らないでそのまま歳とったんだ・・・」
と思っておりました。

いや、それが常識的な見方ですよーー!
私のはただの妄想です…妄想に逃げないとやってられない内容だったので( ̄∇ ̄;)

こちらこそ楽しかったです。本当にありがとうございました^^

くう |  2012/09/01 (土) 15:37 [ 編集 ] No.39587


Re: mayuさん

>あまりにびっくりして、笑ってしまいました。そして、なにかおまけのように映像が流れないかCMのあとも見続けたのですが、…なかったですね~。

私もテレビの前でツッコみながら爆笑してました( ̄∀ ̄)
終わった後は、すぐにチャンネル変えちゃいました。
まぁ…昼ドラだから許されるのかな…と、昼ドラにあまり縁のない私は
思っちゃったのですが、ゴールデンだったら許されることはないですw

くう |  2012/09/01 (土) 15:42 [ 編集 ] No.39588


Re: 紫花浜匙 さん

おわったね・・・・・・いいのかあれで( ̄∇ ̄;)
今日から9月だよ~私らも長い夢を見ていたんだね…

くう |  2012/09/01 (土) 15:44 [ 編集 ] No.39589


Re: ライカーさん

ご訪問とコメントありがとうございます。

>内容と題名の不一致からしてワザとらしい意図を感じながらも、処理しきれないだろうな的なSF混じりでも、第一部は見ごたえあったのに第ニ部は…
脚本家かプロデューサーが代わったんですかねぇ

昼ドラでSFで戦争もので子供対象…に惹かれて見始めたのですが、
終わってみたらただの昼メロでした( ̄∇ ̄;)
第一部と第二部では脚本家さんが変わっています。

>レビューブログは大変でしょうが、ガンバって下さい!

ありがとうございます(^^)/

くう |  2012/09/01 (土) 15:46 [ 編集 ] No.39590


Re: キョンキョンさん

>ただ宇津井健さんや由紀さおりさんは今までの
台本すら読まれてはいなかったのでは?

いやっ、私もそれ思いましたよ!
お2人は「このセリフはどういう意味なんだ?これはどういうシーンなんだ?」
と、???だらけであのシーンを撮られたのではーーと( ̄∇ ̄;)

>綾部守人くんと二宮星ちゃん(子役と言ってもこれから将来期待できる俳優になる)
この二人には可哀想なドラマだったと思います。

いや、子役としては名が上がったのではないでしょうかね( ̄∇ ̄)
何より色んな意味で衝撃作だし、2人の演技力の素晴らしさは充分視聴者を魅了したでしょう。
第二部は……2人は見なくても良いです^^;

>私にとってはこの駄作の2部のお陰でこのサイトに行きついたのですから
「やぶ蛇」ならぬ「ヤブをつっついてたら小判がみつかったような」(^^)v

そんな風に言っていただいて本当に嬉しいです~!(#^.^#)
今後もどうぞよろしくです。

くう |  2012/09/01 (土) 15:56 [ 編集 ] No.39591


Re: みなみさん

ご訪問とコメントありがとうございます。

>一体このドラマの「テーマ」って何だったのかと思いました。
行き当たりばったりで作られたかのような・・・

テーマはきっと…どんな事になっても生き抜けみたいなことだと思うのですが、
これを見た視聴者がそう受け取るかどうかは疑問ですね。

「お金は絶対に返してもらおう!」とか、「結婚する前には相手をよく調べてから」とか、
「仲の良すぎる異性の兄弟がいる相手には要注意!」とか、
そんなメッセージはびんびん感じました( ̄∇ ̄;)

くう |  2012/09/01 (土) 16:04 [ 編集 ] No.39592


Re: 音符ちゃん♪さん

ご訪問とコメントありがとうございます。

>タイムスリップは必要なかったなぁ…。

ですよねーー!
あれなら戦後を生きる…だけで良かったですよね。
というか、第一部と第二部は切り離してほしかったですね。

こちらこそ、読んで下さってありがとうございました^^

くう |  2012/09/01 (土) 16:08 [ 編集 ] No.39593


Re: あくびさん

>なんとかつじつま合わせて着地点を探そうという気が1ミクロンも見あたらない恐ろしい最終回でしたね。

そーなんですよ!
視聴者が一生懸命妄想して何とか繋ごうとしているのに、まったく辻褄合わせすらしようとしていない…。
ある意味、すごい豪傑!
これを普通に放送しちゃう東海テレビもワイルドだ(^^)/

>あまりにも猛暑で気を紛らわそうとした羊が人間達から仕入れた知識を総動員して【もしも自分が人間になったら物語】をひねり出したけど所詮は羊、お話が破綻してしまったから想像強制終了。

なるほどー!「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」ではなくて、
「羊は昭和世界の夢を見る」のですね。素晴らしい!
いや、本当に話の辻褄の合わなさと唐突感は、とても人間の大人が考えた
ストーリーだとは思えないので、羊が考えたのかも知れないです!すごい^^

