ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
ストロベリーナイト  竹内結子  西島秀俊  宇梶剛士  小出恵介  丸山隆平  遠藤憲一  高嶋政宏  生瀬勝久  武田鉄矢  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【ストロベリーナイト】第11話 最終回と統括感想

   ↑  2012/03/20 (火)  カテゴリー: 2012年「ストロベリーナイト」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ : ストロベリーナイト 竹内結子 西島秀俊 宇梶剛士 小出恵介 丸山隆平 遠藤憲一 高嶋政宏 生瀬勝久 武田鉄矢 

FC2スレッドテーマ : テレビドラマ (ジャンル : テレビ・ラジオ

関連記事

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-2628.html

2012/03/20 | Comment (8) | Trackback (29) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【カーネーション】第142回
この前の記事 : 【カーネーション】第141回

Comment


 面白かった~♪  というコメントの後に 感想を書くのは気が引けますが・・最終回。 私は、間延びした内容に感じた。
  もちろん 高岡の子供+三島君と中川美智子さんの生活を守る為にここまでするのか? という究極の自己犠牲+父子愛とか。 姫川のあの時気づけば助けられたかも?という後悔。。 日下主任の不器用なほどの親子の情とか。。 感動する場面も多かったけど 1時間を通して見ると中身が分散している感じ。。  
 ストロベリーナイトの序盤が エグイが内容が濃く、面白かったことを考えると残念な最終回。。  まぁ・・菊田と姫川の進展が見れたし、ガンテツの異様な葉山に対しての興味とか・・映画化に対しての関心はあるんだけど・・。  

瑤子 |  2012/03/21 (水) 00:15 No.38470


久しぶりに

視聴者に媚びないというか、独特の世界で、キャラを貫いて、映像美もみせてくれたなぁと私も思います。

面白かったですよね。
見終わって、おお!!と思う回もあれば、切ないというか、救いがない話だったり。
その内容もどれもとても印象的だった。

映画でまた見れるのは嬉しいですね。
来期もこういうドラマがあることに期待します!!

なぎさ美緒 |  2012/03/21 (水) 00:31 No.38471


Re: 瑤子さん

コメントありがとうございます^^

間延びしているというのは、今回だけではなくて、結構このドラマ各回に対して
他のブロガーさんは言ってらっしゃいましたねー^^;
私はこのドラマに関して一度も間延びを感じたことがないのですが。

結構いい間があってゆったり見れたので毎回余韻に感動できました。
でも、毎回内容はギッシリだったと思いますよ^^
映像と行間を楽しめて無理に泣かせシーンを引きずらせたりしない
近年には珍しい良作だったと思っております。
 
ガンテツとノリの件などは映画に持っていく引きでしょうね。
映画の方ではテレビのようにクレームも来ないでしょうから
映像的にももっと衝撃的な物ができるのではないでしょうか。
R指定にならない程度に・・・。

くう |  2012/03/21 (水) 02:08 [ 編集 ] No.38472


Re: なぎさ美緒さん

> 視聴者に媚びないというか、独特の世界で、キャラを貫いて、映像美もみせてくれたなぁと私も思います。

こういう映像もストーリーも大切に作っている刑事ものって少ないんですよね。
最近の刑事ものはどれも主人公の超能力で事件が片付いてるようなもんばかりなので
きちんと捜査して事件を解決していくという姿勢も好感持てました。
お涙を引っ張らない演出も臭いのが嫌いな私には有りがたかったです^^

> 映画でまた見れるのは嬉しいですね。
> 来期もこういうドラマがあることに期待します!!

この時間帯に期待しましょ^^
堺さん主演は嬉しすぎるし、脚本も間違いないです~。
あとは演出に間違いが無ければ堅い・・・はずです(^^)/

くう |  2012/03/21 (水) 02:15 [ 編集 ] No.38473


おはようございます。

全ての謎が解けて、スッキリしました♪
でも、左手首を別の血液に浸けていたということについては、
ちょっとツッコミどころのような気も…
普通だったら、もと詳しく調べそうなものなんだけどね(苦笑)


そして、映画化決定の告知…
あまり驚かず。
フジテレビのいつもの“手”ですから♪
「アンフェア」の後釜狙いっぽいような…
それでも、観に行く予定です。

BROOK |  2012/03/21 (水) 06:42 No.38474


映画化!

