ドラマ@見取り八段・実0段ドラマのシーンとセリフを切り取ったあらすじレビュー(復習ネタバレ)と感想を中心としたブログです♪記事に関連したトラックバック、コメント歓迎します。 

この記事に含まれるタグ :
    姫たちの戦国  上野樹里  宮沢りえ  水川あさみ  向井理  2012年大河  平清盛  キャスト  


当ブログは2016年10月アドレスのお引っ越しをいたしました。
内容は特に変わりませんが、現行URL: http://doramablo.blog59.fc2.com をブックマークして下さっている方は http://dramablog.cinemarev.net への変更をお願い申し上げます。

なお、このページは自動的に新アドレスに飛ぶようになっております。
飛ばなかった場合はお手数ですが上記の新アドレスをクリックしてください。よろしくお願いします。

ブログオーナーさまにおかれましては順次ご挨拶に伺う予定ですが、リンクの変更をどうぞよろしくお願い致します。

メールアドレスやコメント欄が無く連絡不可能なブログ様にはお知らせできないまま新アドレスからTBなどさせていただく事になると思います。

失礼申し訳ありませんが、ご了解くださいませ。

【江~姫たちの戦国~】第四十三回

   ↑  2011/11/06 (日)  カテゴリー: 2011年大河「江~姫たちの戦国~」
この記事は新アドレスへ引っ越し済みです。

自動で新ブログに飛びますので少々お待ちください。(飛ばない場合はhttp://dramablog.cinemarev.netをクリックしてください。)

※「NEW エントリー」や「カテゴリー」などのページをブックマークされていると正しくページ転送されないと思われます。ご了承ください。

※各ページへの転送はいずれパタッと中止する予定ですのでお早目のブックマーク変更をよろしくお願い致します。


この記事に含まれるタグ :   姫たちの戦国 上野樹里 宮沢りえ 水川あさみ 向井理 2012年大河 平清盛 キャスト 

FC2スレッドテーマ : 大河ドラマ 江 (ジャンル : テレビ・ラジオ

(記事編集) http://doramablo.blog59.fc2.com/blog-entry-2380.html

2011/11/06 | Comment (5) | Trackback (25) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 【カーネーション】第31回
この前の記事 : 【妖怪人間ベム】第3話

Comment


まさに!!

今回こそ最終回にふさわしいって回だったかと。

宮沢・淀は美しい最期でしたし、これは本当心に残る回だったと。

それにしても、江がダメなら秀忠って・・・無理に絡めなくてもいいんじゃないかとか、すっごい思ってしまいますよね。

私も今回の感想では江の事はほぼ触れてませんし(^^;)

次回は本当番外編・・・ですね。
はぁ。

なぎさ美緒 |  2011/11/06 (日) 20:05 No.37774


こんばんは。

もう今回が最終話でも良かったですよね・・・。
それだけ見応えあるエピソードだったと思います♪

次回は江と福とガチバトル?
江の平手打ちで、福に対する鬱憤がいくらかすっきりするかもしれない(苦笑)

BROOK |  2011/11/06 (日) 20:15 No.37775


こんばんは。

最後の瞬間まで気品あふれる淀でしたね。
赤く染まった空を見上げる高合院。
泣き崩れる初と千。
とにかく豊臣方の描き方が見事でした。

>淀とお初の別れのシーンは、この大河で初めてってくらいウルっとした
母上のように逝きたいと微笑む淀。
お市と別れた時と淀のそれとダブらせる初の表情。
・・・無駄に主人公が目立ちまくっていた前半中盤とはエライ違いの最終回でした。
・・・最終回でいいでしょ?

sannkeneko |  2011/11/06 (日) 21:50 [ 編集 ] No.37776


やはり

今回が事実上の最終回に思えてしまうのは、やむをえない気がします。
それほど迫力もドラマもある「大坂夏の陣」でした。
来週から、なにを目当てに感想をかこうか、ほんとに考えてしまいますね。

ふるゆき |  2011/11/06 (日) 23:18 [ 編集 ] No.37777


こんにちは♪

ほんと今回が最終回って感じでしたね。
差し込まれる江の写経のカット、私も邪魔に思いました(汗)

>千の袖を尻の下に敷いて逃げられないようにする淀も、ちょっと見たかった気がする。
>この淀は、最後まで慈悲深い人でした。

そうですね。
史実とは違っていそうですが、このドラマの淀は、秀頼が言った通り、最期まで愛に満ちた慈悲深い人に描かれましたね(^^)
その分、江がどうよって感じですが(汗)

残り、3回、福との対立、興味ないですが、我慢して見たいと思います(苦笑)

ショコラ |  2011/11/07 (月) 11:38 [ 編集 ] No.37778

コメントを投稿する 記事: 【江~姫たちの戦国~】第四十三回

コメントの受け付けは停止しています。今までいただいたコメントは全て新アドレスに引っ越し済みです。
今後は移転先の方でよろしくお願い致します。

  任意 : 後から修正や削除ができます。

Trackback




この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第43話...