今後もまた機会がありましたらぜひお寄りください^^

くう |  2012/09/01 (土) 16:16 [ 編集 ] No.39594


御礼

先ずはくうさん、本当にありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。
1部の時点でも突っ込みどころが満載のドラマでしたが、何だかんだと毎回楽しみだっだのに、2部がスタートしてからは毎回ストレスがたまって、たまって・・・。
そんな気持ちを適格に代弁してくださり、毎日こちらのレビューを見て溜飲を下げていました。
それにしても昼ドラとはいえ、ここまでいろんなところでブーイングが起こっている(はず・・)のだから、なんとか最後はむりやりにでも視聴者の納得がいく終わり方に急きょ台本の書き換えでもするだろうとか思って挑んだ最終回。
もう、本当に見終わったあとしばらく放心状態・・・・。
だってね、公式サイトの中で、喫茶店の収録時に子役の栄次郎と和也を登場させていて(店内の椅子に座らせている。パンパン~ズ達も一緒だった)でもって「何故この収録現場に1部の収録が終わったこの二人が・・?こうご期待!」的なコメントもそえられていたんですよ!!えぇ~!?なのにあの終わり方・・。
放心状態ながら、ライヴで最終回に挑んだものの、録画でチェックだっ!せめて、あの火事のシーンに大五郎と文子に混ざって変装したあの二人がいるのでは・・と無駄な作業をしたけど見当たらず・・(どこかのシーンでいましたか?)
公式サイトで最終回のチェックをしてみると、やはり子役の二人が登場した様子はなかった・・。あれっていったい何なんですかね。異例の記者会見でもしてもらって、説明したいただきたい。サイトになんか説明あったんですかね・・。もうじっくり見る気にもなれない・・。
秋からのドラマは注意深く厳選してストレスフリーで行きたいです。
くうさん、これからもちょくちょく拝見させていただきます。ありがとうございました!!

ブリ |  2012/09/01 (土) 16:21 No.39595


Re: 菊ちゃんさん

ご訪問とコメントありがとうございます。

>兄弟の会話の後、天の声が聞こえてきますが あれは、平成にいる和也とはる菜のお母さんが二人に向けて 祈っていた声が届いていたのでは?

字幕放送によると、あの声は「佐代」のものらしいっす^^;

>つまりこの時、時空の歪みが起きていて、奇跡的に二人は
昭和の、誰も知らない場所へとタイムスリップ(笑

ラストはそう考えるとあの火事の現場からタイムスリップしたのか、
現場から救い出されて生き続けたのか…その辺も視聴者のご想像に
お任せしますってやつですよね^^;

どっちにしろ、生きていた方が救われますよね^^

くう |  2012/09/01 (土) 16:22 [ 編集 ] No.39596


Re: Largoさん

Largoさんもお疲れ様(ノ_-。)
このような事になるとは残念な事限りなしです~。

>突っ込みどころや夢オチう思わずまとめてみたくなるというか・・・(笑)

せびぜひまとめてくださいっっ!
回収されていない事が山ほどあるので、ネタと一緒にSF的考察も
入れていくとヲタクな記事が書けそう( 〃▽〃)
お待ちしていますー(^^)/

くう |  2012/09/01 (土) 16:27 [ 編集 ] No.39597


Re: ラビットらむさん

>頭の中でうまく整理できないんだけれど、2012年の子どもがタイムスリップしちゃったんだよね?
それが最終回は老人?

結局、正しくは、タイムスリップして平成に帰れないまま昭和を生き抜いた…
というオチになるらしい^^;

>神隠しにあった行方不明事件だよね@@
最後に捜索願のポスターでもハラリと落ちたら、ますます頭の中が整理できないね^^;

そう、そこがどうなるかも説明はなかった。
SF的にはパラレルワールドに飛んだのだとしたら、元の世界には別の
自分たちがいるので、そっちで普通にすごしている事になるし、
同じ時間軸に飛んだとしたら行方不明のままという事に~^^;
全ては視聴者の妄想でお願いしますって感じ^^;
すごいドラマだったよ…視聴者にどんだけ頭使わせる気ぃや( ̄∇ ̄;)

くう |  2012/09/01 (土) 16:34 [ 編集 ] No.39598


Re: soraさん

>ドラマよりも、最近では、私の中のドラマは、こちらだったような気がします。

私のは妄想込みの世界です( 〃▽〃;)

>私的には、最後、爽やかな空気を残して、 終わりを迎えてくれた事に、救われました。

急に爽やかになり過ぎてぽかーーんとしてしまったのですが、なるほどそうかもです。
焼け跡で終わるよりも救われた気持ちにはなれますよね。

ありがとうございました。
また今度はこんなにツッコミ入れなくて済むものでお会いしましょう(^^)/

くう |  2012/09/01 (土) 16:41 [ 編集 ] No.39599


Re: hiroさん

ご訪問とコメントありがとうございます^^

いや、あのドラマでそこまで読んでもらえれば、スタッフは大喜びだと思いますよ^^
その解釈はありだと思います。
ただまぁ、それなら「ぼくの夏休み」というカワイイタイトルは止めた方が良かったかなと^^;

>第一部から受け取ったバトンを陳腐な昼メロ的展開でしか繋げられなかったことは、非常に残念でなりませんが……。

まさにこれですね。
これがある限り、真摯な姿勢で作られたとは思ってもらえない気がします^^;
第二部の描き方は悪夢的でした。
映画でもう少しきちんと作れば…園子温監督あたりが作っていれば
そういうテーマでこの内容でも全く違う物になるかもですね^^;

くう |  2012/09/01 (土) 16:50 [ 編集 ] No.39600


Re: 桔梗さん

>我々はどこから来たのか…我々はどこへ行くのか…って「熱海の捜査官」を思い出しちゃったよ。

同じ同じ同じ!!!!
いやーん、解る人がいて嬉しいーー( 〃▽〃)
どうせ誰も知らんし、と思って記事の中に入れなかったんですよね!

所詮、昼ドラでSFは無理だったか…と私も思いましたわ。
それなりにSF解決っぽいラストを楽しみにしていたんだけど。

>友情出演、耕作兄さんの名前もありましたね。あちこちのドラマでお忙しい升さんまでご出演とは!