捨て回のない充実の連続ドラマでした!
原作より好きかもしれません。

皆さんハマり役だし,ドラマは見応えあるし,とにかく秀逸。

ブルーレイBOX欲しい。。

彼らをもっと見たいから映画化の告知に歓喜!!!
待ち遠しいですね~

AKIRA |  2012/03/21 (水) 11:31 No.38475


いや~おもしろかったわ~
「映画化」ってなると、正直、またかよ!って思うんだけど、このメンバーに会えるのは嬉しいよ。
最終回は日下のシブさが際立ってたね~d(゚ε゚*)
さすがエンケンさんだわ・・・
高岡の死体をん見たときの姫川の無念さに、私も泣けたよ・・・
楽しい時間がまた、終わっちゃった・・・
常にドライな描き方も私の好みだったなぁ・・・
それぞれの『つづき』を感じさせる、いい最終回だったよね。

きこり |  2012/03/21 (水) 16:48 No.38476


ほぉ~!

めっちゃインパクトのある内容とタイトルだったソウルケイジ。
してソウルケイジってどうゆう意味?と謎だったんですが
くうしゃんのおかげで謎が解けてスッキリ(笑)。
ほんと、見てるこちらのソウル(魂)をも揺さぶる内容だった!!!

それぞれの思いがひしと伝わり、綺麗に繋がってた。
そしてキャスティングも最高だったわ~♪
これは今回に限らず毎回のゲストにも言えるし、
レギュラーのはずなのに出し惜しみ状態だったエンケンさんの
満を持しての登場にも心躍ったぞ~♪

憎まれ役のいっけいさんや、今回の事件でほんと
にくたらしかった池鉄にさえ愛着がわく作品でしたわー!!!

まこ |  2012/03/22 (木) 15:43 [ 編集 ] No.38477

コメントを投稿する 記事: 【ストロベリーナイト】第11話 最終回と統括感想

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

ドラマ「ストロベリーナイト」 第11話(...

事件の裏にある、無償の愛---------。事件そのものは、前回姫川が推理した通りだったわけで、問題は何故こんな複雑な事件になってしまったのかということ。発見された胴体が高岡ではな...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2012/03/21

ドラマ「ストロベリーナイト」 第11話(最終回) あらすじ感想「ソウルケイジ3」

事件の裏にある、無償の愛---------。 事件そのものは、前回姫川が推理した通りだったわけで、問題は何故こんな複雑な事件になってしまったのかということ。 発見された胴体が高岡ではない----------!? これは戸部の遺体だと宣言する姫川。 前回予想...

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ 2012/03/21

「ストロベリーナイト」最終話 まさかの映画化告知

「ストロベリーナイト」、石黒賢さんは確かに殺人者だったが、その自己犠牲、 自らの手首を斬り落とすという壮絶なその覚悟は、強い父性愛の究極の姿。 と、事件の真相が鮮烈なので、捜査上の細かい疑問...

今日も何かあたらしいドラマ 2012/03/21

ストロベリーナイト (最終回・第11話 3/20) 感想

1/10からフジで始まったドラマ『ストロベリーナイト』(公式)の最終回『ソウルケイジ 3』の感想。なお、誉田哲也氏の原作小説はすべて未読。 先週に比べれば、随分と整理整頓したもんだ… 先週の...

ディレクターの目線blog@FC2 2012/03/21

ストロベリーナイト 映画化

ストロベリーナイト 映画化決定! スタッフブログで、「最後の最後まで観て下さい」の理由、 コレだったんだね。  ソウルケイジ / 誉田哲也 ホンダテツヤ 【単行本】 ストロベリーナイト ファン待望の映画化!  こりゃ、観客動員数、すごい事になるんじゃない? 絶対...