大坂夏の陣--------------淀の最期。いやぁ、ようやく最後にして、本気を見せてもらったなぁという回でしたわ。泣けた。母として、豊臣の者としての淀の凛々しい姿に胸をうたれました。...

◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ 2011/11/06

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第43話 感想「淀、散る」

大坂夏の陣--------------淀の最期。 いやぁ、ようやく最後にして、本気を見せてもらったなぁという回でしたわ。 泣けた。 母として、豊臣の者としての淀の凛々しい姿に胸をうたれました。 宮沢さん、このためのキャスティングだったと、心に残る芝居を見せてくれ...

★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ 2011/11/06

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆43最後まで初、江、秀忠は説得するも淀の覚悟は変わらず苦渋の決断で秀忠は采配を振るい豊臣家を滅ぼした

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第43話は大坂冬の陣で和議を結び大坂城を裸同然にした家康は豊臣家を滅亡させるために更なる条件を提示する。国替えに応じるか?それとも浪人 ...

オールマイティにコメンテート 2011/11/06

大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」第43回

豊臣家、滅亡・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111060003/ 江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) posted with amazlet at 11.11.03 NHK出版 (2011-09-30) ?...

日々“是”精進! ver.A 2011/11/06

NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第43回「淀、散る」

なんでしょうねえ、この実質最終回感・・・。後の二回は後日談みたいな感じがしてしょうがない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか、いよいよ今夜は淀様のご最後!ここんとこ大迫力でお茶の間の視線を集めて来られた淀様と秀頼様に運命の時がああっ!

真田のよもやま話 2011/11/06

江~姫たちの戦国~ 第43回「淀、散る」

今週も『江~姫たちの戦国~』のお時間です。 前回に引き続き、今回も画像多めでございます。

みはいる・BのB 2011/11/06

江~姫たちの戦国~ 第四十三回 淀、散る

『淀、散る』 内容 1度は終結した徳川と豊臣の戦い。 だが家康(北大路欣也)は、淀(宮沢りえ)らがいる限り戦いは終わらないと 秀忠(向井理)に告げるのだった。 そんななか京で起きた騒ぎを理由に、大坂城の牢人の追放か、国替え どちらかを選ぶよう、淀、秀頼(太...

レベル999のgoo部屋 2011/11/06

江~姫たちの戦国~ 第43回 「淀、散る」

新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 解説 番組...

青いblog 2011/11/06

大河ドラマ 「江」 #43 淀、散る

ついに大坂夏の陣!

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 2011/11/06

江~姫たちの戦国~ 第四十三回 淀、散る

『淀、散る』 内容 1度は終結した徳川と豊臣の戦い。 だが家康(北大路欣也)は、淀(宮沢りえ)らがいる限り戦いは終わらないと 秀忠(向井理)に告げるのだった。 そんななか京で起きた騒ぎを理由...

レベル999のFC2部屋 2011/11/06

江 -姫たちの戦国- 第43回「淀、散る」

今回はかなり見応えのある内容となりました。これまでくすぶっていた徳川と豊臣の火種がとうとう爆発し、大坂夏の陣へと向かっていきます。そのきっかけは、豊臣方の浪人が大阪市中で放った火がもとになっていると「江を読む」の著者である小和田哲男さんは解説しています...

あしたまにあーな 2011/11/06

「江~姫たちの戦国~」第四十三話

大阪城炎上。 第四十三話『淀、散る』ネタバレです。 大坂の陣・なるほど人物事典加賀 康之PHP研究所 by G-Tools

三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ 2011/11/06

大阪城落城 ~江・淀、散る~

向井理がひげを生やしました。 こういうときにひげを生やすのはいささか。 大坂冬の陣から1年しかたっていないんだけど。 さて、徳川家は再び豊臣家を挑発する。 ?秀頼が大阪を出る。 ?浪人たちを放逐...