耕作兄さんも第一部の子役さんたちも火事の現場にいたらしいんですよ!
ちょっと私、見つからなかったので、見つかったら追記しますわ。

ホント、いや、第一部の子役さん含め役者さんはみなさん素晴らしかったです。
私的には「ぼくの夏休み」は第一部で終了しました。

私も楽しかったです。本当にありがとうございました(#^.^#)

くう |  2012/09/01 (土) 16:57 [ 編集 ] No.39601


Re: くるみさん

ご訪問とコメントありがとうございます^^

>個人的にはタイムスリップして和也とはる菜は強く優しい子供に戻ってたくましく現代を生きると思っていました。

そう納まるのが「平成の子どもが戦争体験をして得たものを伝えながら生きる」という
タイムスリップの意味が生きる展開だと思うんですけどね、普通^^;
迷走しすぎて迷子になったようです。

>でも、僕の夏休み…実は「わしの夏休み」だったんですねwww

ちょ…www爆笑しました!!( 〃▽〃)

くう |  2012/09/01 (土) 17:02 [ 編集 ] No.39602


Re: さぎのさん

ご訪問とコメントありがとうございます^^

>第一部ではドキドキハラハラし、久々に面白いドラマだなと思った分、
第二部があれでは…本当にがっかりです。

第一部と第二部が違いすぎですよね。
ずっと子役で行けそうもないと思ったのなら、早く終わらせて別の短編をやるとか
そういう方法もあったと思うんですね。
無理やり第二部を繋げた感が大きすぎるドラマになっちゃいました。

>「生きなさい。あなたたちは生き抜かなきゃ」
という高岡さんの声は、(佐代の声)と表示されておりました。

情報ありがとうございましたー(^^)/助かります。

>まぁでも、第一部で一生懸命生きていた和也とはる菜や、
一生懸命に和也たちを理解し、助けようとした周りの人達とのドラマは
素直に面白かったので、それだけでも良しとしようかな、と思います。

そうですね!
第一部は昼ドラとして名作だと言っていいと思いました^^

どうぞ、今後もよろしくお願いします(^^)/

くう |  2012/09/01 (土) 17:07 [ 編集 ] No.39603


Re: このはさん

ご訪問とコメントありがとうございます^^

>基本的に昼のドラマはドロドロしてて嫌いなので見ないんですが、
このドラマはタイトルにひかれて見始めました。

私もですー!
まぁたまにボンヤリ見ている物はあってもレビューは書きません。
昼ドラレビューは初です。第一部は、思わず書きたくなるほど良かったのです(;_:)
なのに二部では伏線は全てふっ飛ばし、視聴者を混乱させるためだけに用意されたシーンも
多々ありましたよね。
裏切られた感が大きい人がたくさんいらっしゃるのもやむを得ないですね。

>和也と文子が殴られているシーンで、なんで殴られてるのか

あれも釣りシーンの1つみたいです。
結局あんなシーンは無かったし…もしかしたら第二部のために削られたのかも知れませんね^^;

>ぼくの夏休みというタイトルが全く合わない結末になっちゃった気がしました。

本当ですよねぇ……。
「戦火の兄妹」とか…「愛の炎」とか…そんな昼メロっぽいタイトルが相応しかったかと^^;

くう |  2012/09/01 (土) 17:16 [ 編集 ] No.39604


Re: あいんさん

>とりあえず、私的には素直に解釈して、二人は平成には帰らず(帰れず?)火事のどさくさに紛れてどこかに逃げ、そのまま歳をとった…と思いました。

佐代女神の声であそこからまた飛んだのではなくて、逃げ延びた説ですね( 〃▽〃)
それもアリだと思います。

知佳はきっと、また誰かに成りすまして上手く生きているかもしれません。
それが戦後を生きる道・・・
可愛いしね!きっと栄次郎のような男が拾ってくれるでしょう。

>ちえ子さんの心臓とか…(←これ、ダンナの虚言だったんじゃないかって今は思ってますけどね。

なるほどですーー!
って事は、佐々倉医院はカルテの改ざんもしているわけですね。
大犯罪ですね。きっとそんな物があちこちからポロポロ出てきそう。
やつは一生刑務所から出られないでしょう。

>平成の母のことを思うと切ないです。
彼女の子供らは、あの平成の夏に「行方不明」になったきりなワケですよね…。

元々違う時間軸に飛んでいたら、元の世界の2人は普通に生きていて、
今でもゲームやりながら「しね」とか言ってるかも知れません。
そこら辺の回収もできずじまいですから、SF展開は昼ドラでは無理っと改めて思いました^^;
確かに、あの子らに歴史を変えちゃならないとかいう意識は一切ありませんから、
もしも自分に会うような事があったらベラベラ話し掛けそうですwww

くう |  2012/09/01 (土) 17:34 [ 編集 ] No.39606


Re: かのんさん

ご訪問とコメント、ありがとうございました^^

>一部で悪事を働いた人達がその後どうなっているかの説明も無いままに、二部登場の人達も、本当に、くうさんがおっしゃるように、まるでゲームに次々と出てくる「敵キャラ」のよう・・・

私も昼ドラってあまり見ないのですが、恋愛ものドラマではよくありますよね。
あっちのライバルが消えたら今度はこっちのライバルが…みたいな。
そんな風に次々と苦難が振りかかっては攻略していくのが昼メロの基本…みたいな解釈です^^;

>伏線は見事に全て回収されず、ただ二人はそのまま寄り添い合って生きていったのみ・・・(私はそう解釈しました。消防車が間に合って助け出され、その後二人で支え合って生きていったのだと)

いや、その解釈で正しいと思います。
それが一番幸せに由紀さおりさんと宇津井健さんのラストに繋がる道ですよね^^

>一部で終わりで良かった、苦労を体験した少年少女が平成に戻って強く生きていく・・そんな話で良かったと思います。

昭和の体験を平成で生かす…というのが運命が与えた2人の使命のような気がしますよね。
普通はそうですよね^^;
どうやらこの世界は普通ではないみたいです^^;

>来シーズンの予告を見て思ったのですが、二部の卑屈な展開こそが、昼ドラの王道なのでしょうか?