ルナのダイアリー 2012/03/21

ストロベリーナイト #11 最終回

『こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか~ソウルケイジ』

ぐ~たらにっき 2012/03/21

「ストロベリーナイト」第11話(最終回)

見つかった胴体だけの遺体が何者かわかる時、そこには哀しいまでの父性が浮かび上がる。消えた高岡の行方を、玲子は確かに知っていた…!ソウルケイジ、堂々の最終回。 

fool's aspirin 2012/03/21

「ストロベリーナイト」第11話(終)

我が子同然だったから… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203210002/ ソウルケイジ (光文社文庫) 誉田 哲也 光文社 2009-10-08 売り上げランキング : 277 Amazonで詳しく見る by G-Tools

日々“是”精進! ver.A 2012/03/21

ストロベリーナイト 最終話 感想 ソウルケイジ

「ストロベリーナイト」最終話「ソウルケイジ」の感想いきまっすv ネタバレ注意です☆ 今朝のめざましテレビに竹内さんと西嶋さんが出演されていましたねv 撮影現場ではスイーツ刑事(デカ)と呼ばれていた西嶋さんはドラマの最中でもけっこうチョコを食べていたと思...

ドラマとアニメの感想日記 2012/03/21

ストロベリーナイト 最終回

サブタイトル「こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか~ソウルケイジ」 ひたすら悲しき父性愛がベースになってましたね。高岡(石黒賢)といい、日下(遠藤憲一)といい… 決死の覚悟で、偽装工作。自らの手を切り落とした時点で覚悟はできてたのでしょうか? ...

のほほん便り 2012/03/21

ストロベリーナイト

最終回「ソウルケイジ」の感想&総括

AKIRAのドラマノート 2012/03/21

ストロベリーナイト 第11話(最終回)「ソウルケイジ(3)」~姫川(竹内結子)「私バカだ」

『ストロベリーナイト』第11話(最終回) ソウルケイジ(3) 気が弱い小生は、切断された左手首の断面に骨が見えてるシーンで顔が真っ青((+_+)) さらには高岡賢一(石黒賢)が、電気のこぎりで左手を切断する顛末で、さらに顔が真っ青((+_+)) 気ぃ失いそうです。 ?...

世事熟視~コソダチP 2012/03/21

ストロベリーナイト 最終話:こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか~ソウルケイジ

高岡・・・ヽ(´Д`;)ノうう~ 間違った道に足を踏み入れちゃったとは言え、高岡賢一@石黒賢の父性の強さに泣けた~ そして、日下の・・・ 自己満足とは言え、ただただ守りたい、ただただ愛したい、そう思ってる父親ほど 不器用な生き物はいない、自分勝手でかっこ悪く...

あるがまま・・・ 2012/03/21

ストロベリーナイト 最終回

ストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOX/竹内結子,西島秀俊,小出恵介 ¥23,940 Amazon.co.jp 玲子(竹内結子)は、発見された胴体が高岡(石黒賢)のものではなく、戸部(池田 鉄洋)のものではないかと橋爪管理官(渡辺いっけい)に進言する。 戸部が過去...

ぷち丸くんの日常日記 2012/03/21

『ストロベリーナイト』 最終話「ソウルケイジ 後篇」

 事件の真相はほぼ予想通り。耕介(濱田岳)と中川美智子(蓮佛美沙子)が、今回の殺人にどれだけ関わっているのかが不明だったが、耕介が美智子を何か(戸部)から守ろうとしていた為、ふたりが戸部(池田鉄洋)殺人に直接関わっていないことは推測できた。  しかし、...

英の放電日記 2012/03/21

ストロベリーナイト - 竹内結子

ストロベリーナイト 火曜 21:00 フジテレビ 2012年1月10日~3月20日(11回) [キャスト] 竹内結子 西島秀俊 津川雅彦 遠藤憲一 渡辺いっけい 高嶋政宏 生瀬勝久 武田鉄矢 ほか [スタッフ] 原作:...

新ドラマQ 2012/03/21

「ストロベリーナイト」 第十一話 (最終話) ソウルケイジ その3 こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか

 「人間ってそんな利口じゃないんだよ。 無条件で、ただ守ってあげたい、ただ、ただ愛している。 そう思っている時の父親ほど、不器用な生き物いなくてな・・ 自分勝手で、カッ ...

