ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
NHK連続テレビ小説  朝ドラマ  梅ちゃん先生  堀北真希  高橋克実  ミムラ  小出恵介  松坂桃李  高橋光臣  成宮寛貴  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【梅ちゃん先生】番外 松岡敏夫(高橋光臣)先生まとめ。「さようなら。ボウケンレッド」

   ↑  2012/07/22 (日)  カテゴリー: NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : NHK連続テレビ小説 朝ドラマ 梅ちゃん先生 堀北真希 高橋克実 ミムラ 小出恵介 松坂桃李 高橋光臣 成宮寛貴 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-2895.html

2012/07/22 | Comment (10) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こんにちは。

私もてっきり松岡と結婚するのだと思っていたのですが、
まさかの留学とは…(汗)

となると、梅子は誰と結婚するのか?
松岡を待ち続けるのか、それとも幼馴染みの彼と結婚するのか…
さらには第三者が登場するのか…
非常に気になるところです。

BROOK |  2012/07/22 (日) 16:45 No.39156


このブログでの感想を読めただけで、もう松岡はアレで良かったなと
思えました。
本当にありがとう。

お名前忘れてますよ |  2012/07/22 (日) 17:52 No.39157


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2012/07/22 (日) 18:06 No.39158


今週のサブタイトルが、別れちゃうのかな〜的なタイトルだったから、
さっさと結婚して欲しかったわ。
まあ二人の色んな事への未熟度を考えたら、それは無理だよね。
実際、松岡と梅ちゃんがくっつくと、
だったら何故このポジションに『彼』を置いたのかと、
ずっと違和感を感じていたのですが。
『彼』は多分、くうさんと同じ人だと思うんだけど。

留学先で、松岡が流行病で倒れたり、
事故死とかの不運に見舞われない限りは、
私的には『彼』の存在も気になるのですが、
立派になった梅子を、もっと大きくなった松岡が、
迎えに来て欲しい。
あんなに良いコンビはいないよ。回想シーン、凄い良かった。
青春だな〜。

紫花浜匙 |  2012/07/22 (日) 19:41 [ 編集 ] No.39159


Re: BROOK さん

>となると、梅子は誰と結婚するのか?
松岡を待ち続けるのか、それとも幼馴染みの彼と結婚するのか…
さらには第三者が登場するのか…

松岡との恋はこれでキッパリ終わりだと思っています。
梅子ってそういう女だと思うんですよ(;_:)
で、第三者も今さら出ない…と思います。
(松子の例があるので断言できませんが…)
やっぱり「彼」かなぁ、と私は思っています。
問題は彼女をどう片づけるかですが…このドラマの事だから、
いつの間にかサッサと身を引いている可能性もアリ^^;

くう |  2012/07/23 (月) 00:49 [ 編集 ] No.39168


Re: お名前無記名の方

そう言っていただけると嬉しいです(#^.^#)
私自身、どうしてもスッキリせず、思い出作りのつもりで書きました。
良い人でしたよね。松岡さん、幸せになっていただきたいです。

くう |  2012/07/23 (月) 00:52 [ 編集 ] No.39169


Re: みみさん

ネタバレしないようにと鍵付きでコメント下さるお心遣い、本当にありがとうございました(#^.^#)

でも…ってことは、あの噂は噂じゃないのでしょうか…
その展開は暗いっっi-201平気なのかな^^;

「彼」については、やっぱり今さら感ですよね。
最初からそう言う流れだったら何とも思わなかったのになぁ…。

とりあえず、明日からの展開に注目ですね。

くう |  2012/07/23 (月) 00:56 [ 編集 ] No.39170


Re: 紫花浜匙 さん

>さっさと結婚して欲しかったわ。

長すぎる春ってやつなのかしら。
とにかく、松岡さんは誠実だったと私は思うよ~。
でも、梅子の方は全く本当に好きなんだか何だか解らなかったもんね。
私は松岡さんが振り回されているようで、いつも気の毒だと思ってた。

>だったら何故このポジションに『彼』を置いたのかと、
ずっと違和感を感じていたのですが。

うん。私もそこは違和感だった。
だから、「彼」の方と結婚すると言う噂がネットに出回っているのを見て、
そうなのかもーーと不安は感じてた。
その通りになっちゃうんだろうなぁ。

>立派になった梅子を、もっと大きくなった松岡が、
迎えに来て欲しい。
あんなに良いコンビはいないよ。回想シーン、凄い良かった。
青春だな〜。

青春だな~ホント。
でも、松岡さんにとってはちょっと苦いかも。
私はね、なんかもうあきらめたよ。
もしかしたら、別れて正解かも知れぬ…
きっと松岡さんには、別の幸せがあると思って応援するわーー。

くう |  2012/07/23 (月) 01:02 [ 編集 ] No.39171


感謝の気持ちでいっぱいです

くうさま、お別れを言っておきながら再び戻ってコメする私をお許しください。

だって!本日23日(月)の梅ちゃん先生レビューを見て、こんなに素晴らしいまとめをして頂いてたのを知ってしまったんですから!!

本当に素晴らしい。何度感謝しても足りないくらいです。これでそのまま本になる傑作ですー。有り難くて涙出そう…(ノ_<。)

ちなみに
高橋光臣さんのオフィシャルブログによると、明日24日は梅ちゃん先生番組展のトークショーだそうです。
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=takahashimitsuomi&guid=ON
席数が明らかに不足と思われます…。
私も梅ちゃん見るまで知らなかった役者さんですが、今後チェックが欠かせません。

くうさま、大変素晴らしいまとめレビューを有り難うございましたm(__)m

白衣のぺてん師 |  2012/07/23 (月) 19:44 No.39173


Re: 白衣のぺてん師さん

そんなそんな@@;むしろ、お別れの方が寂しいので、そう言わずにまた来ていただきたいですわ。

満足していただいて良かったです。
私自身、とてもスッキリしなかったので、これを書くことで区切りをつけたつもりです。
トークショーの話は読みました^^
ほんと、席数足らないでしょうね。
このドラマのせいで松岡人気爆発ですもの…。

高橋光臣さんは、「ウォーターボーイズ」とか「イケメン♂パラダイス」とか、結構
私が好きで見ていたドラマに出演なさってるんですよね。
でも、申し訳ない事に全く印象になかったです^^;
(イケパラの方は記憶にあるのですが、髪型のせいかそんなにイケメンにはみえなかったです^^;)
今後は注目していきたいですね。

くう |  2012/07/24 (火) 04:05 [ 編集 ] No.39176

コメントを投稿する 記事: 【梅ちゃん先生】番外 松岡敏夫(高橋光臣)先生まとめ。「さようなら。ボウケンレッド」

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

わたしの気持ちを代弁しているかのような・・・

ブログがありましたのでトラックバックさせていただきました。 【 ドラマ@見取り八段・実0段 】 さんの、ドラマをレビューしているブログなのですが実に見事。 読ませて

つれづれ日記。 2012/07/24