そうですね…私が何本か出会った昼ドラはそんな感じでした。
姑は鬼で女は結婚したら色々耐えなくてはならず、血のつながりが
おかしい事が発覚したり、あんなことされたりこんなことされたり…
で、それをツッコみながら見るものかと^^;
次作の作家さんはそういうので有名な方です。
たぶん、昼ドラファンは大喜びしていると思います。

キャストの皆さまには心からお疲れさまでしたと私も言いたいです。
そして、お言葉、ありがとうございました(^^)/

くう |  2012/09/01 (土) 17:44 [ 編集 ] No.39607


Re: ミンミンさん

>もちろんもどれないタイムスリップを描かれた作品もたくさんありますが、たとえば漂流教室(子供の頃はまった漫画です)みたいに、天変地異に巻き込まれたような、タイムスリップ自体がそういうものでないと!と、わたしは思うし、SL型デンライナーがでてるじゃん(すみません、わたしの頭の中は健君マックス)
血筋とか、現代に群がりを持てる、タイムスリップですよね?

「漂流教室」私も読んでますww懐かしい~。
普通、タイムスリップ物を作ったら、色々と辻褄を合わせて行かなければいけないものです。
当たり前ですが、作家さんはそれを考えて書いていますよね。
読む方、または見る方は、繋がりを発見した時に「おおー!」と喜びを見出す物だし、
そういうのがSFの醍醐味だと思うのです。
でも、このドラマではタイムスリップはただの軽~い道具だったようです。
第二部だけだったら、別に平成から来たんじゃなくて何処かの田舎から東京に来たとか…
外国から来た子供たちが昭和を生き抜く話で良かったじゃん、と思えてしまいます。

>ちょっとあばれてないか心配しましたよお

ツイッターでは、見終わってからちゃぶ台投げてましたww
ウリャァ!! (ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。;・' ←

でも、不思議と想定内でもあったので、そんなに怒りは感じませんでした^^;
きっとこんな風に何もかも投げ捨てるドラマに違いないという気もしていたので…。

今後も、どうぞよろしくお願いします(^^)/

くう |  2012/09/01 (土) 17:53 [ 編集 ] No.39608


Re: ブリさん

ご訪問とコメント、ありがとうございました^^

>1部の時点でも突っ込みどころが満載のドラマでしたが、何だかんだと毎回楽しみだっだのに、2部がスタートしてからは毎回ストレスがたまって、たまって・・・。

あははは、そうなんですよねー^^
1部からツッコミ所は多かったんですよ。
でも、泣かせる部分も多くて、結果的には「良いドラマ」という評価ができていたのですが…。

>せめて、あの火事のシーンに大五郎と文子に混ざって変装したあの二人がいるのでは・・と無駄な作業をしたけど見当たらず・・(どこかのシーンでいましたか?)

それがいるらしいんですよ!
私もまだ発見できてないのですが、第一部のキャストは大五郎と文子だけではなく、
子役たちも耕作もあの野次馬の中にいるらしいのです。
ちょっと後で動画を見て確認してみます。見つけたら記事に追加しますね。
(録画はもう消しちゃったので…^^;)

今後もどうぞよろしくお願いいたします~(^^)/

くう |  2012/09/01 (土) 18:00 [ 編集 ] No.39609


はじめまして

もう、2部になってからずっともやもやしていて最終回がこんな終わり方で・・・
で、ここにたどり着きました。
遅ればせながら全部読ませていただきました。
あんな突っ込みこんな突っ込みに気持ちがすーっとしました。
最終回は編集も雑ではなかったですか?
火の中で柱が落ちてきて倒れる和也と駆け寄るはる菜の場面。
一度起き上った和也が次の場面でまた倒れてました。
幽体離脱みたいでしたよ。

1部だけをもっとしっかり作り直して、子供のうちに平成に帰れてめでたしめでたしならNHKで放送できたかも。
私としては22話が一番よかったです。
省吾さんと和也のお別れのシーン、泣けました~。
省吾さんが間違って生きていてキモくなっていなくてほっと胸をなでおろしています。
1話に1キモはよかったですね(笑)
他のドラマのものもおいおい拝見させていただきます。

kyom |  2012/09/01 (土) 23:38 [ 編集 ] No.39610


Re: kyomさん

ご訪問とコメントありがとうございますー(^^)

>最終回は編集も雑ではなかったですか?
火の中で柱が落ちてきて倒れる和也と駆け寄るはる菜の場面。
一度起き上った和也が次の場面でまた倒れてました。
幽体離脱みたいでしたよ。

はは^^;火事のシーンは作り物感たっぷりでしたね。
案外本当に幽体離脱かも知れませんよ。あの時はすでにこの世の人ではないのかも。

>私としては22話が一番よかったです。
省吾さんと和也のお別れのシーン、泣けました~。
省吾さんが間違って生きていてキモくなっていなくてほっと胸をなでおろしています。

私もです!第1部の時はけっこうホロっとしながら見ていた記憶があります…。
ずっと省吾さんの復帰を願っていましたが、キモくなって帰ってくるくらいなら
出てくれなくて正解でしたわ。

また他のドラマでもよろしくお願いします^^

くう |  2012/09/02 (日) 00:15 [ 編集 ] No.39611


第一部の存在意義は?