トリ猫家族 2012/03/21

ストロベリーナイト 第11回 最終回「ソウ...

公式サイト原作:誉田哲也「シンメトリー」「ソウルケイジ」「感染遊戯」(光文社刊)原作未読です。オープニング。高岡は耕介の父を殺していなかったんだ・・・<続きは本家記事で...

昼寝の時間@R 2012/03/21

ストロベリーナイト 第11話(最終回)ソウルケイジ3

『ソウルケイジ』 “こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか~ソウルケイジ” 内容 捜索により、胴体部分が発見された。 DNA鑑定の結果、 すでに見つかっていた高岡(石黒賢)のものと言われる左手首と一致。 指紋から手首を高岡のモノと判断する橋爪管理官(渡辺?...

レベル999のgoo部屋 2012/03/21

ストロベリーナイト 映画化

ストロベリーナイト 映画化が決定しましたね。                       JUGEMテーマ:日本のTVドラマ 映画化もいいけど、ストロベリーナイトは続編を期待してたよ。だって、毎週姫川や菊田に逢える方が楽しいモン。  【送料無料】ストロベリー...

ドラマにくびったけ 2012/03/21

ストロベリーナイト 映画 インビジブルレイン

ストロベリーナイト 映画化が決定したみたいですが、 その映画の原作は、インビジブルレインかな? ドラマ・ストロベリーナイトは、原作として、 姫川玲子シリーズの5作のうち、 ストロベリーナイト・ソウルケイジ・シンメトリー・感染遊戯を、 ドラマ化していますが、 イ…

るり色ダイアリー 2012/03/21

ストロベリーナイト ソウルケイジ 最終回

ストロベリーナイト? 最終回、ソウルケイジ編が終わりましたね。なんか、残念・・・中途半端で終わったこと、いろいろあるじゃん。ストロベリーナイト? 最終回なのに、スッキリし ...

おひとり様のお気に入り♪ 2012/03/21

ストロベリーナイト ソウルケイジ 意味

ストロベリーナイト ソウルケイジ 意味がやっと、判りましたね。 やっぱり、ソウルケイジって、3話でやらなきゃだめだったんだね。 でも、なんか問題が満載で、同時並行で進むもんだから、 非常に判りに...

ミントのドラマ情報 2012/03/21

別館の予備(BLEACH&ストロベリーナイト)

3月22日 BLEACH&ストロベリーナイト 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11198643662/97c83fc1

スポーツ瓦版 2012/03/22

BLEACH&ストロベリーナイト

は代行証の秘密の回だが VS銀城は話が長過ぎだし が朽木&朽木と呼ぶ面白く 次は最終回で上手く纏めるかな

別館ヒガシ日記 2012/03/22

ストロベリーナイト最終回感想

ソウルケイジの事件解決が最終回。この事件冒頭、科捜研を急がした管理官・渡辺いっけいが、実はすべての元凶だった?(苦笑) 3話にわたって繰り広げられた捜査劇と平行して、この物語のキーである石黒賢と、その石黒に息子のように育てられた濱田岳の話がちょくちょく?...

NelsonTouchBlog 2012/03/22

「ストロベリーナイト」最終話

XI「こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか  ~ソウルケイジ」                         視聴率15.9%  

またり、すばるくん。 2012/03/23

「ストロベリーナイト」#11最終回感想

よっしゃ~~~、ラスト1 頑張ります 「ストロベリーナイト」前回の最後に姫川の言った・・・・高岡賢一がこのヤマの犯人 とは一体どういう事なのか犯人が高岡なら、今回みつかったこの遺体は・・・・・戸部真樹夫 姫川はそう断言する。ではその根拠はそれはこの遺...

しおりの栞 2012/03/23

勘に頼って

ドラマ「ストロベリーナイト」を見ました。 フジにて 火曜9時にやってました SPドラマからの連ドラ化 いわいる刑事モノですね 1話~2話完結の構成で 姫川班の活躍を描いているわけですが どの エピソードも引き込まれ 最後まで気の抜けない展開で楽しめました 特に...

笑う学生の生活 2012/03/25
この次の記事 : 【カーネーション】第142回
この前の記事 : 【カーネーション】第141回