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 2011/11/06

大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.43淀、散る

【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 【送料無料】お江の方と春日局 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第43回「淀、散る」 【あらすじ】 家康(北大路欣也)

Refreshing-wind-blows※別館※ 2011/11/06

〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第43回「淀、散る」 家康は堺で死んでいる!

史実を勝手に捻じ曲げて貰っては困る。 このブログでも最近 「〔邦画〕「真田幸村の謀略」」の記事で、 昔のヤフージオログ時代には実際に現場に足を運んで 「家康は大阪夏の陣で討ち死にしている」 との事実をお伝えした。 今回の放送でも紹介された通り 天王寺口の戦...

しっとう?岩田亜矢那 2011/11/06

〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第43回「淀、散る」 家康は堺で死んでいる!

史実を勝手に捻じ曲げて貰っては困る。 このブログでも最近 「〔邦画〕「真田幸村の謀略」」の記事で、 昔のヤフージオログ時代には実際に現場に足を運んで 「家康は大阪夏の陣で討ち死にしている」 との事実をお伝えした。 今回の放送でも紹介された通り 天王...

こちら、きっどさん行政書士事務所です! 2011/11/06

『江~姫たちの戦国~』 第43回「淀、散る」

慶長20年の春、京では大火事があり、大坂牢人のしわざと噂されました。その牢人は、さらに大坂城へ入るものがふえ、徳川は捨てておけぬと乗り出します。かくして、大坂夏の陣は幕を開けました。ふたたび秀忠は出陣することになり、江は自分もいくと言い出します。しかし、...

ふるゆきホビー館 2011/11/06

「江 ~姫たちの戦国~」 第43回、淀、散る

大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」。第43回、淀、散る。 戦国最後の大戦、大坂夏の陣。 豊臣家滅亡の時。

センゴク雑記 2011/11/06

「江~姫たちの戦国」淀、散る 向井理さん、ここへ来て主義を変える?

「江~姫たちの戦国」、ついに淀=宮沢りえさんが最期を迎え豊臣家が滅亡する。 家康=北大路欣也さんは、秀忠=向井理さんがやりたいと願う真田攻めは任せない。 できれば避けて通りたいと思っている、...

今日も何かあたらしいドラマ 2011/11/06

江~姫たちの戦国~ 第43回「淀、散る」

 大坂城落城。  その煙を京都の地から見つめる高台院(大竹しのぶ)。  豊臣家の終わり。諸行無常。  僕はこういうシーンに惹かれる。  淀(宮沢りえ)のシーンもよかった。  「私は母上のように逝きたい。誇りを持ってな」  <誇り>のために死ぬというのは、僕...

平成エンタメ研究所 2011/11/07

【江】第43回感想と視聴率「淀、散る」

【第43回の視聴率は、11/7(月)追加予定】素晴らしい最終回でした(嘘)(^^;)淀と秀頼の最期、感動的でした。最期まで必死に守ろうと頑張って死んでいった侍女や家臣達も素敵で...

ショコラの日記帳 2011/11/07

「江~姫たちの戦国」第43回~秀忠冷酷!?「城に火をかけよ」

『江~姫たちの戦国』 第43回「淀、散る」 家康(北大路欣也)は京で起きた騒ぎを口実に、大坂城の牢人たちを放逐するか、秀頼(太賀)が国替えを受け入れるか、どちらかを選ぶよう迫る。 常高院(水川あさみ)が駿府に出向いて家康と交渉。 常高院「私は姉を止めた...

世事熟視~コソダチP 2011/11/07

江~姫たちの戦国~ 第43回感想

先週は‥‥スミマセン、結局ラスト10分を見ただけで1週間過ごしてしまいました‥‥m(__)mわたしもわたしで 先週は いつもなら先延ばしにしてしまう録画ですが伊勢谷さんが出られた...

みやさとの感想文と(時々)感想絵 2011/11/07

江 第43話

千の泣き顔はあんまり可愛くない・・・しかしあの流れで行ったら秀忠は助けてくれそう

しなもにあ 2 2011/11/07

江~姫たちの戦国~ 第43話「淀、散る」

徳川と豊臣の戦いの火種はくすぶり続けていた。 家康(北大路欣也)は京で起こった騒ぎを理由に、大坂城の牢人たちを放逐するか、 秀頼(太賀)が国替えを受け入れるか、どちらかを選ぶよう迫る。 両家の激突を食い止めるため駿府に向かった常高院(水川あさみ)による...

ぷち丸くんの日常日記 2011/11/07
この次の記事 : 【カーネーション】第31回
この前の記事 : 【妖怪人間ベム】第3話