見られなかった日はこちらを拝読し、
その感想の的確さ、面白さに見た日も覗くようになりました。

実は第一部は見たり見なかったりだったのですが、
第二部に突入しても兄妹が過去に居続けることが意外で、
成長したら平成に戻りづらくなるのにどういう結末で終わるのだろう?
という興味のみで筋を追っていました。

広がり続ける風呂敷は広げっぱなしで終わるのか?
と思っていたら本当に広がったままで終わってしまいました。
最後の最後でまさか天の声とは。
(天の声は佐代なんですね。マツのほうがまだしも適任かと)
私は天の声が兄妹に火事場の馬鹿力を与え、
乗っかっていた梁がどいたとイメージしました。
二人が梁をエイヤと持ち上げる図をぜひ映像化してほしかった。

タイムスリップの要素を無駄にするくらいなら、
いっそ第二部を戦争中に生き別れた兄妹の話として別個のドラマにしてしまえば、
ある意味伝説の昼ドラになったかもしれません。

当初は、子供も見られるドラマを制作しているのかと思っていましたが、
まさか夏休みと重なる第二部がこんなことになるとは。
タイトルにつられて第二部から見始めた子供はポカーンだったでしょうね。

余韻が残りすぎて、長々と失礼しました。
お疲れ様でございました。

バテバテ |  2012/09/02 (日) 01:06 [ 編集 ] No.39612


Re: バテバテさん

ご訪問とコメントありがとうございますー(^^)

>第二部に突入しても兄妹が過去に居続けることが意外で、
成長したら平成に戻りづらくなるのにどういう結末で終わるのだろう?
という興味のみで筋を追っていました。

私もほとんどそうですねー^^;
見始めちゃったから習慣で…と、どういう結末になるのか。
というよりも
『どうやって帰れるのか』
が気になって見続けていたのであって、まさか帰らないとは思っていませんでした( ̄∇ ̄;)

>私は天の声が兄妹に火事場の馬鹿力を与え、
乗っかっていた梁がどいたとイメージしました。
二人が梁をエイヤと持ち上げる図をぜひ映像化してほしかった。

なるほどー!天が力を与えるのですね。
それもアリだと思います。

みなさんの妄想最終回が本当に楽しいです(⌒▽⌒)

>当初は、子供も見られるドラマを制作しているのかと思っていましたが、
まさか夏休みと重なる第二部がこんなことになるとは。
タイトルにつられて第二部から見始めた子供はポカーンだったでしょうね。

第二部は子どもが見る前にお母さんが止めるような内容でしたね^^;
私も第一部と第二部は完全に別物にしていただきたかったです。
子供時代の2人にあの姿、あの中身のままで救われて欲しかったな。

くう |  2012/09/02 (日) 02:38 [ 編集 ] No.39613


最終回見逃して。

長女が幼稚園に行き、色々探しこちらにたどり着きました。

後半から、うけて一人で肩をヒックヒックさせてました。

次はドラマとリンクして、こちらを拝見したいと思います。

ななまま |  2012/09/03 (月) 13:44 No.39623


遅くなりましたが、皆さんお疲れ様でした!

普段仕事だし、子どもが保育園行ってから録画を見ているので、最終回、やっと今日見ました。
そして、想像を上回る覇気のない終わり方に、このサイトに来るしかない!と覗いたところ、皆さまの憤りのコメントが続々と…。
公式サイトのメッセージも、好意的なものもありますが、やはりポカーン体験は隠せないようです…。

ただ、くうさまのドラマレビューが充実してらしたので、1部で懐かしく思い出していた大好きなタイムスリップドラマ「JIN」の最終回コメントの数々を改めて拝見し、あのときは素晴らしかったなあ…と逃避して(?)いました。

友情出演に高岡さんの名前があったり、公式サイトの子役たち出演情報があったので、もう一度火事のやじ馬シーンを見直そうと思いますが、2度見た限りでは、やはり大五郎と文子(彼女はリアルタイムですぐわかりましたけどね!)しか確認できませんでした。。。どなたか、「ここにいるよ~!」と判明したら、教えていただけますと幸いです<(_ _)>

あと、天空からの声は、佐代というより、同じ高岡さんの声なので平成のお母さんの声、というのが妥当なのでは…(見ているときは、そう感じながら見ていましたが)?

最後に希望としては、第一部をベースに、改めてやり直した本当の続きの話をスペシャルで見たい…くらいかな。全部伏線回収していったら、十分2時間行けます。あ、脚本はもちろん第一部の方で!
(なんだかんだいって、第一部のみんなが好き!)

とりあえず、ここで憂さを晴らすしかない、くうさまをはじめ見続けていた皆さま、お疲れ様でした…! 出演者もお疲れさまですが、わたしは見ていたファンにもお疲れ様を言いたいです!

通りすがりですが |  2012/09/03 (月) 14:50 [ 編集 ] No.39624


追伸です★

いま、改めて公式サイトや出演者の方のブログなどを見ましたら、耕作さんはコックさんぽく登場しており、文子はウェイトレス?のようで、二人がくっついた?説もあり…。
文子だけはテンションなどから本人だとして、つまり、第一部の皆さんはけっこうたくましく戦後も生き抜いていたってことですよね??

となると、やっぱり、第一部の続きを、改めて別な脚本で、見たい~~! 偽はるかとか、佐々倉先生とか、第二部キャラはなしでいいから!

通りすがりですが |  2012/09/03 (月) 15:26 [ 編集 ] No.39625


Re: ななままさん

ご訪問とコメントありがとうございます^^

ぜひまたお立ち寄りくださいー!
と言っても、私、次の昼ドラ感想はやりませんが、ゴールデンのドラマで
気にいったものがあったらぜひ^^

くう |  2012/09/03 (月) 17:10 [ 編集 ] No.39628


Re: 通りすがりですがさん

>公式サイトのメッセージも、好意的なものもありますが、やはりポカーン体験は隠せないようです…。

そうなんですか!公式は見に行っていないのです。
公式でもポカーンなコメが入ってるって珍しいですね^^;どんだけ……

>大好きなタイムスリップドラマ「JIN」の最終回コメントの数々を改めて拝見し、あのときは素晴らしかったなあ…と逃避して(?)いました。

「JIN」はゴールデンのドラマの中でも素晴らしいものですから・・・
そして、このドラマはゴールデンに来たら許されないレベルですから~( 〃▽〃)

>2度見た限りでは、やはり大五郎と文子(彼女はリアルタイムですぐわかりましたけどね!)しか確認できませんでした

私も動画サイトなどでも確認したのですが、やはり大五郎と文子しか
見つからなかったのです…
公式が画像を上げてくれればいいのにね。

>あと、天空からの声は、佐代というより、同じ高岡さんの声なので平成のお母さんの声、というのが妥当なのでは…(見ているときは、そう感じながら見ていましたが)?

私も母の声なのかと思ったのですが、字幕放送が「(佐代)生きなさい…」
と出ていたようなのでスタッフは佐代さんのつもりで作ったらしいです^^;

>出演者もお疲れさまですが、わたしは見ていたファンにもお疲れ様を言いたいです!

ですよねーー^^;特に一部の終結が知りたいためだけに1か月見続けた方々には、
本当にお疲れ様です。私もそうですが…^^;

くう |  2012/09/03 (月) 17:21 [ 編集 ] No.39629


Re: 通りすがりですがさん

ありがとうございます^^
おかげさまで耕作さんを発見できたので記事に追記しましたー(^^)/

>いま、改めて公式サイトや出演者の方のブログなどを見ましたら、耕作さんはコックさんぽく登場しており、文子はウェイトレス?のようで、二人がくっついた?説もあり…。

文子はあれウェイトレスだったのですか!
私は初めは修道女かと…そして看護婦?とか思ってました。

>つまり、第一部の皆さんはけっこうたくましく戦後も生き抜いていたってことですよね??

私はこれはスタッフがノリで第一部の方々をエキストラに使った別人たちだと思っています。

それか…幽霊・・・^^;
だって、みんな火事の最初のシーンでは出ていなかったんですよ。
和也がジャズバーの前に到着したシーンから現れたんです。恐くないですか^^;

>となると、やっぱり、第一部の続きを、改めて別な脚本で、見たい~~! 偽はるかとか、佐々倉先生とか、第二部キャラはなしでいいから!

と言うよりも、発想は面白いと思うので丸っきり作り直していただきたいですね。
私としては、主役はずっと子役さんのままでいいっす( 〃▽〃)

くう |  2012/09/03 (月) 17:28 [ 編集 ] No.39630


いつまでもすみません<(_ _)>

月曜日の午後1時半・・・
終わってしまったんですね~(-_-)

消化不良を起こしたまんまで、気持ち悪くて
しかたありません。

私の中では、和也(綾部守人君)と
はる菜(二宮星ちゃん)があの駅で
生き別れになったままで・・・
その後が気がかりでたまりません。
どなたか「ぼくの夏休み」を
作り直して、見終わったあと
清々しい気持ちにさせてください。

キョンキョン |  2012/09/03 (月) 22:03 No.39631


Re: キョンキョンさん

いいえいいえ、どうぞー。
私も、今日記事に書き足した所ですし、コメントなどに期間制限はありません~。

今日から、もう次の昼ドラ始まりましたもんね。
中島大先生脚本の「赤い糸」。
私、昼ドラはほとんど見ないのですが、この方の脚本のドラマは
「真珠夫人」「牡丹と薔薇」「さくら心中」と何故かよく見ているんですよ^^;
今日も思わず初回見ちゃいましたわ。
ツッコミ所満載でした。

やはり昼ドラってこういうモンなんですね。
フジの昼ドラ体質としては第二部が正しい姿なのかも~(;_:)

くう |  2012/09/04 (火) 02:22 [ 編集 ] No.39632


耕作さん、探してみます!

今日は忙しくて探せなかったんですが…、耕作さん、やっぱりいたんですね!
なれば、公式サイトで謳われていた和也と栄次郎子役たちも…?と、さんざんネットで情報を探してみたものの、やはりこの3人しかいなかったようで…((+_+))

しかし、ネットでいろいろ検索していたところ、このドラマ最終回にどれだけ被害者がいたかがわかり、終わって数日たってもやりきれない、自分のような方々が「教えて」サイトなどで「このドラマの最終回はどういう意味なんでしょうか?…」と聞いている様子に同意を禁じえません(^_^;)

なんか、とにかく、やり直してほしいんですよね…みんな。
吹っ切れようと思いつつ、やじ馬シーンに第一部のキャストが登場、というネタで、今日もせっせと検索してしまった自分もなんですが…。(2ちゃんのスレは、なぜか終わって数日経っても延び続けているようで…。脳内謎解きストーリーの数々を展開するしかない状況…わかります…)

これらの声が届いて、スペシャルなどですっきりさせてくれるといいのに~~

通りすがりですが |  2012/09/04 (火) 19:28 [ 編集 ] No.39639


終わりましたなwww
何と言うか、何とも言えないというか、色々な想像と予想をしてきましたが悪い方の予想を見事に実現してくれた最終回でしたwwwwww

そのまま平成まで生き続けるなら春菜が流産した時点でどっか遠くに二人で逃げるってシナリオでも良かったのに火事ってゆー再びタイムスリップするかもなフラグたてときながら戻らんとはどーゆーこった(爆)

これタイトル[ぼくらの夏休み]が正解なんじゃね?もし平成行きかもしれん汽車に春菜だけが乗って平成に帰って、和也がそのまま昭和を生き続けたら[ぼくの夏休み]でも納得ですがね、そして平成で子供のままの春菜と老人和也が再会とかwww

しかし二人があの時代を生き続けたからやっぱ二人の母親は存在しなくなったんだろうか?
平成まで生き抜いたことでそのへんの謎も深まるんよねー...まぁもう終わったことですし?いいんですがねwww

はー、スッキリせんドラマやった!!www

あずみ |  2012/09/04 (火) 23:24 No.39642


ひきずってすみません

最終回に升毅さんたちはいましたが少年和也と栄次郎はどんだけ探してもいませんでしたね。
公式ページでお楽しみに、みたいに書いてあったのに。
カットされたんでしょうかね。

私も最終回のはしゃれでのエキストラ出演だと思っています。
なので私の推測ですが、少年和也と栄次郎もエキストラ出演するはずが視聴者を混乱させるためになくなったのでは?と思います。
だって和也が2人になってしまうし、栄次郎は死んでから子供に戻ったことになってしまう(笑)

これだけ視聴者を悩ませるドラマも珍しいですね。
ま、それが楽しかったりもするんですが。

私としては最後から2番目の恋みたいな最終回が好きです。
人間関係は微妙に変化してもいつもと変わらない日常は続くという、大人のドラマだなぁと思うわけです。

kyom |  2012/09/05 (水) 15:06 No.39647


Re: 通りすがりですがさん

耕作さんはいましたね。
でも、子役さんたちは見つからず…です。
他のシーンに出ているのかなぁ。

>しかし、ネットでいろいろ検索していたところ、このドラマ最終回にどれだけ被害者がいたかがわかり、終わって数日たってもやりきれない、自分のような方々が「教えて」サイトなどで「このドラマの最終回はどういう意味なんでしょうか?…」と聞いている様子に同意を禁じえません(^_^;)

ははは…( ̄∇ ̄;)
私はねー、意味なんてないと思いますよ。
私はこんな記事を書いちゃいましたが、恐らく2人は火事で助かって
逃げ延びて生き延びて宇津井健さんと由紀さおりさんになったんでしょうね~…
そんな程度の薄っすいドラマだったんだと思ってます。
スペシャルとか変に作られるよりも、脳内補填して遊んでいる方が面白いかも~^^;

くう |  2012/09/05 (水) 17:47 [ 編集 ] No.39648


Re: あずみさん

終わりましたねー^^;

>そのまま平成まで生き続けるなら春菜が流産した時点でどっか遠くに二人で逃げるってシナリオでも良かったのに火事ってゆー再びタイムスリップするかもなフラグたてときながら戻らんとはどーゆーこった(爆)

ですね。
私もあそこで戻るかな、と一瞬思いました。
宇津井さんと由紀さんは祖父母だと言う噂もあったしね。
しかし、そのまんま本人でした。
…つまりは…こんなドラマです^^;

>しかし二人があの時代を生き続けたからやっぱ二人の母親は存在しなくなったんだろうか?
平成まで生き抜いたことでそのへんの謎も深まるんよねー...まぁもう終わったことですし?いいんですがねwww

たぶん、そういうSF的考証も何もなされていないと思います。
やっつけですね^^;
あとは、視聴者が自分の頭で想像しろと言う、大変頭を使う作り…
まぁ…昼ドラだしいいのかなって事で…w

くう |  2012/09/05 (水) 17:54 [ 編集 ] No.39649


Re: kyomさん

>最終回に升毅さんたちはいましたが少年和也と栄次郎はどんだけ探してもいませんでしたね。
公式ページでお楽しみに、みたいに書いてあったのに。
カットされたんでしょうかね。

公式に書いて出番カットという事はないと思うんですよね…
実はまだあの後公式に行ってないんですけど^^;
カットしたなら公式からもその記述は削りますよね。普通。
(それとも、そんなところまでいい加減?爆ww)

>少年和也と栄次郎もエキストラ出演するはずが視聴者を混乱させるためになくなったのでは?と思います。
だって和也が2人になってしまうし、栄次郎は死んでから子供に戻ったことになってしまう(笑)

そうなのかも知れませんね…視聴者はもう充分混乱してますけど( ̄∇ ̄;)

>これだけ視聴者を悩ませるドラマも珍しいですね。
ま、それが楽しかったりもするんですが。

そうですよ。
終わった後もこれだけ想像力膨らむドラマもそうないですw

>私としては最後から2番目の恋みたいな最終回が好きです。
人間関係は微妙に変化してもいつもと変わらない日常は続くという、大人のドラマだなぁと思うわけです。

「最後から2番目の恋」は私も大好きです^^
あれは、岡田惠和さんの脚本ですし、ドラマのゴールデンの時間帯だし…
つまり、昼ドラっていうのは視聴者にツッコませてナンボなんでしょうね。
たぶん筋なんか通ってなくても良いんだろうな、と、改めて思いました^^;

くう |  2012/09/05 (水) 18:02 [ 編集 ] No.39650


こんにちは~

まだ引きずってます(笑)。
昼ドラを見ると午後の予定が狂うのですが、今度の昼ドラには瀬川君が出るので・・・。
昨夜「つるかめ助産院」を見てたら、大人のはる菜がでてきてビックリ!「ぼく夏」見てなかったら絶対若い女優さんの区別がつかなかったと思う・・・。結婚してないのに、旅行で沖縄にきた大学生の子どもを妊娠してしまったとかで、本人は喜んでました。つい和也の子か・・・などと不謹慎なことを考えちゃったのはここだけの話です。

桔梗 |  2012/09/05 (水) 19:37 No.39656


Re: 桔梗さん

まだ引きずっている方、多いですよねーー(⌒▽⌒)
これだけ引きずってくれれば局の思惑通りな気がします^^

>昼ドラを見ると午後の予定が狂うのですが、今度の昼ドラには瀬川君が出るので・・・。

私は1話目だけ見て、あとは面白い事が起きたら見ようかと思ってます。
ほんと、昼ドラ見ると午後が拘束されるんですよね^^;
私の場合は、「赤い糸の女」の心残りは加藤和樹さん!
1話目には出ていなかったので、暇な時は加藤さん狙いで覗くつもりです。

私も昨日の「つるかめ」見て、同じこと思いましたよーー!
おおーはる菜だ!和也はどこだ、と言ってましたもん。同じ同じw

くう |  2012/09/05 (水) 19:46 [ 編集 ] No.39658


レビュー、お疲れさまでした。

いやー…、もはやわけがわからないwこんなにひどいドラマはないですねwwwある意味おもしろかったですけどね(^^;)

休暇が終わって仕事が始まってからの数回分はここで補填させていただきました。ありがとうございます。

が、本っ当にひどいラストw一部は女郎屋だのなんだのあったけど、今思えばとてもいい内容でしたよね。
違う二部がみたい…そう心から思ってしまいます。

ほかの方も書かれてますが、演じている方々がかわいそうになるくらいの転落ぶり。本当に驚き、あきれ、…やっと終わってくれたなあっていう感想しかないくらいですね。

長々とすみません。
これからもレビュー頑張ってくださいね。レビュー、とてもわかりやすく、面白かったです!!

ゆり |  2012/09/05 (水) 21:51 No.39662


Re: ゆりさん

>いやー…、もはやわけがわからないwこんなにひどいドラマはないですねwwwある意味おもしろかったですけどね(^^;)

いや、本当にある意味面白かったですww
なかなかここまでツッコミできるドラマもないですよw

>一部は女郎屋だのなんだのあったけど、今思えばとてもいい内容でしたよね。
違う二部がみたい…そう心から思ってしまいます。

ホント、一部からツッコミ所は多かったんですけどね。それを上回る切なさと感動がありましたよね。
私、何度もウルっとしましたもん…(゜゜)遠い目…

いやーでも、役者さんたちはね、こんなドラマだからこそ印象づいて良かったかもですね( ̄∇ ̄;)

また、ぜひお越しくださいませ。ありがとうございました^^

くう |  2012/09/06 (木) 00:20 [ 編集 ] No.39665


はる菜って言えば・・・

なんか、すっきりしたタイムトラベルもの
見たくって! ツタヤで高校生が戦国時代に
タイムトリップする「ギャル バサラ」を
借りてきました。
ところが、驚き!!これにも大人のはる菜が
出ているではありませんか(゜o゜)
ホント!思わず和也を探しましたよ~

で、なんだか見る気そがれちゃって(-_-)
最初の15分でやめてます。
返却日が10日だから、それまでには
見なくては・・・

話は変わるんですが
くうさんは映画「ある日どこかで」を
見ましたか?
これもタイムトラベルするんですが、
映像といい音楽(ラフマニノフ)と
いい、配役、脚本素晴らしかったです。

キョンキョン |  2012/09/06 (木) 13:42 No.39672


Re: キョンキョンさん

>「ギャル バサラ」

何それ、初めて聞きましたww
はる菜…こと有村架純ちゃん、売出し中ですね。
私が初めて見たのは、たぶんSPECだと思う。

「ある日どこかで」は見た事ありません。
ぜひチェックしたいと思います^^
タイムスリップとはちょっと違うんですがパラレルワールドもので、
「バタフライエフェクト」もお勧めですよ。切ないです。

くう |  2012/09/06 (木) 21:28 [ 編集 ] No.39674

コメントを投稿する 記事: 【ぼくの夏休み】フジテレビ昼ドラ 第45話 最終回夢オチ感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

ぼくの夏休み とりあえずひとこと。(^^;;

公式サイトうわあ、これで終わりかぁっっっ<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-175f.htmlこの記事のトラックバックURLhttp://app....

昼寝の時間@R 2012/08/31

プロデューサー大平義之

2005/05/21 シナリオライター・松本マリコの課題にて大平義之は総指揮として携わりました。 2004/06/05 パローレ 甘い囁きにて大平義之はエグゼクティブ・プロデューサーとして携わりました...

大平義之のブログ 2013/07/05